ストライクウィッチーズ2 第7話「モゾモゾするの」

ミーナは、ケツがデカイらしい^^




・目のやり場に困るw


まぁ、そういうアニメだってのは分かってるつもりでしたが、改めてこういうのを見せられると、やはりストパンは一人でニヨニヨしながら楽しむものなんだなぁと痛感させられる、そんな第7話。いきなりサーニャのあんなアングルを見せられてもw


モゾモゾするシーンは笑いと萌えがぎっしり詰まっていたので眼福だったけれど、風呂シーンでの乳揉みはもう、苦笑いするしかないよw はっきり言ってこの手のシチュエーションは嫌いです。でも見ちゃう。そんな男子の哀しい性(さが)を、痛感させられるね。


ところで下世話な話、そういう目的で作られているワケではない一般向けアニメにおける、大っぴらで目のやり場に困るサービスシーンって、本当に誰が得するのだろう? まさか使ったりしてはいまいよな、男子諸君?w でもあれか、この手のサービスシーンは「水戸黄門」の例を出すまでも無く、日本のエンターテイメントにおけるひとつのセオリーとして語られないといけないのだろうな。そう考えるとストパンって、まさしく日本人が日本人らしい感性で創作した、純国産ドラマということなのだろう。そう思うと、なんだか可愛いよね、日本の文化って^^




・グレードアップしたエピソードに感心


1期「スースーするの」を受けて、この酸っぱいエピソードは浦畑達彦氏の担当回。相変わらず構成力の見事さが光る脚本家だなぁ。ミーナの撃墜数が199であるというのをさらっと言及しておいて、オチでそれを拾うかたちだったが、伏線を配する際のこのさりげなさがたまらない。また今回はミーナ回というわけでも無ければ、他の誰か特定のキャラにスポットを当てるでもなく、隊員たちの相互の掛け合いと動きの中でドラマを纏め上げて行くエピソード。こういう回でこそ浦畑達彦の力量が生きると思っていて、そういう点でとても楽しませてもらった。


また劇中で行われていることも、1期の頃からかなりグレードアップ。羞恥に耐える女子たちを描くと言うテーマは一致しているとしても、今回は物理的に辱めを受けるのではなく、自分から進んでズボンを脱がなければならないという苛酷なシチュエーション。脱ぎたくないという気持ちと、くすぐったさや気色悪さとの見事な相乗効果。とくに真面目ぶったバルクホルンはイジメ甲斐があるということで、良い見せ場がたくさんあった。


ズボンに手を伸ばしたエイラにサーニャがげんこつを喰らわせたり、いったいどんな意味があるのか謎すぎる放水攻撃のためにペリーヌが水浸しになったり、もちろんミーナの御開帳(←違うw)を皆で拝んだりとか、そういった予測外の要素をふんだんに盛り込んであったのは素晴らしかった。こういうのは誰が発案するんだかw 1期を彷彿とさせながらも、あらゆる点でグレードアップしたものを提示し続ける今作の姿勢は、本当に脱帽モノだ。




・次は軍人回?


次回は、宮藤が何らかの理由で飛べなくなるエピソードらしい。第1期ではこのタイミングで赤城を再登場させてのエピソードを持ってきたが、同じように2期でも普通の(?)軍人たちに出番を与えるようだ。またミーナが「リリーマルレーン」を唄ったのも大きな印象を残しているので、もういちど美声を聞かせてくれるかもしれない。そんな視聴者の期待や予測を、制作者がどう汲み取り、あるいは裏切ってくれるか、見ものだ。


それからそろそろ、ドラマがシリアスに転調してくることも予測される。もし3期を作る気が無いなら、ネウロイとの戦いをきちんと決着付けて欲しいと思ったりするのだけれど、いまのペースだとまた、盛り上がるシーンを見せて一定の成果を出したところで幕引きしてしまいそうな気もする。


視聴者的にはどうなのだろうね。あくまで1期のようなペース配分で、限定的な戦果だけを丁寧に描いて終わればそれで満足なのか、それとも1期の頃から提示してあった「ネウロイって結局、何なの?」という疑問に真っ向から取り組み、全世界規模での平和を実現するところまで描き切って欲しいのか。自分が2期に期待した役割は間違いなく後者で、まさかここまで1期の展開を踏まえた作劇を行うとは思っていなかった。


せっかくだからちゃんと終戦まで見せて欲しいけど、それをやるにはもう尺が不足しつつある感じがする。だからといって3期をやるべきかというと、それもどうなんだろうと思ったり。しかしもちろん、1期を踏まえた現行の展開がすごく好きだという現実もある。このあたり他の方の意見も聞いてみたいところだが、個人的にはそんなわけで良い感じにフラストレーションが溜まって来たので、もし予想を大きく越えるドラマを見せてくれたりしたらスゴイことになりそうだw 再来週あたり、もう少し結末の方向性が見えてくるだろうと期待したい。




----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック