ブロガー向けアンケート 感想の書きやすいor書きにくいアニメは? 集計結果

先日、ホントに思いつきで企画したへちょアンケートの、集計結果発表です。

(というか、1周年記念企画のアンケートのときに、ブロガー参加型の企画をやれと言われたから考えたものなのですがw)


で、まぁ面倒くさがって、アンケート作って置いておくだけの超手抜き企画になってしまっていたわけですが(笑)、合計で56票も投じて頂いて、本当にどうもありがとうございました。

ブロガー向けって書いてるので、票数は二桁もいかないんじゃないかなぁと思っていたのですが、これくらい集まればアンケートとしての役割は果たせるかな、というくらいには数字が集まったので、大大大満足です。

とくに、ブログ名を記載して投票してくださった以下のサイト様には、厚く御礼申し上げます。

「新しい世界へ・・・」

「サイとはいかが?」

「サボテンロボット」

「メルクマール」

(※50音順)


もちろん、投票してくださった方々すべてや、投票はしなくても気にかけてくださった読者の方々にも、心より感謝しています。いつもどうもありがとうございます。


さて、では早速結果のほうを見て行きたいと思います。



今期アニメで感想の書きやすい作品はどれ?

投票結果ページ


まずは票数から。

第1位:オオカミさんと七人の仲間たち (6票/18.8%)

第2位:アマガミSS (5票/15.6%)

第3位:ストライクウィッチーズ2 (4票/12.5%)



オオカミさん1位ですかwww まぁ手堅いストーリー構成に分かりやすいキャラとシチュエーションで、誰にでもそれなりに楽しめる作品ではあるでしょうね。日常学園モノに括られる作品だとは思いますが、何も無い日常を緩く描くわけではなく、きちんと起伏のあるドラマを描く(描こうとしている)というのも、書きやすさにつながっているのかもしれません。それに、気張って書かなくても良いというのもあるかな?w


アマガミも、ヒロイン交代制という特色からプロットとシチュエーションが想像しやすく、かつキャラクターの言動で盛り上がれるのが、筆を進ませるのでしょう。かく言う私も、アマガミに1票投じました。恋愛ドラマとして感想を述べることもできるし、美也ちゃん可愛い!とか叫んでいてもOKですし、純一の変態紳士っぷりにツッコミを入れてもいい。考える前にもう文章が出てくるような作品ではないでしょうか。


ストパン2期はやはりキャラクター1点押しなのかな。アンケート時期から言ってまだドラマはそこまで進展してなかったので、その段階ではキャラ萌えを叫んだり1期について言及していれば、記事にできる作品でした。また、ことさら1期のストーリー展開をなぞって見せている制作側の手法も、1期から今作を大好きだった視聴者にとっては語るネタを提供してくれているようなものですね。


「書きやすい作品」に関しては、第4位の「みつどもえ」「あそびにいくヨ!」以下、全12作品に票がばらけました。わりとみんな趣向や文章の目指す地点が違うので、書きやすい作品は人によってそれぞれだと、言って良さそうですね。



続いてコメント紹介です。


サイとはいかが? 好きなキャラがいるから (ストライクウィッチーズ2)
アニメにおけるキャラクターの重要性を実感させる意見。またキャラの魅力は、ストパンの最大の武器でしょうね。

設定・舞台が比較的シンプル (祝福のカンパネラ)
あまり考えずに見れる作品を得意としている方は多そうですね。自分はこの手の作品が一番苦手^^ いかに自分が頭で作品に向き合っているかっていうね。カンパネラでノリノリに記事が書ける才能が、純粋に羨ましいです。

草次郎パパ…。 (みつどもえ)
草次郎がどうしたというのっ!?w あれですかね、突っ込んだり同情したりすることで記事にしやすいということでしょうか。そういう意味では、キャラクターは必ずしも愛でる対象だけではなく、いかに視聴者を画面の中に引き込むか、そこが重要ということでしょうか。

ツッコミどころが多いから by新しい世界へ・・・ (みつどもえ)
作品のある場面にツッコミを入れるというのは、ブロガーと読者がその作品を共有するのに大きな効果を発揮しますよね。そうした場面を多数用意してくれている作品は、なるほど書き甲斐のあるものかもしれませんね。

面白い作品は、たいてい感想も書きやすい☆ (世紀末オカルト学院)
感想ブログの真理のひとつでしょう。面白いと思った、そしてその興奮なり感想なり思索なりを発信したい。そこに、アニメブロガーのそもそもの出発点があるような気がします。そして、「オカ学」は確かに面白いw

批評や考察は難しいけど感想ならbyサボテンロボット (アマガミSS)
批評や考察は、得手不得手がありますからね。一方で、感想をきちんと伝えるのにも得手不得手があって、そのどちらを軸にするべきだろうというのは、ちゃんとした文章を書こうと思っているブロガーには共通の自問であると思います。純粋な感想のほうが難しい自分なんかには、ブログを読んで感動させられる経験があると、平服したくなりますねw




さて、それではもうひとつのアンケート結果も見て行きましょう。


今期アニメで感想の難しい作品はどれ?

投票結果ページ


第1位:生徒会役員共 (10票/41.7%)

第2位:祝福のカンパネラ (5票/20.8%)

第3位:会長はメイド様!
     けいおん!!    (2票/8.3%)



感想の難しい作品に関しては、かなり票が集中しましたw みんな、苦労する作品は同じなんだなぁ^^


で、ダントツの第1位を獲得したのは、今期1番の問題作「生徒会役員共」。まぁ、これはムズいよw とくに序盤はろくなストーリー展開も無しに笑えない下ネタトークばかりしていましたからね。第3話になってオリジナル要素が増え、また全体的に見ても繋がりのあるっぽい展開になったりキャラの動かし方が板についてきたりして、まだだいぶマシになってきた感はありますが。といっても書きにくいことに変わりないですね。第1話で見せてくれていた全力全開の演出をもっとふんだんに盛り込んでくれれば、まだ書くこともあったろうにw

つづいて票が集まったのは「祝福のカンパネラ」。アンケートは実質、この2作品をあぶり出したカタチになってしまいましたね。ただ今作の場合は、書きやすい作品として票を取っていたという事実もあります。だから、ブロガーのタイプによって判断が分かれる作品ということでしょうね。シンプルな設定と考察の必要無いストーリー、人畜無害な可愛らしいキャラや世界観・・・と、まるで子ども向けに放映されていてもおかしくないタイトル。何も考えずに書けるけど、書くことが無いって人も多いという話ですねw あと、原作をプレイしてる人にとっては書きやすいのかも? 

「メイド様」はキャラもいいしストーリーも面白いんですが、どうして書きづらいのだろう? と言いつつ自分は書いてないですがw なかなか劇的な進展を見せないで2クールもたせている点とかが、ブロガーを悩ませているのでしょうかね。あとこれは聞いた話ですが、頑張って書いてもアクセス数がまったく伸びないので、モチベーションダウンにつながるとか?w 読者のみなさん、記事を読んだら拍手なりコメなりで応援してくださると、むっちゃモチベUPになるのですよ。ブロガーは褒められて伸びる子が多いので、ひとつ心にとどめておいて頂けるとありがたいです^^

「けいおん」は、すみません私が投票していますね。だって書くこと無いんだもん!w いやでも、第19話や第20話あたりすっごく良かったので色々書けましたけどね。それ以前の話数の多くは、2期にもなっていまさら作画褒めたりキャラに萌えたりしても仕方ないし、かといって演出論は素人には難しいし、考察しようにも考察すべき作品だとは思ってない(=もっと素直に感じるアニメだと思ってる)ので、書くネタが思いつかないってな具合です。まぁ「カンパネラ」と同じで、これもブロガーのタイプによるでしょうね。



続いてコメント紹介です。


サイとはいかが? 内容ないアニメは書きづらい (祝福のカンパネラ)
バッサリだー!w いや、ほら、内容は提示されるものではなく、自分で探しだすものですヨ? ……ちゃんと見てるくせに感想書いてない奴が言うなって話ですねw まぁ内容があるか無いかはともかく、ドラマの濃度を薄く保っているのは販売戦略の一環でしょうから、ブロガーにとってやりづらい作品になってしまうのは仕方ない部分かも。


レスター爆発しろくらいしか…byサボテンロボット (祝福のカンパネラ)
「アマガミSS」との決定的な違いは、やはりストーリーの点でしょうか。起承転結をつけてきちんと話を練っている「アマガミ」に比べて、「カンパネラ」のほうは1話完結型のエピソードで、それもドラマよりはキャラを見せるための作劇。そこが、記事にする際の論点の少なさに繋がっているのでしょうね。後半戦のドラマの盛り上がりに期待しましょう。


日常系だからこそ難しい by新しい世界へ・・・ (けいおん!!)
「カンパネラ」とまったく同じことが、「けいおん」についても言えますね。もちろん回によりますから、第20話を経験した後のアンケートだったら、また回答が変わっていたんじゃないかなと思います。とはいえ、4コマ原作の、明確なストーリーラインを持たない日常系アニメ(「生徒会役員共」もそうかな?)は、日常すなわち特筆すべきことの無い日々を描くことに主眼が置かれているという点で、楽しめるけど書くことが無い、という状況になりやすいと思います。


書くことが意外とない。 (伝説の勇者の伝説)
こちらはちょっと意外だったご意見。キャラの魅力よりもずっとストーリーのほうに力点が置かれている作品ですから、作風としては、記事にしやすいもののはずだと思っていました。だからこそ「意外と」なのでしょう。で、なんで書きにくいかを考えましたが、濃密にストーリーが構成されているからこそ、現時点では伏線も多く記事で指摘できる点も少ない、ということなのかなと。あるいは、少々飛ばし気味なストーリー展開が、感情移入を妨げがちになっているということもあるかな? たしかに私も、何を書けばいいんだろうと悩むことがありますね。


----



さて、いかがだったでしょうか。


かなり票がバラけた「書きやすい作品」と、2作品に票が集中した「書きにくい作品」。ふたつのアンケートでこうも傾向が異なるとは、個人的にはまったく思わなかったですね。「書きやすい」と「書きにくい」は表裏の関係なので、集中するにせよバラけるにせよ、もっと傾向が似通うと想像していたのですが。


恐らく「書きにくい作品」への回答は、マイナスイメージが先行する分、インパクトのある作品が限られてくるというのはあるのかなぁと思います。感想をスラスラ書いている時はとくに強く意識していることが無くても、毎回頭を悩ませる場合は強く記憶に残りますからね。


書きにくい部門で「生徒会役員共」が票を稼ぐのは、まぁまったく予想通りというか、さもありなん、という感じでしたねw しかし書きやすい作品に「オオカミさん」というのがまったく予想外。理由を知りたいです。投票の時にコメント残して欲しかったなぁ。自分で勝手に予想してるだけでは導けない結果が出たというだけで、今回企画をやった甲斐が大いにありましたね。


もしまた思いついたら何かやりたいと思います。今回はブロガー向けということでしたが、もっと色んな層に様々なテーマについて窺ってみたいですね。そのときはぜひまたご協力をお願いいたします。何か要望があれば可能な範囲で受け付けますので^^ 




それでは、今回は以上です。どうもありがとうございました。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

この記事へのコメント

2010年08月21日 19:40
感想を書かない私の意見はあまり参考にならないかもしれませんが、個別でコメントを残しておけばよかったですね。

書きやすいのには、アマガミSSに投票しました。
話の進むリズムが記事を書くそれと合ってるため、非常に書きやすいですね。

書きにくいのには、黒執事IIに投票しました。
最近はまともになってきたものの、最初は一期からどうなって今に至るかの状況がわからず、困惑しましたね。

他それぞれもう一つずつ投票したはずですが、忘れましたw
日常系が苦手というのは私も同じなので、書きにくいのにはカンパネラに投票したと思いますが……

結果を見てみると、書きにくい方で生徒会役員共がダントツなのが驚きです。
よくよく考えてみれば当然の結果なのかもしれませんが、生徒会役員共の記事を楽しんで書いてる私としては、感想ブロガー様との違いを実感したところです……。
おパゲーヌス
2010年08月21日 21:33
>本隆侍照久さん
どうもです。ご協力どうもありがとうございました。

生徒会役員共、なるほど本隆侍さんは楽しんで書いてるのかw 素晴らしいことだと思います^^ アマガミがリズムが良いというのも、考えても見ない理由で参考になります。

黒執事は1期2期ともに見ていないので分かりませんが、なんですか、お話の繋がりが見えないとかそういうことでしょうか? ブログ書く上ではどんなカタチであれストーリーをある程度自分の中に要約して記憶しておかないといけませんから、あまり展開が飛んでしまう作品はブロガー泣かせですね。

この記事へのトラックバック