生徒会役員共 第8話

新キャラ登場! ・・・でもあんまり変化なし^^



今回は風紀委員の五十嵐カエデが登場。なにこの破壊力抜群の女子w 加藤英美里さんの声がまたぴったりですな。男性恐怖症といえば最近では「WORKING!!」の伊波まひるが強烈にインパクトがあって、だから五十嵐カエデも男性恐怖症と言われてすんなり受け入れられたけれど、ワーキング見て無かったらどうだったかと言うと、もしかしたら違和感があったかもしれない。男性恐怖症というよりは、単に恥ずかしがってるだけなのだろうなぁ、と。


実際はどうなのだろう。男がいないからという理由で女子高に入学しただけではなく、男子のいる1年生の廊下には絶対に近づかないようにしているらしい。このレベルだと本当に、毛嫌いどころではなく病気として男性を避けているのだろう。となると津田あたりとのラブコメは期待できないかなぁ・・・。


ただ五十嵐カエデにせよ三葉ムツミせよ、あるいは妹のコトミにせよ、生徒会以外のメンバーの出番が確実に増えてきて、作劇の幅が広がってきたのが、しっかり作品の面白さに直結してるなぁ。今回はしっかりモブの見せ場もあって、映像的な見どころも多かった。Cパートのシノ会長の柔道シーンなんかは馬鹿笑いしてました^^




ただちょっと気になっているのが、アイキャッチでハンコをばしーん!と押す演出が、どんどん過剰になってきててうざく感じるところがw


そもそもこの演出は、アニメでは「生徒会の一存」でとっくにやっていたものを、もっと過剰に、そして笑いのセンスを込めてやっているものだ(あるいはもっと古いアニメでやってるかもしれない。でも直近の印象では「一存」だよねぇ)。その二番煎じ感を乗り越えるために、より過剰な方向に演出しているのだろうけれど、ちょっとやりすぎじゃないかなぁと。大きな音は一度流すからインパクトがあるわけで。文字を読ませて笑わせるのは好きですけどね。




次回は、今回も会議の議題に挙がっていた体育祭をやるらしい。動きのある回だと思うので、作画演出の面でも大いに期待しよう。とくに個人的にはモブの可愛い娘ちゃんのブルマーとかに注目ですかね。楽しみだ。





----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック