生徒会役員共 第11話

なぜどれも電池が装着済みなのかっ!w




今回からはすっかり冬模様。2学期末からクリスマスにかけてのお話ということだから、今シリーズは1年間を1クールで描き切るペースか。というかいまさら、ちゃんと時系列順で進んでいることを意識したw


今回はコトミの出番が多くて嬉しいなぁ。畑ランコがほとんど出てこなくても、十分に魅力的な作劇ができるようになってきた。ムツミやカエデの出番がなかなか増えないのが残念と言えば残念だけど、まぁ仕方が無い。横島先生の出番もあまり多くは無かったけれど、この人は出しゃばらないほうが良いw


AパートとBパートはとくに目立って面白いシチュエーションも無く、良くも悪くも今作らしい淡々としたペースでネタを羅列していく。それでも今回はアイキャッチがまぁまぁ面白かったのと、コトミやスズの可愛らしい様子が堪能できた。とくにコトミは、兄妹での恋愛関係を意識させる安直なキャラ設定が好きではない自分にとっては、最高に魅力的な妹キャラですよ。下ネタへの走り方はちょっとあざといけどねw


スズはスズで、マフラー巻いて津田と一緒に登校する時の「さぶい」の一言で、今回の出番の見どころの9割を持っていったねw 彼女はシリーズ序盤は、津田といちばんいい感じになりそうなキャラだと思っていたけれど、だんだん親友の定位置に落ち着きつつある感じだ。シノが正ヒロインへの猛アピールを展開しているだけに、スズやムツミあたりには対抗馬として頑張って欲しい。コトミに勉強を教える約束をしていたが、冬休みの間、津田家に毎日通ったりとかして親交を深めないかな。




今回のメインイベントはCパート。最近、A・Bパートは普通の日常コントをやって、Cパートに大きなイベントを持ってくるという構成が増えたかな。メリハリがあって良いと思う。


それにしても津田の周りのハーレムシチュはすごいなぁ。でも何度も書いているけれど、彼の場合は人格の善良さから、このシチュエーションが決して嫌味になっていないところが良い。自分が女性陣より立場が下だという関係性を、打算なしに自然と作りだしている彼の姿は、まさに紳士的と言える。そんな彼だからこそ、女性ばかりのメンバー編成で宿泊イベントという選択肢が違和感を生まない。下手にキョドらないのがいいんだなぁ。


むしろそんな彼に、すっかり熱を上げて盛り上がっているらしいシノの様子のほうが、なんだか特殊な状況に見えてしまう。いったいどこにフラグがあったのか、今の彼女を知っている状態で、もういちど1話から見直してみたくなってくるな。津田が風邪ひいたあたりにその最初のものがあったのだろうか? まぁ海イベントとか、2学期の彼の頑張りとかを見てると、いつのまにか恋心を抱いていても不思議ではない。あとはそんなシノの純情が、下ネタトークで盛り上がる普段のキャラと整合性が取れているかという問題だけだw でも、津田の選んだネックレスを付けた姿がとても美しかったので、自分としてはもう全部許す。これで、津田専用のプレゼントがバイブじゃなかったら最高だったw(いや、他の可能性も無いわけではないけれど・・・?)


雪が降り出したシーン。コトミの嬉々とした様子を表現するアニメーションが素晴らしかったな。こういう、ちょっとした動かし方に関して、今作は(ひいてはGoHandsは)とても上手い見せ方をする。それは、ストーリー展開を表現するための手法として定着させているようには到底見えないけれど、単純に作品としての見どころが増えるのは良いことだ。できるならGoHandsの次回作は、作画演出の巧さをきちんと作劇の中で活かせる作品であって欲しい。本当の意味で制作会社の実力を試されるのは、そうした作品においてであろう。




さて、次回は年始イベントをやるようだから、女性陣の振り袖姿を楽しみにしつつ、シノの恋の行方とコトミの受験の安否を見守っておこう。



----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^






この記事へのコメント

F・C・P
2010年09月13日 22:08
>兄妹での恋愛関係を意識させる安直なキャラ設定が好きではない自分にとっては、最高に魅力的な妹キャラですよ

私もコトミのような妹キャラ好きですね。
今回の面接の練習をするシーンとかすごく好きです。
恋愛感情とか無しで仲の良い兄妹ってなんか良いですよね。
会話の内容は下ネタですけどw
おパゲーヌス
2010年09月13日 23:36
>F・C・Pさん
うんうん。他にもコタツでスカートを脱ぎだす場面とか、やらしい連想をさせない「普通の兄妹」だからこそあり得るシチュエーションですね。

この記事へのトラックバック