伝説の勇者の伝説 第15話「きる・ざ・きんぐ」

コメディとBL色でテコ入れの回。




・今回はコメディ回


いきなり筏で漂流してたのはどうしちゃったのかと思ったけど、壮大なエピソードが色々と端折られちゃってるわけねw 暗殺という名目で友人の家に遊びに行くライナとフェリスの様子と、そこにミルク・カラードを中心とした忌破り部隊を絡めて、ほぼ全編コミカルな色付けで展開したエピソードだった。


主にミルクをはじめとするキャラクターたちの様々な表情が見れて、ほっこりと和まされた今回。ギャグにせよ話の構成にせよ、もうちょっと工夫を凝らして欲しい物足りなさはあったけれど、まぁアクションや魔法エフェクトがカッコよかったからいいかな。


本来であれば、コメディ回で戦う必要性はあまり無い。もちろんギャグ演出の一環として暴力や魔法が用いられることはあってしかるべきだろうが(ライナを糾弾するミルクの稲妻とか)、そうではなく話の展開として、ライナとフェリスが唐突に国王暗殺という物騒な計画を立案しノリノリで王城に忍びこむことには、ライナ、フェリス、シオンの三人を再会させるシチュエーションとしてはまったく意味が分からない。


だが、暗殺といってもまるで攻撃の意志がなく、その手段が子供のイタズラレベルのものとして描かれた時に、ライナたちが暗殺だの何だのと騒いでいたセリフが、目的も無しに友人の下を訪れるということの気恥ずかしさやむずがゆさを押し殺すためのヘタクソな方便に過ぎないのだと、理解される。ライナがさほど面白いことをしたわけでもないのにシオンが思わず笑い出してしまったのは、暗殺計画の拙さを笑ったのではなく、彼が自分に会いに来たその理由のこじつけっぷりが可愛すぎて、微笑ましく思ったのだろう。


それにしても、ライナがシオンをベッドに押し倒したときは、思わずキュンとなった。あっれー、おかしいなw 




・王の葛藤


今作はこれまで、人や世界の悪意をかなり遠慮無しに描いてきた作品であるから、今回のような何でもないやりとりが、ことさら貴重に思えてくる。日常の大切さを描写するアニメは多いけれど、その有り難さ、得難さを強く訴えかけてくるのは、非日常の悲惨な光景をくどいほどに描いていればこそのものだ。ライナの言う「昼寝王国」やフェリスの「団子王国」が、ただの冗談ではなく本当に、実現したくても手の届かないユートピアとして切ないほどに希求されているのが、よく伝わって来る。


しかし”団子・昼寝連合王国(9:1)”なる構想が、いかに非現実的で愚かしい夢物語に過ぎないかというのは、言ってる本人たちよりも、王として政治に携わっているシオンのほうがより痛感している。今回も、手の届かない理想への焦りを珍しく外面にぶちまけるシオンの姿が描かれて、ちょっと驚かされた。


ミラン・フロワードが、シオンとライナ、それにミルクの関係をじつに分かりやすく解説してくれていたが、政治に関してはほぼノータッチで理想論ばかりを語るライナを、シオンがいかに大切にしているか。それを苦々しく見つめるミランの表情が印象的だった。


言って見ればライナとミランは、シオンと親しくする者の中でも、とくに対極に位置しているキャラクターだろう。理念を語りはするが、その理念を実現できる方途を現実的に描けないライナ。あくまで現実的な方法論の中から目標への最短コースを提示してはくれるものの、理想や理念をそのカタチ通りに実現する選択肢をハナから捨てているミラン。政治家なら当然、ミランの示す道に沿って歩むべきだとは思うのだけれど、若さのゆえか、どうしてもライナのほうに心惹かれてしまう国王シオン。この三者三様の立ち位置が、今後も軸になってくるだろう。


しかしシオンに恨まれ捨てられることも覚悟で、ライナたちを排除することを本気で検討し始めるとか、ミランってばよほどシオンのこと信頼してるよね。ライナを殺しても、自分が処刑や追放の憂き目に合うことはあり得ない、そんな矮小な器では無いと、全幅の信頼を置いている。だから、自分に対する評価とか好き嫌いを度外視して、王のため国のために動くことができる。すごいことだよこれは。そこまでシオンが好きで堪らないミランの人間性の豊かさに感じ入ることが出来た上に、これだけの人物からここまで信用されているシオン・アスタールの人格の深さに、改めて恐れ入ったエピソードだった。




さて、次回は総集編とのこと。「これは制作状況の都合ではなく、当初から予定されていたものです。」って書いてる公式サイトに思わず笑ってしまったw イリスのセリフが多いといいな。




----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『きる・ざ・きんぐ』

    Excerpt: 伝説の勇者の伝説    第15話殺るか?あwww漂流してるしwww某島。どうやらローランド領らしいです。美人さんのでっかい家とか見えちゃってるわ。島ではミルク&美人さん... Weblog: 烏飛兎走 racked: 2010-10-08 21:10
  • 伝説の勇者の伝説 #015『きる・ざ・きんぐ』前半

    Excerpt: ローランド王宮 「ルーナ帝国が、ガスタークに!?」 Weblog: 本隆侍照久の館 racked: 2010-10-08 21:31
  • 伝説の勇者の伝説 #015『きる・ざ・きんぐ』後半

    Excerpt: 「かつて歴史上、世界を覆い尽くすほどの強大な力を持った魔王、もしくは悪魔、邪神と呼ばれる者たちに、この世界は幾度も滅ぼされかけた。が、その度に伝説の勇者と呼ばれる、魔王を上回るほどの力を持った戦士が、.. Weblog: 本隆侍照久の館 racked: 2010-10-08 21:32
  • 伝説の勇者の伝説 第15話 「きる・ざ・きんぐ」

    Excerpt: 何でこうなった?(苦笑) いかだで漂流する愉快なライナたち(^^; フェリスたちが暴れて船が転覆したという超顛末w ▼ 伝説の勇者の... Weblog: SERA@らくblog racked: 2010-10-08 21:35
  • 伝説の勇者の伝説 #015 「「きる・ざ・きんぐ」」 感想

    Excerpt:  シオンはフロワードからガスタークの遺物の情報を聞き、頭を痛めることに。  一方その頃ライナ達は、とある魔法から世界を救う際にちょ�... Weblog: 第三の書庫 racked: 2010-10-08 22:01
  • 『伝説の勇者の伝説』#15「きる・ざ・きんぐ」

    Excerpt: 「すべての期待に答える理想の王。 そんな幻想が人を、王を壊してしまう」 ルーナ帝国が、ガスタークの力に屈服したことを知ったシオン。 ... Weblog: ジャスタウェイの日記☆ racked: 2010-10-08 22:29
  • 伝説の勇者の伝説 第15話 「きる・ざ・きんぐ」 感想

    Excerpt: 今回のお話の結論、ミルク隊長は可愛い! 「俺たちをこんな目に遭わせた諸悪の根源を滅ぼしに行くぞ!」 「うむ! 奴を倒した暁には、私... Weblog: ひえんきゃく racked: 2010-10-08 22:40
  • 伝説の勇者の伝説 #015 「きる・ざ・きんぐ」

    Excerpt:  いろいろと事態は切迫しているみたいですね。ギャグ回なので目立ちませんけど。 Weblog: つれづれ racked: 2010-10-08 22:41
  • 伝説の勇者の伝説 15話

    Excerpt: アッー!というわけで、「伝説の勇者の伝説」15話ベーコンレタスの巻。うわぁ…一部の方々が大喜びですね。なんだこれは…たまげたなぁ。フェリスちゃんとミルクちゃんが合同�..... Weblog: アニメ徒然草 racked: 2010-10-09 00:09
  • 伝説の勇者の伝説#15「きる・ざ・きんぐ...

    Excerpt: 昼寝&団子王国を作るために王を倒せ!!!ローランドに帰還しらライナとフェリスは!?「きる・ざ・きんぐ」あらすじは公式からです。船に乗っていたライナとフェリスは、ミルクた... Weblog: おぼろ二次元日記 racked: 2010-10-09 00:10
  • 伝説の勇者の伝説 第15話「きる・ざ・き...

    Excerpt: 王を殺せ-----------!!?ルーナがガスタークと手を結んだ事を知ったシオン。王が屈するほどの脅しをかけられ、今はルーナ王は小さな部屋にこもっているという。そして、奇妙な魔法が... Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2010-10-09 00:39
  • [アニメ感想] 伝説の勇者の伝説 #015 きる・ざ・きんぐ

    Excerpt: 伝勇伝 第15話。 いろいろとガマンの限界を迎えたライナたちは すべての元凶を始末しにいくことに―――。 以下感想 Weblog: 窓から見える水平線 racked: 2010-10-09 00:45
  • 伝説の勇者の伝説 第15話

    Excerpt: 伝説の勇者の伝説 第15話 『きる・ざ・きんぐ』 ≪あらすじ≫ ローランドに帰ってきたライナとフェリス。忌破りとして自分たちを追うミル�... Weblog: 刹那的虹色世界 racked: 2010-10-09 01:13
  • ???????? ?015? ??????????

    Excerpt: ?????????????? ?????????????? ???????????????????? ???????????????????????? ????????.. Weblog: ?????????????? racked: 2010-10-09 03:26
  • 「伝説の勇者の伝説」第15話

    Excerpt:    #015「きる・ざ・きんぐ」船に乗っていたライナとフェリスは、ミルクたちとの大騒動と嵐のせいで、偶然ローランドの国内に流れ着いてしまう。ライナたちは、これ幸いとば... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2010-10-09 06:21
  • 伝説の勇者の伝説 第15話 感想

    Excerpt:  伝説の勇者の伝説  第15話 『きる・ざ・きんぐ』 感想  次のページへ Weblog: 荒野の出来事 racked: 2010-10-09 09:59
  • 伝説の勇者の伝説 第15話「きる・ざ・きんぐ」

    Excerpt: 遭難しちゃいました!ヽ(゚Д゚ )ノ なんかギャグ回ぽい雰囲気! なんで船で暴れてるのこの人たちw 乗客がめっちゃメイワクなんですけど(ノ... Weblog: 空色きゃんでぃ racked: 2010-10-09 11:14
  • 伝説の勇者の伝説 第15話「きる・ざ・きんぐ」

    Excerpt: 「ライナ・リュート、取り除く必要がありますね」 久し振りにライナとシオンのやり取りが見れました! …その裏で ミランがまた不穏な動きを(�... Weblog: WONDER TIME racked: 2010-10-09 20:14
  • 伝説の勇者の伝説 第15話「きる・ざ・きんぐ」

    Excerpt: 『「俺たちをこんな目に遭わせた諸悪の根源を滅ぼしに行くぞ!」 「うむ! 奴を倒した暁には、私が王になり代わり、ローランドをだんご帝国... Weblog: Spare Time racked: 2010-10-09 21:11
  • 伝説の勇者の伝説 #015「きる・ざ・きんぐ」

    Excerpt: シオン・アスターはミラン・フロワードからの報告でガスターク帝國が勇者の遺物を使って侵略を行っている事を知り、世界各国が勇者の遺物を使って戦争を始める可能性を悩み出す。ライナ・リュートとフェリス・エリス.. Weblog: 無限回廊幻想記譚 racked: 2010-10-09 23:53
  • 伝説の勇者の伝説 第15話「きる・ざ・きんぐ」

    Excerpt: 伝説の勇者の伝説 第15話「誰もなにも失わない世界」 です。 「伝説の勇者の伝説 Weblog: 藍麦のああなんだかなぁ racked: 2010-10-10 00:18
  • 伝説の勇者の伝説 #015『きる・ざ・きんぐ』

    Excerpt: あの2人がローランドに帰ってきた…!のちょっと前から。 ひらがなタイトルってことは「とり伝」からですねぃ。 こっちになると討伐部隊が一気にギャグ要因と化す摩訶不思議w 伝説の勇者の伝説 OP主題歌ア.. Weblog: 風庫~カゼクラ~ racked: 2010-10-10 19:16
  • 伝説の勇者の伝説 第15話 「きる・ざ・きんぐ」

    Excerpt: 大門ダヨ ライナとフェリスは一度ローランドに戻る事に・・・ Weblog: バカとヲタクと妄想獣 racked: 2010-10-14 12:26
  • 伝説の勇者の伝説 第15話

    Excerpt: 第15話はライナ達が漂流の末にローランドに帰りつくお話なのでした。 いきなりライナ達はぶっ飛んだ状況から始まって、さらにぶっ飛んだ展開の行きつく先がローランド国内。 エリス家の領地の広いこと広いこ.. Weblog: パズライズ日記 racked: 2010-10-23 00:23