伝説の勇者の伝説 第18話「呪われた瞳」

つかの間の邂逅と別れ。いったいどうなっちゃうの?




・渾身のアニメーションで描かれる、ライナの惑いと決断


前回はほとんど出番の無かったライナだが、秘かにミルク救出にでも動いているのかと思っていたら、別にそんなことはなく、ただ友人たちから逃げて南へ向かっていただけだった。ミルクのことはひとまず脇へ置いておき、まずはエスタブールで巻き起こった動乱へとスポットを当てた第18話だ。


ルシルやルークの言葉によって、自分がいかに人間たちの生活環境とそぐわない存在であるかを改めて痛感したライナ。シオンからもフェリスからも逃げ出そうとしてはいるが、ただ逃げたいという気持ちだけが先行して、ろくに計画も無く、しかもシオンの手の届く範囲である南へ向かったというのは、彼の未整理の感情がよく伝わって来る、なんとも矛盾した行動パターン。本当に金輪際シオンたちと別れようと決心していたならば、人目を忍んで、それも国外へ逃亡するために北へ向かうはずであって、まだ心のどこかで、シオンやフェリスに見つけて欲しい、掴まえていて欲しいという願望が滲み出ている、中途半端な逃避行だ。


しかしただの偶然か、それとも必然的なチカラが働いたのか、エスタブール領内で暴れまわっていたティーアと接触を果たすことになってしまった。おまけにティーアはバケモノの同類としてライナを迎えにきたと言っていて、果たして誰の指示なのかはまったく謎だが、シオンたちと離れるか否かで悩んでいた彼の背中を押すような格好になってしまった。最悪のタイミングで、最悪のシチュエーションが訪れてしまったわけだ。


今回はそんなライナの惑いを強く強く印象付けるセリフや演出があり、またアクションパートの冴えわたるアニメーションもあって、色んな意味で非常に見応えのある30分間だった。とくにティーア、ライナ、フェリスの、人間離れした3人によるアクションは、まさに人間離れした目で見れば世界はこのように見えるのだとでも言うような映像表現。佳境に入ったストーリーを盛りたてるために、全力でアニメーションを行っているのが、じつに大きな効果を発揮している。ただ「敵が強いから」とかいうことではなしに、作劇の一環として、ここぞという場面でしっかりと気合いを込めている。おかげで非常に引き締まったドラマに仕上がっていると思う。




・王の決断の招いた結末


それにしても今回は、理想と現実、願望と責任感との間で葛藤し続けてきたシオンにとって、初めて味わうことになる挫折であっただろう。


かつて忠実な部下が殺されたり、あるいは粛清の血の雨を降らせた時も、彼はやはり葛藤を覚え悔恨の念に捉われたとは思うが、済んでしまったことを反省の材料としてあれこれと悔やむことはあっても、それらは全て、王としても、またシオン・アスタール個人としても、一歩一歩前進して行く糧であることはちゃんと理解していたし、それで納得もさせてきたはずだ。


だが今回は、王としての正義と、いち個人としての正義が、完全に相反する回答を提示してきた。そしてシオンはほとんど迷わずに、王としての正義を選択したのであった。彼のように常に正しさを求めている人間にとって、政治を為すというのは余りにも酷な二律背反を突き付ける。大義と小義によって自分の身が真っ二つに引き裂かれる想いをしながら、それでも彼は、友を惜しむ自身の感情を押し殺して、王としての正義を行った。そしてそのことに、彼はきっと納得していない。


ここにおいて、政治というものの抱える矛盾、もっと言えば、人が国家等の組織を形成しその中に人間存在を押しこめて暮らして行くことそのものの矛盾が、牙をむいて若き王に襲いかかったのであった。この事実を、「伝説の勇者の伝説」の物語は今後どのように描いていってくれるのか、よく注目しておきたい。




小説家の安能務は、王や政治家といった権力者の姿を「虎に乗ったドン・キホーテ」のようなものだと評した。自分を騎士だと思いこんだ男が、現実と空想の区別もつかずに、乱暴で見境の無い騎士道精神を押しつけ周囲に迷惑を振りまくのがドン・キホーテの姿であるという。そしてそんな愚か者が、人の手ではとうてい御すことのできない獰猛な虎にまたがって、自分自身も虎に怯えながらその背に必死にしがみついているのが、権力構造の実態だと痛烈にすっぱ抜いたのである。


シオン・アスタールの姿を、この「虎に乗ったドン・キホーテ」の比喩と照らし合わせながら眺めてみると、王の苦痛や悲哀の裏に潜んでいる権力構造の魔性やその滑稽さが、浮かび上がってくるように思えてならない。




----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

アルルカン
2010年11月06日 18:36
シオンにしてみればライナやフェリスに責められばまだ最悪の中でも救いがあったでしょうに、しかし2人はシオンを責めない。だからこそシオンの呵責はより強くなるのでしょうね。誰も自分を責めず寧ろ賞賛されてしまう…悲しいですね。


シオンにとってライナは自分を王ではなくシオン・アスタール個人として見てくれる人物だったのではないでしょうか?
民や部下が慕うのは王であってシオン個人ではないけど、ライナが慕うのはシオン個人であり、遺物探しもシオンためだからでしょう(ライナは否定するかもしれませんが)。
シオンが王であろうとするほどシオンを望むは居なくなってしまい孤独になる。玉座というのは酷く冷たい場所なのかもしれません。

どうでもいいことですが、ティーアはなぜ人間を喰らうのでしょうね、魔法みたく眼で吸収すればいいのに。人間は食べたほうが効率が良いのでしょうか?


長文失礼しました。


おパゲーヌス
2010年11月08日 03:54
>アルルカンさん
>シオンにとってライナは自分を王ではなくシオン・アスタール個人として見てくれる人物だったのではないでしょうか?

なるほど、その通りでしょうね。ライナがシオンのことを、自分を化物ではなく人間として扱ってくれると考えて信頼していたのと同じくらい、シオンもまたライナに対して、自分を王では無く一人の人間として扱ってくれるから好意を寄せていたのかもしれません。

ティーアが人間を食べている理由は分かりませんが・・・。もしそうでなければならない設定では無いのなら、ただ単に食感がいいとか、征服欲を満たすとか、そうした理由ではないのでしょうか。すごい楽しそうだしw

この記事へのトラックバック

  • 伝説の勇者の伝説 #018『呪われた瞳』前半

    Excerpt: ライナの瞳は、父と母の姿を映す。 Weblog: 本隆侍照久の館 racked: 2010-11-05 20:53
  • 伝説の勇者の伝説 #018『呪われた瞳』後半

    Excerpt: 「やっと見つけた。ここで会えたね」 Weblog: 本隆侍照久の館 racked: 2010-11-05 20:56
  • 伝説の勇者の伝説  第18話 「呪われた瞳」 感想

    Excerpt: 「お前らのせいじゃないよ」 「俺はお前らが好きだった」 伝説の勇者の伝説 第3巻 [Blu-ray](2010/12/22)福山潤高垣彩陽商品詳細を見る Weblog: 狼藉者 racked: 2010-11-05 21:28
  • 『伝説の勇者の伝説』#18「呪われた瞳」

    Excerpt: 「お前たちは裏切られ続ける僕たちの心の闇を知らない」 両親の夢を見るライナ。 身分違いで結ばれた両親は、ライナを守ろうと頑張っていたが、 複写眼であるはずの自分が望まれていたはずがないと夢を.. Weblog: ジャスタウェイの日記☆ racked: 2010-11-05 21:38
  • 伝説の勇者の伝説 #018 「呪われた瞳」

    Excerpt:  フェリスの表情がなんだか良かったですね。 Weblog: つれづれ racked: 2010-11-05 21:43
  • 伝説の勇者の伝説 第18話 「呪われた瞳」

    Excerpt: 王と言う立場は、守るべき義務を負い、孤独の道を行く。 過ぎた力を持つ者もまた孤独の宿命を持つ。 シオンとライナの道が別たれるのは最初から運命つけられていたことかも…。  ▼ 伝説の勇者の伝説.. Weblog: SERA@らくblog racked: 2010-11-05 21:44
  • 伝説の勇者の伝説 第18話「呪われた瞳」

    Excerpt: 『「お前は王だしさ。責任ってのがあるもんな。おまえは間違ってないよ、シオン。だから、そんな苦しそうな顔するな。悪いのは俺だ。俺がいるだけで、おまえをこんなに苦しめて……」 「違う、そうじゃない」 .. Weblog: Spare Time racked: 2010-11-05 21:57
  • [アニメ感想] 伝説の勇者の伝説 #018 呪われた瞳

    Excerpt: 伝勇伝 第18話。 フェリスとシオンはライナと再会、そして・・・。 以下感想 Weblog: 窓から見える水平線 racked: 2010-11-05 22:02
  • 伝説の勇者の伝説 #018 「呪われた瞳」 感想

    Excerpt:  アバンは夢で見るライナの過去編。 「なんだよ、ったく。あれじゃまるで俺が望まれて生まれてきたみたいじゃないか。ちゃんと親がいて俺のこと……」  と呟くものの、ルシルの言葉とルークに下したシオンの.. Weblog: 第三の書庫 racked: 2010-11-05 22:13
  • 伝説の勇者の伝説 18話

    Excerpt: ウホッ!男だらけの三角関係。というわけで、「伝説の勇者の伝説」18話英雄王、地雷踏んだ挙句フラれるの巻。いやはや、ものすごい回だった。この話だからこそこの作画、なのかな。ま�... Weblog: アニメ徒然草 racked: 2010-11-05 22:34
  • 伝説の勇者の伝説 第18話「呪われた瞳」

    Excerpt: 「ライナ 僕と一緒においで  ここは貴方には相応しくない」 呪われた瞳を持つ者同士―― ライナとシオンのすれ違いが切ない…    【第18話 あらすじ】 「お前は王だしさ。責任ってのが.. Weblog: WONDER TIME racked: 2010-11-05 22:37
  • 伝説の勇者の伝説 第18話 「呪われた瞳」 感想

    Excerpt: 「お前は王だしさ。  責任ってのがあるもんな。  おまえは間違ってないよ、シオン。  だから、そんな苦しそうな顔するな。  悪いのは俺だ。  俺がいるだけで、おまえをこん.. Weblog: ひえんきゃく racked: 2010-11-05 23:33
  • 『呪われた瞳』

    Excerpt: 伝説の勇者の伝説    第18話言われなくてもわかってる。          ___最初から。。・゚・(ノД`)・゚・。ナント!「夢」だったのか。ホントに子供時代はあーだった... Weblog: 烏飛兎走 racked: 2010-11-05 23:33
  • 伝説の勇者の伝説 第18話

    Excerpt: [関連リンク]http://www.denyuden.jp/#18 呪われた瞳過去の悪夢で目を覚ますライナそしてルシルに言われたことを反芻する相次ぐ失踪ライナだけでなく、ミルクやルークまでもいなくなっ.. Weblog: まぐ風呂 racked: 2010-11-05 23:53
  • 伝説の勇者の伝説 第18話

    Excerpt: 伝説の勇者の伝説 第18話 『呪われた瞳』 ≪あらすじ≫ ローランドから姿を消したライナは、隣国エスタブールへと移動していた。その情報を知ったフェリスは即座にライナの後を追って旅立つ。 .. Weblog: 刹那的虹色世界 racked: 2010-11-06 00:41
  • 「伝説の勇者の伝説」第18話

    Excerpt:    #018「呪われた瞳」エスタブールで、魔眼保持者に瀕死の重傷を負わされたクラウ。衝撃を受けるシオンだが、「策」があると兵士たちを安心させ、クラウの身を心配するノア... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2010-11-06 05:32
  • 伝説の勇者の伝説#18「呪われた瞳」感想

    Excerpt: そう、化物がかなわぬ夢を見ただけなんだ。お前は正しい選択をしただけ。「呪われた瞳」あらすじは公式からです。エスタブールで、魔眼保持者に瀕死の重傷を負わされたクラウ。衝撃... Weblog: おぼろ二次元日記 racked: 2010-11-06 10:04
  • 伝説の勇者の伝説 第18話 「呪われた瞳」

    Excerpt: 大門ダヨ 前回フェリス達の前から去っていったライナ フェリスは心ここにあらず・・・ Weblog: バカとヲタクと妄想獣 racked: 2010-11-07 01:47
  • 伝説の勇者の伝説 #018「呪われた瞳」

    Excerpt: 貴族の男性と平民の女性の間に生まれた子供のライナ・リュート。母親は身分の違いで愛してしまったからだと、複写眼(アルファ・スティグマ)保持者のライナを殺して自分も死のうとしたものの、夫はそんな妻を止めて.. Weblog: 無限回廊幻想記譚 racked: 2010-11-07 03:23
  • 伝説の勇者の伝説 第18話 感想

    Excerpt:  伝説の勇者の伝説  第18話 『呪われた瞳』 感想  次のページへ Weblog: 荒野の出来事 racked: 2010-11-07 04:12
  • 伝説の勇者の伝説 #018『呪われた瞳』

    Excerpt: 『愛する妹がどんどん成長していくのは、嬉しい反面、少し寂しいね』 ルシルはフェリスに話しかける時だけ声色が違う気がする。 同じ妹でもイリスに話してるのはそういや見たコト無い気もする。 すいません、ルシ.. Weblog: 風庫~カゼクラ~ racked: 2010-11-07 06:27
  • 伝説の勇者の伝説 第18話

    Excerpt: 第18話はライナがティーアとともに行ってしまうことになるお話なのでした。 思いのほかライナはすぐに見つかりましたけど、最後にひとまずティーアとともに行くことを選んだのは予想外の展開でした。 シオン.. Weblog: パズライズ日記 racked: 2010-11-20 12:03