刀語 第11話「毒刀・鍍」

今回は七花の見せ場が少ないなぁと思ったら、コレだよ・・・。




・vs真庭鳳凰編、と思いきや……?


今回はもう間違いなく、毒刀・メッキを所有する真庭鳳凰と、虚刀流・鑢七花との一騎打ちが演じられるであろうというエピソード。しかしその鳳凰の本来の見せ場は右衛門左衛門との折半、七花との決闘は心を四季崎記紀に乗っ取られていた上に鳳凰独自の忍法「断罪円」を繰り出すまでもなく敗れてしまった。うーんw


最終回直前を盛り上げるために、ものすごいバトルを期待しちゃってた身としては、少々肩すかしを喰らった感は否めない。作品そのものとしては、右衛門左衛門vsペンギンのバトルや、四季崎記紀の特殊能力が明かされるなどして、十分に見応えはあった。しかし、これまで縦横無尽の活躍を見せてくれた鳳凰が、その真価をほとんど発揮することなく退場となってしまったのは、錆白兵との対決が描かれなかった時ほどでは無いにせよ、それでも消化不良なのは変わりが無い。この分のツケは、次回たっぷりと払ってもらえることを期待したいw


一方で、左右田 右衛門左衛門のカッコいい活躍に惚れ惚れとさせられた話数でもあった。というか後半は毎回そんな感じだけど。彼の独特のセリフ回しと冷めた声色はすごく艶っぽくて、しかもただニヒリストなのではなく内に秘めた熱い想いを感じさせるのが本当に素敵。そんな右衛門左衛門が、もうこいつが主人公じゃないのかと見紛う程に活躍して見せるのが、ここ数話の傾向だ。今回も、ペンギンとの対決だけでなく、ラストでとがめを撃ち抜くところなども、本当にカッコいいポージングやアングルで、劇の進行もそっちのけで黄色い声を上げたくなってしまう。右衛門左衛門、いいキャラしてるよなぁ。




・とがめと七花のラブコメもまとめに


右衛門左衛門が姫様の命令や自身の目的を果たそうと頑張っている脇で、とがめと七花はこれまでの旅路を振り返りながら、改めていちゃいちゃとラブコメを繰り広げる。今回の衝撃の幕引きを考えれば、ココで今作の総括のようなものをやっておくというのは、至極妥当な作劇と言えるだろう。


とくに前回が、二人が二人とも、自分自身の過去や宿命と対峙するよう迫られたエピソードであった。7月に放映された七実との対決編以降は、あまり性急にキャラの内面を掘り進んで行くのではなく、彼らが自分なりのやり方で自分自身の生き様を見定めていくように展開されてきた今作は、こと七花ととがめに関する限り、敵ではなく己との対峙を迫られるカタチで「剣の道」を描いている。その最後のまとめを、今回で行っているということだろう。


剣戟ものであり、キャラクターの魅力に重点を置き、かつ適度にラブコメを描いている、一見すると非常にエンターテイメント寄りの作品である「刀語」。しかしその実態は、きわめて精神論的な見地から、剣の道、ひいては人としての生き様そのものへの問いかけを行っている作品のように見える。


照れたりデレたりして微笑ましいとがめ達の姿には、ただのサービスシーンと決めつけるにはあまりにも惜しい、いろんなメッセージが隠されている。それは時に平易な言葉で語られ、時に煙に巻く態度で戸惑わせる。そこから何を掴みとるかは、受け手次第だ。西尾維新は今頃、彼我木輪廻にでもなったつもりで、このアニメと我々視聴者の行く末を、高みから見守っているのかもしれない。




----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^




この記事へのコメント

アルルカン
2010年11月14日 12:44
私はこの作品では真庭鳳凰が大好きだったので原作でもこの扱いにはショックでした。それはもう、とがめがどうでもよくなるくらいに。
鳳凰と右衛門左衛門は元は親友で鳳凰が里を守るために社会性のある人格を求めて右衛門左衛門の顔を奪い人格を手に入れたという、右衛門左衛門と同じくニヒルながら熱い所から
「こいつら漢だ!この二人だけで一本作品作れるじゃないかッ!?」
と興奮したものです。
ちなみに私が好きなのは1位鳳凰、2位右衛門左衛門、3位輪廻な感じです。


『鍍』はやはり人間の意識を保存するものだったかもしれませんね。それこそ人間を永遠に生かす刀だったのでしょう。
おパゲーヌス
2010年11月15日 02:49
>アルルカンさん
なるほどー。いや、お気持ちはよく分かります。鳳凰を乗っ取った(?)四季崎記紀は、七花との対決では初めから勝つ気がなさそうでしたからね。逆にいえば、四季崎記紀の刀に対する執念は、非常に伝わって来るドラマでした。

鍍が何だったのか。あえて真相を明かさないで視聴者の想像にまかせる辺りは、西尾維新らしい味のある作劇でした。歴史の改竄、とがめの父のやろうとしていること、そして否定姫ととがめの決着。このあたりも、推理ドラマのような明快さにはならないのではないかと予測していますが、しかしあえてぼかすからこその魅力を、追求してくれていると期待しています。

この記事へのトラックバック

  • 刀語 11話

    Excerpt: 四季崎記紀の声があまりにもイメージどおりで最高すぎる。というわけで、「刀語」11話この戦いが終わったらオレたち結婚するんですの巻。貴重なとがめさんが…。なんかもう言っち�... Weblog: アニメ徒然草 racked: 2010-11-14 01:11
  • 刀語 第11話「毒刀・鍍」

    Excerpt: 『奥州から尾張へ戻る途中、七花ととがめは、ある人物から助けを求められる。そして、その者からの情報により、真庭忍軍の頭領・真庭鳳凰が、毒刀・鍍を手に入れた事を知る。二人は、真庭鳳凰が向かったという..... Weblog: Spare Time racked: 2010-11-14 01:21
  • 刀語 第11話「毒刀・鍍」

    Excerpt: なんという衝撃的展開! Weblog: カザミドリ♪ racked: 2010-11-14 01:46
  • 刀語  第11話 「毒刀;鍍」 感想

    Excerpt: 「それに、俺はあんたに惚れてるんだからな!」 刀語 第八巻 / 微刀・釵 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/11/03)細谷佳正田村ゆかり商品詳細を見る Weblog: 狼藉者 racked: 2010-11-14 02:21
  • 刀語 第11話 『毒刀・鍍』 感想

    Excerpt: まだあと1話残しているというのに、怒涛の展開でした。刀語 第11話 『毒刀・鍍』 の感想。 Weblog: メルクマール racked: 2010-11-14 02:23
  • 刀語 第11話 「毒刀・鍍」

    Excerpt: かくして、四季崎記紀の変体刀は完成形を経て、完了刀の完成に至る。 その名を、虚刀・鑢!  四季崎記紀との初代から出会ってできたのが虚刀流だった。 本当に作りたかった刀こそが虚刀・鑢だったのですね.. Weblog: SERA@らくblog racked: 2010-11-14 02:25
  • 刀語 第11話 「毒刀・鍍」 感想

    Excerpt:  月1放送の刀語。とうとう残り2話になってしまいました。今回で遂に真庭忍軍との決着が。鳳凰対右衛門左衛門の対決があったりと気になる展開です…!EDテーマの「亡霊達よ野望の果てに眠れ」も必聴です。タイト.. Weblog: コツコツ一直線 racked: 2010-11-14 03:10
  • 『刀語』第11話感想

    Excerpt: 今日の私 1.MXで『禁書目録』見る ↓ 2.感想書く ↓ 3.他ブロガーさんの感想読んで、TB送らせて頂く ↓ 4.『刀語』録画終わる。見始める ↓ 5.見ている間に頂いたTB.. Weblog: シュミとニチジョウ racked: 2010-11-14 03:12
  • 刀語 第11話 感想

    Excerpt:  刀語  第11話 『毒刀・鍍』 感想  次のページへ Weblog: 荒野の出来事 racked: 2010-11-14 03:42
  • 刀語 第11話 「毒刀・鍍(めっき)」

    Excerpt: ずっと一緒に生きていく・・・ あなたはなんと言って死ぬのかな? 刀語11話 Weblog: 雑食生活の日々 racked: 2010-11-14 04:01
  • 「刀語」第11話

    Excerpt: 第11話「毒刀・鍍」残る刀も、あと二本を残すのみ。そのうちの毒刀・鍍を手にした真庭鳳凰が、真庭の隠れ里に向かったことをとがめと七花は知る。鳳凰を追って旅路を急ぐ二人だっ... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2010-11-14 05:50
  • 刀語 第11話「毒刀・鍍(ドクトウ・メッキ)」

    Excerpt: 旅の終わりは全ての終わり Weblog: 隠者のエピタフ racked: 2010-11-14 07:06
  • 刀語 第11話「毒刀・鍍」

    Excerpt: 刀語 第九巻 / 王刀・鋸 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2010/12/01)細谷佳正田村ゆかり商品詳細を見る  右衛門左衛門VS真庭鳳凰。このバトルが今回一番に萌えました。七花VS四季.. Weblog: 破滅の闇日記 racked: 2010-11-14 07:57
  • 刀語 第11話 「毒刀・鍍(ドクトウ・メッキ)」 感想

    Excerpt: 刀工 VS 無刀 奥州から尾張へ戻る途中、七花ととがめは、ある人物から助けを求められる。 そして、その者からの情報により、真庭忍軍の頭領・真庭鳳凰が、 毒刀・鍍を手に入れた事を知る。.. Weblog: ひえんきゃく racked: 2010-11-14 07:57
  • 刀語 11話『毒刀・鍍』

    Excerpt: 時は戦国 乱世の時代 数百年前 Weblog: 本隆侍照久の館 racked: 2010-11-14 08:26
  • 『刀語』#11「毒刀・鍍」

    Excerpt: 「おれは四季崎記紀だ」 刀工 VS 無刀 刀集めも残すところあと2本。 「そなたが私の刀であってくれる限り、万事うまく運ぶであろうよ」 とがめは前向きで、刀集めのたびが終わったあとのことま.. Weblog: ジャスタウェイの日記☆ racked: 2010-11-14 09:07
  • 刀語 第十一話 毒刀・鍍

    Excerpt:  アレ被り物だったのか! Weblog: つれづれ racked: 2010-11-14 10:12
  • 刀語 第十一話『毒刀 鍍(ドクトウ・メッキ)』

    Excerpt: 「あれ、被り物だったのか」の出るタイミングが良すぎて笑ったw 刀語 第十一巻 / 毒刀・鍍 【完全生産限定版】 [Blu-ray]アニプレックス 2011-02-02by G-Tools Weblog: 風庫~カゼクラ~ racked: 2010-11-14 16:23
  • 刀語 #11 毒刀・鍍 2chの反応

    Excerpt: アレ被り物だったのか! 刀語 第十一話 毒刀・鍍 (ドクトウ・メッキ) (講談社BOX)(2007/11/02)西尾 維新商品詳細を見る刀語 #11 毒刀・鍍 Weblog: HISASHI'S ver1.34 racked: 2010-11-14 18:09
  • [アニメ]刀語 第11話「毒刀・鍍」

    Excerpt: 彼らの勇姿という生き様を見ろ。見て落胆するがいい。 Weblog: 所詮、すべては戯言なんだよ racked: 2010-11-14 18:27
  • 刀語 第11話

    Excerpt: 刀語 第11話 『毒刀・鍍』 ≪あらすじ≫ 伝説の刀鍜治、四季崎記紀がその人生を賭けて鍛えた完成形変体刀十二本を求め、無刀の剣士である虚刀流七代目当主・鑢七花(やすり・しちか)と美貌の奇策士.. Weblog: 刹那的虹色世界 racked: 2010-11-14 22:49
  • 刀語 11

    Excerpt: 第11話 「毒刀・鍍(ドクトウ・メッキ)」さあ、いよいよ大河アニメも終焉に近づいてきましたよ。冒頭では虚刀流の起源について説明がありました。虚刀流自体が四季崎記紀の変体刀だった�... Weblog: GIGASSA!! racked: 2010-11-15 17:50
  • 刀語 第十一話 「毒刀・鍍」

    Excerpt: 旅も残りわずか。 Weblog: LUNE BLOG racked: 2010-11-15 21:10
  • 刀語 第十一話「毒刀・鍍」

    Excerpt: 数百年前。戦乱の時代にあり、剣の鍛練をしていた鑢一根に剣の才能がないと語ったのは、完成形変体刀を作り上げ、完了形変体刀を作ろうとしていた刀鍛冶・四季崎記紀でした。ただ剣の道を究めんとしていた彼に、記紀.. Weblog: 無限回廊幻想記譚 racked: 2010-11-20 19:24