おとめ妖怪 ざくろ 第7話「うち、猫々と」

脇道展開と言って良いのだろうけれど、それにしては出来が良い。さすが。




・改めて描かれるパートナーの絆


今回は景の突然の帰省にざくろを連れていくお話。もしかして、婚約者と称して両親に紹介するのかなとも思ったが、さすがにそれは推論を急ぎ過ぎたようだw それでも、あくまでパートナーとしてではあるが、お互いの絆を深め合う良いエピソードとなった。


景の父が、西洋かぶれな上にひどい妖人差別主義者であるということだが、今回はざくろのアイデンティティの問題ではなくて、別の意味でやはり妖人嫌いの景が、幼少時のちょっとしたトラウマと思わぬカタチで対面することになった。ざくろと景のラブコメを差し引いても、このお話はじつにじつに素晴らしかった!


サブタイや、総角家に到着した直後の描写から、あの猫がなにか鍵を握っているのだろうと予感させる演出だったわけだが、まさか景には猫が見えていなかったとは。どこか不思議な印象を抱かせる妹君や母君を特殊なポジションにおいて、妖怪モノならではのちょっと奇妙で不思議な状況を描きだし、その上で景の感情をダイレクトに変転せしめる、優れて技巧的な作劇だったのではないだろうか。見えるものと見えないもの、真実と思いこみとが交錯する、思わずドキっとさせられる演出が、命と命の深い因縁を感じさせる感動的な物語を珠玉のドラマに仕立て上げていて、鳥肌モノだった。


思わずホロリとさせられる展開は、もう毎週のように行われている。けれどその涙の色が回ごとにがらりと変わっているのが印象的で、時には純真な愛によって、時には深い悲しみを乗り越える健気さによって、そして今回は通じ合う心の織りなす小さな奇跡によって、涙を喚起させられてしまう。それは作品づくりにおける非常に巧妙な手腕が発揮されているだけでなく、その根底に生命への暖かい愛情が満ち溢れているからこそ、出来る芸当だと思う。


今作は、人間や妖人や半妖、それに動物やモノや文化にいたるまで、この世に存在しているあらゆる儚い命に対する深い憐れみと愛情があり、その愛情が画面からほとばしり出て我々視聴者の心の中に流れ込んでくるかのようで、そこに最大の魅力がある。今回はそのことを、改めて教えられたエピソードだった。




・コメディにおいても、描写の丁寧さは健在


しかし最近はわりとシリアスなエピソードが続いていたので、その反動もあろうか、今回はアバンから散々笑わされ、踊らされ、ニヤニヤさせられまくった30分間だった。タエが景に飛び付いて、それを見て皆が唖然としたところで、本気すぎて逆に笑うしかないバーン!という大袈裟なSEとともに、サブタイトルが提示される。この一連の流れが、もう最高だったw


それにしても、こういうコメディ回であっても、いやコメディ回だからこそ、細かいところまで徹底して丁寧に描き切っている印象が、まず大いに好感が持てるし、作品世界のもつ説得力を大いに増大せしめていると思う。


日常描写に関しては、今回は饅頭や洋食や桃といった食べ物が登場したが、こうした食べ物は作品世界を叙述するには非常に有効的な要素だ。ジブリアニメを思い起こせば明らかなように、食事のシーンでリアリティ溢れる描写ができれば、そもそもファンタジーでしかないアニメにおいては、その画面中の世界なりキャラクターなりが視聴者にとってぐっと近しい存在と映ることになる(※この場合リアリティというのは、写実的という意味では無い)。とくに今作は明治時代が舞台なので、食べ物のひとつひとつが視聴者に与える効果は大きい。食後に桃を持っていく、しかも八百屋で買ったのではなく木からもいで冷やしておいたものを用意させるというシチュエーションひとつとっても、総角景という人物の生活スタイルを体感的に理解させるのには十分すぎる。ざくろがフォークナイフを「箸」と言っていたのも面白かった。


あるいは人物描写では、景の一挙手一投足にいちいち色んな反応を示すざくろが見どころたっぷりで、赤くなった顔を手で煽いで冷まそうとするなど、そのシチュエーションにおけるキャラの心理を表現するのにこれ以上のやり方は無いとさえ思えるほどだ。怒ったり照れたりするときに、他の作品でも散々用いられている分かりやすい表現を基調としながらも、そこにさりげなくプラスアルファを添えることで、セリフにはならない部分での映像や演技から伝わって来るキャラの心情が、見事に表現出来ている。今作が視聴者の強い共感や追体験を促す、大きな要因のひとつだろう。


加えて例えば、三扇の名前を覚えていなかった景を、ざくろがぷりぷりしながらもさり気にフォローしたりとか、こういう細やかな作劇ができるというのが、本当にこの作品には脱帽させられる。ざくろの用意した子供っぽい取引用チケットも、最初はネタ的な扱いかと思っていたら、謝る景と赦すざくろ、という構図を場面場面でそれぞれに描きつつ変化させていくための、効果的な小道具として活用していた。うまい、うますぎるwww


もう、自分のような素人では気付きさえしない色んな工夫が、このたった30分弱の映像作品のなかにごまんと詰め込まれているのだろうと、つくづく痛感させられる。その中のほんの少しでも拾って行けるよう、これからもっと努力したい。




さて、今回(ゲスト的扱いではあったが)ざくろの恋のライバルが登場して、恋物語としても盛り上がりを期待したくなるところで、次回は通例のパートナーシップを崩した異例のカップリングを見せてくれるらしい。どんな展開になるのか、いまから楽しみで仕方が無い。




----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • おとめ妖怪 ざくろ 第7話

    Excerpt: おとめ妖怪 ざくろ 第7話 『うち、猫々と』 ≪あらすじ≫ 突然、妖人省を訪ねて来たのはタエと言う、総角家に仕える女性だった。散々家に顔を見せることを拒んできた景だったが、致し方なく一度実家.. Weblog: 刹那的虹色世界 racked: 2010-11-16 03:52
  • おとめ妖怪ざくろ 第7話 うち、猫々と

    Excerpt: 第7話のあらすじ 景のもとへ、総角家の使用人、タエが訪ねてきた。 なんでも父親が景を呼んでいるとのこと。浮かない顔の景は、 なぜか、ざくろに一緒に来てくれないかとお願いをする。 おお、今日.. Weblog: crystal cage racked: 2010-11-16 04:11
  • おとめ妖怪ざくろ 第07話 「うち、猫々と(にゃんにゃんと)」

    Excerpt: 「おとめ妖怪ざくろ」第7話。 あにてれはこちら。 テキストはあと。 妖人省を訪ねてきた景の客人(女性)。いきなり「ぼっちゃま―」と抱き付く。 彼女は「たえ」さん、実家(父)からたまに帰.. Weblog: ゆる本 blog racked: 2010-11-16 04:25
  • おとめ妖怪ざくろ 第07話 「うち、猫々と(にゃんにゃんと)」

    Excerpt: 「おとめ妖怪ざくろ」第7話。 あにてれはこちら。 テキストはあと。 妖人省を訪ねてきた景の客人(女性)。いきなり「ぼっちゃま―」と抱き付く。 彼女は「たえ」さん、実家(父)からたまに帰.. Weblog: ゆる本 blog racked: 2010-11-16 04:26
  • [アニメ]おとめ妖怪 ざくろ 第7話「うち、猫々と」

    Excerpt: 短い中にも物語はある。小さいけれども大きな一歩。 Weblog: 所詮、すべては戯言なんだよ racked: 2010-11-16 04:46
  • 「おとめ妖怪ざくろ」第7話

    Excerpt:   第七話「うち、猫々と」いつも通りのんびりとした妖人省の午後、突然「ぼっちゃま--!!!」と総角に抱きつく若い女性が現れた。その女性“タエ”は総角家で働く使用人で、総角家... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2010-11-16 05:52
  • おとめ妖怪ざくろ 第七話:うち、猫々と

    Excerpt:  なんなんだこの状況は・・・昔の女使用人タエ登場。どーやら景ぼっちゃまが大好きなご様子vvvまぁーったくそれに気づかないぼっちゃまが憎ったらしいったらない;;;どーやら... Weblog: 烏飛兎走 racked: 2010-11-16 06:48
  • おとめ妖怪 ざくろ 第七話:うち、猫々と

    Excerpt:  景は凄いおぼっちゃまですね。 Weblog: つれづれ racked: 2010-11-16 07:13
  • おとめ妖怪 ざくろ 第7話「うち、猫々と」

    Excerpt: 「助手のざくろです!」 だめだニヤニヤしちゃうw おだんご頭のざくろ可愛い―(●´ω`●) 今回は、総角景さんの昔の女タエさん登場!? お手伝いさんだけど、かなり親しいんですね。 ヤ.. Weblog: 空色きゃんでぃ racked: 2010-11-16 10:52
  • おとめ妖怪 ざくろ #7 「うち、猫々(にゃんにゃん)と」

    Excerpt: ドン! ドドン!! パパン!!! ニンニクちゃんズの衝撃顔をよそに、冷やかし顔っぽい豆蔵GJ(*`▽´*) この3人の驚き顔アップ画、丸竜ら全員の驚き顔、そして引き画という3段階の見せ方が面白.. Weblog: マンガに恋する女の ゆるゆるライフ racked: 2010-11-16 11:44
  • おとめ妖怪 ざくろ 第7話「うち、猫々と」

    Excerpt: 僕の家に、一緒に来てくれ――! 総角家の使用人タエが迎えに来て、実家に帰ることになった景。 ざくろに一緒に来て欲しいとお願い。 好きな食べ物チケットと交換で、ざくろは引き受けます(笑)  .. Weblog: SERA@らくblog racked: 2010-11-16 11:45
  • 「おとめ妖怪ざくろ」第7話「うち、猫々と」 短感

    Excerpt: 妖人省の景をいきなり訪ねてきた女性は、景に会うやいなやいきなり抱きついてくる。 Weblog: 雑然倉庫~ふくのブログ racked: 2010-11-16 11:47
  • おとめ妖怪ざくろ #07 うち、猫々と 2chの反応

    Excerpt: はいはい神回神回 おとめ妖怪ざくろ 1 【完全生産限定版】 [DVD](2010/11/24)中原 麻衣櫻井 孝宏商品詳細を見るおとめ妖怪ざくろ #07 うち、猫々と Weblog: HISASHI'S ver1.34 racked: 2010-11-16 12:15
  • おとめ妖怪ざくろ テレ東(11/16)

    Excerpt: 第7話  うち、猫々と 半妖の子とおままごとをする総角。雨竜寿が鶴丸屋のおまんじ Weblog: ぬる~くまったりと racked: 2010-11-16 12:39
  • おとめ妖怪ざくろ 第7話 「うち、猫々と」

    Excerpt:  乙女乙女しすぎだああ!!  今季は、「可愛いなあ」か「なんだこれww」と笑うかという作品ばかり観ているような。  ざくろがバテレンバテレン連呼するのは、いい加減鼻につきますね.. Weblog: アニメを考えるブログ racked: 2010-11-16 12:58
  • 2010年秋期アニメ感想 【俺の妹がこんなに可愛いわけがない 7話/百花繚乱 サムライガールズ 7話/荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ 7話/ヨスガノソラ 7話/おとめ妖怪 ざくろ 7話/侵...

    Excerpt: ■俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話 「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」 脚本:倉田英之 絵コンテ・演出:佐藤宏幸 作画監督:谷川亮介(Aパート)、吉川真帆(Bパート) やっぱり桐乃.. Weblog: Welcome to our adolescence. racked: 2010-11-16 13:02
  • おとめ妖怪 ざくろ 第7話「うち、猫々と」

    Excerpt: 初戀幻燈機(2010/11/24)未定商品詳細を見る  総角景は予想通りの大金持ちでした。使用人のタエが妖人省に訪ねて来きて、景は実家に帰る事になりました。豪華な屋敷は西洋風。使用人達は和服姿。メイ.. Weblog: 破滅の闇日記 racked: 2010-11-16 13:18
  • おとめ妖怪 ざくろ 7話

    Excerpt: お母さんにさえ認めてもらえたら勝ったも同然ですね。というわけで、「おとめ妖怪 ざくろ」7話女は全てお見通しの巻。今回の話で景が妖人を苦手としている理由が明らかになった。案�... Weblog: アニメ徒然草 racked: 2010-11-16 17:18
  • おとめ妖怪 ざくろ 第7話「うち、猫々と」

    Excerpt: 心弱き優しいパートナー。 Weblog: ミナモノカガミ racked: 2010-11-16 17:24
  • おとめ妖怪 ざくろ 第7話「うち、猫々と」

    Excerpt: 『いつも通りのんびりとした妖人省の午後、突然「ぼっちゃま――!!!」と総角に抱きつく若い女性が現れた。その女性“タエ”は総角家で働く使用人で、総角家の当主 景の父からの命を受けて妖人省にやってきたのだ.. Weblog: Spare Time racked: 2010-11-16 20:01
  • おとめ妖怪 ざくろ #07「うち、猫々と」

    Excerpt: ヘタレと見栄っ張りと、時々鈍感… どうも、管理人です。この記事は、いつ更新できてるかな―? 組子:「よかったね、イツエ」 今回の話は、ざくろの総角家訪問の話。総角家に努める.. Weblog: 戯れ言ちゃんねる racked: 2010-11-16 20:39
  • 『おとめ妖怪 ざくろ』 7話「うち、猫々と」 にゃんにゃん^^

    Excerpt: 桜のおままごとの相手をしてる総角は、優しいお兄ちゃん的な印象だね。 傍には、ぽかんと口を半開きにして、その様子を見つめるざくろがいて。 ざくろの表情が、‘総角もだいぶ妖人�... Weblog: 日刊 Maria racked: 2010-11-16 21:13
  • おとめ妖怪 ざくろ #7

    Excerpt: 【うち、猫々と】 おとめ妖怪ざくろ 1 【通常版】 [DVD]出演:中原 麻衣アニプレックス(2010-11-24)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る ぼっちゃま――!!ォィォ.. Weblog: 桜詩―SAKURAUTA― racked: 2010-11-16 21:46
  • おとめ妖怪ざくろ 第七話「うち、猫々と」

    Excerpt: おとめ妖怪ざくろ 第七話「うち、猫々と」です。 『おとめ妖怪ざくろ』、予想してい Weblog: 藍麦のああなんだかなぁ racked: 2010-11-16 23:08
  • おとめ妖怪 ざくろ 第7話 感想「うち、猫々と」

    Excerpt: おとめ妖怪 ざくろですが、総角は妖人の子供とママゴト遊びができるほどになります。総角は「ざくろ君に比べれば怖くはない」などの失言で、ざくろから睨まれます。 総角の家の使用人タエがやって来て、ざくろの.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2010-11-17 00:54
  • おとめ妖怪ざくろ 第七話 うち、猫々と

    Excerpt: パートナー Weblog: Ηаpу☆Μаtё racked: 2010-11-17 00:59
  • おとめ妖怪ざくろ#7「うち、猫々と」感想

    Excerpt: 景の家に一緒に行くことになったざくろ。が、そこには妖人の気配!?「うち、猫々と」あらすじは公式からです。いつも通りのんびりとした妖人省の午後、突然「ぼっちゃま--!!!」と... Weblog: おぼろ二次元日記 racked: 2010-11-17 17:27
  • おとめ妖怪 ざくろ 第7話「うち、猫々と」

    Excerpt: もう素晴らし過ぎて、どう書いて良いか悩む(笑 景がざくろを家に招くという話で、本筋からは離れた話だったが、今後の展開においてそこかしこに伏線となりうるものがあった。 まず、.. Weblog: nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! racked: 2010-11-17 21:55
  • おとめ妖怪 ざくろ 第7話「うち、猫々と」 レビュー キャプ

    Excerpt: ある日…妖人省に景を尋ねて女がやってくる。 その女は、景の家の女中のタエだった。いきなりやってきて 景に抱きつくその姿にイラっとするざくろ。タエは景の父からの 家に帰ってきて顔を見せろとの言づてを.. Weblog: ゴマーズ GOMARZ racked: 2010-11-18 00:30
  • おとめ妖怪 ざくろ 第07話

    Excerpt: (西王母桜くんの すごい 乙女力) おとめ妖怪 ざくろ 第07話 Weblog: アニメ与太話 racked: 2010-11-18 01:52
  • おとめ妖怪 ざくろ #7

    Excerpt: 西王母桃が総角と一緒に、総角の実家に行くことになるお話でした。総角の実家から、使用人のタエがやって来ました。総角の顔を見るなり、タエは総角に抱きついて、おかげで Weblog: 日々の記録 racked: 2010-11-18 10:52
  • おとめ妖怪ざくろ 第7話

    Excerpt:  いちゃいちゃしながらもツンというのは、少女マンガの王道キャラなんだなぁと思いつつ、ツンデレの源は別マとかの少女マンガなんじゃないかと思いながら見ていました。 Weblog: ブログリブログ racked: 2010-11-18 14:17
  • おとめ妖怪ざくろ 第7話 「うち、猫々と」

    Excerpt: ざくろが総角家を初訪問。待ってた父は言いました。 俺の息子がこんなに妖人好きなわけがない。 Weblog: ひそかにささやかにアニメを応援している日記 racked: 2010-11-19 00:18
  • おとめ妖怪ざくろ 第7話

    Excerpt: 母公認になりました。(笑) 「僕の助手なんだ」「へぇぇええ」 「僕の家では、その Weblog: ACAデラックス racked: 2010-11-19 14:12
  • おとめ妖怪ざくろ第七話

    Excerpt: #「うち、猫々と」 一首、詠む回 Weblog: 義風捫虱堂 racked: 2010-11-19 20:19
  • [アニメ]「おとめ妖怪ざくろ」7話

    Excerpt: ボンボン実家に帰るの回。 猫好きの俺でもあの猫又ビジュアルは割と怖かった。トラウマ化に納得。 感想リンク 妄想詩人の手記さん GOMARZさん Weblog: 懐柔する怪獣 racked: 2010-11-20 02:23
  • おとめ妖怪ざくろ・・第7回「うち、猫々と」

    Excerpt: 2010/11/16 放送分。総評!空気作りがうますぎる。あまり斬新な展開じゃないけど非常に丁寧というか・・今回のお話も良かった。ざくろ君の嫉妬とかざくろ君のシットとかざくろ君のしっ�... Weblog: 生涯現役げーまーを目指す人。 racked: 2010-11-21 08:57
  • おとめ妖怪ざくろ 第07話 「うち、猫々と」

    Excerpt: 君に届け一巻を読みました。 少女漫画も面白いですなー。 ヨペチコです。 Weblog: バカとヲタクと妄想獣 racked: 2010-11-24 21:49