俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第8話「俺の妹がこんなにアニメ化なわけがない」

けっこう耳が痛い話だったw


これってアニメ版オリジナルなの? いきなり人気作家になってアニメ化なんて無茶なストーリーだなぁと思いつつも、その前提を抜きにすれば、非常に見るべきところの多いエピソードだと思った。



・アニメでの改変にはわりと大賛成です


普段自分は、アニメは原作と別なんだから、原作をぶち壊してでも良いアニメーション作品を作るべきだと、常々思っていたし口にもしていた。記憶に新しい「迷い猫オーバーラン!」などは、既読者の方々の怨嗟の声をむしろニヤニヤしながら眺めて、アニメスタッフGJ! などと考えていたような人間だ。


原作に忠実に作るということは、アニメとしては無難な出来映えを想定して制作するということに繋がると思う。そもそも面白いのかどうか疑問すぎるラノベやエロゲなんかを、原作を知っている人が想定し得る範囲の表現に収めるカタチでアニメ化したところで、面白くなるワケがないと思う。たとえ原作が本当に面白い作品だったとしても、それならなおのこと、アニメ作品としては原作を大きく上回って、原作ファンがとても想像さえ出来なかったような映像作品に仕上げてこそ、プロの仕事というものではないのか。


逆に今回の『妹都市』のように、そもそもスケジュールや製作費等の外因的制約が大きく、映像そのもののクオリティが低下することが避けられないような企画の場合は、原作通りに作って原作の評判を落とすよりは、アニメ独自の解釈から大きく改変を加えて、クオリティが低くても十分すぎるインパクトを提示することができれば、後世に名を残す作品だって作れるかもしれない。


そんなアニメ主義者の気持ちとしては、今回登場したニヒルな脚本家さんには、どうして改変を加える必要があるのかを、熱意と誠意を込めて説明して欲しかったなぁと思う。まぁ、それが出来なかったからこそ、桐乃や京介や黒猫に、あれだけ嫌な想いをさせることになったのだろうが。




・京介の真意はどこに?


一方で脚本家を初めとするアニメスタッフを説得した京介と黒猫の主張は、今回もまた、論理的説得力には欠けるけれども感情に訴えて押し切った、というカタチだ。これは今作においてはいつものことであるし、キャラクターの心情を描き出すところにこそドラマ性を求めているのだから、これでまったく正しい作劇だろう。今作の主眼は、議論の正しい筋道を示すことではないのだ


今回はとくに京介と黒猫にスポットを当て、この二人がそれぞれのやり方で桐乃への友愛を表明した。黒猫は前からイイヤツではあったが、今回は大活躍で素晴らしかった。


桐乃が例によって痛々しい言動を繰り広げ、それが原因で失敗してしまうというのは、わりといつものパターンだ。だが今回は、桐乃が見ていないところでさえ、兄・京介が妹をフォローするという、こちらはちょっと特殊な展開。ヒロインの見ていないところでも同様に主人公然とした活躍を見せると言うのは、かなり好感が持てる。スクリーンにめちゃくちゃカッコいいロボットアニメが流れる謎の店で、「京介ってこんなに暴力的なキャラだっけ?」と違和感を覚えてしまうほど、妹のために声を荒げて見せた京介。彼はやっぱり主人公気質で、いいなぁ。


一方で、京介や黒猫が抱える桐乃への嫉妬心が、今回はにわかにクローズアップされた。これは、今後の展開への伏線なのだろうか。この嫉妬心、脚本家と黒猫のキツい言葉の応酬と、京介自身のモノローグによって、かなりはっきりと打ち出されていてドキっとさせられる。そうか、こいつらはそんな風に桐乃を妬ましく思っているんだと、普段はヴェールの裏に隠されて見えないアニメキャラクターの負の部分を見せられて、キャラクター像はもちろんのこと、ただ能天気に回っているわけではない今作の世界観の思わぬ奥深さを、垣間見たように思った。


それと同時に、これだけ嫌いで、憎たらしくて妬ましくてたまらない相手であるハズの桐乃に、京介がどうしてこんなに親切になれるのか。黒猫から発せられた疑問は、「俺妹」という作品の根底にぐっと切り込んで行くものであった。この時、京介は「兄妹だから」と答えにならない答えを発し、その邪気の無い言い草は黒猫を嘆息せしめるものであったが、果たしてこんな答えで納得していいものかどうか。


これがただ酔狂で挿入したシーンでないのなら、今後この疑問が常について回るかたちで、京介と桐乃の物語は進行していくのだろう。原作とアニメの差異という、非常にデリケートな部分に踏み込んで見せた今作だが、果たしてアニメ版「俺妹」は、原作ファンにもアニメファンにも、スタッフの込めた愛と熱意を感じさせるフィルムに仕上がっているのか。あえてこんなエピソードをやってしまった以上、今後の展開はアニメスタッフにとって大きな勝負となってくるであろう。本アニメスタッフの、プロとしての気概を見せてくれることを願いたい。




----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年11月22日 00:39
京介もなんで妹を助けているのか
黒猫もなんで手伝っているのか
感情の矛盾、不思議なものです。
アニメ化の世界はいろいろ大人の事情があるのですね。
おパゲーヌス
2010年11月22日 01:05
>mkd(ピンポイントplus)さん
TBでお世話になっています、コメントどうもありがとうございました。

こうやって、セリフ回しや映像表現できちんとキャラクターを描いてくれると、作品の表面には表れてきていない感情の深い部分まで表現できるので、憶測のしがいがあって面白いですね。

大人の事情は、そりゃあ色々とあるでしょうねw 自分も噂程度にしか存じ上げないですが。。。
マーサン
2010年11月22日 17:04
原作ファンからすると「ふざけるな」というのが8話の感想なんですよね……。
原作だとこの話は京介と黒猫の根幹に関わるすごい大事な部分なんですが改変でまるごと削られているので魅力の1割も出ていません。
はっきり言って8話自体が「駄目な改変」そのものという皮肉なんです。
白米プチョン
2010年11月22日 19:59
>既読者の方々の怨嗟の声をむしろニヤニヤしながら眺めて、アニメスタッフGJ! などと考えて

自分が今回の8話でその状態ですw
個人的には嬉しい冒険だったと思います。
何故なら原作でこの話に該当するエピソードは、「ラノベ作家としてよくこんなデリケートな題材取り上げたなぁ、作者」と思うような冒険だったので。

畑違いであるアニメ製作者が全く同じ話を作った所で、あまり凄くないじゃんと思っていたんですね。
そういう意味で、アニメ製作者さん達がこの題材を選んだ事がすごく俺妹的だと思いました。
この話が物議を醸すほど、自分の中で勝手な盛り上がりを見せております。
おパゲーヌス
2010年11月23日 04:08
>マーサンさん
ご愁傷さまです、としか言いようがないです、すみません・・・。というのも、視聴直後の反応で、自分の周りの原作未読者の間では相当な好評だったので。もちろん私も、今回はとても楽しめました。

こればかりはしかし、原作付きアニメ作品にとっては永遠に付きまとう問題でしょうね。今回、アニメスタッフがあえてこのような皮肉な展開を採用したというのは、原作ファンの感情を逆なでするものであったかもしれませんが、しかし自分たちへの自戒の意味も込められていたんじゃないかと思いたいです。そもそも、ファンを怒らせるためだけに作品を作ったりは、していないはずですから。

それに、そもそも出来が悪すぎて誰からも見向きもされないようなアニメになるよりは、映像演出の出来が上々であり、かつ良くも悪くも相当注目されているという現象は、失礼かもしれませんが、かなり幸運なことではないでしょうか。
おパゲーヌス
2010年11月23日 04:12
>白米プチョンさん
なるほど! 既読者でも、そういう建設的な意見を提示できるというのは素晴らしいことだと思います。尊敬します。

自分も、好きな原作が改悪されたのを見た時に、どれだけその作品を公平に見ることが出来るか、ちょっと自信は無いです。だからこそ、原作に配慮せずに楽しめる未読者ではなく、既読者(できればファンの方)の中から、公平な目で評価したり批判したりできる意見というのは、とても貴重だと思いますね。
白米プチョン
2010年11月26日 01:02
性別の変更や舞台・時代の変更はドラマ化や実写映画化の際には珍しくありませんが、別物と割り切って観られるんですよね。

ラノベや漫画のアニメ化は、どうも原作と結び付けて観賞してしまいがちです。

一部キャラに強い思い入れを持つ人にとって、台詞カットや改変が我慢ならない、というのも当然とは思います。

俺妹については自分は原作者さんの姿勢とバランス感覚、あとギャグが気に入っているので、それらをバッチリ受け継いでくれてるこのアニメは安心して観られます。
(でも笑い所を削られたら文句言うかもw)

今回の内容ですが、単純な原作者VS制作陣の構図ではなく、監督やらライターやらの力関係で話がおかしな方向に転がるシーンがあるのがリアルだなと思いました。
せっかくならもっと尺を長くとってでも、面白い展開を持たせて欲しかったとは思っています。

おパゲーヌス
2010年11月26日 02:04
>白米プチョンさん
そっか、実写化だと改変されても別物と割り切れるのですね。実写ドラマ(映画も含めて)にあまり興味が無いので、そのあたりの感覚は自分には分かっていませんでした。

逆にコミックやゲーム、ラノベのアニメ化については仰る通り、ほとんどのファンが、改変を嫌がりますよね。面白い現象だなぁと、ずっと前から思っていました。漫画もラノベもあまり読みませんが、自分だったら、下手に忠実に作られた方が逆に嫌なので、この「作品のエッセンス」さえ受け継いでくれればいい、という白米プチョンさんの意見にはすごく同意ですね。と言っても、少数派なのだろうなぁとは感じております。

アニメ化の問題の難しさは、桐乃の言動にも象徴的に現われていたように、視聴者があまり汲み取ってくれない部分ですね。制作側を悪役に仕立てる一方で、桐乃の痛々しさもまた、とても印象に残る一幕でした。倉田さん、かなりシビアな視点で切り取って見せたなぁと、ある種、感心しました。

尺に関しては、これ以上引っ張ったらさらに大ブーイングになりそうでw 難しいですね。
2010年11月26日 06:45
イカ娘のように幸運な改変も、まれにあるが
本当にごくまれ
俺妹は賛否両論で微妙、やや否が多めだがこれでもまだいいほう。
たいていは蒼天航路のようにアニメ製作者は頭骨をえぐれぃみたいな酷い評価に落ち着く。
原作どころか歴史そのものすら改変した挙句、誰が見ても酷い作品になったりする。(蒼天原作は1部武将の超人化、曹操の美化、諸葛亮の劣化を除き、正史に忠実だったのにアニメ化で歴史ごと変えるとか…しかもそのせいで、その後のストーリーと矛盾しちゃったのに、そこは矛盾したまま変えないし)
おパゲーヌス
2010年11月26日 10:31
>kさん
ストーリーについては、改変するなというほうが難しいのではないでしょうか。もちろん上手い下手はあるでしょうし、納得がいくことは少ないでしょうけれど、原作ファンの評価を得られないリスクを負ってでも、アニメ化に際して改変を加えなければならなかった理由や意図が、必ずあります。また、どんなに名作でもアニメにならない作品がたくさんある中で、少なくとも映像化されてより広く世に知られることになったという事実を、もっと評価しても良いと思いますね。

それと、アニメーションの出来の方にもっと目を向けてもいいと思いますけどね。例えば「俺妹」は、今期アニメの中でもかなり質が良いほうで、キャラクターたちがこれだけのアニメーションによって動いているという点に、最大の注目点があると思うのですよ。自分の好きな漫画がアニメ化された数少ない例として「キスシス」がありますが、あれは原作を大改変してせっかく面白いストーリーを作ってくれたのに、アニメーションの質がとても褒められたものではなく、それでひどくがっかりさせられました。アニメなんだから、話よりもアニメーションでこそ勝負しているのだ、という点で、作品を見て欲しいところです。話も映像も何も見るべきところが無ければ、それはアニメ作品として、出来が悪かったと評すれば良い。アニメの質や創意工夫をすべて無視する格好で「原作と違うから」叩く、というのは、アニメを見る態度としてはどうなのかなと思ってしまいます。(むろん、kさんは一般的な事実を指摘されただけなのですから、これはkさんに対する発言ではありません)

この記事へのトラックバック