そらのおとしもの f (フォルテ) 第9話「激闘!夢の一本釣り(ジャンボカーニバル)」

ちょっちょっちょっ、Cパート怖すぎ・・・。




・会長主催のばか騒ぎ、再び


今回は、例によって五月田根会長の思いつきによる馬鹿騒ぎと、「エンジェロイドの恋」をテーマに描かれるハートフルドラマの2本立て。


会長は基本的に、目立ちたがり屋で主役になりたい(※ヒロインではなく)性格をしてるのだろうなぁというのが、よーく分かる今回のエピソード。それも、シリアスエピソードのような面倒くさいパートではなく、ギャグパートの女王として君臨したがっているのが、なんだか可愛らしい。2期は彼女のサービスカットが多くて嬉しいのだけど、アストレアを釣り上げて満足感たっぷりにポーズを決める、清々しいまでに”遊び”の精神を体現する会長は、確かに今作の影の主役だ。


それにしてもこの人、普段ぜったい、一人でゲームやってる人だよなぁw 一人用ゲーム、STGでもスポーツものでも何でもいいが、一人だけでやっていると対COM戦に飽きてきて、でも他に遊ぶ人がいないから、少しづつ難易度を高く設定するようになる。ただし勝てないとやっぱり面白くないので、それなりにクリアするのに骨が折れ、しかし手に負えないほどではない、という程度の絶妙なバランスを、いかに見つけ出すかが鍵となる。会長の行動を見ていると、いちおう数少ない友人を巻き込んで一緒に遊ぼうとするのだが、自分のスペックの高さを最大限に活かせる適度な難易度のゲームを用意して、しかし最後には自分が圧勝する、という展開に仕向けようとするパターンが圧倒的に多い(クイズ回は、あまりにも難易度を高く設定しすぎたようだw)。いかに彼女が、他の子どもたちとは隔絶された幼少時代を過ごしてきたかというのを、こういう場面で意識させられる。


それにこのお祭り騒ぎは、会長の身体スペックに何とか付いてこられる人材(守形、智樹、そはら)や、本来なら会長よりずっと強いエンジェロイドたちがいるからこそ、成立するものだ。ようやく、気の置けない友人と一緒に遊ぶことが叶った彼女の生活は、これまでで最も輝いていることだろう。




・愛が分からない


一方でイカロスの感情にスポットを当てた後半の展開。愛が分からない、という前回のカオスとの会話を受けて、愛を探し求めるために奮闘する。


ここで登場したのが「お小遣い」。マスターの命令通りに動き、自分の幸福には執着してはならなかったエンジェロイドたちにとって、自分の好きにして良いお金というのは、非常に象徴的なものだろう。貨幣は、人間が発明したもっとも罪深い道具のひとつだと思うが、だからこそもっとも人間的な道具でもある。たった2千円ではあるが、自由にして良いと言われて手にしたその金額を何に用いるかと悩むイカロスの姿は、深く考えさせるものがあった。


で、あっさり自分の欲しいものを買ってきたニンフに対し、あくまで智樹の欲しいものを手に入れようとするイカロスは、やはりまだまだ人間的な感情を獲得しきれていないようだ。彼女が智樹の欲しがるものを求めていたのは、それを智樹にプレゼントするため(ニンフが林檎飴を渡したように)だと思っていたのだが、どうやらそうではなかったらしい。自由にしていいと言われた意味が分からず、おつかいの延長と捉えて、何かマスターのためになることにお金を使わないといけない、と判断していたようだ。


それを見抜いていた守形もすごいんだけどw 河原でのアドバイスはあえてセリフを拾わなかったが、ここは、「スイカを買えばいい」というのではなく、イカロス自身がいま欲しいものを買うように勧めたのだということが、その後の展開で想像できるようになっていて、憎い演出だなぁと感心させられた。こういうところは、本当にうまい作品だ。


今回のことでイカロスは、また一歩、愛に近づくことができたのだろうか。なかなか核心に迫ろうとしない様子はじれったさを感じさえするが、しかし「愛とはこういうものだ」と簡単に定義できないのだから、こうした日々の触れあいの中で、漠然と感じていくしかないのだろう。イカロスが最終的に辿りつく結論がどういうものになるか、ゆっくりと見守っていきたい。




・・・で、問題のCパートでは、死んだわけでは無かったカオスが早くも、なんだか怖ろしい結論の「愛」を導き出してしまった。この子は魚を食べて大きくなるの? そうなると、最終回までにもう1戦、バトルがありそうだ。


本編中にイカロスたちが顔を曇らせていたが、あれは殺してしまった後悔ではなくて、永遠に出て来られない場所にカオスを置き去りにしてきてしまったことへの後悔だったのか。死刑よりも終身刑のほうが、刑罰の惨たらしさと言う意味では数段上だと思う。それは、長い間奴隷や人形のような扱いを受けてきたエンジェロイドたち自身が、身にしみて実感していることだろう。


エンジェロイドに救いの光は見出せるのか。シナプスとの対決だけでなく、智樹との関係がどのような発展を見せるのか、という点のほうが、より重要そうな感じになってきたが、果たして――?





----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック