神のみぞ知るセカイ 第9話「大きな壁の中と外」&第10話「あたしの中の……」

そのうち紙で戦い出しそうなキャラだなぁw


同人誌原稿作成のためのあれやこれやで、更新が滞りがちになっていることを、お詫びさせてください。どうしても作業が深夜帯になってしまい、昨晩もアニメを見れずに徹夜で作業をしていたりするので・・・。今回は、栞編に突入した第9話&第10話をセットで書かせて頂きます。




・汐宮栞編 始動


さて、いよいよ汐宮栞の登場となった。公式サイトのキャラ紹介を見るに、彼女のエピソードがこのTVシリーズの最後を飾るのであろうか。


花澤香菜を擁しての文学少女と言っても、三つ編みの某キャラとはまたひと味もふた味も異なる、オリジナリティあふれるキャラクターだ。本に没頭しているときの、水の流れるように次から次へと紡ぎだされるモノローグや、詩的であるだけにいっそう狂信的な印象さえする活字への傾倒っぷり、そしてそれらとはまったく対照的な、現実世界への適応能力の壊滅的な低さやコミュニケーション不全。これらの要素は、文学少女というよりはむしろ紙使いに見られるキャラクター設定に近く、「R・O・D」を強く連想させる。「オタク趣味の暴走」とならんで、倉田脚本がもっともその本領を発揮できるジャンルが、活字賛美と言って良いだろう。自分の畑で勝負できる脚本家のノリノリな筆致が、実に見事だ。


加えて汐宮栞の個性がまた光る。一人で考え事をしているときのとても豊かな表情と、他者から見た時のボケーっとした無感動な表情のギャップが面白く、また少々天然のはいったトボけた性格設定が最高に可愛い。というかむしろ面白い。膨大なモノローグをこなす声優の魅力や、「……」と書かれた吹き出し演出もあって、アクションやストーリーに動きが少ない地味な展開であるはずなのに、非常に濃密な、見応えのあるエピソードとなっていた。




・桂馬は城攻めの天才!?


それにしても、第9話でその難攻不落っぷりを見せつけた汐宮栞に対して、桂馬の構築する戦略は素晴らしい。現実にこんな女の子がいたとして、いったいどうやってコミュニケートするのか、攻略どころかただの友達にすらなるのが難しいだろう。ましてや、3次元の女性に興味がなく、本にも興味が無い桂馬にとっては、苦行以外の何物でもない、かつてない強敵になるのではないかと思っていたのだが、彼の膨大なデータバンクと優秀な頭脳にかかれば、あっという間に攻略の糸口が見えてくる。


ちょうど今回、栞は図書館を「紙の砦」と称していた。その砦は外面的には図書館の本棚のカタチを取って彼女を取り囲んでいるが、内面的にもまた、栞は本の山によって堅固な要塞を築き上げている。その砦の城壁はあまりに高く厚いために、外からの無法な侵略者を寄せ付けない代わりに、自分も容易には外に出られなくなってしまう。栞は、他者と物理的手段(会話)によってしか通じ合えない人間の不便さを恨めしく思いながらも、安全な城壁の中に籠る心地よさにしがみついていると言えよう。


さて、城攻めというのは戦争において、洋の東西を問わず、古来もっとも厄介な場面であった。堅固に武装された要塞を攻略するのには、多大な労力と犠牲を覚悟しなければならない。そして、城攻めの際にもっとも有効な戦術とは、とにかく時間をかけることと、城の内部に内応者を見つけ出すこと、この二つである。


今回の桂馬は、まさにこの城攻めの鉄則に忠実に、コトを進めようとしていたと言える。他のどのヒロインについても同様に、とにかく出会う回数を増やすこと(=包囲の維持)、相手のデータを集めること(=地形や戦力の調査・偵察)、そしてどんなカタチであれ、相手の方から桂馬に興味を持ってもらうこと(=内応の準備)。このために、一時的に悪感情を持たれようとも構わない。桂馬自身が何度も言うように、好きと嫌いは表裏一体、自分に向かってその重たい門を開いてくれなければ何も始まらないのである。


このように、あくまでも城攻めの鉄則に従って攻略を進めている桂馬。彼の凄いところは、この基本となる戦術を、あらゆる状況や場面において、考え得る限りもっとも的確に応用してみせる点だ。これこそ、彼が持つ膨大な経験(ゲームだけどw)と、それを活用する知能の賜物であろう。落とし神の名は、伊達じゃない。


やはり恋愛ドラマというよりは、推理サスペンスとしての色合いが強い今作。だからこそ、こうやって丁寧に桂馬の戦略と戦術を描き出しているのが、最高に面白いわけだ。ここに描かれているドラマは、恋ではない、戦争だ。汐宮栞という城砦をいかにして攻略してみせるか、次回からの彼の手並みに要注目だ。




・この世界こそ、神のみぞ知る


自分の世界に完全に閉じこもる栞を見ていると、羨ましさのために思わず溜息をついてしまいそうになるのは、私だけだろうか。すでに人生を捨ててしまっているような彼女の性格はともかくとして、その心の中に広がる世界の、なんと美しく、豊かで、広大なことか。これほどまでに魅力的な内面世界を抱えている若者が、果たして今の日本にどれだけいるか。自分自身の貧相な内面と照らし合わせて、栞がその小さな胸の中に抱える財産の大きさに、圧倒される。


しかしだからこそ、彼女のそれは宝の持ち腐れだ。壊滅的に外向性が欠如している栞は、その宝を自身のちっぽけな快楽のためにしか活用できない。いったい何のための内面世界か。この世界を他者に見せることができたら、どんなにか素晴らしいことだろう。


そこで改めて、桂馬の存在の重要性に気付かされる。栞の抱え込んでいる世界は、いままでは彼女にしか歩くことのできなかった世界なのだが、いまや桂馬は、その世界への扉を開こうとしている。他の多くの友人知人たちが何度となく試み、諦めてきたその作業を、桂馬は少しづつ、しかし着実に成功へと導いている。彼が栞の心に巣食う駆け魂を追い出す頃には、栞の広大な内面世界は、栞だけのものではなくなっていることだろう。


まさにその地点こそ、「神のみぞ知る世界」だ。この作品は、誰にも踏みいれられることの無かったたくさんの世界を、桂馬がひとつひとつ開拓してゆく物語なのだ。それに気付いた時、この汐宮栞編のエピソードが、ひいては「神のみぞ知るセカイ」という物語そのものが目指している地平が、見えてきたように思う。


いまだに桂馬は、現実の恋愛に興味が無い。しかし彼はそれで良いのだろう。彼はあくまで神であって、彼によって拓かれ示されていくセカイを描くのが、この物語の主題なのだ。いちいち記憶が消去されるヒロインたちとの疑似恋愛ゲームは、男女の人生の交錯そのものを扱うことはないが、しかし少女たちの胸の中に眠る色とりどりの世界を、次々と披露してゆく。そこに、今作の主眼があるのではないだろうか。


そうして示された先に何を見せることになるのか、残りわずかの話数だが、だからこそ大切に、落とし神・桂木桂馬の足取りを見守って行きたい。




----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 神のみぞ知るセカイ 10話

    Excerpt: FLAG. 10.0『あたしの中の……』 Weblog: 本隆侍照久の館 racked: 2010-12-09 20:29
  • 神のみぞ知るセカイ FLAG10.0 「あたしの中の……」

    Excerpt: 「アイマス!デドアラ!」 若木先生、出ちゃった!(汗 もう原作者特権フル活用ですね(笑。 でも、親バカ良いじゃないですか。 さて、今回の話の肝は(ノット.. Weblog: nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! racked: 2010-12-09 20:30
  • 神のみぞ知るセカイ 第10話 「あたしの中の……」 感想

    Excerpt: 心の声を聞け― Weblog: wendyの旅路 racked: 2010-12-09 20:43
  • 神のみぞ知るセカイ FLAG. 10.0 「あたしの中の……」

    Excerpt:  物言わぬ 文系少女の女心 肝臓診るが ごとくなり!! Weblog: つれづれ racked: 2010-12-09 20:53
  • ??????????FLAG.10.0???????...

    Excerpt: ??????????????????????????????(*�??*)??????????????????????????????????????????????????... Weblog: ?????????????? racked: 2010-12-09 20:57
  • 神のみぞ知るセカイ 第10話「あたしの中の……」

    Excerpt: サブタイは元祖ラノベ作家ともいえる新井素子さんのデビュー作からですね? 本大好きの栞編らしいタイトルです(笑) うまく「ありがとう」も言えず立ち去る栞。 桂馬は本なんて要らないと挑発し、栞を怒ら.. Weblog: SERA@らくblog racked: 2010-12-09 21:13
  • 『神のみぞ知るセカイ』#10「あたしの中の……」

    Excerpt: 「そうだよ、図書館は素敵な場所だよ。 現実の喧騒から守ってくれる紙の砦なの!」 「図書委員=本好き」ということは桂馬も分かっているだろうに、 なぜか突如、今どきもう本は必要ないと言い出して!.. Weblog: ジャスタウェイの日記☆ racked: 2010-12-09 22:25
  • 神のみぞ知るセカイ 10話

    Excerpt: 栞ちゃんマジ妖精。というわけで、「神のみぞ知るセカイ」10話肝臓系少女の巻。その人を知りたければ、その人が何に対して怒りを感じるかを知れ。HUNTER×HUNTERに出てきた言葉なん ... Weblog: アニメ徒然草 racked: 2010-12-09 22:51
  • 『神のみぞ知るセカイ』第10話 感想

    Excerpt: 栞の気持ちは、本が嫌いでもココに足を運んでくれる方ならば理解できると思います。 本を「漫画」 人付き合い(会話)を「アニメ」に置き換えてみれば良いだけですね。 アニメ(を含む全ての動画作.. Weblog: シュミとニチジョウ racked: 2010-12-09 22:59
  • 神のみぞ知るセカイ 10話「あたしの中の・・・」

    Excerpt: 栞ちゃんマジ天使だw 神のみぞ知るセカイ キャラクターCD.4(2010/12/22)汐宮栞 starring 花澤香菜商品詳細を見る Weblog: 新しい世界へ・・・ racked: 2010-12-09 23:25
  • 神のみぞ知るセカイ 第10話

    Excerpt: (かすれ気味の声がいいなあ) 神のみぞ知るセカイ 第10話の所感です。 Weblog: アニメ与太話 racked: 2010-12-09 23:54
  • [アニメ]神のみぞ知るセカイ 第10話「あたしの中の……」

    Excerpt: あたしの中の……。あたしの中の……、その先が言えない。 Weblog: 所詮、すべては戯言なんだよ racked: 2010-12-10 00:57
  • 神のみぞ知るセカイ第10話感想

    Excerpt: #10「あたしの中の……」 「ありが論(ろん)」の破壊的な可愛さで、一躍脚光を浴 Weblog: うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳 racked: 2010-12-10 02:20
  • 神のみぞ知るセカイ 第10話

    Excerpt: 神のみぞ知るセカイ 第10話 『あたしの中の……』 ≪あらすじ≫ ゲームとは違い、女の子の心の中のモノローグを知ることが出来ないリアルさを前に、桂馬は敢えて相手の怒りを買うことで、相手との距.. Weblog: 刹那的虹色世界 racked: 2010-12-10 06:37
  • 神のみぞ知るセカイ FLAG10.0 (第10話) 「あたしの中の……」 感想

    Excerpt: 「ああぁぁあぁほおおぉぉおおぉ・・・・!!」 いくらセリフを書くにしても、この書き方はやりすぎたか(ぁ それにしても栞に花澤さんの声がついたことで、ここまでキャラが浮き出る.. Weblog: ☆*Rolling Star*☆ racked: 2010-12-10 15:26
  • 神のみぞ知るセカイ 第10話 「あたしの中の……」 感想

    Excerpt: あらすじ 本なんか現代じゃもう必要ない、なんて桂馬の発言で、大人しい栞がついに怒った!? そのおかげでやっと栞の気持ちを聞けた桂馬だけど、今度はなんだか図書館が騒がしくて…? 今まで.. Weblog: あめいろな空模様 racked: 2010-12-10 15:37
  • 【神のみぞ知るセカイ】10話 弱々しい罵りボイスが良かったな

    Excerpt: 神のみぞ知るセカイ #10 あたしの中の…… 812 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2010/12/09(木) 02:19:12 ID:DT44A8VV.. Weblog: HISASHI'S ver1.34 racked: 2010-12-10 17:16
  • 【神のみぞ知るセカイ 第10話―あたしの中の……】

    Excerpt: 喉まで上がった もやもやがあった 大声で叫びそうになった 声が枯れてたっていい 受け止めてくれる誰かがその声を待っている。 Weblog: AQUA COMPANY racked: 2010-12-10 20:24
  • 神のみぞ知るセカイ 第10話「あたしの中の……」

    Excerpt: 神のみぞ知るセカイ 10 (少年サンデーコミックス)(2010/09/17)若木 民喜商品詳細を見る  同じ本好きとして汐宮 栞の気持ちも分かります。自分のペースで文字の羅列を物語や知識へと構築しな.. Weblog: 破滅の闇日記 racked: 2010-12-10 20:45
  • 神のみぞ知るセカイ 第10話 「私の中の・・・・・・」

    Excerpt: ・栞、攻略へ  これまで3人の女の子とを攻略してきた桂馬ですが、わざと怒らせることによって栞の思っていることを言葉にさせるなどさすが桂馬という感じがします  栞は桂馬に対してはだんだんと心.. Weblog: のんたんのanime大好きブログ racked: 2010-12-10 21:35
  • 神のみぞ知るセカイ#10.0「あたしの中の……...

    Excerpt: 心がテレパシーで通じればいいのに。本の中では万能になれるのに。FLAG10.0「あたしの中の……」あらすじは公式からです。本なんか現代じゃもう必要ない、なんて桂馬の発言で、大人し... Weblog: おぼろ二次元日記 racked: 2010-12-11 00:33
  • 神のみぞ知るセカイ FLAG10.0 あたしの中の・・・

    Excerpt: (汐宮栞:花澤香菜)神のみぞ知るセカイはジェネオン・ユニバーサルエンタテインメントとごらんのスポンサーでお送りします。 Weblog: しるばにあの日誌 racked: 2010-12-11 09:50
  • 神のみぞ知るセカイ~FLAG10.0「あたしの中の...

    Excerpt:  悪魔エルシィと契約し、現実女性を口説き落とす使命をうけたケイマ 携帯ゲーム好きのケイマがリセットのきかない現実世界に挑戦する10話目 心の内側をさぐる文学少女しおり攻略... Weblog: ピンポイントplus racked: 2010-12-11 11:03
  • 神のみぞ知るセカイ FLAG 9.0「大きな壁の中と外」

    Excerpt: ケーキを作れば大爆発!人間界の常識がまるで無いエリュシア・デ・ルート・イーマに辟易した桂木桂馬は、一般常識を勉強させようとエルシィに図書館へ勉強するように指示しました。そこでエルシィが発見したのは赤く.. Weblog: 無限回廊幻想記譚~アニメ・映画感想~ racked: 2010-12-11 14:03
  • 神のみぞ知るセカイ 第10話 感想「あたしの中の……」  

    Excerpt: 神のみぞ知るセカイですが、桂木桂馬は図書館少女・汐宮栞を挑発して喋らせる作戦に出ます。紙の本をバカにしたり、本に落書きをしたりしますが、栞は心の中で散々自問自答した挙句「バカ」「アホ」くらししか言いま.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2010-12-11 16:59
  • 神のみぞ知るセカイ 第10話 「FLAG10.0 あたしの中の……」

    Excerpt: 栞のテーマ  「本なんて全部データに移したらいいんだ」「全部スキャンすれば本なんて全て捨てられるよ」。意図した桂馬の発言によって、栞を挑発する桂馬。  何とか接点を ... Weblog: ささやんにっき racked: 2010-12-12 12:29
  • 神のみぞ知るセカイ 第10話 「FLAG10.0 あたしの中の……」

    Excerpt: 大門ダヨ 前回に引き続き汐宮 栞の話 Weblog: バカとヲタクと妄想獣 racked: 2010-12-12 14:51
  • 神のみぞ知るセカイ 第11話「おしまいの日」

    Excerpt: これぞ、虚構の中のリアリティ、その極致だ! Weblog: 妄想詩人の手記 racked: 2010-12-16 04:19