荒川アンダー ザ ブリッジ×2 第12話「12 BRIDGE×2」

つ、続くんかいっ!!w



えー、えぇー。このエピソード次回もやるの? そんなに大事なエピソードなのでしょうか。


てっきり、リクかニノのどちらかが偶然にも勝ち上がって、金星関連の話や、もしくは極上のニヤニヤラブロマンスでも見せてくれるのではないかと予想していたのだけど、あっさり敗退しちゃうしw で、シスターとマリアじゃ、どっちが勝っても本筋ドラマ(だとこっちが勝手に予測しているモノ)には、絡みそうにないからなぁ。これはこれで面白いのだけど、最終回にまで引っ張ってやる意味とはいったいドコにあるのか、次週への不安がちょっと増大してきましたよw




今回のようなエピソードでは、もはや様式美として定着しているキャラクターのギャグが、計り知れないチカラを発揮している。ジャクリーンの危機を目にして、ビリーが自分のことも顧みず華麗に彼女を救いだし、リクや星が「アニキー!」と叫ぶ。これだってもはや何度も見せられた光景だが、次にどんな言動を取るかがだいたい分かっているからこその面白さがある。すべてのキャラクターが、「こいつならきっとこう動くだろう」という予測を視聴者が皆で共有できており、その上で具体的にどんなセリフや行動が飛び出すのかを楽しむ姿勢が、今作のコメディパートだろう。これまで作品に付き合ってきた、”分かっている人”だからこその面白さがあると思う。


考えてみればシャフトは、この手のコメディが多いなぁ。「ぱにぽに」の頃からその傾向があったけれど、恐らく「絶望先生」シリーズから、キャラだけでなくネタまでが記号化されたギャグアニメを作ることに、実力を発揮しているのが今のシャフトだろう。またことさらそうした作品の映像化を請け負っているようにも見える(「それ町」はまさにその延長)。シャフトファンとしては似たような傾向の作品ばかりではなく、できればもっとシリアスなエロゲ原作でもやってくれないかなぁと思ったりはするのだけど、しかしこういうスキルを持った集団として一定の地位を築いてきたのは、シャフトの財産であり、また昨今のテレビアニメ界を支える基盤の一角と言えるだろう。


それでも、次回予告ではなんだか意味深なやり取りがあったから、せめて金星に行くか行かないかの決断を迫られるくらいのことは、やって欲しいなぁ。その上で、実際にはまだ行かない(行けない)結末でも良いと思う。まさか3期を予定しているわけでも無いだろうから(あったら嬉しいケド)、ちゃんとアニメ版のラストを飾るに相応しい話を、やってくれることを願いたい。




今回のCパート、狂気のシロさんを熱演する芳忠さんに完敗。セリフが面白かったというよりも、演技が面白かったパートだったなぁ。これもシャフトの多くの作品に言えることだけれど、「荒川」はとくに、声優の意外な使い方が多くてとても聞きごたえのあるアニメ。チョーさんもそうですがw 


次回予告の実写はまさかの野球回。星がユニフォーム着てるのを見ると、まるでホッシーじゃないかw ベイスターズファンとして、ちょっと嬉しかった。あんな火の玉ストレート(?)を投げる闘魂溢れる投手が、ベイにはぜひ欲しいところ。木塚も引退だからなぁ・・・。いや、アニメとは関係ないですねw




----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック