百花繚乱 サムライガールズ 第12話(最終話)「さよならの忠」&シリーズ感想

面白かったなー! 大作RPGをクリアした気分。切ない幕引きもとても好みでした。




・これぞ王道! 真正面から描き切ったヒロイックアクション


とうとう最終話を迎えた「百花繚乱 サムライガールズ」。前回からの流れで、慶彦を倒し、柳生義仙を倒し、ついには天草四郎を打倒するという三段構成でのボス戦で、加速度的に激しくなっていく戦闘の最中に作品メッセージを堂々と打ち立てる、まさにヒロイックアクションの王道とも言うべき展開だ。とくに天草四郎の最後のセリフなど、「ドラゴンクエスト3」のラスボス・大魔王ゾーマを連想されたRPGファンも、少なくなかったのではないだろうか? 常に限界を超える戦いを強いられるだけでなく、行きつく暇もない連戦が描かれることによって、主役(今作の場合は十兵衛)が持てるチカラの全てを出し切る姿を強く印象付ける作劇で、最終回に持ってくる戦闘パートとしては申し分の無いものがあった。


本編のほぼすべてを戦闘描写に割いてあった分、主要キャラクターたちの置かれる様々な状況や、彼らの戦術やコンビネーションを手を変え品を変え描くことができたこともあって、決して十兵衛一人が目立つ展開ではなく、戦闘に参加したすべてのキャラクターがそれぞれの持ち場で死力を尽くして戦い、文字通りの総力戦として成立していたのも見事だった。男キャラの宗朗や慶彦がほとんど戦わないで女の子ばかりを活躍させるのはいかにも現代的であり今作らしいところだが、将とサムライの設定が良い免罪符になっていたのは巧い。欲を言えば、慶彦あたりはもっと指揮官として的確に命令を下す描写なんかがあると、より将の役割が直接的な意味を持つことになろうとは思うが、まぁ現段階ですでに詰め込みすぎな30分間だったので仕方が無いだろう。むしろこれだけのボリュームのドラマを、ちょっと駆け足だったかな、くらいのレベルにまでまとめあげた手腕をこそ称賛したい。


加えて、十兵衛の活躍だ。十兵衛の二重人格が消えてしまうという設定をどう回避するのかと思えば、何度も逡巡した後に覚悟を決めて十兵衛からキスをして見せ、もうその時点から悲壮感ただよう最終回のドラマが大いに盛り上がって来たわけだが、まさか最後は敵もろとも命を散らしてしまうとは・・・。バッドエンドとは言わないが、しかし美少女キャラを多数配しての作品としては、かなりショッキングな幕引きだった。国家の命運を賭けたバトルものとしてはあり得べき展開ではあるが、それでもやはり、十兵衛の魅力でここまで引っ張って来た作品であっただけに、こんなに切ない結末を迎えるというのは予想外だった。あえて十兵衛が戻って来るハッピーエンドにはしなかったことで、いっそう今作の英雄譚的な性格が色濃くなったと思う。2期シリーズへの望みを断って全12話で完結させたのは残念と言えば残念だが、しかしやはり作品としては、これ以上ないくらいに綺麗に、そしてドラマティックに終結させることができた。


わずか1クールの作品でこれほどストーリーに魅力のあるアニメは、ずいぶんと久しぶりな気がする。この切ないエンディングも含めて、心地よいくらいに面白い、見事なエンターテイメント作品だった。




・曲がりなりにも作品テーマを描き切った点を評価


今作のもっとも重要な見どころはキャラクター描写であることは間違いないが、しかしそのキャラクターの魅力を説明するのに、今作の打ち出した清々しいほどの作品テーマが大きく寄与している、と言うことができるのではないかと思う。ただ可愛いキャラやカッコいいキャラを志向するだけではなく、また、ただ男主人公との萌えエロハプニングを見せるだけでもなく、常に真摯に自身の正しい生き様を追求し続けるキャラクターとしてヒロイン勢を描いていたのが、今作の獲得した大きな魅力であったと思う。キャラクター重視であるはずの今作において、あえて一般的な美少女キャラの人物像を捨て、少々古臭い紋切り型な武士道を前面に打ち出し、それを現代的な物語の志向に融合させようとする点に、これまでにない新たなヒロイン像の確立を目論んだ作品だと言えるかもしれない。


今作の物語の大部分を用いて描かれたのは、宗朗をめぐる複数の美少女たちのラブコメであり、ハーレム作りである。その過程で、他のアニメ作品でも何度も描かれてきたような、恋する乙女の魅力を提示していたことは確かだろう。だが、徳川千にしろ真田幸村にしろ、また他のキャラも皆、人生の主目的は恋愛ではない。シリーズ序盤からはっきりと国を守るために動いていたキャラもいるし、またそうでない者も、色恋沙汰に現を抜かすよりずっと大切なこと、すなわち”より良く生きる”ことを目指している。主人公・宗朗自身がそうであったし、何も考えていないように見えた十兵衛でさえ、実際には真摯に、人のあるべき道を模索し続けていた。本当に何も考えていなかったらしいのは、主要キャラの中ではただ一人、道化の兼続くらいだろう。


今作の売りである萌えエロシチュエーションのラブコメや派手なバトルは、ストイックに生きるキャラクターたちの人間ドラマの上に築かれていた。この、作品が内包するメッセージ性を最初から最後まで一貫して描き切ろうとした点にこそ、エンターテイメントとして今作が獲得できた大きなチカラがあった。


劇中のセリフで語られていたメッセージを、作り手がどこまで本気で訴えかけようとしているかは分からない。どちらかと言えばあまりに安直に打ち出してきた絆だの愛だのといったキーワードを、字義どおりにそっくりそのまま受け取る必要はないだろう。あくまでこれらの作品テーマは、キャラクターの魅力やストーリーの魅力を引きたてるための舞台装置である。しかしその舞台装置を首尾一貫して働かせ続けたからこそ、そのテーマの上に築かれた今作のエンターテイメント要素が強く惹きたてられることになった。キャラクターの姿は、その最たるものである。


その意味において、第1話より一貫して将とサムライの関係性にスポットを当て、曲がりなりにもそれを描き切って見せたことを評価したい。今作が取り組んだ試みは、キャラクター重視のアニメ作品にとっての新たな方向性として、注目すべきかもしれないとさえ思っている。




・開拓精神溢れる映像表現


第1話の頃から何度も書いてきたことなので改めて細かくは述べないけれども、この作品の映像表現は本当に面白かった。「少女革命ウテナ」のファンとして、また新房監督×シャフト作品のファンとして、それらと同じようにことさら虚構性を強調する作品づくりを、しかし今作独自の路線で突き詰めて行った試みは、個人的にもっとも高く評価している点だ。


前述したように、とにかく今作の登場キャラクターたちはしきりに、現代の我々の感覚とは大きく異なる精神論を振りかざす。それはともすればむさ苦しい印象すら与えかねず、またそこで語られている内容自体がきわめて虚構的な理想主義であるから、キャラクターたちのこうした言動に我々視聴者が共感できるかと言えば、ほぼ不可能であろう。そうしたストーリー・脚本の面ですでに存分に虚構として成立させている作品であったが、その方向性を視覚的にも聴覚的にも先鋭化してみせた演出の妙は、毎回のように惚れ惚れとさせられた。


最終回である今回も、最後の最後まで虚構的な画面演出を徹底して見せた。とくに天草四郎の出現後は、冒険的とさえ言える映像演出に度肝を抜かされ、このスタッフの開拓精神に改めて舌を巻いた。


まさにこの点こそ、単なる萌えエロバトルの娯楽作品であった今作を、今期もっとも注目すべき意欲作として確立させた要素であった。アニメとは不思議なもので、どんなにストーリーが良かろうが(もしくは悪かろうが)、映像演出の如何によってまるで面白さが変わってしまうものだ。今作のストーリーがそこまで絶賛すべきものであったかというと議論の余地があるだろうが、この映像表現のおかげで、本来よりずっと魅力的なドラマとして仕上がっていたことは間違いないのではないだろうか。


このような意欲的な作品づくりが、どのような事情で実現したのかは分からない(とくに今作のスタッフについて、自分はとても無知である)。しかしこれほど面白いアニメーションを見せてくれたということで、今作のメインスタッフには今後ぜひとも注目しておきたいと思ったし、またこれから制作される多くの作品においても、これくらい意欲的に映像化に取り組んで欲しい、そのような気概が作り手と受け手の双方に巻き上がるのを、願ってやまない。


折しも最近、原作とアニメの関係について改めて考えさせられることがあった。小説やゲーム等がアニメ化されるとき、どうも原作ファンの中には、原作のイメージやストーリー展開が改変されることをことさらに嫌う人の数が大きな割合を占めているようだが、アニメファンとしては、アニメスタッフにはなるべく制約の少ない状況でその創作意欲を最大限に発揮して制作に取り組んで欲しい、そうでなければアニメの発展はありえないと思う。「百花繚乱 サムライガールズ」は原作メディアの制約が弱い作品だったようで、だからこそこれだけ意欲的な映像作品として完成されたのだろうが、このような幸運な企画が今後も増えて行って欲しいと強く思う。


まだまだアニメの前面には、未開拓の土地がたくさん広がっている。「百花繚乱 サムライガールズ」は、その事実を改めて痛感させられ、アニメという媒体の無限の可能性を指し示すような作品だった。




----


それでは、これにて以上となります。どうもありがとうございました。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック