神のみぞ知るセカイ 第12話(最終回)「神以上、人間未満」&シリーズ感想

ひっどい最終回だったww これでこそ「神のみ」だなぁ。




・最終回感想


残念ながらとうとう最終回を迎えてしまった「神のみぞ知るセカイ」。メインストーリーとなるヒロイン攻略は前回までで予定をすべて消化しているため、桂木桂馬の日常生活にスポットを当てたコメディで最後を締めくくろうというエピソードだった。しかし彼の日常は意外と描かれることが少なかったこともあり、最後に主役キャラの本質部分を改めて提示することがシリーズ全体の総括にもなる。今回はだから、かつてないほどに暴走する桂馬の姿をトコトンまで突き詰めて描いて見せた。


原作との兼ね合いは分からないけれど、今回のエピソードはいかにも倉田脚本らしい要素がぎゅっと詰め込まれていたなぁ。メインキャラが部屋から一歩も外へ出ようとしないシチュエーションや、マニアックすぎるオタクネタ(今回はゲーム機)への造詣は、倉田氏が携わって来た作品でなんども見せられてきたもの。そもそもこの作品自体、倉田英之の得意分野みたいなものだから、原作とアニメ脚本の親和性が高いのも当然だろうなぁと、今回のエピソードを見てもつくづく実感させられる。


話数ごとのストーリー展開としては、やはり前回のエピソードこそ今シリーズの実質的なクライマックスと言えるだろう。第12話は、ある種のオマケエピソード的なスタンスを取りつつ、いままでだいぶ株の上がっていた主人公のキャラクター像を再び地に落として、彼のイケメンモードに騙されそうになっていた視聴者の認識を正しいあり方に引き戻す意図があったのではないかと思う。そうすることで、これまで幾人もの美少女たちを恋の罠にかけてきた今作の物語が、その本質がドコにあったのかを悟らせる狙いがあった。桂馬の超人離れした阿呆さ加減に大笑いしつつ、前回までに描かれてきた切ない恋物語をすべて虚構の海の中に投げ込んでしまった。いやじつに、これでこそ「神のみ」だ。


少なくとも第1期において描かれた物語は、桂馬が3次元の恋の良さに気付くなんてことは全然なくて、「リアルなんてクソゲーだ」との姿勢を固持する桂馬が、3次元に対する2次元の勝利を高らかに宣言して見せるものだったと言えよう。3次元にまったく興味の無い桂馬が、2次元で培った戦術を駆使して、3次元の女性たちの心を屈服させて見せた。その結末として、桂馬が自室にこもり、その寿命を削ってでも全力で彼なりの青春を謳歌してみせたのは、じつに当然の帰結と言えよう。そしてこの最終回があったからこその第2期の展開が、大いに楽しみになってくる。


エルシィに哀しいなどと言われてしまった桂馬の青春。駆け魂狩りを行うことで、彼は変わることが出来るのか。それともむしろ、彼の方がこの現実世界を変え得る存在になるのだろうか。今回、あえて”変わらない桂馬”を描いたからこそ、様々な可能性、様々な変化を今後の物語に予感させる、そんな幕引きだったのではないだろうか。




・「落とし神モード」がココで描かれた意味


それにしても、今回の桂馬は本っ当にキモかったww これだけ暴走したアニメーションを作ることが出来ている時点で、この最終回の勝利は完全に確定したと思ったね。素晴らしかった!


今回の桂馬は、これはもう完全に、視聴者の諸君には決して感情移入などさせてなるものか、桂馬は桂馬であってそれ以外の人間には理解できない神なのだと、制作者が我々に叩きつけてきたメッセージだと受け取ってよかろう。フザけてるとしか思えない彼の超人的な技量の描写ももちろんだが、それに加えて今回は、エルシィが桂馬を心配して部屋を覗きに行って、理解の及ばない事態に呆れ果てて退散してくる、という場面が三度も描かれた。完全にギャグキャラ的なデフォルメを加えられた桂馬と、いつも通りの絵柄で桂馬を拒否するエルシィ、という対比の構図が、よりいっそう、桂馬の視聴者に対する排他的なキャラクター性を浮き彫りにしていたと言えよう。


もっとも象徴的だったのは、Aパート終了時のアイキャッチだ。ここでは、落とし神モードの桂馬を極度にデフォルメ(パロディの元ネタが分からない^^)して視聴者をドン引きさせたあと、サブタイトル「神以上、人間未満」を提示するという演出だ。桂木桂馬は、神の領域をとっくに超越していながら、それでいてどんな人間にも劣るダメ人間である。それを表現するためのタイトルコールとしては、これ以上に絶妙なタイミングはあり得ないだろう。この30分間を通して描かれる桂馬というキャラクター、ひいてはこのシリーズでずっと描かれてきた主人公の存在が、本質的にはどのように言い表されるべきであるかを、CM直前のサブタイ提示によって如実に表現してしまった。


主人公のことをこんなに悪しざまに言うなんて、作品としてはあまりにも自虐的な態度であるが、しかし桂馬をそのように、基本的には救いようの無いダメ人間なのだと認識することが、第11話までの全ての物語(一見それらはとても美しい物語として提示されてきた)の実態を正しく再認識させるものであったことは、すでに述べた通りである。現代の若者に向けてリアルへの回帰を訴えているのだとか、そんな高尚なメッセージをつい探ってしまいたくなる作品だけれども、その実態はこんなにも陳腐で愛すべき少年少女の生き様でしかない、その点を決して見落とさないで欲しいという、作り手の想いが込められているようだった。


今回は、ただ日常コントをやりたかったワケでもなければ、余った話数を第2期の番宣に充てようとしたワケでもない。もしそうであれば、駆け魂狩りのときはあんなにカッコよかった桂馬を、ここまでキモく描き切るだろうか? 何と言ったって、ゲームのやりすぎで頭がおかしくなって、幻想の中で美少女達と踊り、超ド級に音痴な歌声を披露しちゃうような最終回なのだ!w 


ここまでベクトルを振り切って見せたのは、こうでもしなければ、一介の高校生――それも、他者とのコミュニケーションを拒み続ける問題児――が精いっぱいにリアルの人間と向き合って見せるという、この作品の大前提である魅力が、我々視聴者のもとにこうまではっきりと届けられることは無かったであろう。前回までのヒロイン攻略エピソードでは、桂木桂馬の神っぷりとカッコよさに心を奪われるのも良いだろう。しかし第12話を見てから改めて前回までの物語を振り返ったとき、今作が描きだそうとしている青春像の根幹がドコに存在しているのか、おのずと気付かされることになるのである。




・「ボクも一緒に行くよ」


さきほど、シリーズのクライマックスは前回のエピソードだったと述べたけれど、しかし今回は今回で非常に巧みな構成と演出が光った回だったのは間違いなく、最終話としてじつに味わいのある優れたエピソードだった。


とくに感心させられたのは、やはりラストシーン付近の展開だろう。ボロボロになるまでゲームに没頭し体力の限界に挑戦し続けた桂馬が、とうとう辿りついた次元。まさに「神のみぞ知るセカイ」のその先を描きだした演出に、思わずゾクっとさせられた。


彼が最後に取り組んでいたゲーム。OPにも登場するオレンジ髪のキャラを攻略していたわけだが、一度力尽きてしまったとき、画面の選択肢は「行くな!」「元気でね・・・」「結婚しよう!」の三択だった。しかし、ついに人間としての限界を超越し神の領域に足を踏み入れた桂馬の前に、第4の選択肢「ボクも一緒に行くよ」が登場することになる。穿った見方をすればそれは、未入力状態が一定時間過ぎると出現するようにプログラミングされていたトゥルーエンディングへの分岐点という、ただそれだけのものだったのかもしれない。しかし、桂馬が自身の限界を突破した先にその選択肢が出現したこのタイミングは、じつに象徴的だ。


時間が無いので詳しい考察はまたの機会に譲りたいと思うが、このゲーム画面に出現した4種類の選択肢は、桂馬が今後辿るべき道筋を暗示しているものなのかもしれない。ぱっと見た所では、2次元キャラに対して「一緒に行く」と宣言することは、今後も彼が2次元の世界に生き続けようとする意志表示であろう。そうして選んだ先に、(錯乱していた桂馬以外の全ての人々にとっては)馬鹿にされているとしか思えないようなフザけたエンディングへと突入して行ったのは、2次元に生きようとする彼の行く先そのものだと言いたいのかもしれない。


ED映像に描かれたゲームキャラたちの笑顔が、桂馬の獲得した価値の全てである。彼はそんな人生を全力で肯定しエンジョイしているが、今後、エルシィによって強引に対面させられることになるであろう様々な経験を前にして、桂馬がどのような選択肢を選んでいくのか、よく注目しておきたい。


リアルなんてクソゲーだと、桂馬は言う。そのような発言はしばしば、ままならない現実への妬みの発露として受け取られてしまうものであるが、しかし桂馬はそんな安っぽい人間ではない。何と言っても、人間未満ではあるが、神と同等かそれ以上の存在でもあるのだ。2次元と3次元の交錯する物語の中で彼がどのようなことを考えてきたかということは、同じように2次元と3次元の対立の隙間で生きている我々にとって、良くも悪くもきっと何かの価値を見出せるに違いないと思う。桂馬がよりいっそう3次元世界との対峙を迫られるであろう第2期シリーズを心待ちにしつつ、彼のこれまで行ってきた言説のひとつひとつを、振り返って考えておくことにしたい。




----


それでは、これにて以上となります。どうもありがとうございました。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^

この記事へのコメント

グッキー
2010年12月23日 04:03
>落とし神モードの桂馬を極度にデフォルメ(パロディの元ネタが分からない^^)

おそらく、「ゲームセンターあらし」をパロっているのだと思いますよ
おパゲーヌス
2010年12月23日 04:07
>グッキーさん
どうもありがとうございます。なるほど、言われても分かりませんww
カイン
2010年12月24日 20:02
>前回までに描かれてきた切ない恋物語をすべて虚構の海の中に投げ込んでしまった。

まさにそうですね。
そして私の「この作品おもしろいな」と思っていた気持ちも一緒に虚構の海の中に投げ込まれてしまったようです。
最終回は見ていて「この作品はそういう作品じゃんねえんだよwww何勘違いしてんのwwwばかなのwww」って言われてるような感じがしてすごく不快にさせられました。
原作読んでないので原作読者はどう感じたのか知りませんが、アニメの11話までの展開が好きだった私は本当に裏切られたようにしか感じませんでしたよ・・・BD買おうと思っていたのに・・・

否定的なことを書いて申し訳ありません。気分が悪いようでしたらスルーしていただいて結構です。
おパゲーヌス
2010年12月25日 04:30
>カインさん
貴重なご意見、どうもありがとうございます。

でももったいないですね。カインさんの趣味に合わなかったのは仕方が無いですが(ギャグのテンションがだめだったのでしょうか?)、今回のエピソードはあくまで今後の展開への布石として、「まだ変わりきれてはいない桂馬」の姿を強調するものであったと思います。今後の展開によって、桂馬の心持ちに変化が生じ、本当のリアルの恋に触れることがあるかもしれません。またどうやらこれまで攻略したヒロインも、再び登場することがあるようですし?

原作未読であればなおさら、慎重に作品と向き合ってみる必要があると思います(自分も全然できていないですが)。ディスクを買うかどうかは後で判断するのも良いと思いますが、まずは2期を見てみることにしましょう。あるいは原作漫画を読んで見ても良いと思います(今回のエピソードは、ちゃんと原作に存在していたようです)。

この記事へのトラックバック