俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第10話「俺の妹がこんなにコスプレなわけがない」

OP気合い入りすぎ!なんだこれw



・ここであやせ回!


突然出てくるからすっごいびっくりしたw 今回は京介とあやせの絡みがガッツリと描かれる上に、来栖加奈子なんていう爆弾級の危険人物まで投入しての、ハラハラ感満載のエピソード。桐乃といい、こいつらといい、どうして今作の女子中生は沸点がこうも低いかなw


とにかく、いつ引火して暴発するか分からないメンツで、コスプレコンテストに挑む今回。桐乃が脇役の一人に徹していて、主人公の京介を中心にドラマが動いて行くのが良く分かる。一般人の感性を持ちながら、オタク趣味に理解を示したり桐乃のような厄介な人物を許容できたりする京介は、とにかく面倒事を背負いこむ役回りが多いのだけれど、その中で頑張る彼の姿こそが、今作の大きな魅力だ。それも、彼の場合は打算で動いているわけでもなければ、小手先で対応しているわけでもなく(そもそも彼はそんなに器用ではない)、あくまで京介の懐の深さ、人の良さが、画面からしっかりと伝わって来るのが、とても好感が持てる。


そんな京介だからこそ、あやせも相談を持ちかけることができたのだろう。ただ桐乃の理解者であるというだけでなく、あやせの理解者にもなることができ、精一杯に対応してくれる。そんな誠実さを、変態だの殺すだのと息巻きながらも、あやせはちゃんと理解している。むしろ不誠実なのはあやせの方で、こんなに親身になってくれる京介を罵倒したり、騙し打ちのようなカタチで加奈子を巻き込んだりと、やることが色々とえげつない。桐乃への愛だけは確かなんだけどな、この子はw


とはいえ、フィギュアへの理解の無い友人が、ちょっと”分かってない”発言をしたからって、不機嫌になって口を利かなくなる桐乃はひどいw ここは、桐乃がいちばん子供なんだなぁというのを、よーく理解させる一幕だった。





・コスプレ会場の描写が見事


今回のメインイベントであるコスプレコンテスト。ここの描写はとにかく見事だったなぁ。今作の高いアニメーション力をまざまざと見せつけるシーンだった。ステージ、観客、そして桐乃と京介たちを、それぞれに絶妙な空気感の中に描き出していたと思う。オタクのお兄さんたちの動きも生々しくて面白かったし、前回同様にキモい言動をとる桐乃が可愛すぎる。会場の熱気にどん引きな京介とあやせのポジショニングも分かりやすい。そしてステージ上の描写は、最初に登場した前回優勝者から、まさにクライマックスに相応しい気合いの入れようだ。


そしてあまりにも素晴らしすぎたカナカナ・オンステージ。ステージ上のアイドルをどうアニメートするかというのは多くのアニメ作品が挑んだ難問だが、今作は見事に華々しいステージを演出してみせた。”振り付けまで完璧”という設定を最大限に活かすべく、手の込んだ振り付けを細やかに描きあげた上に、カメラアングルや衣装の揺れ、観客の動きにも凝っていて、最高のステージだった。文句なしにカナカナが可愛いと思ったし、OP曲もぜひフルで聞いてみたくなった。曲も良かったなぁ。




・見どころたっぷりだったキャラクター描写


今回は実質的にあやせと加奈子のエピソードだったが、各キャラクターの描写が見どころ満点で、面白かった。


来栖加奈子の活躍としては、彼女のひどすぎる性格をちゃんと印象付けておきながら、ステージ後の楽屋で株を持ちあげて、最後に補導という結末でオチをつける、出来すぎなくらい綺麗にまとまったエピソードだったw ただ、恐らく今回が最初で最後のメインエピソードである加奈子を描きながら、あやせや京介のキャラクターもちゃんと掘り下げてあったのはさすが。とくに京介は、観客たちをキモいだのなんだのと馬鹿にする加奈子に対し、義憤から詰問して見せたのは、大いに胸のすく場面だった。今回はオールバックの髪型がすごくカッコよかったし、色々な点で男を上げた。


その京介が、黒猫や沙織を「もう俺の友達でもある」と公言したのは良かったな。オタク趣味を通じて、性別も世代も地域も越えて友達の輪が広げられるというのが、とても価値のあるメッセージだ。それでいて回想シーンでは、つい口を滑らせるおっちょこちょいな黒猫や、前回の沙織の描写を踏まえて聞くと怖ろしい意味に聞こえる「拙者は好きでやっていることですから」との発言が、短い尺の中でもいいアクセントになっている。


そして肝心の桐乃の描写。彼女かよ、とふっかけられて逆上しビンタを喰らわせた桐乃は、またいろいろと想像の膨らむ、良い表情をしていたな。コスプレ会場でのキモ可愛い様子といい、エピソードを重ねるごとに新たな表情を少しづつ見せてくれる桐乃が、とても魅力的だ。また、ツンデレの極意はデレを見せない点にある。最初からデレてるのが見え見えな似非ツンデレが横行する中で、真意の測りづらい桐乃は、ツンデレの王道を行っているようでとても素晴らしい。


それでも、デレだと判断したくなる材料を、すこし見せすぎだとは思うのだけどね。本当は、まずまったくデレなんて見せないで、ほんのちょっとの違和感の中にデレだと判断したくなる一筋の希望を手繰り寄せようとして、しかし結局それをデレではなくただのラグだと判断してしまうような、それくらい分かりにくいデレ方をするのが、至高のツンデレだと思う。桐乃にしろ黒猫にしろ、わりとすぐ頬を赤らめる描写をしてしまう今作は、もうちょっと自分の趣味に合わない部分があるかな。ま、どーでもいいことですがw


それと、今回のEDはとても面白かった。タイトルのセンスがまるで「生徒会の一存」みたい。こちらもメルルの主題歌同様、フルでちゃんと聞いてみたい曲だ。




さて、次回は沙織の陰謀が暴走するのか!? 可愛いメイド服以上に、沙織のキャラの幅がぐっと広がる様子に、期待したい。




----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

アルルカン
2010年12月08日 09:37
性悪な友人と性格が悪い友人を持つ奇矯な桐野は何だかんだでいいトリオなんでしょうね。どいつもこいつも問題ありますが。

あやせの場合、桐野の趣味についてもそうですが、自分が妥協しないのは他人に妥協を要求するのと同じ理屈だと気づいてないのでしょうね。
前回の拙い理論からの反発から、今回の許容できずとも友情の維持の為に問題を放置する辺り、少しは成長したのでしょうか。
おパゲーヌス
2010年12月09日 05:57
>アルルカンさん
あやせは普段ヤンデレが隠れているのでまだ付き合いの浅いウチは良い友達になってくれるでしょうが、桐乃や加奈子とはあまりお付き合いしたくないですねw 普段どんな会話しているやら。猫かぶってるんでしょうかねぇ。

あやせは、自分が正義だと思い込んでいたものの土台を揺り動かされたことで、明らかに態度が軟化してますよね。このあたり、京介と出会ったことがあやせにとって、ちょっとどころでなく大きな成長になっていると思います。表情からは読み取りづらいですが。
それでもやはり、偏見や嫌悪を捨て去るのは難しいでしょうし、そう簡単に認識が変わるハズはないですよね。中学生という年齢のおかげで、まだ柔軟な頭を持っているように見えます。いま話題の表現規制の問題を見るに、不思議なくらい頭の固い偏見主義者が大きな勢力を持っているようですからね・・・。

この記事へのトラックバック