STAR DRIVER 輝きのタクト 第17話「バニシングエージ」

間髪いれずに急展開! あの人が歌ってるのはなんだか違和感があるぞw




・新章突入! 改めて標的をタウバーンに


前回見事に第3フェイズに移行できたということで、今回からは新たな章が幕を開き、綺羅星十字団も体制の一新と目標の再設定を行って、”旅立ちの日”に向けていよいよ活発に動き始める。彼らの目的が何なのか、また島を監視しているらしい謎の老人や、ヘッドの足元で眠っていた黒髪の人物(ひょっとして、タクトのパパとか?)の存在は。核心に迫りつつある物語の展開に目が離せない。


とくに、ヘッドがスタードライバー達をことごとく手勢に従えて、綺羅星十字団の文字通りの主導者として君臨することになったのは、ただ頭が切れるだけでなく膨大な知識を持っているらしい彼が物語の原動力になるということであり、その言動は要注目だ。あくまでタクト達が受動的な役割でしかなく、物語を動かす真の主役が綺羅星十字団である以上、その十字団のイニシアティブを握る人物は今作においてもっとも大きな影響力を行使できる。むろんこれまでも、今作はほとんどヘッドの手のひらの上で動いてきた感じではあったが、彼が表舞台に立って大々的に介入するようになるのは、やはり大きいだろう。


その上で、改めてヘッドは、打倒タウバーンを掲げた。ただし以前とは違って、もう十字団リーダーの地位に関して何も言わなかったのは、劇中で語られていた理由や、他の隊ではサイバディを動かすことができないという事実だけでなく、誰がタウバーンを倒そうともヘッドが十字団のリーダーの席を譲る気がないという宣言のように聞こえる。十字団の当面の目標は当初のものに戻ったけれども、その構図はまるで変化してきていると言えよう。




今回の対戦相手は、あのカナコをして怖れしめる少女、ケイ・マドカ。「手段を選ばずに、欲しいものを手に入れようとする」と言われていたが、それは卑劣なことをしてでも、ということではなく、どんな勝負にも命を賭け、そのスリリングな状況を楽しもうとする姿勢にあるのだろう。なんでも持っているお嬢様のマドカが、それでもこの局面で手に入れたかったのは、タウバーンに勝つことはもちろんだが、それ以上に、物欲では満たすことのできない快感をこそ欲していたのではないだろうか。


マドカが操っていたのは、第4話でも登場して幻の世界を見せたヘーゲント。明け方にゼロ時間を発動させたことで主人公側三人が情けない格好になっているが、緊迫したシーンでこういうちょっとしたおふざけを入れるのは今作らしくて実にいい。それでも戦闘シーンはかなり熱いものがあって、タクトの豪快な新必殺技もお披露目されて、見応えたっぷりのアクションだった。ヘーゲントの持ち前の能力を発動せずにチャンバラに終始していたこと、そしてマドカが生死を賭したスリルを楽しみたがっていることから察するに、今回は顔見せで、修復を経て改めて本気で戦う回がありそうだ。


いずれにせよ、アタリ・コウとの百合カップルとして今後も重要な役割を果たすと思われるから、まだまだ注目だ。影の薄かったバニシングエージの中心メンバーや、再度目立つ活躍を見せそうなダイ・タカシともども、今後の活躍を楽しみにしておこう。




・ヘッドの陰謀の主眼はどこに?


今回はバニシングエージが”クーデター”と称されるような行為でもって、十字団を実質的に支配する格好になった。シリーズ序盤もヘッドがリーダーみたいに振舞っていたのだから、いまさらこんなことをする意味がどこにあったのかと、疑問が出てくるような展開であるが、改めて十字団の権力構造の推移を考え直してみると、ヘッドの当面の目的が見えてくるのではないかと思う。


おそらくおとな銀行頭取のワタナベ・カナコも、手許に印を持つスタードライバーを集結させることで、それらスタードライバーを管理しつつ、十字団内部におけるおとな銀行の発言権を強めようという狙いがあったものと思われる。どうやら意図的に印の持ち主を集めていたのはバニシングエージとおとな銀行だけのようだから、この両者が実質的に十字団を主導する二大勢力であったのは間違いない。第2フェイズに留まっているうちは各隊のドライバー数が比較的拮抗しており、表面上は各隊に上下関係は無いのだが、隠された情報に精通しそれをコントロールしてきたバニシングエージと、資金を管理するおとな銀行が圧倒的に大きな権力を持っていたはずだ。そして第3フェイズに移行してその構図が揺らいだタイミングを見計らって、バニシングエージが先手を打って権力闘争に勝利したのが、今回描かれた政略面の動きなのだろう。


カナコが十字団のリーダーになりたがっていたのが、その妖艶なキャラに似合わず思った以上に責任感や使命感に突き動かされているというのは、すでに描かれてきたとおりだ。彼女はしかし、あくまで現実世界においてサイバディをどう活かすか、という点にこだわっているらしいのは、自分がじかに現実世界を動かす動力のひとつだからであろう。では一方で、今回見事に自他共に認める十字団のリーダー格に収まったヘッドが、いったい何を目的の主眼に置いているのか、それが問題だ。


これは推測だが、ヘッドは十字団のリーダーが誰であるべきかという問題を、決して他者の意見によって邪魔されたくないのではないだろうか。今までの十字団は合議制で運営されていたので、本来であれば各隊のうち誰が主導権を握ってもおかしくはないワケだが、リーダーの選出法にタウバーンの打倒を掲げたのは、この中の誰もタウバーンには敵わないと、ヘッドが思っていたからだろう。そして第3フェイズに進んだことで、ひょっとしたらタウバーンが倒される可能性も出てたので、これまでの約束が有効であるならば、バニシングエージ以外の部隊に所属するスタードライバーがタウバーンを倒し、十字団のリーダーになることも十分に考えられる状況になった。わざわざ電気棺を破壊したのは、もう電気棺ではサイバディを動かせない、という設定の真偽を疑いたくなる行為だし、仮にそれが本当だとしても、他の隊が対タウバーン戦に口を挟んで十字団リーダーの席に食指を動かすことを、徹底して拒もうとする姿勢の表れであろう。


ではそうして、自分以外の人間が十字団リーダーの人事に口を挟む機会を奪ってしまうことで、彼が目指している目的とは何か。もちろん最終的には「旅立ちの日」を迎える、という目標があるが、その前に必ず通過しておかなければならない過程を、彼は見据えているような気がする。


それが、シンドウ・スガタを十字団のリーダーに迎え入れることだ。


自分も含めて、誰もタウバーンには勝てないだろうと想定しながら、それでもあえて、タウバーンを倒す者こそが十字団のリーダーであると決議したこと。これは、十字団の誰にもリーダー人事を邪魔されたくないという意向だけでなく、それでもやっぱりタクトが負けるべき時が来ると確信しているということだ。そして、タクトを倒すべき人物が自分では無いことは、すでに前回証明された。あえて証明してみせる必要があったのである。こうなれば、タクトと戦ってこれを倒すことができるのは、シンドウ・スガタと、王のサイバディ・ザメク以外には考えられない。ヘッドは、自分が負けを晒してでも、スガタをザメクに乗せて、タクトと戦いこれを打ち破ってもらう必要があった。その過程を経ることが、きっと「旅立ちの日」には必要不可欠なのではないだろうか。


この推測の正否は別にしても、「旅立ちの日」を迎えるにはいくつもの順序を踏まえていかなければならず、ヘッドの目的がその順序どおりにイベントを消化していくことだというのは、たぶん間違いないと思う。その上で、いざ「旅立ちの日」を迎えた先に彼が何を求めているのか。今回も語られた通り世界を手に入れることなのか、それとももっと別の目的や理由があるのか。それが描かれる時を、心待ちにしておきたい。




----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック