とある魔術の禁書目録Ⅱ 第18話「検体番号(シリアルナンバー)」

あれ、革命は・・・?



今回はコメディ回。ただし、単なる萌えラブコメ回かというとそうでもなく、各所で散々言われているダブル主人公制への布石ということで、二人のヒロインの視点から、当麻と一方通行の運命的なニアミスを演出して見せた。インデックスとラストオーダーがすれ違うシーンに、全てが詰まっていると言って良いエピソードだろう。


複数の視点からごちゃごちゃとエピソードを盛り込んでいるのに、それぞれが十分に面白いだけでなく、30分間が決して冗長であったり詰め込み過ぎになったりせずに、珠玉のエンターテイメントとして機能しているのはさすが。とくに御坂三姉妹(?)に関しては、こう動かせば面白くなる、みたいなパターンをふんだんに盛り込んでいて、それでいてこの三者が時間的・空間的に狭い領域に集まるなんてシチュエーションは今までに記憶にないので、そういった部分の目新しさもある、見応えたっぷりな回だった。ああ、でも神裂やアークビショップのサービスシーンは、ちょっとあざとすぎるかなw 良い目の保養にはなったけれど、仮にも聖職者をあんな風に扱われると、なんだか気まずいw


逆にしんみりモードの似合わない黄泉川先生は、教師として、大人としてはもちろん、取り返しのつかない失敗を経験してしまったらしい過去の持ち主として、一方通行のことを想いやり、アドバイスを与える役目を演じて見せた。誰かに好意を向けるのが怖いのだろう、と指摘されて、それならと行動に移した好意の表明が連続チョップになってしまった一通さんも、可愛らしいところがある。この、正義やら奉仕の心やら善意やらといった感情が、まったく異なる方向からほとばしる当麻と一通さんの対比は、今後の展開の重要なテーマになるのかもしれない。


それにしても、美琴の運の悪さは異常というか。せっかく彼女なりの”素直じゃない”やり方でデートを楽しんでいるのに、前回といい今回といい、邪魔が入り過ぎて困るw けっきょく罰ゲームもあまり大したことをしてないようだし、いつか当麻はちゃんと埋め合わせをしてあげるべきだと思うけれど、恋愛ごとに興味の無さそうな上条当麻は、意志としてはもちろん口実の問題からしても、美琴を本当の意味で喜ばしてあげる日は一向にやって来そうにない。


よく、男性は自分の母親に良く似た傾向の女性を結婚相手に選びたがると言われるが、当麻の母の人柄を思い浮かべた時に、正妻候補はかなり絞られてくる気がするなぁ。少なくともインデックスや美琴は、早めに別の宿主や憧れの人を探しておいたほうが良さそうだ。御坂妹とか、良い嫁になりそうだけどどうなんだろう。すごいハーレムになってしまうがw それとも、番号によって微妙に人格も違うのかしら。いずれにせよ難儀な(だからこそ魅力的に映る)ヒロインなのは間違いない。




----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^


この記事へのコメント

あるるかん
2011年02月13日 03:03
御坂妹達はミサカネットワークで共有されていて、例えるならばそれはミサカ達が脳細胞でネットワークは脳髄なんです。
そして一つの脳に複数の身体があるために行動の選択肢が増え、多様な価値観や思想が生まれて個性と呼ばれる差が生まれた、とカエル医者は考えているようです。


神裂は今後もお色気要員として活躍します、原作既読としては映像化を期待する場面がいくつかあるので楽しみです!彼女は戦いは強いのに、流される質なのが良いんですよね、まああんなエロい格好じゃ聖職者には見えないなぁ…
ちなみに上条の理想的な女性は、「寮の管理人のお姉さん(代理も可)」でつまり音無響子…ではなく、女子寮の実質的管理人・年上美人の条件から一番近いのは神裂だったりします。
おパゲーヌス
2011年02月13日 14:55
>あるるかんさん
むむむ、シスターズの個性の有無やその実態は、カエル先生の考えが”一説”として扱われているくらい、解明がなされていないわけですね。非科学的な立場で考えれば、いくらクローンを作ってそれらの意識を共有させたところで、別個の生命体(肉体)として存在している以上、魂もまた別々のものを各人が持っていると考えるべきだと、思ったりしますが。そのあたりの、本当の意味での宗教的な問題に関しては、「禁書」としてはあまり触れてないのですかね。

>神裂は今後もお色気要員として活躍します

そんな。シリアスな場面を期待したいのにw 1期の対天使戦が、アニメとしての真面目な活躍は最後になってしまうのですかね。ちょっと残念。

で、上条さんの理想は寮の管理人なんですかw なんかずいぶん限定されるなw 「超電磁砲」に出てきた寮監あたり、いいんじゃないでしょうか。神裂さんは、ちょっとドジっ子すぎるから、管理人っぽいイメージは無いですね。本当はリーダーの素質を持っている人であろうのに、それが作中で描かれてないのが、不憫です。
エ戸
2011年02月13日 16:48
神裂が戦闘面で活躍するのはおそらく3期ですね。
1期ではかっこいいキャラ、2期ではかわいいキャラ、そして3期ではその両方!
・・・まあ3期があればなんですが・・・。

個人的にはインデックスも美琴も当麻の母に似てると思うんですがねぇ。嫉妬深い所とか。
あるるかん
2011年02月13日 18:00
御坂妹たちの謎を宗教を説明体系に使う仮説ですか?

作中で登場する主な宗教はキリスト教をモデルにした十字教で、その宗教者を始め魔術師は霊魂には言及してないんですよね。
キリスト教は洗礼を受けずに死んだ者は地獄へ行く。信仰の成っている者は天に召される。神に対しての悪魔はいても、霊魂がどうのこうの言う隙間がないのですが(仏教・イスラム教も霊魂の存在を認めていなかったはず)、今までもセフィロトの樹が登場した時魂云々はありましたが、少なくとも十字教の宗教者は魂を引き合いにして妹達の仮説は作らないでしょうね。
おパゲーヌス
2011年02月13日 18:58
>エ戸さん
なるほど、やはりもっと後の活躍になるのですね。まぁこればっかりは仕方ないですね。

嫉妬深いかどうか、で考えてしまうと、本気で当麻を自分のものにしたいと考える女性は、みな嫉妬深くなってしまいそうですね。ほっといてもモテまくる男を好きになると言うのは、つらいですw ただ当麻のほうがどんな相手を結婚相手に選ぶのか、想像するのは面白いですね。自分の好み通りの女性を選びとるだけの気概は、当麻には無さそうなので、あとは誰が最初に既成事実を作るかが、鍵になる?
おパゲーヌス
2011年02月13日 19:13
>あるるかんさん
謎というか、シスターズ全体で一個の自我を形成するのか、それとも個々に自我があって、ただ情報を共有しているに過ぎないのか、そのあたりがどのように扱われているのかなぁと疑問に思ったわけです。

ちなみに作中の十字教ですが、宗教組織というよりも魔術師の技術者集団という印象が強いです。彼らの教義は現実のキリスト教には基づいてはおらず、ただ魔術に使えそうな名前や設定だけを引用して独自の世界観を作りあげることを目指しているのでしょうから、現実世界の宗教教義を持ち出して考えるのは違うかなぁと思います。「宗教的な問題」なんて言葉を使ったのが誤解させたようで、申し訳ありません。十字教の教義に即した設定がどうなっているのか、ということではなくて、概念的にシスターズの人格をどう作者が認識しているのか、についての話でした。人の人格がどのように決定されるのかなんて、科学では解明できない領域の話ですから。
白米プチョン
2011年02月15日 00:38
面白そうなのでネタ投下。流し読みして貰えれば嬉しいです。

アニメでどこまで語られたか覚えてないんですが、
十字教の教義ではそもそも(魔術=穢れたもの)であり、魔術を学んだり使ったりするだけでタブーなのだとか。
ちなみに殆どの信徒は魔術の存在を知りません。

ローラ率いるネセサリウス(必要悪の教会)は「悪い魔術師から市民を守る」という役目が尖りに尖った組織で、「魔術師に対抗する戦闘力を持った人間が傘下に入ってくれるなら、別に十字教に背信してようが異教だろうが寛容に受け入れますよー」というスタンスなのだそうです。
だから技術者集団というのは当たりかと。

ぶっちゃけイギリス清教じたいがローマ正教の世界支配からイギリスが独立する為に「英国独自の十字教」という道具として生み出された教会なので、信仰は二の次で政治色が濃いという、ミもフタもない設定になってるようです。

でも(裏設定レベルで)十字教の大多数を占めるのは真面目で信仰心の厚い信徒や派閥であり、少数派の魔術師集団とは犬猿の仲らしいのですが、そういった真面目な宗教としての顔はこの物語に必要ないのか、絡んでこないみたいですね。

ステイルや土御門は作品世界では異端扱いなので、頑張って世界を救っても結局は裏方、脚光を浴びない宿命かと。

ミサカ妹は正直よく判らんのですが、脳をネットで繋いでコンピューター代わりに使う所までは超電磁砲で木山先生が作ったレベルアッパーの応用技術だった筈。

設定だけ観ると、物語をいくらでも掘り下げられそうで面白いんですが。今後の為のストックと思うしかないかなと。

おパさん的にはやっぱり上条母がきてるんですねw
彼女も幼な妻属性?
上条さんは女の子と同居してるのに「出会いが欲しい」とか・・・風早くん、こいつを殴れッ。
おパゲーヌス
2011年02月15日 22:59
>白米プチョンさん
あーなるほど、いちおうちゃんとした信仰体系をもっているのですね。もっと政治的な意味合いの強い集団だと思ってました(ローマも含めて)。ただまぁ、歴史や宗教をちゃんと勉強した人からすればツッコミどころの満載な設定でしょうから、あくまでキリスト教と十字教は別物として考えておくべきでしょうね。イギリス清教も、モティーフとしては明らかにアングリカン・チャーチなのに、なぜか名前はピューリタンですし。

上条母はもっと出番が欲しいですね。できれば妻としてではなく、母としての顔をもっと見せて欲しいけれど、そーゆーキャラぢゃないんだろうなぁw

この記事へのトラックバック