バクマン。 第20話「協力と条件」

ようやく見吉が役に立った!


面白いなぁ、バクマン! 先週は忙しくて感想書きませんでしたが、なんか無茶苦茶楽しんでおります。




今回は、無事に再結成したサイコーとシュージンが、まんまと服部さんを騙しながら8話分のネームを完成させ、連載に漕ぎつけるべくゴリ押しするお話。漫画家は編集者の想定を上回って見せなければならない、という服部氏の発言を、見事に実現させてしまった若者2人の姿が、とても眩しい。


服部さんは初めはショックと憤りで固い表情を見せていたけれど、でも内心すごくやりがいを感じているに違いない。打てば響くとはまさにサイコーとシュージンの姿そのものであり、実年齢だけでなく精神的にも若々しいこの二人は、大人の考えるよりずっとたくさんのものをあらゆる場所から吸収し、自分のものにしていく。しかも、これは二人ペアというのが非常に良い方向に機能していると思うのだけれど、どんなことがあっても長い期間でのモチベーションダウンに陥ることもないし、また他人の意見を尊重し、その意見の意図や汲み取るべきポイントをじつに的確に見つけ出してくれる。二人のことを新妻エイジを越える人材だと言った服部氏の発言は、最近の話数ではいよいよもって的を射たものであったことが証明されつつある。例えその発言の当時の意図が、そこまで二人の才能を深読みしたものではなかったとしてもだ。




新妻エイジが、溢れる才能を見せる一方で、人の意見をほとんど受け付けないで自分勝手に突き進む欠点があった。以前の話数では、福田やサイコーがその欠点を叩き直す場面が描かれた。一方で亜城木夢叶の欠点としては、情熱にまかせた作劇ができず、キャラクターの力でぐいぐいと引っ張っていけるような感性を身につけていないことが挙げられていた。


この両者の欠点の違いは、同じバトルものの作品を描こうとした時に、決定的に不公平な差異として現れる。シュージンたちの欠点は完全にセンスの問題であり、一朝一夕にこれを克服するのはほぼ不可能であるが、エイジの場合は自分の欠点を欠点と認めさえすれば、すぐにでも改善が可能である。そして、まさにそうやってエイジがまた一歩大きな成長を見せる場面を、サイコーは目の前で見てしまったわけだ。


エイジと同じ王道バトル路線で行こうと決意したサイコーたちを、わざわざそんな道を通っていては連載やアニメ化が遠ざかるどころか、漫画家としてやっていくことさえ出来ないのではないかと思ってしまうのは、服部氏だけではなかっただろう。喧嘩別れした後に二人がミステリーものに足を踏み入れたのは、二人の絆の強さを証明するエピソードであっただけでなく、連載を勝ち取るための戦略としてあえてエイジと異なる土俵へ逃げるという、服部氏の意図に沿う格好となった点も、非常に重要である。創作活動は、なにもひとつの戦場で戦わなければならないわけではない。とくに本人に何かしらこだわりが無いのであればなおさら、自分たちの得意分野を見つけ、そのフィールドでトップを目指すべきであろう。




夢を叶えることに関して、当初から通常のスポコンものとは異なり、かなり現実を重視したドライなスタンスを取って来た今作。サイコーとシュージンが、本当に夢を掴みたいのならがむしゃらにならなければいけない、という決意をしっかりと持った上で、改めて現実的な発想から自分達の戦略を見つけ出そうとしてみせたのは、若者に対するメッセージという意味でも注目に値するだろう。それは現代の軟弱な若者向けに汗臭さを減らしている、などという話ではなく、もっと普遍的なメッセージとして、夢を掴むための様々な心意気やヒントを見せつつ、夢を現実に変えて行くことの面白さ・素晴らしさをこそ、漫画やアニメを通じて発信している作品なのである。


よく、現代の若者は夢が無い、などと言われる。その実態はしかし、夢そのものの消失ではなく、それをいかに現実にしていくかというプランが見えていないのではないかと思ったりする。昔であれば、例えば東京に出さえすればなんとかなるだろう、などといったアバウトな野望を持って家を出た若者が、現実の厳しさにもみくちゃにされながら、右も左も分からないからこそがむしゃらなハングリー精神を持って突き進むことができた。しかし現代では、必要不必要関係無しに大量の情報を与えられ、志向も多様化したことで、誰もが憧れる夢というものが無くなった。また成功者への筋道がわりと固定的に語られ、それは楽しさや有益さよりも収入の多さで判断されている向きがあり、どうしたって憧れの対象にはなりにくい。加えて、大人の人たちが自分の歩んできた道を、バブルの失敗への反省もこめて、あまりにもネガティブに語り過ぎる傾向があったりするのではないだろうか。そんな中で、若者に「昔の青年のような夢を持て」というのは、あまりにも暴論であろう。


『バクマン。』は、そうした現代の夢も希望もない若者の将来に対して、漠然と浮かんだ夢をどうしたら現実にすることができるのかを提示することで、もう一度、若者が自分のやりたいことに目を向け、実社会に船出していく上での闘志や決意を固めて欲しいという、作り手の暖かい愛情が満ち溢れているように思う。なんでも自分でこなしてしまう天才的変人の新妻エイジや、反骨精神とハングリー精神をみなぎらせて戦う福田真太が主人公になるのが旧世代のスタイルだとすれば、あえてサイコーとシュージンが主人公として描かれている今作が現代型の夢と希望の出世物語を志向しているのだと考えられるし、またそういう視点で、我らが主人公たちの活躍を楽しんで見るのも、面白いのではないだろうか。


自分は、今の若者達にこの社会で”生きる”というのがどういうことなのかを肌で教え感じさせる物語として、この作品を評価したい。少なくとも直近の数話に関しては、言われた通りに生きなさい、と教えられてきた現代人に、言われた通りにするということの本当の意味を指し示しているというだけでも、とても価値的な内容であるのは間違いないと思う。





----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • バクマン。第20話「協力と条件」

    Excerpt: 主人公は詐欺師で探偵。そこまで決まったふたりの次の作品の設定。変装できる主人公はどうか?次々と浮かぶ意見。そして秋人と最高が一緒に、もっともっと話を練ってる姿を見て香耶... Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2011-02-19 19:30
  • バクマン。 第20話「協力と条件」

    Excerpt: 『コンビでの活動を再開した最高と秋人は、服部の計画に対し、逆に2人で仕上げたネームを持ち込んで驚かせようと考える。一方、見吉も推理物に悩む2人のサポートをすることになり、3人で仕事場にこもる日々が.... Weblog: Spare Time racked: 2011-02-19 19:31
  • バクマン。 #20

    Excerpt: 再び秋人と協力してマンガを描き始めた最高。そして、とうとう服部さんを納得させるようなネームを描きあげました。お互いに推理ものを目指していたことを知って、最高と秋 Weblog: 日々の記録 racked: 2011-02-19 19:33
  • バクマン。第20話 「協力と条件」

    Excerpt: 第20話 「協力と条件」 Weblog: Happy☆Lucky racked: 2011-02-19 19:36
  • バクマン。 20話『協力と条件』 感想

    Excerpt: 新たな夢は「サイコーとシュージンの成功!」 Weblog: てるてる天使 racked: 2011-02-19 19:42
  • 「バクマン。」第20話

    Excerpt:  第20話「協力と条件」コンビでの活動を再開した最高と秋人は、服部の計画に対し、逆に2人で仕上げたネームを持ち込んで驚かせようと考える。一方、見吉も推理物に悩む2人のサ... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2011-02-19 19:50
  • バクマン。 #20

    Excerpt: 「協力と条件」 この作品は面白いッ!!! 服部さんの二人に対する条件がハンパないΣ(・ω・;||| 確かに高校生でデビューを考えているならばそのくらいの事はクリア!腹をくく.. Weblog: あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w racked: 2011-02-19 19:52
  • バクマン。 第20話「協力と条件」

    Excerpt: クラスメイトの女の子とバイトのお姉さん可愛い。亜豆(笑)見吉(笑)最近の中高生は気が早いことで。結婚繋がりで丁度アトラスの『CATHERINE』をプレイしているのですが、結婚怖すぎワロ... Weblog: Boundaryline racked: 2011-02-19 19:59
  • バクマン。 第20話  「協力と条件」

    Excerpt:  美保の歌…… Weblog: つれづれ racked: 2011-02-19 20:02
  • 『バクマン。』第20話 感想

    Excerpt: あのティッシュ配りのお姉さんは何?www 誰にティッシュ配ろうとしてるのw さてコンビ復活から、早くも本誌に掲載が決定しました。 今回は服部さんが面白かったですね。 『DEATH NO.. Weblog: シュミとニチジョウ racked: 2011-02-19 20:12
  • バクマン。 第20話「協力と条件」

    Excerpt: 「愛にはいろんなかたちがあるんだってばよ!」 絶対に負けたくない思い。 Weblog: 月の満ち欠け racked: 2011-02-19 21:13
  • バクマン。第20話感想

    Excerpt: #20「協力と条件」 二人を手玉に取ろうとして、逆にハメられてしまった服部さん。 Weblog: うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳 racked: 2011-02-19 21:16
  • バクマン。 第20話 『協力と条件』 感想

    Excerpt: 本当の正念場はここからなのでしょうけれど。バクマン。 第20話 『協力と条件』 のレビューです。 Weblog: メルクマール racked: 2011-02-19 21:19
  • バクマン。 20話『協力と条件』

    Excerpt: シュージンと香耶はサイコーの仕事場へと戻ってくる。 そこでまずすべきなのは……掃除w Weblog: 本隆侍照久の館 racked: 2011-02-19 21:47
  • バクマン。 第20話「協力と条件」

    Excerpt: バクマン。 10 (ジャンプコミックス)(2010/10/04)小畑 健商品詳細を見る  最高&秋人は服部さんを騙して、2人協力で探偵物を描こうと頑張っていました。服部も黄金コンビを復活させる計画を.. Weblog: 破滅の闇日記 racked: 2011-02-19 22:17
  • バクマン。 第20話「協力と条件」

    Excerpt: コンビを復活させたサイコー&シュージン。 服部の思惑を逆手にとって、連載できるネームを作ろうと動き出す。 期間は半年…見吉も協力しての創作って戦いが始まります!  ▼ バクマン。 第20話「.. Weblog: SERA@らくblog racked: 2011-02-19 22:26
  • バクマン。 第20話「協力と条件」

    Excerpt: バクマン。の第20話を見ました。第20話 協力と条件サイコーとシュージンは自分達が和解して再びコンビを組んだことを知らない服部を驚かせようと、2人は推理ものの連載用ネームを完... Weblog: MAGI☆の日記 racked: 2011-02-19 22:27
  • バクマン。 第20話「協力と条件」 感想!

    Excerpt: Detective story comes up Weblog: もす! racked: 2011-02-19 22:38
  • バクマン NHK(2/19)

    Excerpt: 第20話  協力と条件 公式サイトからコンビでの活動を再開した最高と秋人は、服部 Weblog: ぬる~くまったりと racked: 2011-02-19 23:04
  • バクマン。20話 & べるぜバブ7話 短感

    Excerpt: バクマン。服部さんの本気が半端ねぇΣ( ̄□ ̄)!探偵モノを書くうえでの資料に、ダンボール6箱分とは…服部さんの亜城木夢叶への期待が、尋常でない事が伺えるな(゚-゚)前回の二人を... Weblog: インドアさんいらっしゃ~い♪ racked: 2011-02-20 11:59
  • バクマン。第20話『協力と条件』

    Excerpt: 季節や服装が変わっても、変わらずティッシュを配ってる姉さんに涙目w 時間の経過をこんなネーチャンで見せるとは(爆) バクマン。2 〈初回限定版〉 [DVD]下谷智之 ジェネオン・ユニバーサル 20.. Weblog: 風庫~カゼクラ~ racked: 2011-02-20 17:08
  • バクマン。 第20話 感想「協力と条件」

    Excerpt: バクマン。ですが、真城最高&高木秋人は推理もの漫画を描くことにします。服部からDVDなどがたくさん送られてきますが、これを全部見るのは時間がかかるので、見吉香耶が見て要点をまとめることにします。(以下.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2011-02-20 17:18
  • バクマン・・・第20回「協力と条件」

    Excerpt: 2011/02/19 放送分総評!評価グラフの詳細に関しては以下の記事をご参照ください。http://blog.livedoor.jp/superunkman/archives/50750907.ht.. Weblog: 生涯現役げーまーを目指す人。 racked: 2011-02-21 10:14