放浪息子 第6話「文化祭 ~Dream of butterfly~」

今回の主役はマコちゃん!! 頑張った! 感動した! とっっても素敵だった!

※当記事は、以前ブログへのアクセス権限を一時的に失効していた折に、別館のほうで更新した記事を、そのまま転載したものです。

元記事はこちら↓
http://coffeemonster1224.blog47.fc2.com/blog-entry-362.html



----


・マコちゃん大奮闘!


今回は、いよいよ文化祭当日のエピソード。二鳥くんと微妙にすれ違いヤキモキする千葉さおりの物語として展開されてきた前回までの脚本作成だったが、マコちゃんがジュリエット役に決まってしまったことで、にわかに物語の主眼がマコちゃんの葛藤や奮闘にシフトして行った。今作は群像劇として、モブキャラまで含めた全ての登場人物がいつでも主人公をやれるだけの下地を持っているけれど、いざこうして主要3キャラクター以外の脇役が主人公格として描かれた時、虚構であるはずのアニメーションによって創作されたマコちゃん達が、ほんとうに魂を持った人間として眼前に立ち現われてくるような錯覚をさせられる。


今回はとくに、マコちゃんという人物が自他ともに認める”イケてない”キャラで、演劇のヒロインに抜擢されるなんて分不相応も良いところなのだが、だからこそ自分の抱えるコンプレックスに真っ向から立ち向かい、不器用ながらも精一杯に戦いぬいて見せようとするマコちゃんの姿に、いつしか拳を握りしめて「頑張れ、頑張れ!」と叫んでいる自分がいた。


舞台の幕が上がり、観客の視線に射すくめられて息がつまりそうになってしまうマコちゃんの様子は、極端なアップで映される彼の顔と吐息の一つひとつまで拾い上げるモノローグ、そして舞台上の眩しさ(=自分の姿が衆目に晒されているという事実の過剰なまでの認識)によって、テレビの前でアニメを見ている視聴者、いつの間にか完全にマコちゃんと意識や呼吸を同化させられてしまう、計り知れない感情移入を引き起こすシーンだった。しかし同時に、彼の目が何度も画面に大写しにされることで「マコちゃんを見ている自分」を意識させられ、マコちゃん自身への同化だけでなく、むしろ観客席や舞台袖から不安そうにマコちゃんを見つめる多くの人々の、彼を心から励まし応援したいのだけど一言も声を発することが許されないもどかしすぎる緊張感にこそ、視聴者の感情の主体が移り込む。マコちゃんがセリフをうまく言えずにどもってしまう一瞬の空白の中に、何十人もの人々の強い意識や感情が洪水のようになだれ込む稀有な時間を、我々は共有することになるのだ。


今回マコちゃんはただでさえ自信が無くて緊張しっぱなしだったのに加えて、何人もの人から、悪意の有無に関わらず、マコちゃんがジュリエットを演じることに対する失望感や興味の皆無をまざまざと見せつけられて来た。そしてそれと同じことが講堂を埋め尽くす何十人何百人という観客の間にも引き起こされるのを見て、マコちゃんがどうしても捨てきれない弱さと願望が、彼を雁字搦めに縛りつけ、みるみるうちに戦意を奪っていく。そんな時に、千葉さおりの鋭い視線がなんと頼もしかったことか。彼女のエールを受け取ってマコちゃんが再び戦う決意をみなぎらせたこの瞬間、さおりとマコちゃんは確かに、本物のロミオとジュリエットだったのかもしれない。




ともあれ、ジュリエット役が奮起したことで、クラスの演劇は大成功に終わっただけでなく、マコちゃん自身も大きな成長を遂げて見せた。彼の頑張りを一番よく理解していたさおりんがマコちゃんに花束を押しつけたのは、確かにその言葉は事実を歪曲させた嘘だったかもしれないが、しかし発せられた通り何の偽りも無い、真実の言葉でもあった。


演技をするということが、自分では無い誰かを偽って表現する行為であるだけでなく、嘘を通して真実の心を訴えかける行為でもある(※前回記事参照)のならば、マコちゃんはジュリエットを”演じる”ことで、自分の本当の生を戦ってみせたと言えよう。そして、やはり事実とは違う言葉を語りながら、それによって真実の心を表現したのが、花束贈呈シーンだった。この対応するふたつの事例が、マコちゃんやさおりんだけでなく、二鳥くんを初めとする今作の全てのキャラクターの生き様を、そして『放浪息子』という作品そのもののテーマを、よく象徴していたのではないかと、そんな想像を巡らせたくなるエピソードだった。




・ターニングポイント? 変化する心情と価値観


今回はマコちゃんだけでなく、色々な人物がターニングポイントを迎えていたような印象を受けた。話数的にも第6話だからちょうど折り返し地点ではあるのだけれど、これまでは二鳥くんを中心に、抵抗する暇もなく無条件に押し寄せてくる性徴(およびそれに伴う社会通念)と、そうした変化に対する戸惑いや葛藤を、繰り返し何度も丁寧に描き続けてきた。ところが、生物的・社会的な正しいあり方と、私的感情との対立、というこの構図が、両者の側から少しだけ、折れて妥協することになりそうなきっかけが、与えられていた。


やはりとくに注目なのは、二鳥姉が、弟の作ったと言う劇のシナリオを指して「度胸ある」と、予想外に高い評価を下していたことだろう。きっとこのお姉さんは、弟くんがいままでどれだけ切実に性に葛藤してきたかをあえて見ないようにしていて、ただ子どものままごと程度にしか考えようとしてこなかった。しかし今回、こうもはっきりと弟の気持ちと向き合わなければならなくなったとき、修一くんがどれだけ真剣に生きているのかを実感させられたのだった。もちろん、劇のシナリオ(あくまで中学1年生の作品である点に留意)を通じて、そこに込められた弟の意識をちゃんと汲み取ってみせたあたり、真穂も伊達に姉をやっているわけではない。本当はとても仲の良い姉弟になれるのに、ただ不幸なすれ違いで仲たがいをしているだけなのかもしれないと、希望を感じ取ることのできた一幕だった。この姉の心変わり(?)が、にとりん達にとって良い方向に転がってくれると嬉しいのだけれど・・・。


一方で同じくらいびっくりだったのが、ユキさんを見た時のマコちゃんの素直な感想が、「カッコいい」だったこと。マコちゃんは女装趣味があって、本来であれば男性に対してあまり好意的な印象を持っていないハズだ。またよしのと違って、ユキさんが普段は女性として生きていることを知らない。よしのの場合は、女性であるユキさんが”男装”しているからカッコいいと言っていて、自分の願望をそのまま体現したようなユキさんに憧れているワケだけど、マコちゃんはそうではなく純粋に、男性としての”よしだ ひろゆき”に見惚れていた。このときのマコちゃんが、自分を女の子だと仮定してカッコいい”異性”を見つめていたのか、それとも、自分が男の子であるという意識のもとに、こんな男性に成長したいという憧憬を抱いていたのか。どちらとも取れるだけに、実際のところがどうだったのか、とても気になる。なぜならマコちゃんは二鳥くんの最大の理解者であるから、マコちゃんがユキさんを見て感じた率直な感想を、二鳥くんも同じように感じていた可能性が、決して低くは無いからだ。


今作は、肉体と精神の性別の乖離だけを描く作品ではない。むしろ急激な変化に戸惑い揺れる思春期初頭のナイーブな心の有り様をドラマとして描こうとしているのであって、その手段のひとつとして、性の倒錯を主軸に据えているに過ぎない。その意味では、二鳥くんやマコちゃんが女装趣味を捨てて、男性としての生き方を選択する余地は十分に残されていると言え、そうした選択肢の広がりや生き様の変化の端緒みたいなものを、今回はじめて、画面の中から意識させられることになった。ほんの些細な変化だが、これが今後どのようにドラマやキャラクターの内面に影響を及ぼしていくのか、要注目だ。




・EDシングル買いました


おととい、EDテーマ「For You」のシングルを買ってきて、早速何度となく聞いてみているのですが、すっごく良いです。ED曲の良さはもちろん、カップリングの2曲がまた素晴らしくて、ぜひオススメ。Rie Fuというアーティストは初めて知ったのだけど、歌唱力だけでなく、シンガーソングライターとして作詞作曲はおろか編曲までこなしてしまうというのは、すごい才能を感じさせるなぁ。他のアニソンCDの発売日を待っていたこともあって、発売開始日から1週間も経ってからの報告になってしまいましたが、買って損はしないディスクであるということを保障します。まだ手を出すかどうかで悩んでいる方は、ご参考までに。





----


それでは、今回は以上です。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^




For You(初回生産限定盤)(DVD付)
SMR
2011-02-16
Rie fu

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by For You(初回生産限定盤)(DVD付) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 放浪息子 第6話「文化祭」 感想

    Excerpt: あなたのその何気ない一言が僕を傷付ける。 誠くんの可愛さに目覚めた。って言い方だと誤解されちゃうかも知れないけど(笑)。 なんかこう、観ててじれったいのと同時に凄く良く分かるんです.. Weblog: 超進化アンチテーゼ racked: 2011-04-01 14:08
  • 放浪息子#06

    Excerpt: 第6話 『文化祭』 あれれ、まだ続いてたの?“眼鏡三国志”。 どさくさ紛れに麻衣子ちゃんと握手とは、パーリィ先生 意外とちゃっかりしてますな。取り合えず、通報 しておきました――ツルっと拾い!.. Weblog: インチョーのなんとなくブログ風 ~もしくはネットの海で瓶詰地獄~ racked: 2011-04-01 15:03
  • 放浪息子 第6話 文化祭 感想

    Excerpt: いよいよ文化祭がきましたね、千葉さんやマコちゃん、もちろんニトリんの想いはどうなっていくのか。 Weblog: KAZUの暮らし racked: 2011-04-01 19:21
  • 放浪息子 #6 文化祭 ~Dream of butterfly~

    Excerpt:  さおりが男前すぎます。 Weblog: つれづれ racked: 2011-04-01 22:22