妄想詩人の手記

アクセスカウンタ

zoom RSS フラクタル 第6話「最果ての町」

<<   作成日時 : 2011/02/25 14:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

第三・第四の考え方が登場。クレインはいろいろと鵜呑みにしすぎるw

※当記事は、以前ブログへのアクセス権限を一時的に失効していた折に、別館のほうで更新した記事を、そのまま転載したものです。

元記事はこちら↓
http://coffeemonster1224.blog47.fc2.com/blog-entry-361.html



----

今回のお話は、無事にシステム異常を乗り切ったうえにフリュネとも仲良くなったグラニッツ一行は、飛行艇・ダナンのメンテナンスを行うために立ち寄ったとある場所で、もうひとつの”ロスミレ”であるアラバスターや、ビンテージカメラを持った謎の男(じつはクレインのお父さん)との数奇な出会いを果たすエピソード。


そして今回あらたに登場した二人の人物(アラバスターのディアスと、エッチおじさん)によって、僧院でもグラニッツ一家でもない、また異なる意見が語られることになった。何が正しくて何が間違っているのか、そしてそれらがクレイン少年の心にどのような葛藤を巻き起こすのか。表面的なエンターテイメント性だけではなく、多角的なアプローチによって作品テーマや作り手のメッセージを紐解いて行こうという展開に、だんだん移行してきた。




この点に関しては、目の前で起こっていることをそのまま即物的に捉えようとするクレインと、より相手の内面に踏み込んで真実を見極めようとするフリュネの対立が、なかなか興味深い。


一見正しそうに見えるアラバスターの活動は、ただディアスが悪者っぽい、とっいった描写だけでなく、今回早くもその欺瞞が暴きだされてしまったわけだが、当初は彼らの言葉を鵜呑みにしていたクレインと、本能的に嫌悪感を抱いていたフリュネは、いったい何が違うのか。そこに、クレインというキャラクターを通して描かれる社会や人間といったものの実像が、象徴されているのではないかと思う。


今回はとくに、言葉を信じて騙されたクレインと、表情を通して裏を察したフリュネ、という構図が取られた点に注目だ。アラバスターの食事をもらいに行こうと考えたクレインにエンリが噛みついていたが、しかしエンリやスンダたちが、ディアスのしていることの詳細を教えてくれることはなかった。今回のクレインは、あくまで「自分の目で見て」考えることを求められていたのだった。一方のフリュネは、最初からディアスの言っていることは信用せずにいたようだが、彼女の場合はディアスの表情や行為を通じて、彼に対する不信感を募らせていたのだろう。他人のものを横取りしようとした男に対してディアスが取った行動は、ただの私刑であり、決して気持ちの良いものではなかった。


人間の実態や真実に迫るための手段として、言葉で語られる内容と、目に見え感じることのできた事柄の差異が、ここにはっきりと見て取れる。思えば僧院はまさに人々を甘い言葉によってまとめてきたのであった一方、今回のカメラおじさんは肝心なことは最初から言葉にしようとはせず、まずクレインに”目で見せること”から始めさせた。あるいはフリュネも、人の言葉はあえて無視して、自分の目や肌でじかに体験することを至上の価値判断としているように見える。『フラクタル』という作品の顔とも言うべきネッサが、見たり触ったり味わったりといった五感の感覚をとても大切に見せるキャラであることは、第2話から散々、描かれてきたことだ。きっとこのあたりに、人の生き方や社会のあり方を問う今作における重要なメッセージが、込められているようだ。



シリーズ序盤から掲げられて来た、フラクタルシステムと、それに対抗するロストミレニアム。だがスンダたちでさえ人殺しに手を染め、決して視聴者の十全の共感を得られないように描かれていることから、ではきっと作り手のもっとも重要なメッセージが第三の論点から描かれることになるのではないかと予想していた。今回登場したのは、そうした予想に沿ったカタチではなく、再び議論の俎上に上がる思想が増えたというだけで、作り手が描きだそうとしている次元とはまたことなるものであろう。しかし登場させたからには、きちんと向き合っていかなければならない考え方でもある。次回以降、とくにアラバスターのやり方の是非を問う展開になれば、非常に面白くなってくる。


さまざまな視点から様々に論じられている社会システムのあり方について、近頃はそろそろ核心に迫る動きが増えてきた印象がある。すでに放送話数の半分を過ぎたこの段階で、今後どのように既成の価値観を壊しながら新しい道筋を強く訴えかけるのか、注目しておこう。



----


それでは、今回は以上です。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フラクタル 第6話 最果ての町
第6話のあらすじ ...続きを見る
crystal cage
2011/04/01 14:36
フラクタル#06
第6話 『最果ての街』 随分スっ飛ばてる気はするけど、やっぱり “グラニッツ一家”の意固地さが取れ始めて良い感じ。 実質ネッサまで受け入れてるって時点で、もう“ロスミレ”とは 言い難いし――ツルっと拾い!! ...続きを見る
インチョーのなんとなくブログ風 〜もしく...
2011/04/01 15:05
「フラクタル」第6話
 第6話「最果ての町」ぎこちなくもネッサと分かり合えたフリュネ。クレインも大爺になんとか認められ、ダナンに触ることが許された。そんな中ダナンのメンテナンスの為立ち寄った... ...続きを見る
日々“是”精進!
2011/04/01 16:05
フラクタル 第6話 感想
本当に眠いときにさ、フラクタルのOP見てると本当に寝そうになりますよね? 僕だけですか?アハハ &nbsp; ...続きを見る
KAZUの暮らし
2011/04/01 19:19
フラクタル 第6話「最果ての町」
※こちらは本家「WONDER TIME」のミラーブログです!!! TBは本家の記事へお返し下さいませ! ...続きを見る
WONDER TIME (ミラーブログ)
2011/04/01 21:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


opagenusをフォローしましょう

↓ランキングに参加中です。一日一回、クリックして頂けると喜びます
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

QLOOKアクセス解析

アニプレッション!!
 参加者絶賛募集中!!


メールアドレス

opage_nus@livedoor.com

フラクタル 第6話「最果ての町」 妄想詩人の手記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる