フリージング 第5話「She is Rana Linchen」

相変わらず、物騒な学校だよなぁw 




今回は、接触禁止の女王のリミッターになることがやっと許されたカズヤのもとに、サテライザーの恋敵になりそうな新キャラがタイミング良く登場し、三角関係の幕開けが告げられることになった。だんだん態度が軟化して来るサテライザーの可愛らしさが強調されると同時に、ラナ=リンチェンのカッコいい活躍がフォーカスされる。




サテライザーが「洗礼はできない」と条件を付けていた理由が気になるが、それ以外の点に関しては、ほぼ全面的にリミッターとしての役目や特典を許されることになったカズヤ。夜のお泊りイベントが慣例化されているとか、なんて学校だよw ウィキペディアによると、”初部屋入り”とは「一晩中話し合ったり遊んだりすることで互いの距離と絆を深める。弟に対する一種のサービス。」とか書かれているけれど、劇中の描写だともうそんな穏やかなものではなかったよなぁ。きっと最初は一緒に遊ぶ程度だったものが、すぐにエスカレートしていったのに違いない。性的な行為に興味津津の年頃だろうし、姉弟ではじめてそういう行為に臨んだ者があれば、それは女子同士、男子同士のネットワークを通じて瞬く間に拡大していくことは容易に想像がつく。


ここで肝心なのは、”初部屋入り”でヤらしい行為に及ぶ必要はまったくなくて、けれどいつの間にかそれが慣例として根付いてしまっていることを、サテライザーが忠実に実行しようとしている点だ。彼女ほどの人物なら、招くだけ招いて、あとは接触を許さずに文字通り一晩をただ過ごすだけで終わらせても良かったはずだ。けれど、学生間の慣例として流行している姉弟の儀式を、絶対に通過しなければならないイベントとして律儀にも守ろうとしているサテライザー=エル=ブリジットは、想像以上に同級生達の下世話な噂話に敏感で、ひょっとしたらそうした学園生活に憧れを抱いている、ミーハーな女の子なのかもしれない。サテライザーが編入生であったことを考えれば、恐らく上級生から下級生へと受け継がれている学生間の伝統行事などには疎かったはずで、それでもそうした慣例に詳しいのはそれだけアンテナを張り巡らせていたとも言えるし、逆に友達がおらず情報が断片的だからこそ、ヘンな妄想が膨らんでいるとも言える。サテライザーの難儀な性格と立場が、よく象徴されているエピソードだったのではないか。




しかし今回の主役はラナ=リンチェンだ。花澤さんは最近こういう、天然系の元気っ子役が多いなぁ。ふんどし(?)は、恐らくはアニメスタッフの誰かの趣味であろうか。


田舎者キャラで方向音痴、というキャラが付けられているみたいだけれど、それ以上に、戦闘シーンでの活躍が強く印象に残ることになったのは、さすがというか、戦闘システムやランキングの面倒な設定をくどくどと説明してきたのが功を奏していた。ボルトウェポンも無しに、2年生上位ランクの三人をたちまち叩きのめしてしまったということで、ではボルトウェポンを使ったらどれだけ強いのだろうかとワクワクさせるものがあった。


三年生の悪そうな先輩方が何かニヤニヤと企んでいたけれど、あの不敵な笑みは何なのだろう。正義感が強くて聞きわけも良さそうなラナのことだから、サテライザーが不当に虐げられている今の状況をカズヤが話せば、きっと心強い味方になってくれそうなキャラだと思うのだけれど、一方でカズヤをめぐってサテライザーのライバルになることも考えられるから、先輩方の口車に乗せられてしまう展開もあり得る。ヒイラギさんやアーサーが、そろそろサテライザーの理解者となって、下級生連中をサテライザーの味方につけてくれると面白くなってくるのだけど、まだまだ難しそう。


でも、学園のシステムに従順そうなヒイラギ=カホが、いとも簡単に上級生に向かって刃を向けたのは、意外だった。やはり多少ともチカラを持っていれば使いたくなるものなのか、それとも見た目より余程プライドが高いのか。いままで培ってきたヒイラギ・カホのイメージだったら、あの場面では彼女は絶対に先輩に歯向かったりしないように思えるんだけどなぁ。事情通なだけに言ってはならないこと(先輩のプライドを逆なでしたセリフ)を言ってしまうのはいかにもヒイラギさんらしくて、でもその後は、ボルト・ウェポンを使わずにただ逃げ回っているだけのほうが、学園のシステムに精通している上に自分と2年生の実力差も良く分かっているハズの彼女らしいし、何も反撃せずに一方的にイジメられているだけのシチュエーションのほうが、主人公の覚醒を促すのにふさわしいと思ったなぁ。


上級生に反抗的なのはサテライザー一人で十分だと思うのだけど、ひょっとしてドラマティックな展開を目指すあまり、元来のキャラクターと乖離してしまったりしたんじゃないのかなぁと、せずもがなの心配が首をもたげてくるw 




今回は全体的に露出も少なめ、アクションそのものもあまりパっとしない印象で、ただただサテライザーのデレた表情と、ラナ・リンチェンがカズヤ救出に登場したカッコよすぎるカットが、見どころのすべて。しかしこれからグイグイと面白くなってゆくことを予感させる、良い助走期間という印象だった。ふんどし以外にまだあまり萌えポイントの分からないラナをどう動かしていくかが、次回以降しばらくの注目点か。晴れてリミッターになれたカズヤの活躍、とくにサテライザーの飼い主として彼女を正しく調教していく様子にも、期待したい。



----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あるるかん
2011年02月07日 20:42
チンピラたちは後でサテライザーやガネッサに報復されそうですよね。
カズヤやアーサーを虐げるとはそういうことだろうに、阿呆ですねぇ。



サテライザーは立華奏みたいに不器用過ぎて誤解を招いて避けられるようなので、よそで聞いた噂から推測したのでしょうね。
それに『初部屋入』ってとてもエロい響きですし。邪推するのも仕方ないと思います。
暴力・殺人未遂はあるし怪しそうな『初部屋入』を容認する学校とは恐ろしいですね…



「セキレイ」や「金色のガッシュベル」のように相棒との人間関係ややり取りがこう言ったコンビを組むモノの醍醐味だと思っていますのでそこがかえすがえすも残念な点です。
カズヤとサテライザー、アーサーとガネッサの各コンビに期待するしかないようですねぇ。
彼我木輪廻(鷹比等)のようなウザキャラが男の相棒のコンビってスゴい見たいんですよ。目立たない筈の男性が周囲を煙に巻くって面白いと思うんです。まあ人を喰ったようなキャラが好きなだけ、と言われればそれまでなんですがね…
おパゲーヌス
2011年02月08日 00:17
>あるるかんさん
うんうん、とくにガネッサ・ローランドによる報復は避けられないでしょうね。ぜひ見たいw

この作品は、女が戦って男がそれを(精神的にも)支えて、という、戦争の男女逆転バージョンみたいな印象があるので、そういう観点で見たほうが良さそうですね。コンビの魅力は二の次で、あくまで誰かのために戦う姿と、それに無償の奉仕を勤める利他の精神に美学を求める関係性が、描かれているのだと思います。今回のイジメシーンも、男女逆転させたらすごく分かりやすい構図だったり。

なので、この世界の男性は三歩下がって妻(お姉さま)を支える美徳を求められているのでしょう。良くも悪くも紋切り型な相関図と言え、これはこういうもんだと割り切るしかないでしょうね。もっとフランクで独創的な”コンビ”の活躍が見たければ、それこそ西尾維新にお願いするしかないでしょうw
あるるかん
2011年02月08日 02:33
この作品は原作者の趣味100%であって、コンビの人間関係の魅力なんて微塵も考えていなさそうですもんねぇ。勿体無いですが、諦めて見方を変えるしかありませんね。
この作品はよくある男女の立場を逆転しているのは確かにそうですね。次回予告をザッと見ても、よくある一人の女性を巡って複数の男がバトる展開の性別反転っぽいですね。



一応、これは学園異能バトルではなく、化物と戦う筈なのに最後の上級生たちが四天王っぽく立ちはだかり、戦って終わりにならなければいいんですがね。
このままでは、化物と戦う設定があるのを忘れそうです(笑)
おパゲーヌス
2011年02月09日 00:06
>あるるかんさん
趣味100%ですかw エロとバトルと強い女の子は、思いっきり大衆の趣味に迎合した「売るための」コンテンツだと思いますから、そういう割り切りは、視聴者にも必要かなと思いますね。趣味100%なんていう作品が本当にあるとしたら、それはきっととても稀少で、輝かしい作品だと思いますよ。西尾維新の作品はまさにそっちサイドではないでしょうか?

ともあれ、趣味に合うかどうかってのはあるでしょうね。自分は音楽家のファンというのもあるのですが、普通に楽しめて見れてます。まぁ確かに、バケモノと戦う設定を放置されたら笑うしかないですがw もうちょっと、学園でのスケバン物語を続きそうですね。

この記事へのトラックバック

  • フリージング 第5話 「She is Rana Linchen」 感想

    Excerpt: 「今夜・・・っ 私の部屋に来て欲しいのっ!」 「わかった!?」 フリージング 3 (ヴァルキリーコミックス) (2008/10/30) 林達永、金光鉉 他 商品詳細を見る Weblog: 狼藉者 racked: 2011-02-07 19:09
  • 「フリージング」第5話

    Excerpt:  episode05「SheisRanaLinchen」カズヤに触られても大丈夫だと気付いたサテライザーは、洗礼をしない事を条件にカズヤをリミッターとして受け入れ、カズヤもそれに同意するのだった。そし.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2011-02-07 19:22
  • 【フリージング】5話 電気アンマは我々の業界ではご褒美です

    Excerpt: フリージング #05 She is Rana Linchen 653 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/02/05(土) 10:12:34.. Weblog: HISASHI'S ver1.34 racked: 2011-02-07 19:23
  • フリージング 第5話 「She is Rana Linchen」

    Excerpt: 第5話 「She is Rana Linchen」 サテライザー先輩から接触!? ということでカズヤをリミッターにすることを承諾するサテライザー。 但し洗礼はなし。洗礼って具体的にどう.. Weblog: いま、お茶いれますね racked: 2011-02-07 19:53
  • フリージング AT-X版 第5話 「She is Rana Linchen」 レビュー・感想

    Excerpt:  運命の相手を探して今旅立つラナ=リンチェン。 洗礼もせずに力を行使できるカズヤを不思議に思いその理由を聞き出そうとする。ヒイラギとアーサー。しかし当の本人にもその理由... Weblog: ヲタブロ racked: 2011-02-07 21:05
  • フリージング 第5話「She is Rana Linchen」

    Excerpt: 新キャラ・ラナ=リンチェン登場~。 ブリジッドさんも、洗礼なしならリミッターにしてあげると言いましたが。 カズヤの競争率も上がってきましたねw でもカズヤは一途だから安心かな(^^;  ▼.. Weblog: SERA@らくblog racked: 2011-02-07 21:46
  • フリージング 第5話「She is Rana Linchen」感想

    Excerpt: サテライザー先輩が不憫だ。  何と言うタイミングの悪い子!しかし、ふんどしだから許す。 やっぱり ふんどし娘は強かった、やらせ疑惑とか世間では騒がしいですが このラナ・リンチェンは張り手一発で相手を倒.. Weblog: サラリーマン オタク日記       racked: 2011-02-07 21:49
  • フリージング #4

    Excerpt: 【Tempest Turn】 フリージング 3 (ヴァルキリーコミックス)著者:林達永キルタイムコミュニケーション(2008-10-30)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る .. Weblog: 桜詩~SAKURAUTA~ racked: 2011-02-07 21:57
  • フリージング (チバテレ 2/07)

    Excerpt: 第5話  She is Rana Linchen 公式サイトからカズヤに触られて Weblog: ぬる~くまったりと racked: 2011-02-07 22:12
  • フリージング 第5話 「She is Rane Linchen」

    Excerpt: 今回新たに登場したラナ=リンチェンですが、元気で笑顔いっぱいな女の子でありながら、ときに見せるキリッとした顔というギャップがいいですね それにカズヤをめぐって、サテライザーと物語を盛り上げてくれ.. Weblog: のんたんのanime大好きブログ racked: 2011-02-08 00:51
  • フリージング 第5話 『She is Rana Linchen』 感想

    Excerpt: なるほど、典型的なラブコメなのですね。フリージング 第5話 『She is Rana Linchen』 の感想です。 Weblog: メルクマール racked: 2011-02-08 10:05
  • (ラナ=リンチェン)フリージング 5話「She is Rane Linchen」(感想)

    Excerpt: ラナ=リンチェン見参   ますます学園内同士の抗争が激しくなっていきそうです。   Weblog: 失われた何か racked: 2011-02-08 16:42
  • 「フリージング」 episode 5『She is Rana Linchen』

    Excerpt:  episode 5「She is Rana Linchen」 カズヤに触られても大丈夫だと気付いたサテライザーは、洗礼をしない事を条件に カズヤをリミッターとして受け入れ、カズヤも逸れに.. Weblog: おきらく委員会 埼玉支部 racked: 2011-02-08 23:58
  • フリージング #5

    Excerpt: 新キャラ、ラナ=リンチェンが登場するお話でした。カズヤに触られても大丈夫だと知ったサテライザーは、カズヤを自らのパートナーに選びました。ただし、洗礼はなしだそう Weblog: 日々の記録 racked: 2011-02-09 13:39
  • フリージング 第5話 「She is Rane Linchen」

    Excerpt: 回を追う毎にどんどん可愛くなってくるサテラ先輩、マジで半端ないっす!(キリリッ それにしてもどうなってんだ、この先輩は…! 今回は今までで一番破壊力あったな~www 何でそんなに頬を染めるの.. Weblog: 日々前進 racked: 2011-02-09 23:25
  • フリージング 第05話 『She is Rana Linchen』

    Excerpt: タイトルにもある通り、チベットから留学生「ラナ・リンチェン」が登場する話です。 胸を隠しているのが可笑しく感じられてしまう。自分も段々洗脳されている気がしました。  私のリミッターになって!.. Weblog: こいさんの放送中アニメの感想 racked: 2011-02-10 12:22
  • フリージング episode5「She is Rana Linchen」

    Excerpt: クンルンの涙を背中に持つラナ=リンチェンは、長老の言葉に従いチベットの里を出る……遂に登場、ラナ@花澤香菜。今、仕事多いよな。異次元生命体ノヴァが出現する際に発生する、周囲の動物の活動を停止させるフリ.. Weblog: racked: 2011-02-10 20:43
  • フリージング・・・第5回「She is Rana Linchen」

    Excerpt: 2011/02/07放送分総評!評価グラフの詳細に関しては以下の記事をご参照ください。http://blog.livedoor.jp/superunkman/archives/50750907.htm.. Weblog: 生涯現役げーまーを目指す人。 racked: 2011-03-08 04:45