花咲くいろは 第3話「ホビロン」

ほびろん!! あはは、面白いw 今度使ってみよう。





今回はほぼ全編コミカルに、ダメダメ小説家の次郎丸が旅館のみんなを振り回したエピソード。次郎丸ってなんだか犬みたいな名前だけど、なんと彼の本名は次郎丸太郎というらしい。みるからに道化だが、秀逸なネーミングセンスだなぁ。



『花いろ』でエロをやってもどうしたって笑っちゃうシチュエーションになってしまうわけで、現実と妄想の中でさんざんに少女たちを弄んでいるにも関わらず、エロシーンではなくギャグシーンに見えたのはおかしかった。亀甲縛りとか女性だけでの3Pとか、ビジュアルだけでなく音(美少女声優のえっち的活用法)によるサービスもてんこ盛りで、これぞ深夜アニメ! と叫びたくなってしまう。生真面目そうな作品だと思ってたのにいくらでもこうやって暴走できてしまうというのは、作り手のセンスあればこそだ。(ついつい、『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』のおもらし回を連想したw)


ドラマの落としどころとしては、死にたがりの次郎丸を説得するのに女将や菜子、それに真打ちの緒花がきっちりと見せ場を作って、いちおう義理人情の美談としてまとめ上げる方向で、1話完結エピソードとしては申し分ない綺麗なまとまり方。「何がやりたいのか」という緒花自身の疑問にもひとつの回答を得て、次回から改めて新生・喜翠荘のドラマが幕を開けようというところか。まだ登場していないキャラクターや、緒花のボーイフレンド・孝ちゃんの出番も待望される。楽しみだ。


でも、次郎丸関連のドラマでは決して活躍したとは言い難い民子の「ホビロン!」が、この話数のタイトルになっちゃう、このバランス感覚は面白いなぁ。ホビロンだって結局は悪口だったのだけど、短絡的な「死ね」を咎められた民子が、持てる知識を総動員して悪口をこじつけたのは、成長してるんだかしてないんだか分からないw まぁ、存在自体を否定してかかるのではないだけ、マシなのかもしれないけれど。


ちなみにホビロン。ベトナムに行った経験はあるけれどそんな食べ物があるなんてことはまったく知らなかったので、食べたことはもちろん、見聞きしたことも無かった。ピータンの進化バージョンという感じなのだろうか?w ウィキには、「このような食品を食べる習慣のない国の者にとっては、見た目がグロテスクに感じられるようである」などと書かれているけれど、”ようである”って、あんたは平気なのかいって突っ込みたくなるね。



----


それにしても今回は、仏壇の前の一幕において、女将とその娘・孫娘を巡る家族の絆の物語が、おおよそどこに向かうかが少しだけ垣間見れたようだ。おそらく最終回付近に、この三代にわたるパワフルな女性一家の生き方・生き様をめぐるドラマが、クライマックスとして描かれることになるのだろう。


まだ想像だが、この三人は、”生き様”が驚くほど似ていながら、”生き方”が決定的に異なっている母娘、と言って良いのだろう。図らずも今回緒花が悟って見せた「輝きたい」という”生き様”は、お婆ちゃんにも、お母さんにも、まったく共通してみられるものだ。


とくに女将は徹底して自分を殺しているように見えるけれども、しかしまるで女城主とでもいった品格でもって旅館を切り盛りしている人のことだ。仲居や女将の仕事を何十年やってきたのかは分からないが、あれだけの風格と才能を持っているということは数々の困難を潜り抜けてきたに違いなく、そしてその長い戦いを耐え抜いて勝ち残ってきたからには、ただ自分を殺してがむしゃらになるだけではなく、心の奥深くに不屈の闘志や野心を抱えていたはずだ。その闘志・野心といったものは、たぶん具体的にどうなりたいという将来の目標ではなく、緒花のように、自分を輝かせたいというただその一点を見つめて戦ってきたのではないだろうか。


きっと松前皐月も松前緒花も、その生き様の根底には同じ闘志が流れている。ただその闘志が目指すところは、徹底して自分自身の内に向けられているから、他人が築き上げたレールの上をただ言われたとおりに走れと言われても、決して納得はできない。どんな道であれ、自分で選び取ったのだというその事実を求めるような、そんな独立不羈の精神。それを、女将の娘、そして孫娘は受け継いでいるのだ。


皐月は、すでに両親によって勝ち取られ踏み固められた道であるところの旅館経営を蹴って、自力で暮らすのだと東京へ出てきた。ライターの仕事や奔放な生活態度を彼女がどう思っているかは分からないが、少なくともほとんど後悔は無いのではないかと思う。一方で緒花の場合は、やはり進むべき道の選択肢がほぼ固定的に決められている都会での生活に飽き飽きして、夜逃げという事態を未知の世界へ雄飛する大チャンスだと位置付けた。もちろん仲居の仕事なんて望んでいたわけではなかったが、仕事も人間関係も前途多難に見えた荒れ放題の道を、自分の手足で踏み固め押し広げていく毎日に、生きる実感を求めている。彼らにとっては、場所や仕事などなんでもよく、ただ自分のチカラで自分の人生を切り拓いているのだという実感こそが、自身を輝かせ喜ばせるのだろう。


そういう意味では、松前緒花は、あの女将の孫娘であったという時点で、すでに彼女自身の”生き様”は決定されており、変えようのないものである。この作品はだから、ヒロインが自分の生き様を探し求めて成長していく物語ではなく、すでにこうと決めて全力で生を戦っているヒロインが、どこを向いて立っていればよいのか分からないたくさんの迷える人々を、勇気づけ、道を指し示して、輝かしく生きることの喜びに気づかせていく物語なのだ。


そのうえで、”似た者同士”であった女将・皐月・緒花の三名が、ふたたび家族としての絆と信頼を取り戻すことができるかどうか、じっくり見守っていきたい。たぶんいかにも幸せそうな家族像を提示するのは、この一家には似合わない。だが、たとえ喧嘩ばかりしていたってそれで伝わる気持ちもあるんだという、そんな彼女たちらしい家族像に帰結するのではないかと想像している。民子と緒花の交友は、そういう点からも注目すべきかもしれないと考えているが、さてどうなるだろうか。次回も楽しみにしたい。




----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

アド
2011年04月18日 06:13
初コメですが、毎日楽しく主さんの考察読んでます!様々な視点から作品を考察してて勉強にもなるし、なにより楽しいブログですね。これからも毎回読ませてもらいますね。

今回のホビロンの辞典開いて勉強してるとこが前回の話の最後に伏線あったのにはビクったww 長くなってすみません、、ではでは。
おパゲーヌス
2011年04月18日 06:21
>アドさん
どうもありがとうございます。文字ばかりダラダラと書いているうちのブログを楽しいと言ってもらえるというのは、何よりうれしいですね。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

そういえばなにか辞書開いて勉強してましたねw 料理に勉強かと思ったら悪口のネタ探しだったとは。次郎丸と組んで小説でも書いたら、厨房で働くよりよほどモノになるかもしれませんね。
フル・風呂
2011年04月19日 18:45
3話はほんとに面白かったですね。

「いろは」は今期の視聴を見送るつもりでしたが、先日の出崎統の訃報を聞いた後で今回の3話を観たところ、緒花と喜翆荘の人たちって「ガンバと仲間たち」にそっくりだと気づきこれは最後まで観ないと後悔するな、と思いました。
蓮の杖
2011年04月20日 19:57
どうも、蓮の杖です。
「滅びろ!」を噛んじゃって「ホビロン」になるのかと予想してたんですが、はずれでした。それにしても民子ちゃんは「ほんとにびっくりするくらい論外」を使い続けるつもりなのでしょうか(笑)

>”似た者同士”であった女将・皐月・緒花
なるほど!その着眼点いただきます。

>ヒロインが自分の生き様を~
となると、ますます朝ドラっぽい作品のなっていくみたいですけど、アニメとしての独自性をどこに見いだせるのか注目したいと思います。
おパゲーヌス
2011年04月21日 06:20
>フル・風呂さん
出崎さん残念でした。自分は彼の作品をまともに見る機会がなくて(直近のいくつかの仕事でさえ)、アニメ史に偉大な足跡を残しまくった方だけに、知った顔で何かを語るのは失礼にあたると思って無反応を貫いていますが、これを機に、レンタル屋に足を運んで出崎作品を手に取ってみようと思いました。「ガンバ」というのも、ぜひ探してみます。

>蓮の杖さん
いちおう民子的には、いわゆる”KY語”等の都会の女子校生ふうのハイセンスな略語を作って、都会育ちの緒花の鼻を明かそうと頭をひねったのだろうと思いますが、彼女の劣等意識や負けん気の強さがよくにじみ出ていると思いますねw

で、自分は朝ドラなるものをまったく見たことがないのですが、やっぱりこういうスタイルの作劇って「朝ドラっぽい」のでしょうか。アニメとしての独自性は、アクションシーンかと見紛うような躍動感たっぷりのアニメーションにすべてがつまっているとは思います。

物語的には、ドラマでやっているような内容をアニメで描くというのは全然アリだとは思っていて、あとはその表現力の問題かなと。ドラマまったく見ないで断定するのはマズかろうとは思いますが、アニメは脚本も含めて、すべての点でテレビドラマをとっくに凌駕していると思うので、ドラマでやっているような物語をアニメではこんなに素晴らしく描くことができるんだという証明として、今作は改めてアニメの優位性を印象付ける作品になるかもしれません。
白米プチョン
2011年04月22日 11:35
エロなのに何故かしょーもなくて笑ってしまうシーン、なんてのはドラマじゃ表現できないかも知れませんね。
ラストの崖飛び込みアクションも。

第2話で板前のおっちゃんに対して緒花が「角刈り!?」と突っ込んじゃう所に、「朝ドラの世界にアニメ世界のヒロインが引っ越してくるとこうなる」というクロスオーバーな可笑しさを感じてクスリとさせられ、
前話から引っ張った原稿紛失事件なども朝ドラっぽいのに、そういったトラブルに相対するヒロイン緒花が意外にパワフルな所や、次郎丸と妙なやりとりをしてる内にぽんぽんと展開してしまう所には強い個性を感じました。
おパゲーヌス
2011年04月22日 22:01
>白米プチョンさん
飛び込みのシーンはたしかに、実写でやられたら違う意味でショッキングだったかもしれません。絵だからこそ、笑って済ませられる展開でしたね。

朝ドラっぽい、というのは、キャラクター性や事件のタイプの問題なのでしょうかね。知らない自分はこれもアニメだとすんなり見てしまっていますが、緒花はたしかにアニメ的キャラクターで、そんな彼女がアニメにしてはちょっと珍しいタイプの物語を泳いでいるというのは、今作の目新しさであり面白さなのかもしれません。

また、豆腐屋で買い物をするよう提案した板前さんのセリフに見られる、あえてワンクッション置いて思考をめぐらせないといけない岡田磨理のセリフ回しが、「朝ドラっぽい」とされるこのドラマにおいては、じつに良い味を出していますかね。

この記事へのトラックバック

  • 花咲くいろは 第3話 ホビロン

    Excerpt: 花いろ 第3話。 小説家の魔の手が緒花に迫る―――。 以下感想 Weblog: 窓から見える水平線 racked: 2011-04-17 23:34
  • 『花咲くいろは』 第3話 感想

    Excerpt: 今作は今期トップクラスの面白さだと確信しました。 う~~ん!実に面白い。 エロ小説家・次郎丸の使い方が上手すぎです。 ようは「才能」を理由に勝手に諦めていただけなんですよね。 あと.. Weblog: シュミとニチジョウ racked: 2011-04-17 23:35
  • 花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

    Excerpt: はじめに  「花咲くいろは」は日曜日を待ち遠しくさせるほど面白い作品ですし、今回は女の子がとても色っぽくかなり魅力的でしたね  それにしましても、「花咲くいろは 第1話 「十六歳、春、まだつぼ.. Weblog: のんたんのanime大好きブログ racked: 2011-04-17 23:54
  • 花咲くいろは 第3話 ホビロン

    Excerpt: ほんとにびっくりするほど論外! Weblog: @Mё... 《旧Ηаpу☆Μаtё》 racked: 2011-04-17 23:58
  • 花咲くいろは第3話「ホビロン」レビュー

    Excerpt: 今日3本目の更新です。 結構がんばりました今日は。 いきなりの路線変更なのかこれは? 個人的にはいろはにはエロ路線を取って欲しくなかった… やっぱりこれはストーリーで魅せて欲しかった。 こ.. Weblog: どっかの大学生の読書&ロッテ日記 racked: 2011-04-18 00:00
  • 花咲くいろは 第三話『ホビロン』

    Excerpt: まさか「ホビロン」の意味がそんなんだったなんて・・・(笑) 緒花の言う通り、ここまで気合い入れて嫌われるといっそ気持ちイイかも。 相手をよく見て自分の気持ちを向き合わないと あそこまでノートに書き綴る.. Weblog: 風庫~カゼクラ~ racked: 2011-04-18 00:04
  • 花咲くいろは 3話 《ホビロン》

    Excerpt: バカとハサミは使いよう なんどでも言いますがOPの声が大好きです。 最初聞いたときはチャラさんかと思っちゃったけどね。 Weblog: チェルキエット⌒ぱすてる racked: 2011-04-18 00:04
  • 花咲くいろは 第03話「ホビロン」

    Excerpt: 「でも、お腹空かせておかないと」 Weblog: 記憶のかけら*Next racked: 2011-04-18 00:05
  • 花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

    Excerpt: 花咲くいろは 第3話 「ホビロン」 感想 あらすじ 小説の中身を見られた次郎丸は、なんと緒花を捕まえて波の間に捕らえてしまった。 民子と菜子は緒花の復讐のまかないに恐れていたが、姿の見え.. Weblog: crystal cage racked: 2011-04-18 00:20
  • 花咲くいろは  第3話 ホビロン

    Excerpt:  ほんとに  びっくりするほど  論外 Weblog: つれづれ racked: 2011-04-18 00:21
  • 花咲くいろは 第03話

    Excerpt: [関連リンク]http://visual.ponycanyon.co.jp/hanairo/第三話 ホビロン次郎丸に迫られた緒花果たして緒花の運命やいかに!?_さて民子と菜子は緒花の作るまかないに覚悟.. Weblog: まぐ風呂 racked: 2011-04-18 00:38
  • 花咲くいろは:3話感想

    Excerpt: 花咲くいろはの感想です。 緒花がいろいろ頑張った。菜子も頑張った。民子も頑張った(笑) Weblog: しろくろの日常 racked: 2011-04-18 00:51
  • 花咲くいろは 第03話 「ホビロン」

    Excerpt: 同じ喜翠荘で働く同年代の女の子達からどうもハブられてしまっている緒花。 そこに原稿紛失という事件まで起こってしまう「花咲くいろは」の第3話。 「うざい、小っちゃいクセに声デカイ、『死ねって言う.. Weblog: ゆる本 blog racked: 2011-04-18 00:58
  • 花咲くいろは第3話感想

    Excerpt: #3「ホビロン」 「わたし、輝きたかったんです!」 そ、そうだったのか!Σ('∀ Weblog: うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳 racked: 2011-04-18 01:05
  • 花咲くいろは 3話

    Excerpt: はよう泡まみれになろうや。 というわけで、 「花咲くいろは」3話 緊縛少女の巻。 憧れのカンヅメ生活。いや、憧れんなよ。 でもまあ、その気持ちは分からんでもない。 形だけ真似し.. Weblog: アニメ徒然草 racked: 2011-04-18 01:12
  • 花咲くいろは 第3話 『ホビロン』 感想

    Excerpt: ストレートに、「働くとは?」を問う作品になりそう。 花咲くいろは 第3話 『ホビロン』 のレビューです。 Weblog: メルクマール racked: 2011-04-18 01:14
  • 花咲くいろは 第3話「ホビロン」

    Excerpt: 準備をしながら緒花に対して文句を言ってる民子が(苦笑) でもちゃんと緒花がいったとおり腹いせも受けて立つなところが潔いなぁw 菜子ちゃんは嫌いというよりも慣れないタイプで苦手だったんですね~ 意.. Weblog: Spare Time racked: 2011-04-18 01:29
  • 【花咲くいろは】3話 緊縛シーン美味しゅうございました

    Excerpt: 花咲くいろは #03 ホビロン 345 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/04/17(日) 22:34:22.23 ID:kQva//NO.. Weblog: にわか屋 racked: 2011-04-18 02:09
  • 花咲くいろは 第3話「ホビロン」 感想!

    Excerpt: すげぇぇぇ! このアニメすげぇ!(二回目) Weblog: もす! racked: 2011-04-18 02:14
  • 花咲くいろは 第3話「ホビロン」

    Excerpt: 私、輝きたかったんだ――。 予想もできない面白展開(笑) サービスシーンまであって、本当にいたれりつくせりですね♪ お約束もバッチリだし(?) 旅館で起きた事件の解決はやっぱり断崖絶壁ですw .. Weblog: SERA@らくblog racked: 2011-04-18 02:26
  • 花咲くいろは 第3話「ホビロン」感想

    Excerpt: 1・2話を越えて、さらに面白かったです。 ・・・べ、別にエロが良かったわけじゃないんだからねっ! 絶対違うんだからねっ! Weblog: マナヅルさん家 racked: 2011-04-18 02:41
  • 花咲くいろは 第3話「ホビロン」

    Excerpt: 復讐のまかない--------------!!緒花の勢いに押されて話してしまったキライな食べ物。それを朝のまかないに出すと宣言していた緒花。少しだけ戦々恐々の民子と菜子。食堂の扉を開ける... Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2011-04-18 02:43
  • 花咲くいろは 第3話「ホビロン」感想

    Excerpt: 前回衝撃的なラストだった花いろ。あれから緒花はどうなったのでしょうか…?予想外な結末に唖然としました…。でも話の方も盛り上がってきて面白かったです。作品のイ.. Weblog: コツコツ一直線 racked: 2011-04-18 03:46
  • 花咲くいろは 03話『ホビロン』 感想

    Excerpt: 前回の続き(*^ω^*) Weblog: てるてる天使 racked: 2011-04-18 04:21
  • 花咲くいろは 03話『ホビロン』

    Excerpt: 「うざい。ちっちゃいくせに声でかい。死ねって言うなって何なのアイツ。ふざけんな死ね」 Weblog: 本隆侍照久の館 racked: 2011-04-18 04:23
  • 花咲くいろは 第3話 「ホビロン」 感想

    Excerpt: 今回も面白かったですね。 エロシーンには、ビックリしましたが(笑) 喜翆荘に長逗留している売れない小説家、次郎丸太郎。 彼の書きかけの原稿を掃除中にゴミと勘違いして捨ててしまった緒花.. Weblog: ひえんきゃく racked: 2011-04-18 06:18
  • 「花咲くいろは」第3話

    Excerpt:  第三話「ホビロン」喜翆荘に長逗留している売れない小説家、次郎丸太郎。彼の書きかけの原稿を掃除中にゴミと勘違いして捨ててしまった緒花は、翌日の仕事中に行方をくらます・・... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2011-04-18 06:22
  • 花咲くいろは 第3話「ホビロン」の感想

    Excerpt:  えっと、たしか、緒花が次郎丸の部屋を掃除してしまったことが発端だったんですよね。んで、次郎丸は小説が失くなったのは緒花のせいだから宿代をタダにしろと。緒花がゴミ袋の中に次郎丸の小説を見つけて読むも、.. Weblog: もっとTo LOVEると美柑&ヤミを好きになる!(新さくら日記) racked: 2011-04-18 06:54
  • 花咲くいろは #3

    Excerpt: 【ホビロン】 花咲くいろは 2 [Blu-ray]出演:伊藤かな恵ポニーキャニオン(2011-08-17)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 私輝きたいんです!  Weblog: 桜詩~SAKURAUTA~ racked: 2011-04-18 07:03
  • 花咲くいろは 3話 ホビロン

    Excerpt: 涙の雨が頬を叩く度に美しく。   Weblog: KAZUの暮らし racked: 2011-04-18 07:09
  • 花咲くいろは 第03話 感想

    Excerpt:  花咲くいろは  第03話 『ホビロン』 感想  次のページへ Weblog: 荒野の出来事 racked: 2011-04-18 07:37
  • 花咲くいろは 3話「岡田磨里さんはエロイのかも」(感想)

    Excerpt: 「ホビロン!」 [ホビロン] 「ほんとにびっくりするほど論外!」の略の意味である。 -岡田磨里用語の基礎知識(2011年度版より)-   Weblog: 失われた何か racked: 2011-04-18 07:49
  • 花咲くいろは 第3話 『ホビロン』

    Excerpt: 本当にビックリするほど論外!! サブタイ、悪口の省略形だったんだw民子の努力、すごいw まかない作りの途中でいなくなった緒花。 里芋とほうれん草が大量…(゚∀゚) その頃、.. Weblog: ティンカーベルをください racked: 2011-04-18 07:49
  • 花咲くいろは 第3話「ホビロン!」

    Excerpt: 一生懸命  テレビドラマみたいであるという意見を度々目にしますが、  私はそういうのをほとんど観たことがないんですけども、それっぽい感じがしますね。  コメディ要素も.. Weblog: アニメを考えるブログ racked: 2011-04-18 09:19
  • 花咲くいろは 第3話「ホビロン」

    Excerpt: 第3話にして少女たちの成長物語(おそらくだが…)のベースを整えた「花咲くいろは」。連続テレビ小説同様の実に手堅いシリーズ構成だ。 亀甲縛りのサービスシーンに目を奪われてしまいがちだが、三文文士の次郎.. Weblog: アニメレビューCrossChannel.jp racked: 2011-04-18 09:37
  • 花咲くいろは 3話「ホビロン」

    Excerpt: 相変わらず、すごい出来ですよ! 花咲くいろは 1 [Blu-ray](2011/07/20)伊藤かな恵、小見川千明 他商品詳細を見る Weblog: 新しい世界へ・・・ racked: 2011-04-18 09:42
  • 花咲くいろは 3話

    Excerpt: 予想外、それが今回の第一印象。 Weblog: 10+1次元の世界 racked: 2011-04-18 09:58
  • 花咲くいろは #3「ホビロン」感想

    Excerpt: 変態作家の末路緒花を監禁し亀甲縛りの練習するなんて。まかないだけ作って失踪したと思われ捜索が始まる変態作家の妄想キターーー(;´Д`)今回の見所はコレ!んで、全ての悪事がバレて作家が車を盗んで逃げてし.. Weblog: サブカルなんて言わせない! racked: 2011-04-18 10:06
  • 花咲くいろは 第3話「ホビロン」

    Excerpt: いい話 えちい話 ギャグ展開 …見事なブレンドでしたわw 一歩間違えばえらいことに(すでになってたけど)、どんと来い緒花ちゃんにはぴんく小説家も降参。 とんでもないいっぱい食わせ物でした.. Weblog: のらりんすけっち racked: 2011-04-18 10:29
  • 花咲くいろは#03

    Excerpt: 第3話 『ホビロン』 おのれ次郎丸…我らが緒花ちゃんに、なんて“うらやまけしからん”コトをww しかしナンだね、“この婆ちゃん”にして“この孫”あり。 婆ちゃんの正しさと優しさを、当の緒花ちゃん.. Weblog: インチョーのなんとなくブログ風 ~もしくはネットの海で瓶詰地獄~ racked: 2011-04-18 11:43
  • 花咲くいろは TokyoMX(4/17)

    Excerpt: 第3話 ホビロン うざい、小っちゃいのに声でかい。何なのよ、あいつと民子。菜子と Weblog: ぬる~くまったりと racked: 2011-04-18 11:58
  • 花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

    Excerpt:   花咲くいろは 第3話 「ホビロン」     賄い準備の途中で、緒花がいなくなった!?その頃、波の間で小説家先生から .. Weblog: ★アニメ三昧★戯言・言いたい放題★ racked: 2011-04-18 12:42
  • 花咲くいろは #03 「ホビロン」

    Excerpt: 美人仲居の泡まみれ研修、ただし火サス風に!! どうも、管理人です。まだ青エクが見れてない…。まだだ、まだ終わらんよ!それでは、感想です。 緒花:「私、輝きたいんです!」 .. Weblog: 戯れ言ちゃんねる racked: 2011-04-18 13:06
  • 【花咲くいろは 第三話 ホビロン 感想】

    Excerpt: 素晴らしい!!! いやいや、一話→二話→三話とここまで昇華していく作品もなかなか出会えないですよ。 菜子ちゃんが照れて、勇気を出して、緒花と打ち解けて、自分の殻を破る成長を見守れたことに感.. Weblog: ようちゃん!! racked: 2011-04-18 14:46
  • 花咲くいろは 第3話  ホビロン 【伊藤かな恵さんの仕事】

    Excerpt: チバテレビ・テレビ埼玉 連続テレビ小説シリーズ 第3話 Weblog: しるばにあの日誌 racked: 2011-04-18 17:03
  • 第3話 『ホビロン』

    Excerpt: 本文はネタばれを含みます。ご注意ください。画像はクリックで拡大されます。 今期No.1は、『花咲くいろはに』決定だな! シリアス、ギャグ、エロ…まさに全てを兼ね備えた作品ですね。素晴らしいの一言.. Weblog: 冴えないティータイム racked: 2011-04-18 17:59
  • 花咲くいろは 第3話「ホビロン」

    Excerpt: 前回は驚きのラストでしたが、こういう引きをやるときはだいたいオチはたいしたことないんですよ。何度期待して裏切られてきたか!ま、緒花が本当に何かされるなんてあるわけが… 監禁&亀甲縛り…だと….. Weblog: 全て遠き理想郷?なブログ racked: 2011-04-18 18:57
  • 花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

    Excerpt: 「ホビロン!!」 緒花の言葉を受けて改良されて民子の柔らかな罵倒─ 民子は民子なりにいろいろ考えたようで確かにこれなら相手を傷つけないかもしれないけどこれじゃそもそも何を言ってるのか分からずポ.. Weblog: ムメイサの隠れ家 racked: 2011-04-18 19:02
  • 花咲くいろは 3話「ホビロン」感想

    Excerpt: 復習のまかない。 波の間の客の飯を食べてしまおうなんてリアルであるのでしょうか? 予告どおりホウレン草と里芋が大量にww 自分ホウレン草大好物なんですが、一般的に嫌いジャンルベスト10に入るので.. Weblog: キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記 racked: 2011-04-18 19:13
  • 花咲くいろは 第3話「ホビロン」

    Excerpt: 「私… 頑張るよ。 この場所で輝けるように…………」 うん、最後はうまく締りましたね。最後は・・・ねw 緒花が新たな決意をしました、どんどん成長している姿が描かれていますね。 .. Weblog: ☆*Rolling Star*☆ ~純粋に、純真に~ racked: 2011-04-18 19:20
  • 花咲くいろは 第3話「ホビロン」

    Excerpt: 「自分でも気付いてない私の事、分かってくれてました!」 私 輝きたいんです――! 嘘がばれて旅館から逃げ出した次郎丸を追う緒花達!    緒花の復讐のまかない と言う事で文句を言う民子.. Weblog: WONDER TIME racked: 2011-04-18 20:40
  • 花咲くいろは第3話『ホビロン』

    Excerpt: それぞれの人がそれぞれの場所で輝けるようにッ♪ 私もこの場所で輝きたいッ♪ この場所で輝けるようにッ♪☆キラ~ン☆ゞ Weblog: アニメ好きのケロポ racked: 2011-04-18 21:11
  • 花咲くいろは 第3話「ホビロン」

    Excerpt: 花咲くいろは 第3話「ホビロン」です。 第2話までは、予想通りなかなか面白かった Weblog: 藍麦のああなんだかなぁ racked: 2011-04-18 22:47
  • 花咲くいろは 第3話

    Excerpt: 「ホビロン」 とんでもないドラマが私に降りかかっていたのです… ホントだぁww  こんな出来事そうそう無いと思われる((゚m゚;) 朝のまかないと途中に緒花が居なく.. Weblog: あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w racked: 2011-04-18 23:06
  • 花咲くいろは 第3話「ホビロン」

    Excerpt: OP「ハナノイロ」いろは最高! 今週は萌え豚にとってはブヒブヒ鳴ける神回でしたね(笑) それ以外の人でも、話の内容的にも満足できたんじゃないでしょうか? Weblog: 明善的な見方 racked: 2011-04-18 23:18
  • 花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

    Excerpt: 今週も「花咲くいろは」始まりました! 今期は個人的に微妙な作品が多いのですが このアニメは本当におもしろいですね! 3話からという形になってしまいましたが 今回から感想記事.. Weblog: *桜日和のお茶会* racked: 2011-04-19 00:32
  • 花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

    Excerpt: 花咲くいろは 第3話 「ホビロン」 感想です ホビロンってアヒルの孵化しかけた卵なんだって!? えっ?え~~っ! 食用なの? そんなの食べれないよ~ Weblog: きまぐれ☆しろうさぎ racked: 2011-04-19 00:44
  • 『花咲くいろは』 第3話 「ホビロン」

    Excerpt: 『花咲くいろは』  第3話 「ホビロン」  感想でございます。 「ホビロン」 の謎は解明されましたが・・・・。 はい。 ビックリ仰天の第3話でした。 まさか、まさかの 「いろは」 でエ.. Weblog: アニメとゲームと情報局! racked: 2011-04-19 03:36
  • 花咲くいろは 第3話 「ホビロン」

    Excerpt: 茶番だぁーっ!! 従業員攫って亀甲縛りとか宿泊料金滞納とか次郎丸さん犯罪者過ぎるなこれ、それを楽し気なBGMでコミカルに乗り切ろうとすんな(笑) 爺さん出てきた時は意外な戦闘要員来た!.. Weblog: あらがい racked: 2011-04-19 07:56
  • (感想)花咲くいろは 第3話「ホビロン」

    Excerpt: (感想)花咲くいろは 第3話「ホビロン」 初回、前回にかけてのドラマのような雰囲気は今回はちょっとなかった かなという印象ですが、それでも緒花の方向性が見えてよかったかなっ☆ Weblog: aniパンダの部屋 racked: 2011-04-19 19:01
  • 花咲くいろは 第3話「ホビロン」

    Excerpt: 温泉旅館『喜翠荘』に宿泊している小説家・次郎丸太朗の無くなったという小説が官能小説だと知った松前緒花は、太朗に捕まって彼の部屋で亀甲縛りの実験台にされていた。実際のところは逃げようと思えばいつでも逃げ.. Weblog: 無限回廊幻想記譚-アニメ・映画感想- racked: 2011-04-20 00:45
  • 花咲くいろは 第03話 『ホビロン』

    Excerpt: 自称作家先生はエロ小説家だった。そしてその秘密を知った緒花に危機が迫る。 普段も声大きいけど、こういう時も大きいんだ。 アナタ、輝きたいんでしょ。そのエロ小説の中身とは、緒花、菜子、民子によるレズもの.. Weblog: こいさんの放送中アニメの感想 racked: 2011-04-20 11:03
  • 花咲くいろは 第3話 「ホビロン」 感想

    Excerpt: 本当にこのアニメは面白い。エロ小説家をこう使ってくるとは。 第3話「ホビロン」感想は続きから Weblog: あめいろな空模様 racked: 2011-04-20 19:41
  • 花咲くいろは 第3話 「ホビロン」 レビュー・感想

    Excerpt: 「わたし、輝きたいんですっ!」  案の定、売れっ子小説家なんかじゃなかった次郎丸さん、とりあえず官能小説を書いて宿泊費を稼ごうとしても失敗・・・そして監禁した緒花はお ... Weblog: ヲタブロ racked: 2011-04-20 23:34
  • 【花咲くいろは 第3話-ホビロン】

    Excerpt: 輝きたいんですっ!想いをその一言に込めて。 Weblog: AQUA COMPANY racked: 2011-04-20 23:57
  • 花咲くいろは 第03話 「ホビロン」

    Excerpt: 大門ダタ 緒花が民子と菜子にムカついたから、まかないで二人の嫌いな物と作る、と Weblog: バカとヲタクと妄想獣 racked: 2011-04-25 01:02