花咲くいろは 第26話(最終回)「花咲くいつか」

お札に書いた緒花の願い事は、さすがにちょっと笑ってしまったw いや、最高に面白いアニメでした。こんなに心が晴れ晴れとしたのは、いつ以来だろう?w



四十万スイになりたい。様々な苦難をまっすぐに全力で乗り越えてきた緒花が掴み取った、夢であり目標。それをばーーんとぶち上げて、怒涛のような『花咲くいろは』全26話が完結した。2クールという長丁場だったけれど、途中ほとんどダレたり飽きさせたりすることなく、むしろエピソードを重ねるたびに加速度的に勢いを増していった作品だったと思う。その最終回にまさにふさわしい感動や、興奮や、希望や笑顔、それに切なさや郷愁や恋の甘酸っぱい幸福をも味わわせてくれた今回の30分間。じつにじつに素晴らしかった!


基軸となっているのはやはり、緒花とスイの対比と同調だった。いままでの話数では、年齢的にも体力的にもすでに人生の終わりを見定めつつある四十万スイと、これから何十年という時間を自由に生きることができるであろう緒花は、お互いのキャラクター性がよく似ていたこともあって、これ以上ないほど好対照な存在として描かれようとしていた。しかしいつの間にか緒花がスイの心情をもっとも理解できる立場になっていたことから、緒花とスイは散りゆく者とこれから花咲く者という対比としてだけではなく、むしろ同じ方向を向いて駆け抜けてゆく師弟もしくは同志のような関係に昇華していったのが、『花咲くいろは』の最後を飾った一連のエピソードでの出来事だったと言える。というか、もう人生終わったと決めてかかっていた祖母に対して、あんたはまだ若いんだ、これからもたくさん”ぼんぼる”ことが出来るんだと緒花(および他の従業員たち)が教えてあげたのだと、評することができるだろう。もちろん女将としては、自分がそれほど長く人生を戦っていられるとは思ってはいないだろうが、それでも、老いた心を克服して「もう一度!」と我が身を奮い立たせたことで、四十万スイと緒花がそれぞれの立ち位置から同じ方向を向くことができたというところに、今作の描く力強い人間像が集約されている。「四十万スイになりたい」との願い札を筆頭に、随所に緒花とスイが同調して描かれていたのは、ただ祖母から孫娘への夢のバトンタッチが行われたという以上の意味が、込められていたのだと思いたい。


---


面白いなぁと思ったのは、”四十万の女”というキーワードを以前から提示していたのに、最終的に夢や生き様のリンクが、皐月や縁(若旦那)といった中間の世代をすっ飛ばして、女将と緒花を直接に結び付けていたことだ。自分としてはやっぱり皐月さんこそが次代の女将にふさわしいのだという未練を捨てきれないので、まぁ皐月じゃなくて決意を新たにした若旦那でもいいのだけれど、緒花が喜翆荘に戻ってくる前に、もうひとつ上の世代の”四十万さん”が、スイの生き様を受け継いでくれるものと思っていた。でも、皐月は自分の仕事のために東京へ戻ってしまったし、縁と崇子さんの夫婦はやはり「女将の」ではなく自分たちのやり方で喜翆荘を守りたいらしい。またスイとしても、直接自分が生んで育てた子どもたちには昔からの複雑な因縁があるので(だからこそ喜翆荘をたたむと言い出したのだ)、自分の背負ってきたものをそのまま継がせるのはためらわれたのだろう。しかし緒花であれば、皐月や縁ほどのしがらみもなく、より純粋な立場から、本当であればこの先もずっと自分自身の手で守っていきたかった喜翆荘という”居場所”を託すことが出来る。いったんは閉じられることになった業務日誌を緒花に渡したときの四十万スイは、ひょっとしたら、最後の最後まで自分のエゴを貫き通してしまってしょうもない子どもだなぁと、自分を情けなく感じていた面があったかもしれない。けれどそんなしょうもない部分も含めて、緒花は自分の気持ちや姿を背負ってくれると言うのだから、孫娘のことを心から愛おしく感じていたのではないだろうか。


そして大事なのは、そうやって孫娘に背負わせることになった四十万スイの想い、姿、生き様というものが、緒花にとっては何の枷にもなっていないという点か。皐月や縁が母親の敷いたレールのために大きな影響を受けてしまった(それが悪いことかどうかは別として)のに比べて、緒花に対して喜翆荘で与えられた教育は、緒花の人生を束縛するどころか逆に、夢を形づくり背中を押す原動力となった。そうなるように緒花自身が努力してみせたのだった。この姿を見たからこそ、スイは心置きなく、すべてを緒花に託すことができたのだろう。


----


緒花が、現実問題として、ふたたび喜翆荘に戻って来れるかどうかは分からない。いまのところ若旦那がふたたび喜翆荘を立ち上げるところまで漕ぎ着けられればベストなのだろうが、下手をすれば緒花が大人になった後も一向にその事業が日の目を見ないということも考えられる。そうなれば緒花は自分が女将を名乗って喜翆荘を再建するしかあるまいが、仮にそうなったとして、喜翆荘という”居場所”はいつまでも緒花の夢であり続けられるだろうか。喜翆荘にこだわるあまり、四十万スイ的な生き方から離れてしまっては、10代の頃に誓ったその言葉も無意味なものになってしまう。喜翆荘に必ず戻ってくるという約束は、四十万スイのような人間になるという夢と同義であってこそ、はじめて意味を成すはずなのだ。


このアニメが、ひとつの夢、ひとつの職業、ひとつの職場に、頑なに操をささげることを是としてはいないことは明らかであろう。四十万スイは、喜翆荘の幕を閉じてもなお、一人の仲居として仕事を続けると宣言した。若旦那も、徹さんや民子も、巴さんも、それぞれに新たな職場を見つけて、そこを自分の居場所に変革しようと戦っている。あるいはそもそも第1話において緒花がどんな格好で喜翆荘に転がり込んできたかを思い出せば、職業選択というイミでの”将来の夢”をどうこうするのが重要ではないことは容易に理解できるだろう。職業はひとつの手段だ。その手段を用いて、結局どんな居場所を見つけだし、道を切り拓いて、輝きを放つ大輪の花を咲かせてみせるのか。その意味においてこそ、人は無限大の可能性を持っている。その可能性を全力で描き、肯定してみせたのが、『花咲くいろは』という作品であったと言えるだろう。


----


緒花とスイ以外の人物たちについて。


残念だったのは、結局、結名は最後まで、彼女が望んでいたカタチでのより親密な友人関係を、緒花との間に構築することはできなかったのだろうなぁという点。まぁ、こういったあたりは現実の友達関係を思い返してみれば、ずいぶんとリアルな描写ではあるのだけれどw 潜在的に目上の人扱いしちゃう友人って、いるでしょう?w ただ結名が4人で撮った写真を大切そうに眺めていたのを見ると、他のどんな友人よりも緒花たちのことを大切に想っていたんじゃないかなぁと想像してしまい、それが緒花側からの友情との温度差を意識させてちょっと切なくなっちゃうところではあるのだけれど。それとも、ただ単に遠く離れてしまったからこそ懐かしく眺めていただけなのか。結名だったら、どんな友人も分け隔てなく大切にしていそうだし。もちろんそれでも、緒花たちの存在があるからこそ、より真剣に、そして情熱を持って、今の夢(とりあえず渡仏?)に突き進んでいられるのだということは、結名もよく自覚しているのだろう。


民子は、ぼんぼり祭りのときに、「徹さんの恋人になれますように」などと願うのではなく、あくまで板前として徹さんと肩を並べるのを目標に設定していたのは、エラい。恥ずかしがり屋さんだとも言えるけど。でも、まず職人として一流に、という夢は本心だろう。まずは夢に向かってぼんぼる、そして願わくはその道が愛しい人とともにあらんことを、というスタンスは、孝ちゃんと同じで微笑ましい。


菜子がやっていた水泳のインストラクターは、今はバイトではあるのだろうけれど、何気に彼女の天職なんじゃないかと思うw 菜子に関してだけは、将来喜翆荘が再び新装開店したときに、そこへは戻らずに別の道を歩んでくれていても、納得したいと思える人物だ。もちろん仲居としてまた活躍する姿も見たいけれど、先ほども述べたように、喜翆荘という夢は、若い人々を縛り、道を閉ざしてしまうものであってはならない。いつまでも喜翆荘の一員ではあるけれど、夢に向かっての発展的意味合いを込めた別離があってもいいと思うし、そんな姿を見せてくれそうなのが菜子という人だ。


喜翆荘に戻って来なくても構わない人物という意味では、次郎丸太郎もいるわけだけれど、この愛すべき道化はしかし、本当に戻って来なくていいww でも面白いのは、こんなキャラがレギュラーとして描き続けられたという点。職場には、”いて欲しい人、いてもいなくてもいい人、いて欲しくない人”の三通りがあるのだと言われることがあるが、そういう意味では次郎丸太郎というキャラは、いて欲しくない人材を象徴するキャラだったと言える。もちろん嫌な奴として描いたら作品の世界観をぶち壊してしまうので、このような道化として我々の眼を楽しませてくれたわけだが、理想的な職場として描かれた喜翆荘でさえすべての人が自分の仕事の役割を持っていたわけではないというあたり、今作のリアリズムを垣間見るようだ。さらに付け加えるなら、こんな、仕事でも私生活でも役立たずのような人物でさえ、若かりし日の徹や民子の心を動かし、その夢を、人生を決定づけてしまうことがあるという、人間というイキモノの不可解さ、不条理さ、それゆえの奥深さだ。また想像をめぐらせれば、この『花咲くいろは』という作品自体、次郎丸太郎の残したレポートをもとにして、安藤真裕や岡田磨里がストーリーを練り上げたという説だって、十分に成立し得る。そんな作品設定の伸びしろといか、想像の入り込む余地をたくさん残しておいてくれているという点でも、愛すべき作品だとつくづく思う。





さて、なんだか書き足りないことがまだまだある気もするのだけど、そろそろ放映終了から2時間近く経ちそうなので、このあたりで筆をおくことにするw まだがっつりと語れることが見つかれば別の機会に改めて表明するとして、こんなに素晴らしい作品に出会えたという幸運に感謝しつつ、『花咲くいろは』の感想レビューはこれにて終了とさせていただきたい。作品放映期間中に金沢・能登へ旅行できた素敵な記憶とともに、今作で味わった面白さや感動をいつまでも心にとどめておこうと思う。



----


それでは、これにて以上です。どうもありがとうございました。


面白いと思ったら、ぜひ下の方にある拍手ボタン(ブログ気持ち玉)をクリックしてください^^



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

hiro
2011年09月26日 02:01
はじめまして。

『いろは』に限らず、深い考察に端倪することしかり、なるほどと感じいることあり、楽しく記事を読ませてもらっています。

本題の『いろは』、最終回は非常にうれしくなる回でしたね。

四十万スイで始まり、四十万スイで終わる。

緒花は、実際のところ、これからどうなるか分からないけれども、スイの遺伝子というか、おかんをはさんで四十万魂をなんだかんだで受け継いでいて(おっしゃるとおり、スイと緒花は同調していて)、喜翠荘の面々も、スイの遺伝子を受け継いでいるんだなぁと感じさせられる、余韻に浸れてさらに可能性も感じさせる、ほんとに後味のいい話でしたね。

個人的には、女の人が自分を見つめて輝かせるということに魅力を感じてしまうので、そういう意味でも楽しめる話でした。(むろん自分を含め、男も踏ん張らねばという自戒も込めて(笑))


これからも記事を楽しみにしています。
乱筆についてはご容赦を。

それでは。

おパゲーヌス
2011年09月26日 17:41
>hiroさん
嬉しいコメントどうもありがとうございます。恐縮です。

>女の人が自分を見つめて輝かせるということに魅力を感じてしまう

この点は非常に重要でしょうね。言われてなるほどと思いました。アニメってどうしても美少女キャラに注目してしまいがちですが、皐月さんまではまだ分かるとしても、萌えという観点からは完全に外れている四十万スイというキャラを、一人の女性として他の美少女たちと同列以上に扱い、こんなにも光り輝く魅力的な人間として描き上げることができたというのは、『いろは』におけるひとつの奇跡だと思いますし、また今作を象徴する要素でもあるでしょうね。

男も頑張らないといけませんねw 未来のある孝ちゃんや、仕事と幸せな夫婦(家庭)作りに邁進する若旦那よりは、まだ人生行路が定まらずにフラフラしながら努力中の次郎丸さんなんぞに一番共感してしまいそうなところではありますがw 

秋アニメはまだどの作品の感想を書くかは未定ですが、もし視聴作品がかぶれば、また読みに来て頂けると嬉しいです。よろしくお願いします^^

この記事へのトラックバック

  • 花咲くいろは 第26話(終)

    Excerpt: 関連リンクhttp://visual.ponycanyon.co.jp/hanairo/第二十六話 花咲くいろは始まったぼんぼり祭りさて最終話ですが、どうなる!?ゆのさぎには人が集まっていたそれは今ま.. Weblog: まぐ風呂 racked: 2011-09-26 00:17
  • 花咲くいろは 第二十六話 感想

    Excerpt: しんかんせんになりたい 「花咲くいろは」第二十六話感想です。 湯乃鷺メモリィズ(2011/09/28)TVサントラ商品詳細を見る Weblog: 知ったかアニメ racked: 2011-09-26 00:20
  • 花咲くいろは第26話(最終回)感想「花咲...

    Excerpt: ぼんぼりまつりの開始---------------!!幻想的なゆらめきと、祭囃子が響く湯の崎。こんなに人がいるなんて!!みんな願い札を持って、準備OK♪その時、孝一が来たと知らせるメールを受... Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2011-09-26 00:20
  • 花咲くいろは 第26話(最終回) 感想「花咲くいつか」

    Excerpt: ぼんぼりまつりの開始---------------!! 幻想的なゆらめきと、祭囃子が響く湯の崎。 こんなに人がいるなんて!! みんな願い札を持って、準備OK♪ その時、孝一が来たと知.. Weblog: ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ racked: 2011-09-26 00:20
  • 花咲くいろは 第26話(最終話) 『花咲くいつか』

    Excerpt: 「私は、これから咲こうとしているんだ」 今はまだ蕾だけど。 Weblog: ティンカーベルをください racked: 2011-09-26 00:23
  • 【花咲くいろは】最終話 無難に終わったがホビロンとぼんぼるは流行らないよな

    Excerpt: 花咲くいろは #26 花咲くいつか 579 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/09/25(日) 22:27:15.11 ID:xO1REj.. Weblog: にわか屋 racked: 2011-09-26 00:23
  • 花咲くいろは  第26話 花咲くいつか

    Excerpt:  焼きそば食べたい! Weblog: つれづれ racked: 2011-09-26 00:23
  • 花咲くいろは 第26話(最終回)

    Excerpt: 「花咲くいつか」 私が豆爺の続きを書きます!!! 業務日誌を渡された緒花…  認められた証拠ですねb いつ再開するかは分からないけれど、緒花やみんなの働く姿がまた見てみたいと思った.. Weblog: あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w racked: 2011-09-26 00:24
  • 今週の『花咲くいろは』 第26話視聴(最終回)

    Excerpt: ■あらすじ スイと皐月も加わった総力戦で何とか喜翆荘の危機を乗り切ることができた緒花たち。 一息ついたところで、緒花の携帯に孝一からのメールが届く。 心を決めた緒花は脇目もふらず孝一の元へ駆け出.. Weblog: 本日もしゃにむに。 racked: 2011-09-26 00:28
  • 花咲くいろは 第26話(最終話)「花咲くいつか」 感想

    Excerpt: 君になりたい。 何かを新しく始める、つまりはパイオニアとしての人間が居るならば その後を引き継ぐ人間だって必要なはず。 だから、 その上で緒花はスイさんになりたい、四十万スイの役.. Weblog: 超進化アンチテーゼ racked: 2011-09-26 00:30
  • 花咲くいろは TokyoMX(9/25)#26End

    Excerpt: 第26話 最終話 花咲くいつか ぼんぼり祭りに参加した喜翠荘従業員一同。望み札に Weblog: ぬる~くまったりと racked: 2011-09-26 00:49
  • 花咲くいろは第26話(最終話)感想

    Excerpt: #26「花咲くいつか」 恒例の事前予想も、これが最後です。喜翆荘は、皐月さんとス Weblog: うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳 racked: 2011-09-26 00:50
  • 花咲くいろは 第26話「花咲くいつか」

    Excerpt: ドラマを起こすのは、人の気持ち。 キャラがあってのドラマ、ドラマあってのキャラ。 その基本をきっちりおさえて作ったからこそ このアニメは面白かったのですよね! 属性やフラグだけでは キャラもドラ.. Weblog: SERA@らくblog racked: 2011-09-26 00:51
  • 花咲くいろは 第26話(最終回) 「花咲くいつか」 感想

    Excerpt: 最終回らしい話で、面白かったです。 もう一人の主人公と言っていい存在だった、スイが最後まで格好良くてよかったです。  花咲くいろは 公式サイト 花咲くいろは 4 [Blu-ray](.. Weblog: ひえんきゃく racked: 2011-09-26 01:30
  • 花咲くいろは 第26話 「花咲くいつか」 (終)

    Excerpt: 女将と皐月も加わり一致団結してぼんぼり祭のピークを乗り切った喜翆荘。 物語は大団円へ?「花咲くいろは」の第26話。 盛り上がるぼんぼり祭に歓喜の声を上げる緒花。 対立して余裕がなかった時は無.. Weblog: ゆる本 blog racked: 2011-09-26 01:40
  • 花咲くいろは 第26話「花咲くいつか」

    Excerpt: 「いろいろ諦めるには早いんじゃないかな」 次郎丸さん、それは失礼な(笑) 巴さん、願い札に「貯蓄」とか書いてたけど、それはきっと結婚は願い札に書かなくても出来るってことだから、願い札には「.. Weblog: 記憶のかけら*Next racked: 2011-09-26 01:40
  • 花咲くいろは 第26話「花咲くいつか」

    Excerpt: 始まったぼんぼり祭りに向かう緒花たち――… 大きなお祭りということで県外からのお客さんも多いようですね 他のみんなも望み札にしっかり願いごとを書いて持参してくれたようですし 『貯蓄』と書いた巴さ.. Weblog: Spare Time racked: 2011-09-26 01:48
  • 色々まとめてチョイ拾い!(2011,9/26)

    Excerpt: 『花咲くいろは』 第26話 『青の祓魔師』 第24話 『輪るピングドラム』 第11話 ――ツルっと拾い!! Weblog: インチョーのなんとなくブログ風 ~もしくはネットの海で瓶詰地獄~ racked: 2011-09-26 01:59
  • 花咲くいろは:26話感想&総括

    Excerpt: 花咲くいろはの感想です。 それぞれの夢と道。 Weblog: しろくろの日常 racked: 2011-09-26 02:04
  • [終]花咲くいろは #26「花咲くいつか」感想

    Excerpt: ついにやってきたぼんぼり祭り緒花の願いは女将みたいになりたいか・・・ダメだろっ!こんなキチ○イババァになってしまったら(ぇ人の願いとは欲望の塊なのか、夢まで昇華できたら素敵な事になるのでしょうか。で、.. Weblog: サブカルなんて言わせない! racked: 2011-09-26 02:14
  • 花咲くいろは 26話(最終回)

    Excerpt: 夢は受け継がれる。 というわけで、 「花咲くいろは」26話 旅立ち少女の巻。 四十万スイになりたい。 かつて現実主義を標榜した少女の、思い描く理想。 緒花ちゃんの夢探し、とうと.. Weblog: アニメ徒然草 racked: 2011-09-26 02:14
  • 花咲くいろは 第26話(終) 『花咲くいつか』

    Excerpt: 遂にやってきた最終回。喜翆荘は続くのか?女将は大丈夫なのか!?そして上手く纏められるのかなど気になることが一杯ありますね。  緒花メチャクチャ緊張。対する孝一はリラックスムードでぼんぼり祭.. Weblog: こいさんの放送中アニメの感想 racked: 2011-09-26 02:20
  • 【花咲くいろは 第二十六話(最終話) 花咲くいつか 感想】

    Excerpt: 大団円でいい最終回だった。 ちょっとすべてが円満に解決し過ぎて拍子抜けな部分もありましたが、見終わってからの気持ちよさが上回っておりますw ラストもこれで終わりじゃなくていつかを思わせる感.. Weblog: ようちゃん×ようちゃん racked: 2011-09-26 02:29
  • 花咲くいろは 第26話 花咲くいつか

    Excerpt: 花いろ 最終話。 ぼんぼりと夢の生まれる場所―――。 以下感想 Weblog: 窓から見える水平線 racked: 2011-09-26 03:39
  • 花咲くいろは 第26話(最終回)「花咲くいつか」感想

    Excerpt:  花咲くいろはも今回でとうとう最終回。2クール作品だったということで、とうとう最終回か…という感じがします。観終わった後もまだ終わった気がしません。4月がもう本当に遠く感じます&.. Weblog: コツコツ一直線 racked: 2011-09-26 04:09
  • 「花咲くいろは」最終話

    Excerpt: 夢が生まれる場所を、いつか再開したい・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/20110925.. Weblog: 日々“是”精進! ver.A racked: 2011-09-26 05:13
  • 花咲くいろは 第26話 「旅人の宿りせむ野に霜降らば吾が子羽ぐくめ天の鶴群」

    Excerpt: はぐくむ 【育む】 ・ 親鳥がひなを羽で包んで育てる。 ・ 養い育てる。 ・ 大事に守って発展させる。 『育む』 の語源は、鳥が羽の下に雛を包んで子育てをする意味の 「羽 .. Weblog: 物理的領域の因果的閉包性 racked: 2011-09-26 05:35
  • 花咲くいろは 二十六話 「花咲くいつか」

    Excerpt: またね、スイちゃん。の巻 本当に喜翆荘閉館、解散したんだね・・・。 でも、物語の終わりとして、とてもすっきりした終わりだったと思います。 孝ちゃんとも元鞘に収まり、自 ... Weblog: nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! racked: 2011-09-26 06:07
  • 花咲くいろは 第26話「花咲くいつか」(最終話)

    Excerpt: ぼんぼり祭りの賑やかさと寂しさを背景に、閉鎖の流れが決定的になった喜翆荘での最後の日々を描く「花咲くいろは」最終話。 母親の勝手な都合で預けられることになった主人公松前緒花は、この喜翆荘で居場所と目.. Weblog: アニメレビューCrossChannel.jp racked: 2011-09-26 06:18
  • 花咲くいろは 第26話(最終回)「花咲くいつか」感想

    Excerpt: ラストに緒花の雑巾がけは卑怯すぎる! 綺麗にまとまった、良い最終回だったね。 Weblog: マナヅルさん家 racked: 2011-09-26 06:19
  • 花咲くいろは 26話  『花咲くいつか』 

    Excerpt:   夢 が 生 ま れ  る 場 所                Weblog: 烏飛兎走 racked: 2011-09-26 06:48
  • 花咲くいろは 第26話 (最終回) 「花咲くいつか」 感想

    Excerpt: 好きです!大好きです!! ついに言えた~。パチパチ。 祭りのあとの夜。それはみんなで過ごす「喜翆荘最後の晩餐」でした。 Weblog: ひそかにささやかにアニメ等を応援している日記 racked: 2011-09-26 07:09
  • 花咲くいろは 26話(最終話)「一つの終わりは新しい始まりでもある。余韻たっぷりの見事な最終回」(感想)

    Excerpt: 松前緒花の一つの終わりと新しい始まり。 喜翆荘は終わりますが、緒花には夢が出来ました。 つまり喜翆荘は終わっていないのです。 堂々完結した「花咲くいろは」。 最終回としてこれ以上素.. Weblog: 失われた何か racked: 2011-09-26 07:17
  • 花咲くいろは 第26話 最終回 感想

    Excerpt:  花咲くいろは  第26話 最終回 『花咲くいつか』 感想  次のページへ Weblog: 荒野の出来事 racked: 2011-09-26 08:30
  • 花咲くいろは 第26話・最終回 感想「花咲くいつか」

    Excerpt: 花咲くいろはですが、みんなでボンボリ祭りを楽しみます。願い事には新幹線になりたいなどもありますが、緒花は女将のようになりたいそうです。結名がなれなれしいので、民子のホビロンが増えてしまいます。 喜翠.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2011-09-26 08:33
  • 花咲くいろは 第26話(最終回)「花咲くいつか」 感想

    Excerpt: 「私は何になりたい?」 四十万スイになりたい。緒花は喜翆荘に来て周りの人のおかげもあってみつかった目標、女将のように仕事に誇りを持てて、ちょっぴり子供っぽくて、最初の気持ち最初の夢を忘れ.. Weblog: 時は零から racked: 2011-09-26 09:45
  • 花咲くいろは 最終回26話「花咲くいつか」

    Excerpt: 緒花が掴み取った夢。 花咲くいろは 4 [Blu-ray](2011/10/19)伊藤かな恵、小見川千明 他商品詳細を見る Weblog: 新しい世界へ・・・ racked: 2011-09-26 09:45
  • 花咲くいろは 第26話「花咲くいつか」 (最終回)

    Excerpt: 孝ちゃんが、好きです 大好きです!! 焼きそば屋台の前で告白とはw さすがホビロンおはにゃん(^_^;) 屋台のおやじさんの粋なはからいが良かった♪ みんなも気を使って2人きりにしてあ.. Weblog: のらりんすけっち racked: 2011-09-26 10:16
  • 花咲くいろは #26

    Excerpt: 【花咲くいつか】 花咲くいろは 4 [Blu-ray]出演:伊藤かな恵ポニーキャニオン(2011-10-19)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 私はこれから咲こうとしているん.. Weblog: 桜詩~SAKURAUTA~ racked: 2011-09-26 10:41
  • 花咲くいろは 第26話 【花咲くいつか】 感想

    Excerpt: あたしは何になりたい? 緒花の願いはいったいなんなのでしょうかね? 「四十万 スイになりたい 緒花」 なん……だと!? 26話にして老後のことを考えていたのか!?(←コラ) TVアニメ 花咲.. Weblog: キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記 racked: 2011-09-26 13:06
  • 花咲くいろは#26(最終話)「花咲くいつ...

    Excerpt: ぼんぼっていればきっといつか!目指すあの人のようになれますように。「花咲くいつか」ぼんぼり祭りの望み札に願いを込めて。新たな道、目標を見つけた喜翆荘の皆。緒花はやってき... Weblog: おぼろ二次元日記 racked: 2011-09-26 15:11
  • 花咲くいろは 第26話 花咲くいつか

    Excerpt: 気になる願い札ですが、緒花の願いは「四十万 スイになりたい」というもの。 皐月がそれを見つけ、スイも見る事に。 夫を亡くし、自分1人で走っているつもりだったスイですが、自 ... Weblog: ゲーム漬け racked: 2011-09-26 16:26
  • 花咲くいろは #26 「花咲くいつか」

    Excerpt: 夢が生まれる場所、終わらない夢…  どうも、管理人です。ここ数日で一気に気温が下がったせいで、くしゃみが止まらんです…。そして、財布の中もかなり寒いことになってるので、ワロエナイw .. Weblog: 戯れ言ちゃんねる racked: 2011-09-26 20:10
  • 花咲くいろは 第26話「花咲くいろは」

    Excerpt: 「きっとどこでだってドラマは起こせる  それでも私 いつかここに帰って来ます!」 自分の夢を見つけた緒花――! いつか喜翠荘を再開する時まで、それぞれの道でぼんぼる事に! 最終回は.. Weblog: WONDER TIME racked: 2011-09-26 20:33
  • 花咲くいろは 26話(最終回)

    Excerpt: 最終回のクオリティが高すぎましたねぇww 作画はもちろん、構成が素晴らしい!1話の中でできることを 最大限にやりきった最終回だったのではないでしょうか。 この作品が重きを置いてきたのは、緒花.. Weblog: すとぅるるるのアニメ日和 racked: 2011-09-26 22:08
  • 花咲くいろは 第26話「花咲くいつか」

    Excerpt: 花咲くいろは 第26話「花咲くいつか」です。 ということで、いよいよ『花咲くいろ Weblog: 藍麦のああなんだかなぁ racked: 2011-09-26 22:42
  • 花咲くいろは 第26話(最終話) 「花咲くいつか」

    Excerpt: 花咲くいろは 第26話(最終話) 「花咲くいつか」   『そうだ、望み札』『大丈夫、皆持ってるぜ』ぼんぼり祭りに喜翆荘の面々も… そして緒.. Weblog: ★アニメ三昧★戯言・言いたい放題★ racked: 2011-09-26 23:39
  • 花咲くいろは 第26話 最終話 「花咲くいつか」 感想

    Excerpt: 「私は、これから咲こうとしているんだ・・!」 今まで何回も途中で言ってきたけど、今度こそちゃんと言えます。 「いい最終回だった」・・・・と。 Weblog: ☆*Rolling Star*☆ ~純粋に、純真に~ racked: 2011-09-26 23:45
  • 花咲くいろは 第26話(最終話) 「花咲くいつか」

    Excerpt: 花咲くいろは 第26話(最終話) 「花咲くいつか」 いつか花咲く日まで。 Weblog: アニメは日本の文化遺産 racked: 2011-09-27 01:26
  • [アニメ]花咲くいろは 第26話「花咲くいつか」(最終回)

    Excerpt: 未熟な夢追い人は、夢を追いかける人を追いかける。 Weblog: 所詮、すべては戯言なんだよ racked: 2011-09-27 02:12
  • 花咲くいろは 26

    Excerpt: 第26話 「花咲くいつか」 さすがに最後はOP無しですね。最後に持ってくるかな? ぼんぼり祭りに旅館の皆で集合。もう鬼のような忙しさは終わったみたいで。 でも緒花は相変わらず走ってる(.. Weblog: MEGASSA!! racked: 2011-09-27 02:37
  • 花咲くいろは 第26話 (最終話) 花咲くいつか 【伊藤かな恵さんの仕事】

    Excerpt: チバテレビ・TOKYOMX 連続テレビ小説シリーズ 第26話 Weblog: しるばにあの日誌 racked: 2011-09-27 08:30
  • 花咲くいろは 第ニ十六話 「花咲くいつか」 感想

    Excerpt:    今年放送のアニメで、全26話まであるのって初めてじゃないかな?今期は短い話数で終わらせる作品の多い中で頑張りました。 それじゃ最終回の感想ぼんぼってみよう!.. Weblog: 起源風景 racked: 2011-09-27 20:07
  • 花咲くいろは 最終回

    Excerpt: 神社を目指して徐々に集まるぼんぼりの灯り。 暗闇の中で輝くその灯は、空に輝く天の川のようにも見えた。 初めて目にするその様子に感動する緒花。 そのとき携帯電話に孝一からのメールが入る。 人の流.. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2011-09-27 20:33
  • 花咲くいろは 第二十六話(最終回)「花咲くいつか」

    Excerpt: 温泉旅館『喜翠荘』の従業員たちは揃ってぼんぼり祭へと繰り出す。前回のラストでも思ったけど、客をほっぽり出してみんなで出て行って良いのか? まぁ、この時期に来る客なんてみんなぼんぼり祭に行ってるんだろう.. Weblog: 無限回廊幻想記譚-アニメ・映画感想- racked: 2011-09-27 21:18
  • 【花咲くいろは 最終話-花咲くいつか】

    Excerpt: まだだれも見た事ない物語へ続く。 Weblog: AQUA COMPANY racked: 2011-09-27 22:21
  • 花咲くいろは 第26話「花咲くいつか」 最終回 レビュー・感想

    Excerpt: 四十万スイになりたい 緒花が望み札に書いた願い事は『四十万スイになりたい』でした。それは単に喜翠荘を存続させたいという願いではなく、祖母のように自分の夢を追いかけるこ ... Weblog: ヲタブロ racked: 2011-09-27 23:39
  • 花咲くいろは 第26話「花咲くいつか」感想

    Excerpt: 花咲くいろは 第26話「花咲くいつか」感想 緒花の恋の行方は。喜翆荘の行方は― Weblog: かて日記-あにめな生活- racked: 2011-09-28 01:00
  • 花咲くいろは#26.(最終回)

    Excerpt: 「花咲くいつか」 「おかーさーん、林檎飴買って~。」@皐月ママン。熟女がwしかも Weblog: 色・彩(いろ・いろ) racked: 2011-09-28 01:04
  • 花咲くいろは 総括 「女ざかりの花たちへ」

    Excerpt: 『花咲くいろは』 という作品は何を描いていたのか? それは、これから輝きたい女性たちだと思うんですね。 緒花の成長や女将の生き様など、いろいろありましたが、それらをすべてひっくるめる.. Weblog: 物理的領域の因果的閉包性 racked: 2011-09-28 03:45
  • 花いろ 最終話感想!

    Excerpt: 花咲くいろは 最終話「花咲くいつか」 ついに最終回です。 まずは孝ちゃんの話から。 約束どおりぼんぼり祭にやってきた孝ちゃん。 何か言おうとする緒花。「や、やきそば食べたい!」 あ、.. Weblog: くろくろDictionary racked: 2011-09-28 22:30
  • 2011夏アニメ感想その4

    Excerpt: 「花咲くいろは」 ★★★★ 旅館を舞台に繰り広げられる人間ドラマも 喜翠荘の閉館という形で幕を閉じました。 NHKの朝ドラ的テーマで非常に安定して 見ることができたと思います。 実写ドラマ.. Weblog: ORCAの雑記帳 racked: 2011-09-28 22:32
  • 花咲くいろは 第26話(最終回) 『花咲くいつか』 感想

    Excerpt: こういう構成の物語もあるんだな、と感動さえ覚えました。 花咲くいろは 第26話 『花咲くいつか』 のレビューです。 Weblog: メルクマール racked: 2011-09-29 09:41
  • 花咲くいろは 第26話 「花咲くいつか」

    Excerpt: 大門ダヨ 「花咲くいろは」も最終回か 今日はぼんぼり祭り 短冊に願いを書く Weblog: バカとヲタクと妄想獣 racked: 2011-09-30 01:48
  • 「花咲くいろは」26話(fin)の感想

    Excerpt: 「花咲くいろは」26話(fin)、観ました。 喜翆荘一同は、本格的に始まったぼんぼり祭りに繰り出した。そこに、孝一から湯乃鷺に着いたとメールが入り、駆け出す緒花。再会した孝一に、緒花はようやく自分の気.. Weblog: 最新アニメ・マンガ 情報局 racked: 2011-10-15 23:24