輪るピングドラム 第9話「氷の世界」

待望の陽毬回! そして幻惑的な『ピングドラム』の世界がいまここに!



突然、第1話のシーンを別視点で描き出すものだから、いったい今回はどうしたんだと思ってしまったのだけど、想定をはるかに上回るエピソードとなっていて驚愕した。前回とてもいいところで幕を引いたので、てっきりその続きを見せてくれるものと期待していたのに、こんなタイミングで新キャラ出したり陽毬の過去を取り上げたりするとはね。


----


さきにシリーズ全体の構成について想像をめぐらせておきたいのだけど、2クール作品の場合、それをいくつかのパートに分断してストーリーを手ごろな長さにまとめるといった工夫は、ほとんどの作品で行われている。『禁書』シリーズのように平均2~3話でひとつのエピソードを区切っていく早いテンポのものが最近では多い印象だけれど、『輝きのタクト』などは8話単位で長編エピソードを構成しており、このあたりはやはり『ウテナ』の経験を引き継いでいるのかなぁと想像したりもしていた。そんなわけで『ピングドラム』については、第8話が終わった時点でまだまだ先の長そうな印象を残しており、なかなか悠長な構成をしているのだなぁと思っていたのだけど、第9話で話をガラっと変えてきたのを見ると、やはり前回までで長編のひとつの区切りをつけたと見ていいのかもしれない。


そうなれば、苹果の持っている運命日記を巡るストーリーの一環だとばかり思っていた昌馬の事故が、今後はそれ以上の意味を持ってくる可能性は大きい。つまり、第9話でいちどクッションを置いたあと、次回からは陽毬も巻き込んでのまったく新しい局面が展開されるであろうし、そのきっかけとして昌馬の事故が活用されると思われる。前回、運命日記が破れてしまったのは、もうこの日記を云々するタームは終わったと作り手が宣言したものだった可能性もあるわけだ。そして当然、そこでキーパーソンとなってくるのが、いままで家でゴロゴロしてばかりだった陽毬であったり、あるいは広告でばかり登場のダブルHということになってくるのだろう。


コメントで指摘いただいたことだが、冠葉や昌馬(あるいは多蕗)を主軸に据えた前回までのエピソードは、どちらかと言えば、王子様的特性が目立って強調されてきた展開だったと言える。そうした王子様的キャラを軸とし、その周囲を苹果や時籠ゆりや夏芽といったパワフルな女性陣が駆け抜けていった印象が強かったと振り返ることも可能であろう。だが今後はその構造が大きく変化し、例えばED映像におけるトリプルHの、グロテスクなまでの少女性の強調といったところが、もっと前面に押し出されてくるのではないかと想像している。そして、陽毬にとっての運命との戦いが、どのように行われていくのか。そうした点に注目しながら、次のストーリー展開(また8話単位であるなら、16話あたりが切り替えのタイミングか?)に注目していきたい。


----


さて今回のエピソード。不思議の国に迷い込むアリスのように、ペンギンにいざなわれて地の底奥深くへとたどり着いた陽毬は、巨大な図書館にて渡瀬眞悧(さねとし)に出会い、自身の内に秘めている思い出と改めて対面することになった。


序盤の水族館のシーンから、すでに見どころ満載だった今回。第1話と同じ視点で始まったかと思いきや、見慣れぬカットが登場したり、第1話では発せられなかったセリフや、第1話のセリフにかぶせてまったく別の絵が映し出されたりと、比べてみれば怖くなるほど違和感のあるアバン。そして本編に突入するや、そこからはもうとにかく幻惑的でインパクトのある構図や仕掛けの連続で、瞬く間に視聴者を夢の深みへといざなってゆく。


告白昇降室さながらのエレベータに乗って地下61階(なんか途中で分数表記もあったから、実際には80階くらいまで行ってるのではw)へ着いてみれば、「いつもの」というわりには違和感たっぷりの幻想的な図書館がそこにはあった。意味のあるのか無いのか分からない様々な表記やオブジェ、陽毬が執着するのにどうしても見つからない『カエルくん東京を救う』、すでに「3」の文字が書き込まれているペンギン3号の積極的な態度や、鮮明な印象をもたらす”空飛ぶ鳥”の群れ、そしてことさら虚構性を強調する舞台装置(一部故障アリ)。この夢は、陽毬が見ている夢ではない、彼女が見させられている夢。それをことさらに意識させるように、ドキっとさせるような鋭利な悪意を潜ませた映像空間が、画面をいっぱいに使って繰り広げられてゆく・・・。


映像のことなんて何も知らない自分には、本当に何をどう言ったらいいのか分からないのだが、それでも、『ウテナ』のファンであり、またその『ウテナ』の影響が(とくに姿勢において)強く見られるということでシャフトのファンにもなった身としては、武内宣之氏がこうして幾原監督のもとで1話まるまる一人で作り上げるという事実が、たまらなく興奮させるものであったのは確かだ。ましてやそれが、こんなにビジュアル的に見事な仕上がりを見せているという。自分のようなにわかファンではなく、もっと濃厚にアニメーターの仕事を追いかけてこられた方々にとっては、今回の彼の仕事はどのように受け止められているのだろうか。


とにかく今回はじつにじつにエキサイティングな体験だった! 映像も、そして話も。作品解釈に繋がりそうな示唆的な描写やセリフが様々に登場したが、後から振り返って再視聴したときに、たくさんの発見があるエピソードだろう。前回のような盛り上がらせ方とはまた違った意味で、高揚感を煽る、続きの気になる話数だったと言えよう。


----


現時点では、陽毬の、過去との対面という一種の試練は、それなりに円満な形で終わりを見せた。眞悧が読み聞かせた本に描かれてあったエピソードは、どれも辛い過去ではあるが、しかし家族や友情の暖かさに包まれた美しい記憶だった。そこには大きな後悔やいまだに捨て去れない夢が残っているようだが、陽毬の言葉を信じるなら、それらはすでに過去の物として清算済みであるようで、彼女の心にそれほど大きなトラウマは残していないらしい。それでも眞悧は何かを暗示するように陽毬にせまり、その王子様ルックでキスを迫ろうとしてみせたが、陽毬はそれを拒絶した。そして目を覚ましたときには、この夢のすべてをすっかり忘れ去ってしまった。こうした一連の描写からは、彼女が今現在をしっかりと生きている様子が見て取れる。


それでも眞悧は、陽毬が忘れている何かを思い出させようとしているらしい。彼が、陽毬にリンゴをくれた男の子とどんな関係があるのかはまだ分からない。ただ、あんなに嫌味たらしく、そしてわざとらしく本を選択し読み聞かせて、さらにえらそうな感想まで述べていた眞悧が、どうして陽毬の「幸福な思い出」だけを抽出していたのか。この点はどうにもひっかかるところであったし、陽毬の清算されていない過去や想いは、まだ未発掘のまま、あの書庫の中に眠っていそうだ。それが開示されるのがどんなタイミングになるのか、今はただ待つしかない。


ただひとつだけ言えるのは、今後は人間の感情や行為の持つおぞましさのようなものが、よりはっきりと描かれるようになってくるのではないかということだ。美しい友情物語として語られた陽毬の小学生時代だが、傷ついた母を助けるために鯉の血を飲ませようなどという話がまかり通り、あんな立派な、生命力に満ち溢れている魚を、地面の上に押さえつけてバットで撲殺しようとするあの光景。それが三人の純真無垢な美少女達によって行われようとしていたのもまた、背筋を寒からしめる。むろんその後の、陽毬が学校を去らねばならなくなった事情についても、まだ何も言及はない。ヒバリと光莉は友達だったと、陽毬は言う。では、他のクラスメイトはどうだったのか。消しゴムを投げつけられた陽毬の姿は、まるで楽園追放の場面のような、切なさや悲嘆が見え隠れする。病気のことも含めて、陽毬はきっと残酷な運命に翻弄された者の一人であるのに違いないのだが、具体的に何が彼女の身に降りかかったのか、その実際は今われわれが想定していることよりずっとやるせないものであるのかもしれない。


守られるお姫様として扱われてきた高倉陽毬。彼女がいよいよ運命に抗って立ち上がる姿を、物語の新展開ともども、楽しみにしよう。




----


それでは、今回は以上です。


面白いと思ったら、ぜひ下の方にある拍手ボタン(ブログ気持ち玉)をクリックしてください^^



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村




輪るピングドラム 1 [Blu-ray]
キングレコード
2011-09-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 輪るピングドラム 1 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 輪るピングドラム第9話感想

    Excerpt: #9「氷の世界」 それぞれのプロジェクトM。夏芽マリオの登場で、視界がいろいろ開 Weblog: うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳 racked: 2011-09-10 09:15
  • 『輪るピングドラム』#9「氷の世界」

    Excerpt: 「ようこそ、中央図書館・空の穴分室へ」 いかにも「ウテナ」って感じのキャラキター!! 話は、陽毬が水族館で倒れる直前に遡る。 ペンギン帽をかぶる少女や、謎のペンギンが見えていた陽毬は、 .. Weblog: ジャスタウェイの日記☆ racked: 2011-09-10 09:24
  • 【アニメ】輪るピングドラム 9話 運命の至る場所

    Excerpt: 輪るピングドラム 9話「氷の世界」 の感想を 今まで語られてこなかった「ひまり」の物語 太陽の様に明るい笑顔の下にあった思い 忘れなくちゃいけない記憶 『 輪るピングドラム 』の.. Weblog: おもしろくて何が悪い ケの人集会所 racked: 2011-09-10 09:26
  • 【輪るピンクドラム 第九話 氷の世界 感想】

    Excerpt: 第九話、まさか一話の伏線を回収してくるとは・・・ そして陽毬ちゃんの過去が明らかになりましたね・・・ てっきり先週の続きで衝撃展開だとばかり思っていたので、別の意味での衝撃となりました! .. Weblog: ようちゃん×ようちゃん racked: 2011-09-10 09:35
  • 輪るピングドラム 9話「陽毬の回想回。武内宣之絵コンテ・演出・作画監督・一人原画」(感想)

    Excerpt: 今回は陽毬の回想がメインのお話でした。 陽毬の回想と、陽毬の記憶をえぐる 渡瀬眞悧とのやり取りの反復によって、 見ごたえある映像に仕上がっていました。 今回は武内宣之さん、絵コンテ.. Weblog: 失われた何か racked: 2011-09-10 09:44
  • 輪るピングドラム 9話

    Excerpt: 貸出期間、長っ! というわけで、 「輪るピングドラム」9話 ココロ図書館の巻。 氷の世界。武内宣之の世界。 窓の外ではリンゴ売り。水族館の地下61階には図書館。 おいおい、また.. Weblog: アニメ徒然草 racked: 2011-09-10 10:22
  • 輪るピングドラム 09 「氷の世界」

    Excerpt: 輪るピングドラム 9th STATION 「氷の世界」 です。 さて、ますます忙 Weblog: 藍麦のああなんだかなぁ racked: 2011-09-10 10:42
  • 輪るピングドラム 第9話

    Excerpt: 陽毬、冠葉、晶馬の3人は水族館でペンギンを見ていた。 陽毬は、その中に不思議なペンギンを見つける。 冠葉に女の子から電話が入り、晶馬が目を離した隙に、陽毬はペンギンの後を 追った。 ペンギンの.. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2011-09-10 10:42
  • 輪るピングドラム 9話感想

    Excerpt: サブタイトル「氷の世界」窓の外ではリンゴ売り 声を枯らしてリンゴ売り きっと誰かがふざけてリンゴ売りの まねをしているだけなんだろう   (中略) 流れていくのは時間だけなのか 涙だけなのか.. Weblog: つぶかぼアニメ感激ノート racked: 2011-09-10 11:14
  • 輪るピングドラム 第9話 「氷の世界」

    Excerpt: 第9話 「氷の世界」 晶馬の事故は一旦置いておいて、陽毬の回想。 高倉兄妹で水族館に来ているという事は、舞台は1話の陽毬視点の話のようです。 晶馬が倒れた陽毬を見つけるまでに、陽毬.. Weblog: いま、お茶いれますね racked: 2011-09-10 11:33
  • [アニメ]輪るピングドラム 第9話「氷の世界」

    Excerpt: 陽毬の過去。それは甘酸っぱくもなく、辛くもなく、ただそれが現実だと見つめ続けて生きてきた彼女なりの生き方。 Weblog: 所詮、すべては戯言なんだよ racked: 2011-09-10 11:52
  • 輪るピングドラム 第9話 「黄泉ガエル」

    Excerpt: 今回は内容よりも何よりも、なぜ 『カエル』? そればかり疑問に思ってました。 黄泉 【よみ】 とは死者の魂が行くとされている地下の世界。中央図書館 「そらの孔分室」 が地下61階にあ.. Weblog: 物理的領域の因果的閉包性 racked: 2011-09-10 12:23
  • 輪るピングドラム 第9話 「氷の世界」

    Excerpt: これぞ幾原邦彦超演出!(笑) 晶馬が事故にあったことは置いといて、陽毬の過去を描く趣向。 水族館でペンギン3号を見て陽毬は、導かれるように地下61階へ!? そこにはなぜか図書館があり、広大な謎の.. Weblog: SERA@らくblog racked: 2011-09-10 12:40
  • 「輪るピングドラム」第9話

    Excerpt: 謎の図書館司書、登場・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109090005/ .. Weblog: 日々“是”精進! ver.A racked: 2011-09-10 13:07
  • 氷の世界

    Excerpt: 絵コンテ:武内宣之 演出:武内宣之 作画監督:武内宣之 読子さんなら一生篭れる広さだな……。 ここにきての陽毬視点でのお話。 もちろんこれが無意味なわけがないのでし ..... Weblog: 雨晴時曇 racked: 2011-09-10 13:17
  • [アニメ]「輪るピングドラム」8話9話

    Excerpt: ・8話 弟、裸耐性あるなー。 ・9話 ヒマリ1話の走馬灯回。又は村上春樹回。 ヒマリが探していた「カエル君 東京を救う」は村上春樹の短編小説集「神の子どもたちはみな踊る」 に収録されている『かえるく.. Weblog: 懐柔する怪獣 racked: 2011-09-10 13:24
  • 輪るピングドラム 第9話「氷の世界」感想

    Excerpt:  今回は陽鞠メイン回。前回晶馬がああなっただけにここで~と最初は思いましたが、陽鞠の過去が少し明らかになったり、謎な新キャラが登場してまた新たな謎が出てきたりと、更にピンドラワールドが広がっていく、と.. Weblog: コツコツ一直線 racked: 2011-09-10 14:16
  • 輪るピングドラム 9TH STATION「氷の世界は」

    Excerpt: 高倉冠葉と高倉晶馬と共に水族館へやってきた高倉陽鞠はペンギンを見ていた。そして冠葉が電話に出ていなくなっていた時、陽鞠はペンギンの女王の帽子を被る金髪の少年とゴミ箱に隠れる3羽のペンギンを見かけた…….. Weblog: 無限回廊幻想記譚-アニメ・映画感想- racked: 2011-09-10 14:31
  • 【輪るピングドラム】9話 1話並に引き込まれた回だった!!

    Excerpt: 輪るピングドラム #09 氷の世界 956 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/09/10(土) 02:53:48.06 ID:d6kRWa.. Weblog: にわか屋 racked: 2011-09-10 14:33
  • 「輪るピングドラム」9話 氷の世界

    Excerpt: いきなり1話に戻った。しばらく普通に観てしまったよ。どこかで観たようなとか思って「あれ?」と思ってたら冠葉が電話で呼び出されていて間違いなく1話だと確信した。って遅い。 陽毬がいつの間にかいなく.... Weblog: 蒼碧白闇 racked: 2011-09-10 14:53
  • 輪るピングドラム TBS(9/09)#09

    Excerpt: 第9話 9th station 氷の世界 公式サイトから 晶馬が事故に遭った頃、 Weblog: ぬる~くまったりと racked: 2011-09-10 15:35
  • 輪るピングドラム 第9話 氷の世界

    Excerpt: 晶馬の事故の事は脇に置いて、今回は陽毬の夢での過去回想。 陽毬が水族館で倒れた時、陽毬の中で何が起きていたかという話でしょうか。 どこまでが現実で、どこまでが虚構なのか ... Weblog: ゲーム漬け racked: 2011-09-10 15:46
  • 輪るピングドラム 第9話 感想「氷の世界」

    Excerpt: 輪るピングドラムですが、陽鞠の過去をやります。荻野目苹果やカレー女華麗に登場などで影の薄かった陽鞠ですが、ようやく陽の当たる場所に出れます。 陽鞠は図書館の秘密の扉を見つけ、小学校の友達や母親のこと.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2011-09-10 17:48
  • アニメ 輪るピングドラム 第9話「氷の世界」 感想

    Excerpt: 冠葉、晶馬と水族館を訪れる陽毬。なんか見覚えのあるようなシーン。しかしあちらこち Weblog: くまっこの部屋 racked: 2011-09-10 20:54
  • 輪るピングドラム第9話感想「氷の世界」

    Excerpt: 陽毬の過去--------。前回の勢いでもってってくれるのかと思えば、今回は陽毬ターン。でも、相変わらず構成がうまい。そう来たかと見せられているうちに晶馬の事情を忘れており、最後... Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2011-09-10 20:57
  • 輪るピングドラム 第9話 感想「氷の世界」

    Excerpt: 陽毬の過去--------。 前回の勢いでもってってくれるのかと思えば、今回は陽毬ターン。 でも、相変わらず構成がうまい。 そう来たかと見せられているうちに晶馬の事情を忘れており、最後に思.. Weblog: ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ racked: 2011-09-10 20:57
  • 輪るピングドラム 第9話「氷の世界」

    Excerpt: 今回は初めての陽毬視点でしたね!いつも兄二人だったので新鮮でしたが 水族館でのやりとりがあったので時間軸は一話前後ということでいいのかな?? 陽毬の前にペンギン帽被ってる女の子がいたり… 3.. Weblog: Spare Time racked: 2011-09-10 21:19
  • 輪るピングドラム 第9話「氷の世界」 レビュー・感想

    Excerpt: ここは誰でも入れる場所ではないんですよ。選ばれたお客様のみが立ち入る事を許される、特別な図書館・・・じゃあ、私は特別なの? 水族館の地下61階にある不可解な図書館に迷い ... Weblog: ヲタブロ racked: 2011-09-10 21:33
  • 輪るピングドラム #9

    Excerpt: 【氷の世界】 輪るピングドラム 1(期間限定版) [Blu-ray]出演:高倉冠葉(木村昴)キングレコード(2011-10-26)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 運命の果実.. Weblog: 桜詩~SAKURAUTA~ racked: 2011-09-10 23:18
  • 輪るピングドラム 第09話 「氷の世界」

    Excerpt: 過去の話の中の過去の話。 「輪るピングドラム」の第9話。 「サンシャ○○水族館」のペンギン水槽を見学する兄妹。 陽毬がふと横を見るとあのペンギン帽子をかぶった少年(少女)が・・・ 土産屋.. Weblog: ゆる本 blog racked: 2011-09-11 04:52
  • 輪るピングドラム 第9話「氷の世界」

    Excerpt: 晶馬の事故はいったいどうなったんだろうという心配をよそに、第9話は陽毬の心の奥に潜む闇の物語を掘り返そうとする「輪るピングドラム」。 これまでは晶馬を相方にして、苹果の奇行を中心に目に見える異変をな.. Weblog: アニメレビューCrossChannel.jp racked: 2011-09-11 11:25
  • 輪るピングドラム 第九話 感想

    Excerpt: カエル君東京を救う 「輪るピングドラム」第九話感想です。 DEAR FUTURE(2011/08/31)coaltar of the deepers、Ringo Deathstarr 他商品詳.. Weblog: 知ったかアニメ racked: 2011-09-11 14:54
  • もうぐっちょんぐっちょん(アイマスとかBLOOD-Cとか)

    Excerpt: 【THE IDOLM@STER 第10話】アイドル・バトルアスリーテスの巻。やよいさんと伊織さん、真さんのドラマは、まあお約束なので特に語ることはありません。ただ、やよいさんに余計なこと ... Weblog: アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮) racked: 2011-09-11 16:21
  • 輪るピングドラム第9話『氷の世界』の感想レビュー

    Excerpt: 1話の陽毬が倒れた時に、彼女の身に何が起こったのか?が明かされる回でした。 陽毬にとっての運命の人とは一体誰なのか?という問題が出てきたわけですが、冠葉のことなのか、それとも全く関係ない人物なのか…。.. Weblog: gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) racked: 2011-09-11 19:03
  • 輪るピングドラム #9「氷の世界」MSA方式感想

    Excerpt: この記事はMSA方式の感想記事です。基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。 エル「M ... Weblog: リバー オブ チェリー racked: 2011-09-11 20:38
  • 「 輪るピングドラム 」9話の感想

    Excerpt: 「 輪るピングドラム 」9話、観ました。 兄弟妹三人で水族館に出かけた陽毬は、ほかの人間には姿が見えない不思議なペンギンを追っていった。兄たちと離れ、エレベーターへと乗り込んだ陽毬は、木立に囲まれた白.. Weblog: 最新アニメ・マンガ 情報局 racked: 2011-09-30 22:38