輪るピングドラム 第12話「僕たちを巡る輪」

ウサギまで出てきちゃったよどうしよう。



とっても素敵な家族像として描かれてきたはずの高倉家の両親が、じつはテロリストだったという衝撃の事実。しかしそれさえも霞んでしまうほどのショッキングな展開、すなわち陽毬の突然の昏倒からはじまる一連のシーンに、言葉を失い釘付けにさせられるエピソードだった。




第1話の時点では、ペンギンにまつわる描写は初めて見聞きする特別さがあり、この物語はきっと高倉兄弟に訪れた奇跡を描くものなのだろうと思ってしまったのだけれど、その後の描写から、どうもペンギンたちは思っていた以上にこの世界の内部に入り込んでいたらしいと、認識を改めなければならなくなった。そして今回明かされた16年前の事件である。ペンギンだの生存戦略だのといったモノは、たったいま冠葉や昌馬たちの目の前で事件を引き起こしているだけではなく、なんと彼らの親の世代から(ひょっとしたらもっとずっと前から)、この世界とかかわり、運命の歯車を回転させてきたということだ。それも、巨大な組織を形成して大規模なテロを引き起こしてしまうほどに。


目の前のちんぷんかんぷんな出来事が実はずっと昔から繰り返されてきたことだった、というのは、もちろん『少女革命ウテナ』における決闘ゲームと同じ構図だ。ピングドラムの正体や生存戦略の意味が具体的に提示されていないのに事件だけはどんどん進行していくのも、世界を革命するという目的の意味が明示されないまま最終回まで突っ走ってしまった『ウテナ』そのままのやり方ではある。もちろんそれは何も『ウテナ』に限らず、アニメ等で描かれる物語のひとつの常套的な手法であるわけだけれど、しかしルールのよく分からないあるゲームが過去から繰り返し試みられているという図式は、運命と対峙しこれと戦おうとする若者を描くにあたり、じつに有効な手法であると思う。


昌馬が語るおとぎ話の中にもはっきりと示されていたことだけれど、運命というのは人間の認識をはるかに超えたルールで動いており、我々はそれに何も干渉することができないまま、ただ従うしかない。どうして松明の火を盗んではいけないのか。灰をちょっと拝借するくらいでなぜ罰を受けなければならないのか。どうしてその罰は理不尽でなければならないのか。人間が自分たちの知恵で生み出した法律と比べれば、馬鹿らしいくらいに意味の分からないルールが、罰則が、そこには存在している。とくに、「罰は一番理不尽じゃないとね」なんて、人間の裁判官がそんなことを言ったら大問題になるだろう。人間のルールでは、罰は罪の重さにふさわしいものでなければならないし、罪を犯したその状況に応じては情状酌量の余地も認められなければならない。しかし運命の女神は、きまぐれでいくらでも数値が狂ってしまう定規や天秤でもって、意味の無い規則を作り、無造作に我々の行為を評価して、不釣合いな罰則や恩賞を言い渡す。


ルールのよく分からないまま主人公たちが巻き込まれていくゲームは、そんな運命の不条理さの象徴だ。そしてそれが大昔から繰り返されてきたという設定は、人間が運命に抗おうとして無駄な努力を続けてきたということである。人間たちはなまじ頭が働くので、どうにかして不条理なゲームから抜け出して、運命に縛られ翻弄されることのない自由を追い求めて戦ってきた。しかしその戦いはどうしたって運命の設定したルールの中で行われてきたし、結局のところ勝利らしい勝利を収めることができなかった(だからいまだにゲームは続いている)のである。けれど人間たちは進歩しないので、世代が交代すればまた、いちから同じことを始める。そんな不毛な行為が延々と続けられてきたのが、『ウテナ』や『ピングドラム』で幾原監督が描き出す、若者たちの戦いなのだと言えるだろう。


むろん、16年前の事件が、高倉剣山とその妻に何をもたらしたのかは分からない。もしかしたら生存戦略に成功?したのかもしれないし、殺人容疑で逮捕されたかもしれない。あるいは16年前の計画において目標とされていたことと、陽毬に取りついたペンギン帽子や眞悧や夏芽真砂子らのそれぞれの思惑は、また別のものなのかもしれない。しかし少なくとも、”生存戦略”という言葉に象徴されるこのゲームが、16年経った後でもこうして若者たちを巻き込んでいるという事実があるのだから、そこに秘められた運命の意図(きまぐれ)もまた依然として存在し続けているのだろう。




それにしても、陽毬がこれまで命を保っていられたのが、冠葉の分け与えた生命力によるものだったとは。これは第1話のときに契約を交わしたのか、それともまた別の(もっと前の)タイミングで何らかのアクションがあったのだろうか。冠葉は本当にどこまでこの事件に足を突っ込んでいるのか謎すぎて、少し怖い。主人公と言うにはあまりにも視聴者と距離が離れすぎていて、しかし一方で彼の目的が極めて単純明快に描かれているという、ギャップの大きさが面白い。近年の大ヒットアニメになぞらえて言うなら、視聴者と視点が近い一方で人生の目的がときどきボヤけて見える昌馬は鹿目まどかに、視聴者と視点がかけ離れているのに目的が分かりやすい冠葉は暁美ほむらに、当てはめることができるかもしれない。うーん、ちょっと苦しいか?w




----


それでは、今回は以上です。


面白いと思ったら、ぜひ下の方にある拍手ボタン(ブログ気持ち玉)をクリックしてください^^



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


この記事へのコメント

ぽんず
2011年10月01日 17:22
ピングドラムは失われた、という表現がされてましたね。
失われたからきっと何者にもなれなくなってしまったのだとしたら、ピングドラム=生まれた境遇によって失われてしまった将来の可能性と繋げることもできそうですね。

最近小説版を読んだので陽鞠が一人で罪を背負わされてしまう理不尽さが一層胸にきました。某事件とのリンクといい、だんだんと重苦しさが増してますね。それがまた、禁断の果実のような味わいで癖になってくるんですけど(笑)

強大すぎる運命の流れにどう逆らうのか、後半戦が楽しみです。
おパゲーヌス
2011年10月01日 20:53
>ぽんずさん
小説版読んでるともっと胸に来るのですかー。自分なんかはアニメだけでも今回は相当に滅入ってしまいましたけどねw 冠葉と陽毬(with 帽子)が命のやり取りをするエロティックなシーンも、描写がやたら扇情的だっただけにいっそう切なく哀しい生の描写として、強いショックを受けました。

ピングドラム=将来の可能性、ですか。面白いですね。それを受けてですが、さらに作品の内容を吟味しながら考えてみると、”将来の可能性を自分の意志で選択できる自由”というところまで限定しちゃってもいいんじゃないかな、なんて思います。冠葉や昌馬が嫌いだといい、苹果が好きだと言った「運命」というヤツも、結局は彼らを束縛し自由を奪う存在として機能しているようですし、冠葉たちは自らそうした束縛の真っただ中に落ち込んでしまっているようにも見えます。外部からの影響だけでなく、内面のあり方からして、正しい将来を思い描く可能性を失っているのが、今作の主人公たちのように思えますね。

改めてその線でひとつ、ピングドラムなるものを考えておこうかなと思いました。次回からの感想に生かせればいいなw どうもありがとうございます^^
mos
2011年10月02日 04:02
今回も衝撃的な展開でしたね!しかし1話で亡くなった陽毬が折り返し地点である12話でまた死んでしまうのは意味深ですね・・。
眞悧が助けにきたように思えるのですが、彼の持っているリンゴがアンプルマークになっていたことが気になります。
9話で陽毬に渡したリンゴはペンギンマークだったし、リンゴは愛による死を選択した者への褒美(1話)と考えると不穏な臭いがプンプンします・・。

そして「運命の至る所・95」の駅名がとても気になりました。95は事件があって、双子と苹果が産まれた年。そこが運命の至る所?・・生まれた所に返る?・・輪る?!!と一人で興奮してしまいましたw今回は感覚的にいくつかの点が繋がってきたような気がしました。


おパゲーヌス
2011年10月02日 18:11
>mosさん
今回が12話目で折り返し地点だということに、放送後ずいぶん経ってから気づきましたw 陽毬はこのまま退場になってしまうのか、今後の扱い方が気になりますね。

もし眞悧が陽毬を助けるようなことがあれば、ものすごく胡散臭い陰謀臭がしますね。以前、陽毬の回想シーンで出てきた少年?の成長した姿なのかとも思ってましたが、ここにきてまたよく分からない人物になってしまいました。夢の中だけの存在じゃなかったのか、っていう。

自分は感覚的にもまだ全然繋がってないですw もともとこの手の謎解きとかストーリー予測は苦手なので、提示されたものを見て一喜一憂するのが精いっぱいです。BD買って改めて視聴してみたら、新しく気づく部分がたくさん出てきそうです。
mos
2011年10月02日 21:15
私も予測は苦手です・・妄想は好きですがw
幾原監督の作品で、第1話を見てBD購入を決めたのですが、12話でもう本当に絶対買うぞ!と改めて思いました。

おパゲーヌスさんの書かれていた通りに冠葉と陽毬の生存戦略はとてもエロティックなのに、そこに漂う背徳感や悲劇的な描写が絶妙で、心を鷲掴みにされました。
95年の世紀末な社会から今に至るを思い出させて(ちなみに私は作中でいうとタブキ先生世代です)語りかける一方で、心の感情的な部分とフェチズムを揺さぶられるなんて・・まだ後12話残っているのに終わりが楽しみでもあり猛烈に淋しくもあります・・(TT
おパゲーヌス
2011年10月03日 21:11
>mosさん
世代的には、自分は95年の頃はまだ子ども過ぎて、サリン事件のショックとかあんまりピンと来ていません。あ、いや、年齢的には多蕗世代になるのか。でも精神的に幼すぎましたね。なので先週の回を見ても、はじめはなんのことやらさっぱり分からず、他の方が95年がどうこうと仰っていたのを見てなるほどと思ったくらいです。なので自分のブログでは、半分は意地で、1995年がどうのという話は避けていますw こんなスタンスでどこまでやれるかは分かりませんがw

でもやっぱりこの作品って、実際の社会問題が与えた影響を云々するよりも、それはあくまで動機や導入モチーフに過ぎず、根底にはあくまで「運命とどう向き合うか」という普遍的なテーマが貫かれていると思いますし、そのうえで各キャラクターの心理描写や劇中の事件の面白さが作られていると思うので、そこだけはブレないように、鑑賞していきたいですね。

奇抜なイメージばかりが付きまとう作品ですが(ウテナもそうだけどw)、奇抜さは枝葉であり、根幹のドラマはきわめて真摯にキャラクターと向き合って語られていると思います。そういう意味での、冠葉と陽毬(プリンセス)の抱き合うシーンの良さが、今回は光っていてとても良かったです。
mos
2011年10月04日 06:21
仰る通りにテーマは普遍的なものだと思います。色んな謎が散りばめられていて、これがどうやって纏っていくんだろう?とハラハラするのですが、それでもテーマであろう運命に対する答えは視聴者一人ひとりにきちんと出るんだろうな、という安心感があります。

それはやっぱりウテナでの「少女革命」に対する応え方を見たからだろうなと。ウテナもそれこそ色んなモチーフやテーマがありましたが、一番のテーマは最初から最後まで全くブレることなく貫かれていたんですよね・・。

何度も長々と失礼しました!私は管理人さんの感想がとても好きです!本編を見てから感想を読むのがいつも楽しみです。今週のエピソードも楽しみですね(^^
おパゲーヌス
2011年10月04日 18:06
>mosさん
ウテナはTV版と劇場版と合わせて、あまりにもうまく行った奇跡のような作品でしたね。あの奇跡を、ウテナとはまた違ったスタッフを配して再び現出させることができるかどうか。さすがに十数年振りのアニメ監督業となると、客観的な推測は一層むずかしいですね。ファンとしては信じて待つしかないw

>本編を見てから感想を読むのがいつも楽しみです
このように言っていただけるのは本当に光栄なことです。これから先どこまでご期待に添えるか、はなはだ疑問ですが(笑)、よろしければどうぞお付き合いください。
InTok
2017年03月06日 20:12
Искать по товарам:
Jackosense
2017年06月05日 11:04
ム魵褪� 糂褌 鶯 聿� ��魵 上矢印1 � []� 趺 ⅳ下矢印1 �溿琺� ��� 砒�瑣濵. フ鮻褪� �顆濵 �粢下矢印1
ARTstef
2017年06月11日 21:00
A c灑蘿ul atde 四角数字0 絜e's h裄lth is � sウgn of a 時計rs絜's vウlウzation. ホf四角数字1n, h灑dly nⅳウ瀉le ウ�!ir�蚣 ウn 瑩時計ar瀟c� 瀟d well-b蟲ng n signal � s蚌ウ羽s dウ瀏n罇ウs. M瀟y o時計� h炯e r蚪裄tedly nⅳid � tu�繒 under eウr 灑�pits. If is eduti絜 ウs no� 瑰mpani蘚 by []ウn, we瑕n蚶s 繒 四角数字1�per瑣ure, 綠l� do nⅳ rush 四角数字0 g蚯 �蘚il h虱p. I� ウs ウ�時計r[]nt t� unders[]nd why e 瑩灑瀟c� 禛 炬ウll灑y c絜es is 灣s祥i瑣ed.
http://armpit.info/how-much-should-you-worry-about-painful-lump-under-armpit

この記事へのトラックバック

  • 【輪るピングドラム】12話 陽毬は一時退場なのか完全退場なのか気になるな

    Excerpt: 輪るピングドラム #12 僕たちを巡る輪 859 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/10/01(土) 04:18:54.49 ID:o1L.. Weblog: にわか屋 racked: 2011-10-01 10:50
  • 輪るピングドラム 第12話 「因果律 - law of causality -」

    Excerpt: いんがりつ 【因果律】 すべての出来事は、ある原因から生じた結果のすがたで、 その間には一定の必然的関係があり、原因がなくては何ごとも起こらない、という原理。 もし桃果の死が.. Weblog: 物理的領域の因果的閉包性 racked: 2011-10-01 10:52
  • 輪るピングドラム 第12話 「僕たちを巡る輪」

    Excerpt: 十六年前に起こった事件、それは晶馬たちの両親が起こしたものだった。 地下鉄での毒ガス(?)って よくもあのタブーな事件をモデルにしたものですね(汗) 桃果はその地下鉄に乗り合わせで事件にあい、遅... Weblog: SERA@らくblog racked: 2011-10-01 10:54
  • 【輪るピングドラム 第十二話 僕たちを巡る輪 感想】

    Excerpt: 今更ながら「ピンクドラム」じゃなくて「ピングドラム」だと気付いた(えー 今回は1クール目の終わりとしては、締めに入ったと言うよりさらに謎が深まったという感じで、どんどんついていけなくなりそうで困.. Weblog: ようちゃん×ようちゃん racked: 2011-10-01 11:10
  • 『輪るピングドラム』 第12話感想

    Excerpt: ようやっと見たので感想です! 前半最後でまさかの展開でしたね。 Weblog: あくあぐらす~Aqua Glass~ racked: 2011-10-01 12:03
  • 輪るピングドラム12話「全ては『運命』と『輪る』につながる。サリン事件・エヴァ・95」(感想)

    Excerpt: 陽毬が愛おしいから、冠葉は命ですら差し出せる。 大きな運命の歯車に操られた彼ら彼女達の物語は 大きな転換点を迎えそうです。 地下鉄サリン事件・村上春樹などを扱う事で 今の日本をどう.. Weblog: 失われた何か racked: 2011-10-01 12:18
  • 輪るピングドラム 12 「僕たちを巡る輪」

    Excerpt: 輪るピングドラム 12th STATION 「僕たちを巡る輪」 です。 なんだか Weblog: 藍麦のああなんだかなぁ racked: 2011-10-01 12:50
  • 輪るピングドラム 第12話「僕たちを巡る輪」 レビュー・感想

    Excerpt: 「神様、どうして陽鞠を選んだんですか・・」 だって、罰は一番理不尽じゃないとね。 1995年のあの事件は高倉剣山と千江美が指導的幹部である組織が起こしたものだった、と ... Weblog: ヲタブロ racked: 2011-10-01 13:44
  • 輪るピングドラム 第12話「僕たちを巡る輪」感想

    Excerpt:  いよいよピングドラムも1クールが今回で終了。折り返し地点ということで色々また明らかになってきました。16年前の事件の真相、陽鞠の二度目の死など、また盛り上がって来ました…! 最.. Weblog: コツコツ一直線 racked: 2011-10-01 15:00
  • 「輪るピングドラム」12話 僕たちを巡る輪

    Excerpt: 前回示唆されたようにやっぱり晶馬たちの父親たちが起こした事件は地下鉄サリン事件を意識したものでいい様子。具体的に何をやったかはさすがに出てこなかったがそれはまぁ当然か。とにかく地下鉄で何かをして..... Weblog: 蒼碧白闇 racked: 2011-10-01 15:24
  • 輪るピングドラム TBS(9/30)#12

    Excerpt: 第12話 僕たちを巡る輪 俺は運命と言う言葉が嫌いだと渡瀬眞悧。 冠葉が帰るとロ Weblog: ぬる~くまったりと racked: 2011-10-01 16:03
  • 輪るピングドラム 第12話 感想「僕たちを巡る輪」

    Excerpt: 輪るピングドラムですが、高倉冠葉たちの両親は95年の事件を起こした団体の指導的幹部だそうです。高倉父の精悍な顔つきはただものではない感じでしたが、この事件ではももかが死んでおり、荻野目苹果と晶馬の間柄.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2011-10-01 17:32
  • 輪るピングドラム 第12話 『僕たちを巡る輪』

    Excerpt: サリンのようでサリンじゃない。煙が上がってるということは、爆弾テロでしょうか。問題の事件はサリンを下敷きにした別物の様です。晶馬たちの両親は劇中で事件を起こした組織の幹部だったと。母は出産してますか.. Weblog: こいさんの放送中アニメの感想 racked: 2011-10-01 19:29
  • 輪るピングドラム:12話感想

    Excerpt: 輪るピングドラムの感想です。 分かったようで分からない、そんな回(汗) Weblog: しろくろの日常 racked: 2011-10-01 20:54
  • 輪るピングドラム 12話

    Excerpt: それは、禁断のリサイクル。 というわけで、 「輪るピングドラム」12話 生死流転の巻。 ペンギンマークのテロリズム。 や、やりよったぁ…。ほんまにやってまいよったでぇ…。 子安.. Weblog: アニメ徒然草 racked: 2011-10-01 20:58
  • アニメ 輪るピングドラム 第12話「僕たちを巡る輪」 感想

    Excerpt: 眞悧再登場!そしてヒロイン陽毬の2度目の死!16年前の高倉家と荻野目家の運命の輪 Weblog: くまっこの部屋 racked: 2011-10-01 22:45
  • 輪るピングドラム #12 「僕たちを巡る輪」

    Excerpt: 紐解かれる過去の因縁と、再び回り出す運命…  どうも、管理人です。今回から個別更新に切り替えることにしましたが、まだ曜日が確定してないと言う…。とりあえず今週は土曜日更新ですが、来週以降はシャ.. Weblog: 戯れ言ちゃんねる racked: 2011-10-01 23:31
  • 輪るピングドラム 第12話 「僕たちを巡る輪」

    Excerpt: 気になる16年前の出来事とは?「輪るピングドラム」の第12話。 苹果の姉である桃香が無くなった原因は自分の親にあると語り出す晶馬。 「第36次南極環境防衛隊」に参加していた晶馬達の父親。 父.. Weblog: ゆる本 blog racked: 2011-10-02 01:55
  • 輪るピングドラム 第12話 「僕たちを巡る輪」 感想

    Excerpt: 陽毬の命が止まる。消える3号。切ないシーンで泣けてきました。 電源が落ちたようなバンクシーン。命が止まる瞬間を実感しますね。 Weblog: ひそかにささやかにアニメ等を応援している日記 racked: 2011-10-02 12:07
  • [アニメ]輪るピングドラム 第12話「僕たちを巡る輪」

    Excerpt: だって、理不尽の方が面白いじゃない。 Weblog: 所詮、すべては戯言なんだよ racked: 2011-10-02 21:00
  • 「 輪るピングドラム 」12話の感想

    Excerpt: 「 輪るピングドラム 」12話、観ました。 昔起こった事件で多くの人が死んだ。死亡者の中には、10歳になった苹果の姉、桃果も含まれていた。この事件を起こしたのは、犯罪組織の幹部だった晶馬たちの両親であ.. Weblog: 最新アニメ・マンガ 情報局 racked: 2011-10-19 20:55