ギルティクラウン 第4話「浮動 -flux-」

鳥肌モノのアクションがもう最高! 



これまではっきりと”王道”とか”ベタ”とか言われそうな展開やシチュエーションで進んできた今作の物語が、前回ラストの谷尋の裏切りから、はっきりとその方向性を変化させてきた。まだまだ主人公の立ち位置や葬儀社の戦う動機などが曖昧なままであり、今後の展開に含みを持たせていることもあって、ドラマの盛り上げ方についてはまだまだ助走段階という印象はあるが、それを補って余りあるアクションが十二分なエンターテイメント性を発揮していると思う。今はとにかく、この美しさ、かっこよさに惚れ惚れを見入っていれば、それでいい。



今回は何と言っても、奥行きのある空間を縦横無尽に飛び回る、浮遊感と疾走感あふれる剣戟の見事さに尽きる。今作は登場するロボットが基本的に陸戦タイプであるうえに、主人公のシュウはロボットや飛行機ではなく生身のまま戦うので、まさかこんな空中戦が描かれるとは思っても見なかったのだけど、なるほどヴォイドを使えばこんなアクションシーンを演出することもできるのかと目を丸くした。4話でこんなものを見せてしまったんだから、今後のアクションシーンはアイディア勝負でいきますよと言っているようなもので、ますますバトルが楽しみになってくる。


またパートナーであるいのりのヴォイドが剣で固定されているために、巨大ロボットに生身の人間が単身で勝負を挑むというとんでもなく燃えるバトルを、今後もずっと堪能できるという点もポイントが高い。先日も『境界線上のホライゾン』において、このロボットvs人(正確にはアンドロイドだったけどw)というシチュでスンバらしい戦闘をやってくれていたけれど、それに対抗したわけではないだろうが『ギルクラ』も今回のような見せ場を用意してくれて、もう楽しくて仕方がない。というか今期は、『銀翼のファム』といい『Fate/Zero』といい『ベン・トー』といい、戦うシーンを本当に巧く描いて魅了してくれる作品が豊富にそろっている印象がある。しかもそれぞれ方向性が異なるので、いろんなシチュエーションのバトルを毎週どころか毎日のように見ることができるのが、オトコノコ的には幸せすぎて堪らないラインナップではないか。


---


話を『ギルクラ』に戻すと、前述のようにストーリー展開に関してはまだまだ暖まっていない感じで、焦らずに伏線をしき今後の展開に備えているという印象はあるが、その分、徹底的にシチュエーション作りにこだわろうとしている様子がうかがえる。


分かりやすいのはヒロインの扱いだ。楪いのりは当初から、圧倒的に美しいデザインのおかげで、いるだけで十分な存在感を発揮しているキャラなのだが、その内面描写は案外にお粗末な気がする。無感情な子が主人公と触れ合うことで少女らしい表情や感性を取り戻していく、というパターンは分かるとしても、そのきっかけがあまり印象的に描かれないまま、ただ盲目的にシュウに惹かれていっている様子だけが描かれる。これだけシリアスな雰囲気をまとった作品であるうえに、シュウが優柔不断のヘタレであるからなおさら、「ヒロインがなぜ主人公に惚れたか」を明示してくれないと感情移入のしようがない。彼女の背負っている背景をあえて隠したままにしている現状ではあまりはっきりと内面を描けないもどかしさがあるにしても、今回のような果敢(というか無謀)な行動をヒロインが見せるための、その下敷きの部分を視聴者が共有できていない。


にもかかわらず、今回いのりは、もう何年も離れ離れだった恋人同士のような切実さでもって、シュウのもとに駆けつけ、彼に全幅の信頼を置いて、何の迷いも無く飛び降りた。こんなにシュウのことを想っているのだから階段駆け降りるなんてまだるっこしいことはしていられない、文字通りの最短距離を突き進むことしか考えていない、そんないのりの真っ直ぐな愛情が、画面からひしと伝わってきた。


もうこの時点で、視聴者はもちろん、葬儀社の面々やシュウ本人でさえも、いのりの先走りまくる感情表現を前にして完全に置いてけぼりである。なんでこの人こんなに真剣なの? いったいシュウが何をやったの? そんな疑問符が頭の中を駆け巡りながら、ただはっきりと分かっているのが、シュウめがけて飛び降りるヒロインの姿が最高にロマンティックだったということだ。この姿に、シチュエーションに、少年の脳は狂わされ洗脳されてしまう。おとぎ話のお姫様と王子様にでもなったかのような錯覚と、それを裏付ける未知のパワー。根拠のない信頼を受け入れるために、シュウは彼女について考えるのをやめた。


なにもシュウだけの話ではない。楪いのりのとった手段、すなわち圧倒的なビジュアルとロマンティックなムードでもって相手の思考回路を麻痺させるやり方は、『ギルティクラウン』という作品の姿勢そのものではないか。少なくとも現時点においては、隠された謎や設定を明かすことができない時期なので、「何がやりたいのかまだ分からないけど、とにかく楽しい」と思えるような作品として成立するよう仕向けているし、それが見事にハマっている。いろいろなことを考えたい、考えなきゃいけないと思いつつも、それを妨げる陶酔的な映像世界に見惚れてしまい、完全に受け身の姿勢で鑑賞するしかない。たぶん作り手の目論見にまんまと従わされているのだと思う。


それでも、2クールの長丁場で作品を構成するのであれば、映像や音響だけでなくストーリー面の充実は必要不可欠だ。そしてストーリーに関してもこれから十分に楽しませていくための布石を、今回からかなりはっきりと打ち出してきている。まだまださっぱり謎な葬儀社(とくにガイ)の目的や使命感がまずは焦点となってくるのであろうが、これだけ大がかりな世界観設定に見合った、最高に面白いドラマを期待したい。





----


それでは、今回は以上です。


面白いと思ったら、ぜひ下の方にある拍手ボタン(ブログ気持ち玉)をクリックしてください^^



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年11月05日 11:36
こんにちは!
ギルクラは映像がキレてますね。審美的かつ眩惑的。確かに、映像美で酔わされて(韜晦されて)いる面はあるかもしれません。
ともあれ、故・芦田豊雄が「アニメは錯覚(イリュージョン)の芸術だ」と後進に語ったのも肯けるような、佳い結実だと思います。
おパゲーヌス
2011年11月05日 16:37
>SIGERUさん

まさにイリュージョンですね。第1話の出来栄えからしてまさにそんな感じで、とにかく絵と音に心酔させられました。物語に関しては疑問や不満の声がよく聞かれる印象がありますが、もう少し待てばこの不満も解消されるんではないかと期待しています。

この記事へのトラックバック

  • ギルティクラウン 第4話「浮動 flux」

    Excerpt: 集は信じれるものが欲しいんでしょうかね? 八尋は 集を裏切ったのですが、その理由は感染してる弟を質に取られてでした。 なるほどと納得できるけど、人情に訴えたズルイ設定ですね(苦笑) ▼ ギル.. Weblog: SERA@らくblog racked: 2011-11-04 21:44
  • ギルティクラウン 第4話「浮動:flux」 感想

    Excerpt: 懐かしのソフトめん。 あれ、割と好きだったんですけどね。個人的には楽しみなメニューでしたよ。 まあそれは置いといて 裏切った友達にも、友達なりの理由はあって・・・って事なんですけど.. Weblog: 超進化アンチテーゼ racked: 2011-11-04 21:46
  • ギルティクラウン 第4話「浮動:flux」 感想

    Excerpt: ねぇいのり、君を…信じていいかな? 谷尋に裏切られGHQに拘束されてしまった集。 集は嘘界少佐との会話で何を信じて良いのかますますわからなくなってしまい。 そんな中で葬儀社が同士である城戸救.. Weblog: 日刊アニログ racked: 2011-11-04 21:51
  • ギルティクラウン phase 04『浮動:flux』

    Excerpt: 何者かによってホームへと押し出される集。 振り返ると奴がいた。 Weblog: 本隆侍照久の館 別館 racked: 2011-11-04 21:55
  • ギルティクラウン phase04「浮動:flux」

    Excerpt: ギルティクラウンの第4話を見ました。 phase04 浮動:flux 「悪いな」 集は谷尋に裏切られ、GHQに一人売り渡されてしまう。 「君はとてもいい友達を持ちましたね」 .. Weblog: MAGI☆の日記 racked: 2011-11-04 21:59
  • ギルティクラウン 第4話「浮動:flux」

    Excerpt: 「ねぇ いのり、君を信じて良いかな?」 谷尋に裏切られ GHQの嘘界に捕まった集! 何を信じれば良いのか分からなくなった集を助けようとするいのり    【第4話 あらすじ】 ヴォイドを取.. Weblog: WONDER TIME racked: 2011-11-04 22:04
  • ギルティクラウン 04 浮動:flux

    Excerpt:  涯の変装後がいいですね。 Weblog: つれづれ racked: 2011-11-04 22:06
  • ギルティクラウン 第4話 「浮動:flux」 感想

    Excerpt: 「ギルティクラウン」  第4話 「浮動:flux」 の感想記事です。   今週は、GHQに囚われた集の救出劇。   いのりちゃんの、セクシーなステージ衣装姿も復活なり♪   てか、.. Weblog: アニメとゲームと情報局! racked: 2011-11-04 22:46
  • ギルティクラウン GUILTY CROWN 第4話 感想「浮動:flux」

    Excerpt: ギルティクラウンですが、桜満集は裏切りによって当局に捕まってしまいます。そこの所長は「クロスワードはいかが?」「ホットチョコレートはいかが?きっとホッとするわよ」と懐柔策をとってきます。何で君のような.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2011-11-04 22:49
  • 『ギルティクラウン』 第4話「浮動:flux」 ― 手にしている確かなこと。

    Excerpt: 手に入れたカード、揺れる心。飛び込む先、残してきたもの。 Departures~あなたにおくるアイの歌~(初回生産限定盤)(DVD付)(2011/11/30)EGOIST商品詳細を見る .. Weblog: 不定形爆発 Ver.2.0 racked: 2011-11-04 22:50
  • ギルティクラウン#4「浮動:flux」感想

    Excerpt: 進むのか、立ち止まるのか。選択の制限時間が迫る!!!「浮動:flux」あらすじは公式からです。谷尋(ヤヒロ)の裏切りによって、テロリストと関わった容疑で収監されたシュウ。彼... Weblog: おぼろ二次元日記 racked: 2011-11-04 23:18
  • ギルティクラウン 4話「浮動 flux」

    Excerpt: 何を信じるのか・・・ My Dearest(初回生産限定盤)(DVD付)(2011/11/23)supercell商品詳細を見る Weblog: 新しい世界へ・・・ racked: 2011-11-04 23:18
  • ギルティクラウン 04 「浮動:flux」

    Excerpt: ギルティクラウン 01【完全生産限定版】 [Blu-ray](2012/01/25)梶 裕貴、茅野愛衣 他商品詳細を見る  信じる者は、救われる。恙神涯の命令に背いて 桜満集を救いに行.. Weblog: 北十字星 racked: 2011-11-04 23:20
  • ギルティクラウン 第4話 「浮動:flux」 感想

    Excerpt: 涯が何を考えているのか全く見えて来ませんね。 それに比べてGHQの事は見えて来たかなぁ。 これがそのままシュウの現状にも表れているようでした。 Weblog: あくあぐらす~Aqua Glass~ racked: 2011-11-04 23:21
  • ギルティクラウン 第四話 感想

    Excerpt: 決められないなら俺を信じろ 「ギルティクラウン」第四話感想です。 ギルティクラウン 01【完全生産限定版】 [Blu-ray](2012/01/25)梶 裕貴、茅野愛衣 他商品詳細を見る Weblog: 知ったかアニメ racked: 2011-11-04 23:24
  • ギルティクラウン [GUILTY CROWN] 第4話 「浮動 flux」 感想

    Excerpt: 主人公強すぎだろ・・ 豆腐メンタルのくせして、いのりに頼られたら途端に人が変わったように動くなあw もしや涯と一応つるんでるのは、いのりが居るからなんじゃ・・ ってか主人公戦って.. Weblog: ☆*Rolling Star*☆ ~純粋に、純真に~ racked: 2011-11-05 00:00
  • 【ギルティクラウン】4話 メガネと付け髭位の変装を見破れないGHQって・・・

    Excerpt: ギルティクラウン #04 浮動 flux 25 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 01:54:50.15 ID:k0tF.. Weblog: にわか屋 racked: 2011-11-05 00:09
  • ギルティクラウン 第04話 「浮動 flux」 感想

    Excerpt: ねぇ、いのり。君と… 信じていいかな? 落ちてくるいのりに駆け上がってゆく集。このシーンに興奮しました。 そして迷いも生じた回でしたね。涯とGHQのどちらが正しいのか。 Weblog: ひそかにささやかにアニメ等を応援している日記 racked: 2011-11-05 00:09
  • ギルティクラウン 第4話「浮動:flux」 感想

    Excerpt: ギルティクラウン 第4話「浮動:flux」 感想 Weblog: 雨男は今日も雨に racked: 2011-11-05 00:16
  • ギルティクラウン 第4話 浮動:flux

    Excerpt: 捕まった集に学校では騒ぎに。 集が好きな祭は涙目で、ショックを隠せませんね。 肝心の集ですが、GHQの切れ者で集を確保した嘘界=ヴァルツ・誠少佐の取り調べは現時点では人道的 ... Weblog: ゲーム漬け racked: 2011-11-05 01:13
  • ギルティクラウン 第4話 「浮動 flux」

    Excerpt: 【作戦】 作中でずばり解説されない為に、いまいち自分の頭では理解しきれてないかも。 今回の作戦は、スカイツリー爆破犯である城戸研二救出のついでに、先週書いたように集を葬儀社に引き込もうとしたとい... Weblog: 世の為人の為に生きたいけど感想も書きたいブログ racked: 2011-11-05 04:07
  • 「ギルティクラウン」第4話

    Excerpt: 自分を、信じろ・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201111040000/ .. Weblog: 日々“是”精進! ver.A racked: 2011-11-05 05:38
  • ギルティクラウン第4話感想

    Excerpt: #4「浮動」 「ねえ、いのり。キミを信じていいかな?」「あたしを択んで生きるか、 Weblog: うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳 racked: 2011-11-05 11:02
  • ギルティクラウン 第4話「浮動:flux」 感想

    Excerpt: 人は決断の連続で生きて行くのだと思い知らされました。 人生には いくつかの大きなターニングポイントがありますよね。 あの時こうしていれば良かった、あの時の決断が無ければ今の自分が無かった、 後悔するか.. Weblog: サラリーマン オタク日記       racked: 2011-11-05 11:41
  • ギルティクラウン 第4話 『浮動 flux』 感想

    Excerpt: この手の作品では、主人公がなんとなく戦いに巻き込まれるケースが多いのですが、これは主人公の葛藤と決断が描かれていますね。 ギルティクラウン 第4話 『浮動 flux』 のレビュー。 Weblog: メルクマール racked: 2011-11-05 11:47
  • 【アニメ】ギルティクラウン 4話 ねぇ、君を信じていいかな

    Excerpt: ギルティクラウン 4話「浮動 flux」 の感想を 徐々に話は進みだす もう後戻りは出来ないことろまでに 主人公である「集」の行き着く先は何処なのだろうか? 『 ギルティクラウン.. Weblog: おもしろくて何が悪い ケの人集会所 racked: 2011-11-05 12:39
  • ギルティクラウン 第04話 「phase04 浮動:flux」 感想 四コマあり!

    Excerpt: キャラは可愛いし、戦闘シーンは神だし・・・もう最高だろ! Weblog: アニメに充実? racked: 2011-11-06 08:51
  • ギルティクラウン感想/第04話「浮動:flux」

    Excerpt: 「キミを信じていいかな?」(桜満集) 『ギルティクラウン』第四話「浮動:flux」のネタバレ感想です。木戸のヴォイドを使って、いのりの元まで辿り着く辺りに、Production I.Gの「本 .... Weblog: サブカル・カムカム racked: 2011-11-09 12:52
  • ギルティクラウン phase04「浮動 -flux-」

    Excerpt: 寒川谷尋の裏切りによりGHQに捕らえられた桜満集。列車を緊急停止させようとしたいのりを止めたのはツグミでしょうか。しかしガイからの命令でいのりを止めたという事は、ガイはこの事態になる事を既に知っていた.. Weblog: 無限回廊幻想記譚-アニメ・映画感想- racked: 2011-11-09 20:13
  • ギルティクラウン 第4話「浮動」感想!

    Excerpt: ギルティクラウン 第4話「浮動」 谷尋の裏切りにあって、あっさり捕まった集! 集がGHQに捕まったということで、クラスは騒然。 いのりは見ていることしかできない…。 嘘界に尋問され.. Weblog: くろくろDictionary racked: 2011-11-09 21:56
  • ギルティクラウン 4話

    Excerpt: アポカリプスウィルスだっけ、あれってGHQの自作自演なのかね。 拷問兄貴の説明は、基本疑ってかかるべきだと思うので。 まあ、汚染区域でワクチンちらつかせるのは交渉の基本だわな。 己の命を盾に取ら.. Weblog: アニメ徒然草 racked: 2011-11-10 12:11
  • 「ギルティクラウン」 04話の感想

    Excerpt: ギルティクラウン 04話「浮動:flux」、観ました。 谷尋の裏切りによって、テロリストと関わった容疑で収監された集。彼を捕らえたGHQの将校・嘘界少佐は、葬儀社のテロリストたる悪性や、GHQの善意を.. Weblog: 最新アニメ・マンガ 情報局 racked: 2011-11-27 21:43