ラストエグザイル―銀翼のファム― 第4話「Dubious move」

「一個艦隊仕立ててやる!」 ・・・カッコ良すぎですよファム・ファン・ファン!!


ということで今回はいよいよ「死神・シルヴィウス」が登場! 前作で大活躍のタチアナ&アリスティアも登場! ついでに1期のシルヴァーナのテーマ曲も登場!(サントラ持ってた!w) 新旧入り混じる華やかな活劇に興奮必至の第4話っ!!!


----


と、そのまえにファムとミリアの百合百合な展開があったり(笑)、興味をそそる空族の食事シーン(ごちそうver.)が描かれたり、ジゼルやディーオの知性が光る作戦会議が開かれたり、Aパートの時点ですでに見どころ満載だったのが素晴らしい。個人的な印象として、1期の序盤はめちゃめちゃ面白いシーンとまったく面白くないシーンが混在していて、せっかくの素晴らしい素材をもうひとつうまく調理し切れていない印象を持ってしまったところがあった(会話やシーンのつなぎ方もテンポ良くなかったし)。なので『銀翼のファム』になってから、まったくそうしたマイナスイメージを感じないどころか、むしろ空中戦や艦隊戦以外の地味なシーンもすごく楽しく描けているのが、本当に今作の好きなところだ。長いブランクがあるのにまったく古臭さを感じさせないというか、現代流の作劇手法を完全に使いこなしているというか、むしろ脚本家が優秀?w まぁそのへんはよく分からないけれど。


今回は近年赤丸急上昇中の若手・綾奈ゆにこが脚本を担当。戦争を扱おうっていう作品なのに(それだからこそ?)、女性脚本家の存在感が強い印象がある。マニアックな描写の必要なメカや戦闘シーンに関しては、監督とか詳しい人が細かくアドバイスをしているのかもしれない。


マニアックな描写と言えば、メカ以上に神経使っていそうな食事シーン。主食のポテパンには野菜スティック(味付き)を挟んでまるかぶり、キッシュに生野菜のサラダにオムライスにシチュー、さらにはパンケーキや分厚いハムまで出てきた。空族にしてはちょっとモノが溢れすぎだろうと思わないでもないんだけど、逆に世界各地と交易しているからこそこれだけの食材が集まっているのかもしれない。グリンピースをフォークに突き刺す仕草など、絵的な面白さも満載。どれも大変おいしそうに描かれていて、素敵な食事シーンに仕上がっていた。


料理や住居や生計の立て方など(いわゆる風俗というヤツ)は、世界観や国家像と並んで、人文系の知識や発想がダイレクトに反映される部分。理系の知識だけでなく文系分野にもかなり突っ込んで設定しているからこそ、これだけ奥深い作品世界が形成されている。戦闘なんかしなくてもじつに興味深く楽しげな作品に仕上げることができるのだ。


ジゼルが使っていた鉛筆も面白いカタチをしていたなぁ。実際にああいう鉛筆が存在したのだろうか。画面の隅々からいろんな発見があって、うんと想像力を掻き立てるところも、今作のもう一つの醍醐味だろう。


----


さて今回のミッションは件の「シルヴィウス」狩りだ。当然そのネーミングからして前作の「シルヴァーナ」がふたたび登場するのかと思わせるところであるが、おおまかなカタチは同じものでも、そのデザインは『銀翼のファム』の世界観に合わせてけっこう変えてある。


↓これが前作に登場した「シルヴァーナ」

画像


画像


↓そしてこっちが今回登場した「シルヴィウス」

画像


(※どちらも公式サイトの画像を転用)


こうして並べてみるとけっこう違う。これまでも艦隊戦描写などを見れば、18~19世紀あたりをモデルにしていたらしい前作と、19世紀末~20世紀前半を舞台にしているような今作とでは、戦艦のつくりや戦い方などが大きく印象を変えているのが分かるけれど、シルヴァーナ・シルヴィウスに関してもそうした世界観なり技術なりの変化が投影されているようだ。前作の記憶をそのまま持ってきているディーオの存在が理解をややこしくしているけれど、今作に登場するシルヴィウスおよびタチアナやアリスやアナトレー国が、前作に出てきたそれとまったく同じとは限らないわけで、タチアナたちの今後の扱いを見てみないとこのあたりは判断のしようがない。


もちろんシルヴィウスという船の戦い方は、シルヴァーナをそのままなぞっているというか、むしろ前作でシルヴァーナがどれだけ特殊なことをやっていたかというのを改めて解説してくれるような戦闘シーンだったと言えよう。空中戦なのにまるで潜水艦で戦っているようなスリリングさを、シルヴァーナという船は備えていた。シルヴィウスも同じようにして我々を楽しませてくれるだろう。秘密兵器がいつ飛び出すかも注目だ。


----


一方でファムたち空族連中は、このシルヴィウス相手に決して悪くない戦いを展開していた。普段よりはるかに危険で難しいミッションになることを重々承知していた彼らは、風船を多用した種々の奇策で攻撃。船に大きな傷をつけないように生け捕りにできるよう、工夫を凝らした道具や作戦の数々で、おそらくは空族の間で伝統的に行われていた手法なのだろうが、今回はそれをありったけ投入してきたのだろう。足を止め、目をふさぎ、耳を潰して、本来ならばとっくに屈服しているはずの状況。しかし空族たちの概念を遥かに飛び越えたシルヴィウスの性能や戦術に、まんまと返り討ちにあってしまった。


というか今回は、どう考えても、シルヴィウスは空族とたたかう意思がなかった。タチアナは相手のやり方をよく吟味してその力量を図っているようで、空族がどうやって戦艦を捕獲するのか、あるいはヴァンシップ乗りがどれほどの腕前を持っているのか、じっくりと、念入りに検討していたようだった。そしてそのテストに合格したということで、ファム機を艦内に誘い込んだのだろう。(伝声管をつないだままの追いかけっこで「ギリギリ及第」とか、「シザース(コレ?)はまだまだだな」とか、かなり上から目線で判定してたけれど、緊迫感のあるヴァンシップ戦は見ごたえ十分だった。)




前回から今回にかけてのシルヴィウスの動きを見ていくと、彼らが何の目的で出現したのか、その意図をおおまかにでも推測することができる。


まず第3話において、シルヴィウスはアデス連邦第一艦隊と接触後、その姿をくらました。そしてディーオの情報により、「ミランの山見台」で目撃されたとの報告が入る。ミランの山見台とは、公式サイトの用語集によれば、「グラン・レイク北西部にある空族拠点の1つで、ゴーニア地方の比較的近くに位置している。」ということである。ゴーニア地方というのはアデス軍の大本営会議でも話題になった、現・トゥランの地にもともと住んでいた先住民たちがいま追いやられている先の地方で、トゥラン王国とはグランレイクを隔てた反対側にある。しかし今回、ファムたちがシルヴィウスを発見し接触したのは、劇中の地図によればトゥラン王都・イグラシアの近郊だ。つまりシルヴィウスは、グランレイク西岸地域を、アデス連邦の脇を通り抜ける形で南下してきたことになる。

画像


前回、劇中に登場した世界地図を、苦しいながら自作してみたw (第3話の記事にも掲載します)


シルヴィウスはアナトレーという国家に所属しているらしいが、アナトレーがもし地図の右上(北東)に位置しているとするなら、シルヴィウスはまずグランレイク北部を大きく西進し、ゴーニア地方近郊でいったん目撃されたあと、直角に折れて南進しトゥランにまでやってきたということだ。グラン・レイクを聖域として恐れるそぶりもなく、空中水中お構いなしに移動できるシルヴィウスが、こんな大回りをしながらトゥランくんだりまでやってきたのはなぜか。


おそらくシルヴィウスは、当初、拡大を続けるアデス連邦を警戒したアナトレーが偵察の目的で派遣したものと思われる。第一艦隊と軽く手合せしたことでアデス軍の強さを分析したタチアナ艦長は、敵の手強さを知ると同時に、そのアデス艦隊に一矢報いた勢力があると聞いて空族に興味を示した。そこでトゥラン近郊にまでやってきて、その地域に暮らす空族と接触し、彼らを自陣営に巻き込めるかどうか(その価値があるかどうか)を探りにきたのではないか。


シルヴィウスが、空族がいきなり襲ってくることを予知していたかどうかは分からない。ディーオとタチアナが(前作からの流れで)顔見知りである可能性も十分にあるので、今回の空族とシルヴィウスの接触がすべてディーオの企みによるものであったことも大いに考えられる。いずれにせよタチアナは、空族を”使える”と判断し、なかでも一番腕が良くて空族を引っ張れる人望を持っているらしいファムを、打倒アデス連邦のための協力者として利用することにした。それが、今回の出来事のあらましだろう。




これで、まったく先の見通しが立たなかった「トゥラン王国の再興」という目標が、いくらか現実性を帯びてきた。そもそも今回は、ファムもぽろっと再興のことを口に出すなど、ミリアの知らない間に、皆の共通の目標としてトゥラン再興の夢が共有されてきていることが描かれた回でもあった。空族たちの人の良さに加え、トゥラン王国がそれだけ魅力的な国であり、一方でアデス連邦がいけ好かない連中であるとの意識も手伝って、ミリア王女を迎え入れたカルタッファルの住人たちは皆が親トゥラン派一色に染まっていた。これはきっと、一人でなんとかしないといけないと考えていたミリアにとって、何よりの支えになったことだろうと思う。そうした内側からの支えに加えて、シルヴィウス(というかアナトレーという国そのもの?)がトゥラン再興に力を貸してくれることになれば、ミリアが政治の表舞台に復帰して自身の使命を果たすために邁進することになる日も遠くは無いだろう。


さらに、今回ファムがアデスの戦艦15隻を奪取すると公言したことは、今後の展開として、アデス艦を流用した新設トゥラン艦隊とシルヴィウスも含めたアナトレー艦隊の連合軍が、アデス艦隊と一大決戦を繰り広げる場面が当然待ち受けていることだろう。いまから楽しみで仕方がない、というか、そのクライマックスシーンを見たいという願望だけで、残り全話数を最高度のモチベーションで鑑賞し続けることができるとさえ言っていい。いったいどれだけ興奮させたら気が済むのか!


もちろん、早ければ次回にもやってくれるであろうファムたちの戦艦強奪作戦に、まずは期待をかけておこう。そして同時に、ミリアが王国復興へ向けてどんな動きを始めるか、そしてディーオたち前作からのキャラクターたちの役割などにも、よく注目しておきたい。



----


それでは、今回は以上です。


面白いと思ったら、ぜひ下の方にある拍手ボタン(ブログ気持ち玉)をクリックしてください^^



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ラファエル
2011年11月05日 17:05
こんにちは。

確かに今回は、いろんな生活の様子から今期初のドッグファイトまで、色々見所がある回でしたね。
シルヴィウスは、公式資料集によると「シルヴァーナと比べてサイズは小さいが、より大きな航空機格納庫を持つ」らしいです。実際、飛行甲板のサイズがシルヴァーナよりもかなり大きくなっていますし。

それにしても、僕はなぜ空族機が機銃の一門も搭載していない(つまりはドッグファイトを想定していない?)のかが少し気になっています。
資料集によるとアデス軍も戦闘機を持っているようですし(1話で「ラサス発見」の信号を送っていた小型機。クラウディアシステムのほかにプロペラも装備し、かなりかっこいい)、戦艦狩りでも敵の哨戒機と戦うことがないわけではないでしょうに。

まあヴェスパに武装があっても、ファムは到底タチアナには勝てなかったでしょうけどw

では、また。
おパゲーヌス
2011年11月06日 19:29
>ラファエルさん
なるほど、やはりシルヴァーナとシルヴィウスは(発想は似ていても)船としては別物という設定なのですね。

空族のヴァンシップが機銃を積んでいない、というよりは、ヴァンシップに戦闘を行わせるという発想自体がないのでしょう。1期でもそんな感じでしたが、『ファム』においても、戦闘時のヴァンシップの活用は空族のもの以外、ほとんど見られませんからね。

例外はラファエルさんご指摘のカッコいい小型機ですが、アレは明らかにオーバーテクノロジー(1期の星型みたいな)だと思われます。第2話で、アラウダがラサスに乗り込んで王女を誘拐しましたが、アラウダの乗っていたヴァンシップ風の乗り物を回収しにきたのが、第1話で偵察を行っていた飛行機だと思われます。そしてその機体を見てディーオは明らかに顔をしかめていましたし、加速や軌道を見ても他のヴァンシップとは桁違いの性能を持っていたようです。

ということでヴァンシップに偵察やらせたり機銃積んで戦闘やらせたりというのは、シルヴァーナ(シルヴィウス)があまりに特殊なことをやっているのだと思います。空族のヴァンシップ用法はそれに近いものがありますし、第2話のリリアーナ王女の作戦がヴァンシップの索敵能力を頼りにしたものなので、柔軟な発想の持ち主には理解できる発想ではあるようですが、常時偵察機を飛ばして戦略的優位に立とうという体制づくりまではとても行っていないのが、この作品世界における軍事レベルなのでしょう。
ラファエル
2011年11月07日 11:37
>アラウダの乗っていたヴァンシップ風の乗り物を回収しにきたのが、第1話で偵察を行っていた飛行機

実はですね、違うんですよ。
よく見ないと分からないかと思いますが、一話の小型機と二話のそれとでは、色も形も大きく違います。
一話の物は「アデス標準戦闘哨戒機」、二話の物は「アデス高速艇」というものらしいです。詳しくは「ハイパーウエポン2011という本に載っています。
ラファエル
2011年11月07日 12:48
連続投稿すいません。

ところで、ヴァンシップの戦争での用いられ方についてですが、僕が思うにこの世界には一応、戦闘機という物は量産されていると思います。一期でのシルヴァーナが搭載していた軍用ヴァンシップもアナトレー軍の量産型らしいですし、公式サイトによるとアナトレー軍戦列艦も軍用ヴァンシップを標準搭載しているようです。
今期でも、アデス「標準」戦闘哨戒機と言うからにはおそらくアデス連邦では戦闘型ヴァンシップの量産もされているのでしょう(そしてみたところ、そちらの方はオーバーテクノロジーではないようです)。
だから、たぶんこの世界の航空機に関する軍事レベルは、「軍用機(戦闘機)というものは一応あるけれど、それがどれだけ戦略的価値があるかは分かっていない」というところでしょう。現実にも、それ以前に飛行機は軍用機はあったのに、日本が真珠湾攻撃をするまで世界は「これからは飛行機の時代」ということをあまり分かってはいなかったですし。

そんなラストエグザイルの世界の中で、山本五十六のごとく戦闘機の価値をいち早く見抜いていたのが元パイロットであるアレックスで、その構想の具現が(彼自身が立てた作戦ではないとはいえ)一期終盤のヴァンシップ隊によるギルド艦隊強襲作戦といえるでしょう。
だから、たぶんギルド艦隊強襲作戦時は、真珠湾攻撃の時の日本軍のように上層部もパイロットたちも大きなばくちに打って出るような気持ちだったことでしょうね。

つまり、ラスエグの世界は戦闘機、ドッグファイトという物そのものがないというわけではないだろう、単にその有用性を理解している人がほぼいないので、大規模な航空作戦が立てられていないだけだろう、ということです。

長文失礼しました。ではでは。
おパゲーヌス
2011年11月07日 19:29
>ラファエルさん
むむむ、違う機体だったのか。「標準戦闘哨戒機」というのは正式に採用された公式設定なのでしょうか。いずれにせよ劇中で描かれないことには分かりませんが^^ もしかしたら今後、大きく戦術が変わって、各軍の小型機が飛び回る展開になったりするかもしれませんね。

飛行機の活用法については、自分の印象としては、(現時点では)第一次大戦初期くらいの印象で見ています。太平洋戦争中の航空戦の変遷を経験するほどには、とても到達していないように見えますね。でも、そういう現実の歴史と照らし合わせて考えるのはけっこう無理があるかもw 戦艦ではなく「戦列艦」と言っている時点で19世紀以前の艦隊戦を想像させますし、第4話までで何度も戦闘シーンがあるのにまともなヴァンシップ戦が描かれていないあたりは、戦術的発想の古さを印象付けます。しかし一方で、インメルマンターンとか明らかに飛行機同士の格闘戦を前提とした飛行技術(これは1期の話で、2期では今んとこディーオくらいしかやってないですが)が存在していたりして、我々の知っている戦術の変遷を当てはめようとすればかなりゴチャゴチャな、無理のある読解になってしまいますからね。まぁ妄想を膨らませるのは楽しいんですが(笑)

個人的には、ヴァンシップに重点を置かれた航空戦を展開されるとお手上げですね。空中戦艦同士の戦いなら、まだ自分の得意な(好きな)分野である、前近代の戦争の知識とか発想で理解できると思っているのですが。20世紀以降の戦争はあんまり分からない^^
ラファエル
2011年11月07日 21:53
>個人的には、ヴァンシップに重点を置かれた航空戦を展開されるとお手上げですね

なるほど、あなたは戦艦同士の戦いに詳しいのですか。僕はどっちかというと飛行機同士の戦いが得意なので、お互いに足りないところを補いながら考えていきましょう^^
おパゲーヌス
2011年11月07日 22:00
>ラファエルさん
艦隊戦でわなく、陸戦(それも前近代のもの)が得意分野です。この作品の場合、艦隊戦は歩兵同士の会戦の応用で理解できると思って第2話や第3話での戦術考察をやっていますが、本当は船のいくさは門外漢ですし、火器出現以降のことは知識も理解もかなり浅い人間です。なので下手な考察や勘違いをやらかすことも当然出てくるとは思いますが、できれば大目に見て頂ければ幸いですw
宇宙外生命体
2011年12月18日 23:01
4話の山見台でフリッツ達が地図を広げてシルヴィウスがいた地点を指さしてた辺りにギリシャ文字でImperial Palace(直訳すると王宮)と書いてあったので、これが2話で国王がミリアの移送を頼んだ東の離宮かと思われます(位置的にもイグラシアの東側)

(ギリシャ文字に関してはこちらのサイトのアルファベット-ギリシャ文字対応表を参考にしました)
http://cir.tec.fukuoka-u.ac.jp/10denkikougakka/symbol.html
おパゲーヌス
2011年12月19日 01:16
>宇宙外生命体さん
4話の地図は、他の話数で登場したグランレイク全域図ではなく、トゥランだけが描かれた地図のようでした(インペリアル・パレスの文字が見えた直後のカットで、地図にトゥランと大書されていました)。なのであそこは、そのまま王都イグラシアの、さらに王宮のある地点を示していたのだと自分は考えました。離宮だったら「imperial villa」と書くハズかと・・・

ギリシア語は興味深いですが、ラスエグのために習得するのは面倒だなぁw ヒストリエがアニメ化したら検討してみます^^

この記事へのトラックバック