未来日記 第12話「受信圏外」

最終回じゃなくてよかった^^



まぁ最終回ではなかったけれど、たぶん1クール目のおわりの折り返し地点ということで、最終回っぽい要素が散見されたエピソードではあった。とうとうゆっきーが由乃の魔性に取りつかれてしまったりとかw



来須との対決を描いたこの一連の物語は、ただ敵味方に分かれて争っていただけでなく、第3勢力としてのみねね様の存在が大きく作用して、終始主導権を握っていたはずの来須でさえ予想外の事態に翻弄される場面が多かった。息子の死期が近づいたことで焦りが出ていたのが画面からもよく伝わってくるが、そのために過度に先走って選択肢を間違えていたのが、敗北につながってしまっていた。前回も書いたけど、せっかく同盟を組んでいたみねね様と電話口であっさり手切れになってしまったのは、さすがにうかつ過ぎた。


しかしだからこそ、バトルとしてはシリーズ中最高度の盛り上がりを見せたのも確かだ。バーサーカー・由乃の高い戦闘力はすでに嫌と言うほど見せつけられてきたが、その由乃をいかにしてギリギリまで追いつめるかというのが、もうずっと以前の話数から今作のキーポイントとなっている。その点でも今回は来須と由乃が目の前で向き合いながら、共倒れも辞さないというすさまじい駆け引きを繰り広げており、見どころは満点。


一方で今回面白かったのが、敵である来須を常に余裕ぶらせておくのではなく、由乃の気迫に押されたりみねね様の爆弾に巻き込まれて予定が狂ったりして、一分一秒と過ぎるごとにじわじわと立場が危うくなっていった点だ。負けることを一切想定していない余裕綽々の敵役なんて、テンプレ過ぎてたいして面白くは無い。対峙する両者が全身全霊で、体力と知恵と勇気のすべてを振り絞って競い合ってこそ、本当に手に汗握る戦いを描くことができる。その点で来須との対決は、当初は悪役のテンプレ的な動きを見せた来須がどんどん人間味を増していき、最後には息子のことを信頼に足る敵に託して自らリタイアするという英雄的な一面まで見せたあたり、非常にドラマティックなエピソードだったと思う。


もちろん、雪輝と由乃のカップルにも大きなドラマが生まれたのも重要な見どころだ。雪輝が由乃のことを振り返るシーンで、やはり印象的だったのが「可愛いし」というセリフ。たとえストーカーだろうと犯罪者だろうと変態だろうと、可愛ければすべてを許してしまえるのが男の愚かしさだ(西島クンにも言えますね)。そしておそらく雪輝の場合は、由乃の見た目の可愛らしさだけでなく、どんな時でも自分への愛を全力で体現する由乃のいじらしさも含めて、彼女の気持ちに応えてもいいと思い始めている。愛しているといくら口で言ったって普通はそれを証明する手立てなんてあるわけがないのだけど、生死のかかる特殊な状況とはいえ、由乃はもう言葉も行動もなにもかもが雪輝への愛に満ち溢れていることを、雪輝だって意識せざるを得ない。しかも今回は、雪輝のためなら進んで命を投げ出すと言う由乃の覚悟や、いままで雪輝が恋人として振る舞っていたのが本心ではなかったことをちゃんと分かっていたことが明らかになることで、由乃の健気さ、いじらしさが大爆発した展開だった。まさかこの歪なカップルに限って、こんなドラマティックなロマンスを見せつけてくれるとは、予想だにしなかったことだ。


こうなってくると、いまさら由乃の危険性をしつこく指摘しようとする秋瀬或のメールや、あるいは以前の話数で言われていた「由乃が最大の敵になる」という予言が、まるで虚しく聞こえてくる。たしかに雪輝はどこまで考えているかはアヤシイところだけど、彼らを見守る視聴者としては、由乃の怖さ・危なさも全部理解したうえで、それでも彼女を真のヒロインとして認めざるを得なくなったと言える。由乃のような子だって恋愛してもいいのだし、幸せになってもいいいのだ、むしろこれからは二人が共に歩む人生を心から祝福しようと、そんな風に思えるようになれたのが、今回のエピソードにおけるもっとも重要な転機だった。


・・・で、もちろん作者は、このあとに「やっぱり由乃怖い! こいつが最強最悪のラスボスだった!」と我々に言わせるだけのスゴイ展開を、当然用意してくれているのだろうから(笑)、ここからどうやってそんなコペルニクス的転回を実現して見せるのか、いまから楽しみで仕方がない。最終的にどちらへ転ぶのか想像を膨らませながら、2クール目の展開を心待ちにしたい。




----


それでは、今回は以上です。


面白いと思ったら、ぜひ下の方にある拍手ボタン(ブログ気持ち玉)をクリックしてください^^



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年12月31日 20:10
おパゲーヌスさん、こんばんは。「うたかたの日々」のSIGERUです。年末のご挨拶に伺いました。
COMIKEは愉しめましたか?2011年はTBなどでお世話になりました。2012年も、充実した年にしたいものです。
それでは、良いお年を。
おパゲーヌス
2012年01月01日 18:46
>SIGERUさん
レスが遅れてしまってすみません。あけましておめでとうございます。おかげさまで大晦日は充実した一日を過ごせました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック

  • おいすい牛乳

    Excerpt: 「クラスの奴にはザクにしとけと言われたが、俺はやっぱりギャンがいい」劇中では、そんなに活躍せんかったけど自分も、ギャンのプラモ買ったな来須の中の人が、死亡した塩沢兼人の... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2011-12-29 20:01
  • おいすい牛乳

    Excerpt: 「クラスの奴には ザクにしとけと 言われたが、俺は やっぱりギャンがいい」劇中で Weblog: 虎団Jr. 虎ックバック専用機 racked: 2011-12-29 20:01
  • 未来日記 12話

    Excerpt: わざわざ名札まで作ってるみねね様のレイヤー魂に乾杯。 というわけで、 「未来日記」12話 銃撃乙女の巻。 死んでも、追い続ける。 彼女の執念は、確かに怖いかもしれない。 けど、.. Weblog: アニメ徒然草 racked: 2011-12-29 22:42
  • 未来日記~第12話「受信圏外」

    Excerpt:  中学2年生の天野雪輝が携帯電話にかきつづけていた日記に未来のことがかかれるようになった。未来日記をもつ12人のメンバーがサバイバルを繰り広げる。3rd、5th、6th、10th、12thが離... Weblog: ピンポイントplus racked: 2011-12-30 00:22
  • 未来日記 第12話 『受信圏外』

    Excerpt: 息子のためなら鬼になる。雪輝の保護を申し出るほど好意的だった4thこと来栖の変貌。それは突然難病になった息子の命を救う為だった。その覚悟には由乃すら戦慄する程です。  独断でSATを突入さ.. Weblog: こいさんの放送中アニメの感想 racked: 2011-12-30 05:42
  • 未来日記 第12話「受信圏外」

    Excerpt: ある刑事の一生。 4th来須、決着編。Cパートまで来須のネタを使いきり、これをもって前半戦終了と言ったところ。 Weblog: 大海原の小さな光 racked: 2011-12-30 10:15
  • 2011年04クール 新作アニメ 未来日記 第12話 雑感

    Excerpt: [未来日記] ブログ村キーワード女性スター 麻生夏子 エリック・サティ リッジレーサー レースゲーム 今回は、未来日記第12話「受信圏外」 12人の未来日記の所有者同士のサバイ.. Weblog: 妖精帝國 臣民コンソーシアム racked: 2012-01-03 15:44
  • 『未来日記 第12話 受信圏外』

    Excerpt: 新年明けましておめでとうございます。 本... Weblog: ひろしのアニオタ日記 racked: 2012-01-07 16:50