ギルティクラウン 第11話「共鳴:resonance」

最後に「ガイ」と叫ぶか「いのり」と叫ぶかで、主人公のホモ度が試された今回。どーやら完全にアウトです。




更新をお休みしていた間に、せっかくやる気を出したシュウがもとの引っ込み思案に戻っちゃったりして、人が本当に変わることのむずかしさを実感させられた展開が続いていたけれど、今回はシュウなりのやり方で再起を図る最高にカッコいい姿を披露してくれた。やっと、今作がシュウの物語になってきたというところか。


これまでもシュウはしばしば主人公然とした活躍を見せてくれることがあったけれど、それはその場のノリというか、むしろ楪いのりという超絶美少女やガイのような英雄に魅せられ陶酔させられていたからこそ出来た無茶だったという側面が強かった。もちろん、自分だけが持っている王の力に酔っていた面もあるだろう。そんな彼が、谷尋とその弟との一件で、いま自分がいったいどんな世界に足を突っ込んでいるかということをまざまざと思い知らされたことで、自分を制御できずに逃げ出してしまったのは仕方が無かった。こんな時に自分を支えていてくれる友達が周りにいたというのは、彼にとって本当に幸運なことだったと思う。


大きすぎる壁にぶち当たって絶望してしまったとき、その絶望を打ち捨てるために、とにかく今の自分にできることをまずやってみる、という方法。容易に道が拓けるわけではないけれど、少なくとも行動できることがあるうちは希望を失わなくて済むし、試行錯誤のなかに何か突破口を見つけ出すことができるかもしれない。シュウにとってその第一歩が、学校の友人たちに自分の声で呼びかけることだった。序盤の頃には葬儀社としての生活と普段の学園生活がどう結びつくのか見当もつかなくて、学園生活の描写はただの気休め程度にしかならないんじゃないかと危惧していたけれど、ふらふらとして頼りないシュウという主人公が自分なりの戦う姿勢を整えるために、彼自身の人格に惹かれて集まった友人たちの存在が必要不可欠だったというこの展開は、なるほど巧い。右も左も分からない能天気な若者たちが、わいわい騒ぎながら軍隊の真っただ中を突破していく光景は、じつに爽快だった。


これでハレたちも葬儀社の一味と見做されておかしくない状況になってしまったので、本来であればシュウが全責任をとって彼らの面倒を見なければならなくなるところだったはずだけど、もうなんか日本全土がヤバいことになってしまってるので、シュウの罪は半減したと見て大丈夫そうだ。ハレたちはこのまま葬儀社に入っても良さそうだし、そうでなくてももう学園生活がどうのと言っていられる状態じゃないだろう。GHQの管理下から逃れたこの世界の日本人たちがどんな行動に出るのかは、もう少し先の展開を待ちたいところ。


----


いっぽうで葬儀社の作戦はもう滅茶苦茶なことになってしまった。起死回生を狙ったいのりの歌も、なんだかよく分からないマユゲの乱入で止められてしまったし、いのりは誘拐されてガイは生命の危機、虎の子のエンドレイブもかなりの深手を負っていた。しばらくは組織として立ち直れないかもしれない。(ハレのヴォイドがかなりのチート能力だったので、ガイとかあっさり復活するかもしれないけどw)


しかしこれでシュウの精神状態がどう傾くか、まったく予想できなくなった。彼が今まで頑張って来られたのは、当初はいのりのため、次にガイのため。もちろん今でもそのふたつは揺らいでいない。しかし一方で、この世で自分だけしか持っていない特殊能力のために、想定しているよりはるかに辛い責任を、自分の意志と無関係に次々と押し付けられ押しつぶされていたという事実もある。今回の幕引きでは、シュウはいのりとガイの両名を失った一方で、王の力を駆使することのできる人物が自分以外にも存在するらしいことを知った。ガイを失ったあとの葬儀社の組織再編がどうなるかも分からないけれど、もしシュウが、自分と同じ能力の敵を見出したことで戦いに赴く際の心の重荷がまぎれることがあるなら、物語はよりヒロイックな方向に進んで、シュウがお姫様と世界の双方を救うべく活躍する展開になるかもしれない。逆に、ガイが動けなくなったあとの葬儀社の戦いをたった一人で背負い込むことを強いられたなら、シュウは再三にわたって戦いを放棄し殻の中に閉じこもろうとするかもしれない。


ただでも、シュウがただの平凡な少年ではなく、もともと何か宿命を背負った人物であるらしいことは、すでにここ数話の中で仄めかされているから、彼といのりが自分たちの本当の使命を思い出さないことには何も始まりそうにない。敵のやろうとしていることが何なのかまださっぱり分からないけれど、いろいろなことを知っていそうなお母さんが無事に仲間になってくれそうな流れなので、今後は次々と謎や設定が明かされてくることになりそうだ。なんとかしてついて行けるようにしたい。



----


それでは、今回は以上です。


面白いと思ったら、ぜひ下の方にある拍手ボタン(ブログ気持ち玉)をクリックしてください^^



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【ギルティクラウン】11話 集達が特攻するシーンは良かったな

    Excerpt: ギルティクラウン #11 共鳴 resonance 637 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/12/23(金) 01:59:08.45 I.. Weblog: にわか屋 racked: 2011-12-23 19:18
  • ギルティクラウン 第11話「共鳴:resonance」 感想

    Excerpt: 集はヒーローじゃない。 先週から思ってましたが、この作品に漂う妙な心地良さはRPGゲームっぽいからだったんですね。 世界が滅亡する物語とか、ヒロインが奪還されるとかまさにそれやん、.. Weblog: 超進化アンチテーゼ racked: 2011-12-23 19:29
  • ギルティクラウン 第十一話 感想

    Excerpt: 私は最初からあなたを見損なっていましたよ 「ギルティクラウン」第十一話感想です。 ギルティクラウン 02【完全生産限定版】 [Blu-ray](2012/02/22)梶 裕貴、茅野愛衣 他商品.. Weblog: 知ったかアニメ racked: 2011-12-23 19:31
  • ギルティクラウン 第11話 「共鳴 resonance」

    Excerpt: 集とユウ。そしてまだ見ぬもう1人のヴォイド使いとは。 Weblog: 世の為人の為に生きたいけど感想も書きたいブログ racked: 2011-12-23 19:40
  • ギルティクラウン第11話感想

    Excerpt: #11「共鳴」 レゾナンスか…。何か心に響くものがある、と回想してみたら。GON Weblog: うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳 racked: 2011-12-23 19:41
  • ギルティクラウン 第11話「共鳴:resonance」

    Excerpt: 「僕は僕に出来るやり方でやるしかない」 涯といのりを助ける為に 自らの意思で動き出した集! そして、懇談に陥る東京に いのりの歌が響く――    【第11話 あらすじ】 その歌は、東京に.. Weblog: WONDER TIME racked: 2011-12-23 19:55
  • ギルティクラウン phase11「共鳴 resonance」 感想!

    Excerpt: この展開を待っていた! Weblog: もす! racked: 2011-12-23 20:14
  • ギルティクラウン 11 共鳴:resonance

    Excerpt:  ダン大佐…… Weblog: つれづれ racked: 2011-12-23 20:32
  • ギルティクラウン 第11話「共鳴 resonance」

    Excerpt: 僕は 僕に出来るやり方でやるしかない――。 いのりたちを助けに行くため 集は花音や谷尋に協力を頼む。 涯のようなやり方はできないので、集は素直に説得を試みます。 ヴォイドの説明と、助けたい人がい.. Weblog: SERA@らくblog racked: 2011-12-23 20:37
  • 「ギルティクラウン」第11話

    Excerpt: 王の能力を持つ者が、もうひとり… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201112230000/ .. Weblog: 日々“是”精進! ver.A racked: 2011-12-23 21:11
  • ギルティクラウン phase11「共鳴:resonance」

    Excerpt: ギルティクラウンの第11話を見ました。 phase11 共鳴:resonance 「涯、まさか…!?」 「違う、これは…」 東京にロストクリスマス以来のカタストロフが引き起こさ.. Weblog: MAGI☆の日記 racked: 2011-12-23 22:06
  • ギルティクラウン 11話 「共鳴:resonance」 感想

    Excerpt: 音楽、演出、映像美術、そして超作画で盛り上げる所をしっかり勢い良く描いてきた。 Weblog: うつけ者アイムソーリー racked: 2011-12-23 22:12
  • ギルティクラウン 第11話 「共鳴:resonance」 感想

    Excerpt: これで年越しは厳しいな~。 すんごく盛り上がったまま、続きは3週間後?(汗 Weblog: あくあぐらす~Aqua Glass~ racked: 2011-12-23 22:53
  • ギルティクラウン第11話あらすじ感想「共...

    Excerpt: 「始まりの石」による、遺伝子共鳴発動--------!!アポカリプスウィルスのパンデミックで、次々と苦しみの悲鳴をあげ、あっという間に結晶化して崩れていく人々。大混乱が東京を貶め... Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2011-12-23 22:58
  • ギルティクラウン 第11話 あらすじ感想「共鳴 resonance」

    Excerpt: 「始まりの石」による、遺伝子共鳴発動--------!! アポカリプスウィルスのパンデミックで、次々と苦しみの悲鳴をあげ、あっという間に結晶化して崩れていく人々。 大混乱が東京を貶める.. Weblog: ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ racked: 2011-12-23 22:58
  • ギルティクラウン GUILTY CROWN 第11話 感想「共鳴:resonance」

    Excerpt: ギルティクラウンですが、ウイルスが拡散して涯も感染してしまいます。防疫警報が出る中、学校では桜満集がクラスメイトを集めて、葬儀社を助けるのでボイドを使わせてくれと協力をあおぎます。(以下に続きます) Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2011-12-24 00:15
  • ギルティクラウン [GUILTY CROWN] 第11話 「共鳴 resonance」 感想

    Excerpt: 「がああああああいいい!!!」 涯は死ぬんだろうか・・1クール目はまさかの展開で終わりましたね・・ 次回はまた来年か、待ちきれないですな。 それにしても、涯さんの言葉は視聴者の心.. Weblog: ☆*Rolling Star*☆ ~純粋に、純真に~ racked: 2011-12-24 00:22
  • ギルティクラウン 11話「共鳴:resonance」

    Excerpt: 涯になれないからこそ、自分にしか出来ないことをする。 Weblog: 新しい世界へ・・・ racked: 2011-12-24 00:34
  • ギルティクラウン 第11話 共鳴:resonance

    Excerpt: GHQメンバーでも切り捨てられる側は犠牲に。 ダン大佐も身体が結晶化しつつありますが、春夏に銃を突きつけ、協力させようとする嘘界に対して、女性に銃を向けるとはと激昂。 自身 ... Weblog: ゲーム漬け racked: 2011-12-24 02:00
  • ギルティクラウン

    Excerpt: ギルティクラウン 01【完全生産限定版】 [Blu-ray](2012/01/25)梶 裕貴、茅野愛衣 他商品詳細を見る  葬儀社のよるバイオテロに見せかけ、息子にGHQ司令を .. Weblog: 北十字星 racked: 2011-12-24 09:22
  • ギルティクラウン・第11話

    Excerpt: 「共鳴 resonance」 再現されたロスト・クリスマス。蔓延するアポカリプスウィルスの中で、葬儀社、GHQともに傷ついていく。そして、葬儀社によってウィルスがばら撒かれたと発表される中、集... Weblog: 新・たこの感想文 racked: 2011-12-24 10:13
  • ギルティクラウン 第11話 「共鳴 -resonance-」 感想

    Excerpt: 「ギルティクラウン」  第11話 「共鳴 -resonance-」 の感想記事です。   1クール目の最終ってコトで、色々明かされると思ってたけど、   どうやら次回に持ち越しのよう.. Weblog: アニメとゲームと情報局! racked: 2011-12-24 12:17
  • ギルティクラウン 第11話 「共鳴:resonance」 感想

    Excerpt: ギルティクラウン 第11話 「共鳴:resonance」 感想 Weblog: 雨男は今日も雨に racked: 2011-12-24 23:35
  • ギルティクラウン 11 共鳴:resonance レビュー

    Excerpt: 遺伝子共鳴によって、人々が次々と結晶化を起こし ロストクリスマス以来の大パニックに陥る東京。すべては 茎道修一郎がアンチボディズを率いて起こした事だが… あれっ 一般の人々とか涯とか以外に、GHQ.. Weblog: ゴマーズ GOMARZ racked: 2011-12-25 07:25
  • ギルティクラウン 11話

    Excerpt: 君だけの王道を行け。 シュウ君が探し、迷い、求め、見つけた答え。 信じて、頼って、力を合わせる…か。 王様っつーか、勇者みたいな感じ? あいつはあいつ、自分は自分。 ガイさんに対するコンプレ.. Weblog: アニメ徒然草 racked: 2011-12-28 12:57
  • ギルティクラウン 第11話「共鳴」感想!

    Excerpt: ギルティクラウン 第11話「共鳴」 ロスト・クリスマス…! 耳障りな歌(?)が響き渡る。 その影響で涯も一部キャンサー化してます。 ダリルは父親を殺してしまいました。 まあいつかはこ.. Weblog: くろくろDictionary racked: 2011-12-29 01:08
  • ギルティクラウン phase11「共鳴 -resonance-」

    Excerpt: 茎道修一郎の作戦による嘘界=ヴァルツ・誠が始まりの石の遺伝子共鳴を行った事で、人々のキャンサー化が始まってしまう。何が起きているのか判らないままキャンサー化するダン・イーグルマン。彼らのいた管制室に乗.. Weblog: 無限回廊幻想記譚-アニメ・映画感想- racked: 2011-12-29 23:32
  • おい、空気読め!

    Excerpt: 他の連中の武器は、銃とかナイフなのに新十郎ドライバーもの凄い嫌がらせやなUN-GO最終話私はただ探している因果が、それでは勝てないって言ってたから、逆にテレビ局の海勝が... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2011-12-30 09:40
  • おい、空気読め!

    Excerpt: 他の連中の武器は、銃とかナイフなのに新十郎 ドライバーもの凄い嫌がらせやなUN- Weblog: 虎団Jr. 虎ックバック専用機 racked: 2011-12-30 09:42
  • 「ギルティクラウン」 11話の感想

    Excerpt: ギルティクラウン 11話「共鳴:resonance」、観ました。 その歌は、東京にロストクリスマス以来のカタストロフを引き起こした。 キャンサー化の波は、敵・味方の区別無く広がり、東京が大混乱に陥る中.. Weblog: 最新アニメ・マンガ 情報局 racked: 2012-01-22 12:41