アマガミSS+plus 第10話 中多紗江 後編「オネガイ」

この二人のことは安心して見ていられるのがいいわぁ。


先週分の第9話は、昨日やっと録画をみましたw 第9話・第10話は中多紗江編ということで、彼女の相変わらずフカフカな可愛さが全開でありつつも、1期の頃とは大きく異なる、より進展したカップルの様子が新鮮な、幸せいっぱいのエピソードとなった。しかしやっぱり主役はナレーターさんかな。中田譲治編と銘打ってもおかしくはないくらい、ナレーションのセリフ量の膨大さにびっくりさせられるw


というか、本来なら不必要な部分まで踏み込んでナレーションを行っているので、物語中の主人公やヒロインの感情の推移が端的に言葉に表現されてしまい、それを「正答」として受け入れざるを得ないので、そうなると感想ブログ的には何も書くことがなくなるわけですよw まぁヘタな解釈をされるよりも、純粋に、ストレートに、二人の恋物語を受け止めて欲しいという意識も当然あるのだろうし、つい忘れがちな1期のエピソードとたびたびリンクして語られるところなどは、物語をより深く味わう上で大きな助けになっているのは間違いない。中田譲治さんの声はもうただ聞いているだけでうっとりする艶やかさがあるし、似非童話風に味をつけているナレーションのおかげで、少々現実離れした感のあるこの不思議なカップルの動向をすんなり受け入れることができるようになっているのは、1期のころから変わらぬ手法として確立されている。何より、このナレーション演出のおかげで、中多紗江というヒロインと彼女の辿ったストーリーを、他のヒロインたちとはまるで違う印象で受け止めることになるのは大きい。実際自分なんかは、2期で一番楽しみだったのが中多紗江編だったりしたわけで。


しかし驚かされたのは、1期と2期での中多さんの変わりよう。バイトを経験するとずっと人間が練れてくるというか、単に動きが機敏になっただけでなく、見るからにはっきりと自分の意志を発信することができるようになった。純一はバイトやったことがないのだろうから、中多さんのこの変化に気おくれする場面が出てきてしまうのは仕方がない。とくに、第9話では周りの視線を受けて彼女との差が開きつつあるのを実感した純一が、第10話では自分自身の認識として、自分を卑下し始めたところは、なんだかとてもリアルに感じた。こういう焦りって、とくに年上の男子としては、嫌なものだろう。「一生懸命に頑張っている少女の姿をカメラに収めることで、何か自分も一緒に頑張っている気がすると、その時は思っていたのだ」という、Aパートラストのナレーションの指摘には、思わずドキっとさせられた。


幸いだったのは、純一が思った以上に早く、自分が何か行動を起こすべきだと決意したこと。これが少しタイミングを間違えると、自分は彼女に不釣合いな男なんだとイジけてしまいかねないところ。でも純一は、中多さんのドキュメンタリー映像を録ると決意したときも、そして不安にさいなまれる彼女の姿を目の当たりにしたときも、発想の方向性はともかくとしても、少なくともアクションだけは早かった。絢辻さんの重要なアドバイスをきちんと活かすことができたのは、純一の行動力の賜物だろう。


----


このあたりでようやく気付かされたのだけど、この『アマガミ』という作品で、純一が決して嫌味なキャラになっていないのは、彼がどこまでも誠実にヒロインたちに向き合っているのが画面からよく伝わってくるからだろう。


ギャルゲ原作アニメにおける主人公像のむずかしさは、ゲームではプレイヤーの分身であったはずの主人公が、アニメでは視聴者からは独立した一個の人格として動き出すことで、ファンからしてみればともするとヒロインを強奪されたように感じてしまいかねないという点、そしてそれを作り手が恐れるあまり、主人公を誰からも共感されない無難かつ魅力のかけらもない人形に仕立て上げてしまうことが多いという点にあると思う。しかし『アマガミ』の場合は、純一はしばしばプレイヤーや視聴者から総ツッコミをもらうほど変人な気質を持ち、その時点で最初から受け手の感情移入を拒否している主人公である。そのうえで彼は、偶然にせよ必然にせよ何らかのきっかけでヒロインと親しくなった後は、大好物のお宝本をはじめ、それまでの橘純一を構成していたさまざまな習慣の多くを放り投げ、ヒロインの彼氏にふさわしい男として振る舞うべく努力するようになる。このあたりが、純一が対象ヒロインによって大きく性格や言動を変えてくるカメレオン主人公たる所以であると思うけれど、ただ八方美人というのではなく、相手のことをきちんと大切に考え、真摯に誠実に行動しようとしているからこそのものであり、それが見ている側にもちゃんと伝わってくる。ヒロインが魅力的なのはもちろんなのだけど、純一もまたそれぞれのストーリーごとに十分に素敵な男性として描かれている。


この作品が、とくに大きなストレスを感じることなく、安心してじっくり楽しめる作品として仕上がっているのは、オムニバス形式によってヒロイン同士の泥沼の喧嘩を見なくて済む、という理由の他に、橘純一の主人公像が大きく貢献していることは間違いない。中多さんとのやりとりを見て、このことをよく実感させられたように思う。


「恋は奪うもの、愛は与えるもの」などという言葉があるそうだが、純一の場合は、自分の歪んだ欲求をわりとストレートに求める変態として「恋は奪うもの」を体現しながら、その行為が、限りない献身によって証明される愛と共存しうることを、見事にその身で示していると言えるのかもしれない。そういう意味でも、変態紳士という称号はやはり純一にぴったりのあだ名なのだと認めざるを得ない。


----


さて、次回からは早くも最終(?)エピソードとなる森島はるか編。1期ではスゴいエンディングを迎えてびっくりさせられたものだったけれど、次回予告を見る限り、結婚後のさらなる後日譚をやるのではなく、時間を巻き戻して高校時代のお話をやってくれるようだw なんだか危ないシーンが多そうで、楽しみだ。



----


それでは、今回は以上です。


面白いと思ったら、ぜひ下の方にある拍手ボタン(ブログ気持ち玉)をクリックしてください^^



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


この記事へのコメント

あるるかん
2012年03月10日 16:25
シナリオの完成度やナレーションもあって素晴らしいエピソードでした。絢辻と七咲もまさかの活躍でした(笑)。高橋先生の懲りないのもご愛敬ですね、どうして彼氏が出来ないんでしょうね?私なら立候補するのになぁ。


夢でうなされていた紗江はどんな夢をみていたんでしょうね(笑)。声や夢から醒めた紗江の顔からして、いうほど満更ではないことをされてたんでしょうかね(笑)? 歯磨きプレイとか(笑)。



次回からついにはるか編ですね、予告の映像からして七咲編に負けないくらいにインパクトのある珍事が起こりそうですね!
はるかと七咲はヒロインのなかでも橘さんと組み合わせると歯止めが効きませんよね(笑)


私は橘さんはカメレオンってよりは、ヒロインによって被る仮面が違うと思っているのですが、オムニバスだからこそ同じ橘さんでも行動が違うとわかります。
おパゲーヌス
2012年03月11日 01:14
>あるるかんさん
>橘さんはカメレオンってよりは、ヒロインによって被る仮面が違う

まぁその通りだとは思いますw ただでも、仮面を付け替えても本心は変わらない、と言うよりは、エピソードごとに内面性まで変化していて、しかし橘純一としての生態は変わることが無い、それが、相手によって瞬時に(おそらく本能で)体表の色を変えてしまうカメレオンに例えるのが妥当かなと思った次第です。

高橋先生は、たぶん同僚男性とかにしてみたら、よき友達にはなるけれど恋愛対象としてはどうかな、という部分はあるような気はしますね。酒飲んで潰れてる姿なんて年に一度しか見せないわけで、そのレアシーンに遭遇して彼女の人間性に踏み込む機会を得た男性は、さらに数少ないのではないでしょうか。(だからこそホテル街で梅原が先生とばったり遭遇したのは、燃えるシーンでしたね)

次回からはもう展開がまったく予想つかないので、腹をくくって画面に向き合おうと思いますw

この記事へのトラックバック

  • アマガミSS+ plus 第10話 「中多紗江 後編 オネガイ」

    Excerpt: 創設祭実行委員長になった紗江ちゃんは仕事に忙殺(汗)  しかし しっかり頑張ってるので 橘教官の出る幕は無かったw  で、橘さんは 実行委員長の紗江ちゃんに密着してカメラに撮ることを思いつく。 .. Weblog: SERA@らくblog racked: 2012-03-09 23:22
  • アマガミSS+ plus 10話

    Excerpt: 紗江ちゃんが頑張る様を見てやるよ。 というわけで、 「アマガミSS+ plus」10話 真冬の昼の淫夢の巻。 成長というよりは、才能が開花した? 中多さん、実は超ハイスペックだっ.. Weblog: アニメ徒然草 racked: 2012-03-09 23:27
  • アマガミSS+ plus #10

    Excerpt: 【中多紗江 後編 オネガイ】 アマガミSS+ plus (1)絢辻 詞 【Blu-ray】出演:前野智昭ポニーキャニオン(2012-04-04)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る .. Weblog: 桜詩~SAKURAUTA~ racked: 2012-03-09 23:39
  • アマガミSS+plus 第10話 感想「中多紗江 後編 オネガイ」

    Excerpt: アマガミSS+plusですが、中多紗江は実行委員長となり絢辻委員長や高橋麻耶先生のご指導ご鞭撻をうけます。 橘純一は教官と呼んで欲しいですが、既に紗江は引っ込み思案の脱兎のごとく少女ではないので.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2012-03-09 23:53
  • アマガミSS+plus 第10話 中多紗江・後編 『オネガイ』

    Excerpt: 紗江ちゃんの役に立ちたい!創設祭の実行委員長として大わらわの紗江。これに対し純一が始めたのが準備の撮影。盗撮を合法化したかっただけと違うのか。以後紗江に付き纏い、ビデオを撮り溜めて行く純一。 あとは.. Weblog: こいさんの放送中アニメの感想 racked: 2012-03-10 01:12
  • アマガミSS+plus #10 「中多紗江 後編 オネガイ」

    Excerpt: 教官出番無し!「アマガミSS+(plus)」の第10話。 創設祭の実行委員長という大役を受けることになった紗江ちゃん。 昨年の覇者実行委員長の絢辻さんから指導を受けることができ右へ左へ走り回る.. Weblog: ゆる本 blog racked: 2012-03-10 01:59
  • アマガミSS+ plus 第10話 中多紗江編 後編 オネガイ

    Excerpt: 創設祭実行委員長になった紗江。 教官と呼ばれる事を期待していた変態紳士・純一ですが、出る幕などなく寂しい日々。 そこで思い付いたのは、紗江に密着してドキュメンタリー撮影 ... Weblog: ゲーム漬け racked: 2012-03-10 02:32
  • 『アマガミSS +』 第10話 観ました

    Excerpt: あ、やっぱり創設祭実行委員会の委員長のお仕事を始めた紗江ちゃんに対して純一くんが出来た事なんて無いに等しかったのか… これってある意味、仕事の出来る女の子が恋人になったときと同じ状況みたいなものです.. Weblog: 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋 racked: 2012-03-10 03:25
  • 【アニメ】アマガミSS+plus 10話 中多紗江編 ずっと私のこと見ていて

    Excerpt: アマガミSS+plus 10話「オナガイ」 の感想を 創設祭の準備でてんてこ舞いの「利江」と、出番がない主人公「純一」 すれ違う時間、すれ違う心 それでも、変態としての意地が「純一」を.. Weblog: おもしろくて何が悪い ケの人集会所 racked: 2012-03-10 05:28
  • アマガミSS+ plus 第10話「中多紗江 後編 オネガイ」

    Excerpt: アマガミSS 5 中多紗江 上巻 [DVD](2010/12/15)前野智昭、名塚佳織 他商品詳細を見る  ジョージさんがノリノリですね。橘さんについてのコメントがボロ糞で、ついには突っこみを入れら.. Weblog: 破滅の闇日記 racked: 2012-03-10 08:13
  • アマガミSS+ plus 中多紗江 後編 「オネガイ」

    Excerpt: TVアニメ「アマガミSS+ plus」Character Songs w/OST「always vol.02」(2012/03/07)VARIOUS ARTISTS商品詳細を見る 創設祭.. Weblog: 北十字星 racked: 2012-03-10 12:30
  • アマガミSS+ plus 第10話 「中多紗江 後編 オネガイ」

    Excerpt:        ____      /      \    /  _ノ  ヽ、_  \   / o゚((●)) ((●))゚o \  紗江ちゃんと教官プレイできると思ってたんだお   |    .. Weblog: バカとヲタクと妄想獣 racked: 2012-03-10 14:18
  • アマガミSS+Plus TBS(3/08)#10

    Excerpt: 第10話 中多紗江 後編 オネガイ 創設祭実行委員長の紗江。綾辻から色々と仕事を引き継ぎ教わっている。純一は手伝いたいが、出来ることも無く暇。過去の録画を見ながら、これだと思いつく。ドキュメンタリで紗.. Weblog: ぬる~くまったりと racked: 2012-03-10 15:32
  • アマガミSS+ 中多紗江 後編『オネガイ』

    Excerpt: アマガミSS+  中多紗江 後編『オネガイ』 ≪あらすじ≫ 再び紗江から「教官」と呼ばれ慕われることを夢見た純一だったが、思いのほか紗江は一人で無難に創設祭実行委員長としての仕事をこなしてし.. Weblog: 刹那的虹色世界 racked: 2012-03-10 16:48
  • アマガミSS+ plus 第10話 「中多紗江 後編 オネガイ」 感想

    Excerpt: もっと近くで― Weblog: wendyの旅路 racked: 2012-03-10 17:43
  • アマガミSS+ plus 第10話「中多紗江 後編 オネガイ」

    Excerpt: アマガミSS+ plus (1)絢辻 詞 【Blu-ray】今回はふかふか編の後編。 相変わらずナレーションが力入っていましたが、 それよりも絢辻さんが並行世界でなんか良かったです^^ Weblog: 明善的な見方 racked: 2012-03-10 19:53
  • アマガミSS+ plus 中多紗江 後編  「オネガイ」 

    Excerpt: nationwise@nationwise【100字で書くアニメ感想】アマガミSS+中多紗江後編 変態紳士、ヒロイン過ぎるwもう、紗江も絢辻さんも「男前」だからな~。しかし、やることはやる変態紳士! .. Weblog: nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! racked: 2012-03-10 20:40
  • アマガミSS+ plus 第10話「オネガイ」 

    Excerpt: 譲治さんナレ絶好調~ てゆーか、物語の半分は譲治さん朗読劇だったような^^; 今回もいいツッコミでしたw 出番がない! 焦る変態紳士は紗江ちゃんドキュメンタリー制作を思いついた! ほんと.. Weblog: のらりんすけっち racked: 2012-03-10 21:04
  • 「アマガミSS+プラス」 第10話 中多紗江 後編『オネガイ』

    Excerpt:  第10話 中多紗江 後編「オネガイ」  創設祭の準備が忙しく、なかなか紗江と会えず、1人寂しがる純一。  絢辻さんと紗江のツーショットが有り得ない組み合わせでなんか新鮮。 .. Weblog: おきらく委員会 埼玉支部 racked: 2012-03-11 00:05
  • アマガミSS+ plus 第10話 中多紗江 後編「オネガイ」

    Excerpt: アマガミSS+ plus 第10話 中多紗江 後編「オネガイ」 Weblog: アマデウスの錯乱? racked: 2012-03-11 09:30