氷菓 第1話「伝統ある古典部の再生」

今期の大本命? ミステリーが苦手な自分でも、これなら楽しめそう。



台詞ばかりで動きの少ない地味なドラマを、いかにして生き生きとしたアニメーションに昇華するか。京アニならではのやり方で挑戦し、驚くほど濃密な画面世界を作り上げた『氷菓』第1話。さすがとしか言いようがない出来栄えにただただ感服するしかない。


事前に情報を仕入れていなかったので、この意味不明なタイトルの作品がいったいどのような内容のものなのか、実際に見てみるまではさっぱり想像がつかなかった。そしてじつは視聴後のいまでも、まだ「こうだ!」と言い切れるような核心に迫る理解はできておらず、なんとなくの方向性をぼんやりと予想しているだけに過ぎない。とりあえずのところは、①恋愛よりは友情や日々の生活そのものに重心を据えた青春賛歌、②世界をちょっと盛り上げるための千反田えるの団、③名探偵・折木奉太郎の解決事件簿、といった要素で構成されている日常系アニメなのだと認識しておこうと思うw


今回のエピソードは、作品全体のテーマを見据えているからだろうか、とにかく小難しい表現の台詞が頻出していて、ずいぶんリスキーな脚本だなぁと思ってしまった。今回の脚本が原作の言葉づかいを用いているのなら、原作は小説ということで文字だからこその強みを活かした作品なのだろうと想像させるところだが、アニメにはあまり馴染んでこなかった言葉を音として届ける場合、どうしても視聴者の思考に澱みや停滞(場合によっては理解不能)を生じさせてしまう。その停滞を、視聴者の思考を加速させてより深く作品内部に踏み込んでもらうための装置として(つまり異化を狙った仕掛けとして)わざとやっているのなら良いと思うし、少なくとも第1話はまさにそうした狙いがよく見えたのだが、不必要にまだるっこしい脚本になってしまう可能性もあるだろうから、バランスを考えて慎重に言葉を選んでいって欲しいところ。


一方で、言葉にならない感情については、これはアニメーションならではの発想力・想像力でもって直接に視聴者の心に訴えてくるのが、このドラマを「アニメ作品」として成立させるのに大いに貢献していたと思う。奉太郎が千反田のペースに巻き込まれて雁字搦めになっていく様子とか、下校の際に福部里志が解き明かして見せた奉太郎の心境の変化にハっとさせられるシーンなど、主人公の心の動きをほとんどタイムロス無しに視聴者に理解させ共感させるのはアニメならではの表現力だ。とくにこの作品は、緻密な背景描写や印象的な光・色彩の美しさでもって作品世界にリアルな質感を与えている一方、それが現実にはありえないイマジネーションの世界とごく簡単にリンクし融合する場面を差し挟むことによって、10代の少年が周囲の世界に抱く曖昧で夢想的な(≒青春らしい)認識を巧みに表現している。青春モノと言えばアニメでもやり尽くされた感があるようだけれど、映像演出次第ではいくらでも、より深くより生々しい青春像に迫ることができるという、ひとつの好例と言える作品になるのではないかと期待させる。


----


ところで自分は、「ミステリ」と括られるジャンルの作品が苦手だ。けれどホラーやヤクザもの、あるいはBLなどのように、もうそのジャンルそのものが苦手で忌避しているのとは違って、ミステリ(とくに推理もの)は、「本来好きになれるハズなのに、なぜか苦手な作品がやたらと多い」という傾向があって、どう向き合ったらよいのかよく分からないもやっとした感覚をいつも抱いてしまう。謎解きや推理自体は大好きなのに、なぜか好きになれないミステリ作品が多いのだ。


苦手になってしまう理由はいくつかある。ひとつは、劇中で仕掛けられるトリックとその解決法に納得がいかない場合があること。犯人の作った仕掛けがあまりにも非効率的で無意味なものだったり、トンデモ科学の臭いがぷんぷんしたりすることがあり、それらはトリック発動時の驚きを効果的に演出しようとするあまり、種明かしの際にいかにも無理やりな後付け設定だと感じてしまう。あるいはそのトリックに迫る探偵の推理も、キン肉マンじゃないんだからと言いたくなるようなこじつけor後付け推理が案外に多く見受けられる印象がある。ましてや超能力を駆使して事件を解決したり、超常現象で片づけられてしまったりすると、ミステリ演出が台無しになったと評価せざるを得なくなる。『氷菓』第1話は、発生した不思議現象自体があまりにも地味だった分、興ざめさせられてしまうような強引な推理は見られなかったから良かったものの、疑問点や不満点が無いわけではなく、今後もこの手の不安はしばらく付きまとってきそうだ。


もう一点目は、これはミステリというよりは犯罪を扱った作品の多くに言えることかもしれないけれど、犯行の動機が犯人の心の弱みとしてお涙ちょうだい演出で語られたり、あるいはそれが社会の悪弊に結び付けられたりする物語展開。これは『ギャグマンガ日和』の「名探偵だよ うさみちゃん」シリーズで巧みに皮肉られており、自分もそれにならって「犯人はいつもクマ吉手法」と呼んでいるのだけど、これが自分の趣味にまったく合わない。ミステリが苦手な理由としてはトリック云々よりもむしろこっちのほうが重要で、この手の展開を見せられそうだという予感がするともうモチベーションが大きく下がっていってしまう。しかしドラマの締めには感情を揺さぶる場面が必要になってくるということで、どうしても、推理ものと「犯人はいつもクマ吉手法」は切っても切れない縁があるのだろう。最近ではミステリ要素を省いてでも「クマ吉」を描こうとする作品をいくつか見せられたこともあって、正直にいってミステリ風の作品には辟易しはじめていたところだった。


ところが『氷菓』は、ミステリ風(あるいはミステリそのもの)の作品として奉太郎の推理が興味深く描かれているものの、事件といっても殺人ではなく”日常のなかにひそむちょっとした不思議”程度のものであり、それを解決した先に描かれるドラマは当然「クマ吉」などではなく、主人公の見る灰色の世界に、ヒロイン・えるがもたらした鮮やかな色彩と、そしてその眩しさに戸惑う青春の1ページ。それが今作における推理の”解”である。ここにおいて、推理という行為そのものに備わる面白さと、甘酸っぱい青春ドラマもしくはジュブナイル作品の持つ輝きが、ひとつになる。


エンターテイメント作品にも、戦略と戦術がある。今作のストーリーに関して言えば、無気力(本人はモットーとか言ってるけど)な少年がヒロインの豊かな感性に触れて、自分が本当にエネルギーと時間を費やしたいと思えるモノを見つけ出す過程を描くことが、戦略にあたる。そして各エピソードにおいて、ヒロインがこの世の不思議に関心を持ち、主人公が謎解き・推理を披露して見せるのが、戦術だ。この戦略と戦術の双方を効果的に連動させるにあたって、主人公の役割である推理が、客観的な立場から世界の仕組みにアクセスしようとする行為であるという点は、今作においては大きな意味を持ってくることだろう。そしてその”意味”は、彼らの身にふりかかる事件が卑近なものであればあるほど重要さを増してくるはずだ。奉太郎の推理が、ほかならぬ奉太郎自身にどんな変化をもたらしていくか。それを解き明かすもう一人の探偵・福部里志の言動ともどもに、見守っていくことにしたい。




次回は、4人目のメインキャラと思しき伊原摩耶花が登場することになるのだろうか。古典部なる謎の部活動の正体や、千反田えるとか奉太郎の姉が古典部にどのような関係を持っているのか、そして古い校舎?の存在など、気になる伏線をいくつも散りばめていった第1話のエピソード。次回以降これがどのように花開いていくのか、楽しみだ。



----


それでは、今回は以上です。


面白いと思ったら、ぜひ下の方にある拍手ボタン(ブログ気持ち玉)をクリックしてください^^



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 氷菓 第1話「伝統ある古典部の再生」

    Excerpt: 氷菓の第1話を見ました 第1話 伝統ある古典部の再生 やらなくてもいいことはやらないという省エネが信条の高校一年生折木奉太郎は中学からの親友である福部里志と話していた。 「奉太郎.. Weblog: MAGI☆の日記 racked: 2012-04-23 22:00
  • 氷菓 第1話 「伝統ある古典部の再生」

    Excerpt:  わたし、気になります! Weblog: つれづれ racked: 2012-04-23 22:04
  • 氷菓 1話の京アニの充実感溢れる画面演出について語る

    Excerpt: 千反田えるさんが可愛い! 千反田えるさんが可愛いい!! 千反田えるさんが可愛いいい!!! 今回は京アニの飛び抜けたクオリティについて 演出について簡単に書いていきます。 Weblog: 失われた何か racked: 2012-04-23 22:09
  • 氷菓 第1話 「伝統ある古典部の再生」 感想

    Excerpt: 灰色から薔薇色へ― Weblog: wendyの旅路 racked: 2012-04-23 22:10
  • ??????

    Excerpt: ???????????? ?????????!!!! ????????????????????????????????? ???????????????????????????.. Weblog: ????????????????????? racked: 2012-04-23 22:24
  • 氷菓 第01話

    Excerpt: 関連リンクhttp://www.kotenbu.com/第1話 伝統ある古典部の再生男子がクラナドコンビとはwどんなストーリー展開なのか気になりますね現実を灰色に過ごしたいと願う折木奉太郎しかしなぜか.. Weblog: まぐ風呂 racked: 2012-04-23 22:26
  • 氷菓 第1話「わたし、気になります!」

    Excerpt: 氷菓 (1) (カドカワコミックスAエース)(2012/04/26)タスクオーナ商品詳細を見る  京アニだけあって、背景が丁寧です。キャラの動きも細かく、町もしっかりと描かれています。どこかモデルが.. Weblog: 破滅の闇日記 racked: 2012-04-23 22:43
  • 氷菓 チバテレ(4/22)#01新

    Excerpt: 第1話 伝統ある古典部の再生 常に後ろ向きで灰色自虐的な高校生活を 望む折木奉太郎。省エネなんだよね?と話す友人の福部里志。ある意味やる気のない奉太郎が、クラブに 入部するらしい。姉がインドから手紙で.. Weblog: ぬる~くまったりと racked: 2012-04-23 22:46
  • 氷菓 第1話 「伝統ある古典部の再生」 感想

    Excerpt: 背景の作画は凄かったですが、話の内容は微妙でした。 ミステリーとのことですが……。 これから面白くなるかもしれないですし、もう少し様子見ですね。 省エネを信条とする折木奉太郎はひょんなことか.. Weblog: ひえんきゃく racked: 2012-04-23 22:46
  • 氷菓 第1話「伝統ある古典部の復活」 感想!

    Excerpt: これは恐ろしいアニメに出会ったもんだ。 Weblog: もす! racked: 2012-04-23 23:04
  • 氷菓 1話「伝統ある古典部の復活」

    Excerpt: 千反田えるちゃんが可愛いなぁ。しゅがみの演じ方もいい! 氷菓 (角川文庫)(2001/10/31)米澤 穂信商品詳細を見る Weblog: 新しい世界へ・・・ racked: 2012-04-23 23:19
  • 氷菓 第1話「伝統ある古典部の再生」

    Excerpt: 氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray] 『私、気になります!』 製作:京都アニメーション 監督:武本康弘 原作・構成協力:米澤穂信 折木奉太郎:中村悠一 千反田える:佐藤聡美 福部.. Weblog: 明善的な見方 racked: 2012-04-23 23:58
  • 氷菓 第1話 伝統ある古典部の再生

    Excerpt: 氷菓 第1話。 2012春アニメ感想第七弾は、 京都アニメーションによる青春ミステリー作品。 ちなみに原作未読です。 以下感想 Weblog: 窓から見える水平線 racked: 2012-04-24 00:10
  • 氷菓 第1話 感想「伝統ある古典部の再生」

    Excerpt: 氷菓ですが、やらなくていいことはやらない折木奉太郎が古典部存続の為に部室に行きます。有名なお嬢様の千反田えるが待っていますが、誰も鍵をかけていないのに鍵がかかっていたミステリーです。 奉太郎の友人で.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2012-04-24 00:12
  • 氷菓 第1話 「伝統ある古典部の再生」

    Excerpt: 氷菓 第1話 「伝統ある古典部の再生」 感想です 省エネ? Weblog: きまぐれ☆しろうさぎ racked: 2012-04-24 00:18
  • 氷菓 -HYOUKA- 第01話 感想

    Excerpt:  氷菓 -HYOUKA-  第01話 『伝統ある古典部の再生』 感想  次のページへ Weblog: 荒野の出来事 racked: 2012-04-24 03:27
  • 『氷菓』 第1話 観ました

    Excerpt: 久しぶりの京都アニメーション作品です。ってことで感想記事をアップしようかどうしようかと迷ったのですが…感想記事をアップしていくことにしました。よろしくお願いします。 うん、これで京都アニメーション連.. Weblog: 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋 racked: 2012-04-24 04:07
  • 【アニメ】氷菓 1話 音楽室は遠いからな…

    Excerpt: 氷菓 1話「伝統ある古典部の再生」 の感想を 省エネバンザイな主人公と、よく喋りよくボケるその友 その2人のトークはすでに痛快なのに、刺激的なスパイスが加わり珍劇が始まる これはペンが.. Weblog: おもしろくて何が悪い racked: 2012-04-24 05:38
  • 氷菓 第1話 「伝統ある古典部の再生」

    Excerpt: あんぱん。  勉強にも、スポーツにも、色恋沙汰にも後ろ向き。そんな高校生活を送ろうと思っていた省エネを信条とする奉太郎。それを灰色だと決めつけ、自虐趣味だと指摘す ... Weblog: ささやんにっき racked: 2012-04-24 07:11
  • 新アニメ「氷菓」第1話

    Excerpt: 気になることだらけ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201204230001/ 氷.. Weblog: 日々“是”精進! ver.A racked: 2012-04-24 08:41
  • 氷菓 1話 「伝統ある古典部の再生」 感想

    Excerpt: 原作未読。実は京アニ作品を見るのはハルヒ以来というアニメファンにあるまじき有様です。 Weblog: うつけ者アイムソーリー racked: 2012-04-24 10:56
  • 氷菓 第1話 4/23 あらすじと感想 #hyouka #氷菓

    Excerpt:  省エネ少年と好奇心少女。  折木奉太郎くんのモットーは「やらくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」という、省エネ少年。熱い学園生活にも、あまり興味を示さない少年で... Weblog: Specium Blog racked: 2012-04-24 11:22
  • [アニメ]氷菓 第1話「伝統ある古典部の再生」

    Excerpt: 自分が録音したテープを再生するように、えるの前で再生してみせたけれど、奇しくも古典部が再生しちゃいました。 Weblog: 所詮、すべては戯言なんだよ racked: 2012-04-24 11:54
  • 2012年02クール 新作アニメ 氷果 第01話 雑感

    Excerpt: [氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第01話 「伝統ある古典部の再生」 #kotenbu2012 #ep01 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーと.. Weblog: 妖精帝國 臣民コンソーシアム racked: 2012-04-24 15:37
  • 氷菓 第1話 「伝統ある古典部の再生」

    Excerpt: 今期の期待作品氷菓放送開始! 前番組の影響でかなり開始時期が遅れたけどようやくスタート。京アニ製作でヒロインが可愛くCVもしゅがりんということで条件的にはモロに好みなものが揃っているけど果たして.. Weblog: ムメイサの隠れ家 racked: 2012-04-24 18:29
  • 氷菓 #01 「伝統ある古典部の再生」

    Excerpt: 省エネ主義と好奇心の出会い  どうも、管理人です。喉に回った風邪が地味にやばいです。そして、締め切りからノルマを逆算したところ、ちょっと眩暈が…。そんなわけで、死なない程度にやってみようと思い.. Weblog: 戯れ言ちゃんねる racked: 2012-04-24 20:55
  • 氷菓 第1話 「伝統ある古典部の再生」

    Excerpt: 氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray](2012/06/29)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る  千反田えるが大きく目を開けて顔を近づけるのは  一瞬、ホラーかと思いましたよ。 .. Weblog: 北十字星 racked: 2012-04-24 22:32
  • 氷菓:1話感想

    Excerpt: 氷菓の感想です。 何とも言えない気分です(汗) Weblog: しろくろの日常 racked: 2012-04-24 23:33
  • 氷菓 第1話 『伝統ある古典部の再生』 感想

    Excerpt: ミステリーとしてはすごく面白いわけでは無いけれど、奉太郎の心の機微を表現する良いエピソードでした。 氷菓 第1話 『伝統ある古典部の再生』のレビュー。 Weblog: メルクマール racked: 2012-04-25 16:22
  • 氷菓 第1話「伝統ある古典部の再生」

    Excerpt: 米澤穂信さんが書かれた〈古典部〉シリーズの京都アニメーションによるアニメ化、いよいよはじまりました。10日ほど前に行われた先行上映会の感想をネット上で見かけて興味が湧いたのと、先にザッとでも原作に目を.. Weblog: ボヘミアンな京都住まい racked: 2012-04-25 18:09
  • 遅れてきた京アニ作品(ガンダムAGEとか氷菓とか)

    Excerpt: 【聖闘士星矢Ω 第4話】ペガサスvsドラゴンの巻。激に引き続き、旧作キャラのヒドラの市さんが登場しましたが……激さんは講師役だからまあいいとしても、いまだに生徒な市さんは ... Weblog: アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮) racked: 2012-04-26 16:22
  • 『氷菓 第1話 伝統ある古典部の再生』

    Excerpt: すごいね?。京都アニメーションっていう会... Weblog: ひろしのアニオタ日記 racked: 2012-04-26 19:53
  • 氷菓 第01話 「伝統ある古典部の再生」

    Excerpt: 氷菓 第01話 「伝統ある古典部の再生」 <あらすじ>  米澤穂信の原作「古典部シリーズ」のTVアニメ化!省エネを信条とする高校一年生、折木奉太郎は、ひょんなことから廃部寸 ... Weblog: ぴよあに映像探求 racked: 2012-04-26 21:55
  • 氷菓~#1「伝統ある古典部の再生」

    Excerpt:  神山高校1年B組の折木奉太郎(おれきほうたろう)は部員不在で廃部寸前だった古典部に入部。 高校でおこる事件?を解決していくミステリー 高校生活といえばばら色、ばら色とい... Weblog: ピンポイントplus racked: 2012-04-27 00:23
  • 安寧と省エネの日々

    Excerpt: 「やらなくてもいい事ならやらないやらなければいけない事なら、手短かに」『インシテミル』等で知られる米澤穂信の「古典部シリーズ」を発想する会社「涼宮ハルヒの憂鬱」の京都ア... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2012-04-27 22:57
  • 安寧と省エネの日々

    Excerpt: 「やらなくてもいい事ならやらない やらなければいけない事なら、手短かに」『インシ Weblog: 虎団Jr. 虎ックバック専用機 racked: 2012-04-27 22:58
  • 氷菓 1話

    Excerpt: 1話 氷菓 「伝統ある古典部の再生」 高校生活と言えば薔薇色。 薔薇色と言えば高校生活。 さりとて、すべての高校生が薔薇色を 望んでいるのではないと思う高校生がいる。 例えば、勉学にもスポーツに.. Weblog: アニメ・マンガ racked: 2012-06-10 01:00