エウレカセブン AO 第4話「ウォーク・ディス・ウェイ」

エレナかっこいい~~!



今回はアオがパイドパイパー入隊を決意するお話。まずは巨大Gモンスター相手に無茶だがガッツあふれる戦いを披露したのち、一度は失った自分の居場所を提供してくれる新たな仲間たちを見出して、少年は独り立ちしていく。


やはり今回のハイライトは前半部の戦闘シーン。とくにエレナのド派手な戦闘が目を引き、また主人公機も申し分ない活躍で劇を盛り立てる。逆にフレアは、今回はエレナ機の”目”として攻撃目標への誘導をしたり、戦い方どころかIFOの使い方すらおぼつかないアオの子守をしたりと、友軍支援メインの働き。前回までの様子から、フレアはパイドパイパーの切り込み隊長的な役割なのかと思っていたけれど、予想よりずっと柔軟に立ち回ることのできるパイロットのようだ。この発想の柔軟さや行動の自由さは、パイドパイパー構成員たちのどこか滑稽で緊張感が欠落しているような描写と相まって、戦闘組織としてはなんだかとても頼もしそうに感じる。アオが彼らと行動を共にすることで、どんな風景が繰り広げられるのか、次回からがとても楽しみだ。


逆に後半部、アオが島を出る決意を固めるにいたるエピソードは、自分にはいまいちピンとこなかったかなぁ。いきなり知らないお兄さんとデートしてるのもびっくりだったし、島で感じてきた疎外感と、それでもこの島が好きだと言い切れる心情のありようを、もう少し体感できるように描いて欲しかった。それがあってこそ、故郷を出ていく少年の決心に胸を打たれるのだろうし、彼を見送るナルの涙の切なさを感じることもできるのだと思う。描写が不足していたわけではなかったけれど、どこか淡々と無感動に過ぎていく印象があって、もうひとつ物足りなさを感じてしまうところ。


このあたり、前作の主人公・レントンと今作のアオとで、新たな世界に飛び出すうえでの心の向きが大きく異なっているのも、今作のむずかしさと言えるかもしれない。レントンはとにかく故郷から飛び出したくてしょうがなくて、新しい環境に飛び込みさえすればきっと自分のチカラを十分に発揮して、なにか素敵なイベントを起こすことができると考えていた。そこにエウレカたちが登場したことで、レントンは進んで独り立ちの決意を固めたのだった。一方のアオは、エウレカというのは新世界のヒロインではなく、故郷における幼年時代の幸福の象徴であった。外人と呼ばれてもなお島を守りたいと思ったのは、この島に母のイメージを重ねていたからだ。今回彼が島を出ようと考えたのは、島そのものよりももっと母に近い存在としてニルヴァーシュを得たからであった。そしてそのニルヴァーシュを駆って大空に飛び出すことが、失った母の面影を探すことにつながるからだと考えた。外に出る、という決断は同じでも、アオの場合は母性への帰属意識が強く、外向的なレントンとは対照的だ。


レントンを連れまわして話し相手になってくれたお兄さんは、島民に不幸をもたらした象徴だと言われ続けてきたエウレカの存在を、ニルヴァーシュへの感謝という気持ちを介して、肯定し受け入れてみせる人物だ。彼こそが、青い髪をしたアオがニルヴァーシュに乗って戦うことを、暖かく後押ししてくれた。エウレカに関わりがあるとされる十年前のスカブ・バーストで体を壊したナルや、エウレカと同じような運命をアオに辿らせたくないと願うトシオでは、この役割は果たせなかった。アオが後腐れなく島を出ていくには、島の人間の中にも彼を応援し見守ってくれる人たちがいるのだということを、彼が知っておく必要があったのかもしれない。(そういう意味ではガゼルたちがその役割を負ってもよかったと思うけれど、彼らはメインキャストとして今後もアオの近くで活躍するのだろうから、今回は見送ったのだろう)




なお今回は、連合(=アメリカ?)軍がはじめて本格的に姿を現した。機体性能は分からないが、多数のIFOを投入してきた連合軍に対してはさすがに分が悪いということで、パイドパイパーは逃げの一手。ここで無事にニルヴァーシュを回収できるか否かの熱い攻防が繰り広げられたら最高だったのだけど、今回はおあずけ。個人的には、ワケの分からんモンスター相手よりも、人間相手に戦争やってくれたほうがずっと盛り上がるので、連合軍とパイドパイパーの決戦は今後の大きな楽しみとしておきたい。またその中で、アオがちゃんと”人殺し”が出来るかどうかというのも、ひとつの注目点になってくるかもしれない。またヨハンソンなる人物を思想的主柱に据えた反連合団体の人たちも、ストーリーに大きく関わってくるのだろうか?




----


それでは、今回は以上です。


面白いと思ったら、ぜひ下の方にある拍手ボタン(ブログ気持ち玉)をクリックしてください^^



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック