中二病でも恋がしたい! 第7話「追憶の・・・ 楽園喪失」

十花さんの態度の不明瞭さが、問題のデリケートさをよく表しているように感じる。




今回は待望の水着回!!・・・かと思いきや、思わぬシリアスストーリーが展開されちょっと驚かされた。


というかせっかくの水着回なのにあんまりサービスシーン無いのはどうなのかっ。僕らのくみん先輩が私服から何から破壊力抜群だったのはいいとしても、あの六花が珍しく露出度の高い服を着ていたり、丹生谷がさすがのプロポーションを披露してくれたりしていたのに、六花はほとんど水着姿を活用することなく終始テンションが低かったし、肝心の丹生谷は凸守との絡みで色っぽさよりもギャグを含めた賑やかし要員に成り下がってしまって・・・。萌えよりも笑いを取りに行かせた配役には納得がいかねぇー。


だいたいアレですよ、今回の丹生谷は冒頭から微妙にダサい私服で、一色の扱いからも分かるように完全にくみん先輩の引き立て役にさせられていたわけで、水着に着替えてからも、くみん先輩の清楚な美しさと六花のビキニ姿の希少性、さらに凸守のお腹に描かれた珍妙な魔法陣の前にすっかりインパクトを失ってしまった。Aパートでは電車の中で一色のゲロをかけられる汚れ役を押し付けられたうえ、くみん先輩を昭和のアイドル呼ばわりしたことを咎められたのか、なんかオバちゃんくさい、とか変な属性までつけられるし。食器を洗いながら勇太と六花の恋の行方を想像して女子力の高さをアピールするはずのガールズトークでも、「ニセサマ」の文字が気になって何かいろいろと台無しに。このシーンはお尻だけ見せてくれてればよかったんだよ。


しかし悔しいことに、何段重ねにもなって描かれた丹生谷の「残念さ」が、なんか妙に似合ってしまうんだよなぁ。楽しみにしていた愛らしさとは違うけれど、こんな風にしてキャラクターの幅を広げてくれるのも、また作り手の巧さが光る演出ではある。いかにも花田脚本らしいって感じはするけれどw それに、今回は六花のモチベーションが下がっていて遊びに興じるシーンがもう一つ盛り上がっていなかったので、次回、ヒロインの胸のつっかえが取れた段階で、改めて彼らの楽しげなバカンスを見せてもらいたいところ。六花が凸守の相手をしてくれさえすれば、もう少し丹生谷は余裕をもって美少女スペックの高さを披露してくれるはずだ。期待しておきたい。


----


さて問題は六花と父親の件だ。そもそもこの作品は、高校生にもなっていまだに幼稚な妄想から脱しきれない小鳥遊六花という少女の、その存在そのものを一つの謎として出発した物語であった。あとから凸守や丹生谷が同じような醜態を晒してくれたので六花の言動もだいぶ違和感がなくなってしまったけれど、それでも今作が、中二病から脱却できた勇太がいまだに中二病にどっぷり浸かっている六花との付き合い方を模索するスタンスで進められていることに変わりはなく、今回のエピソードはその本来のルートにようやく立ち返ってきたものだと言える。


六花がいつからどういった経緯で奇妙な世界観を思い描くようになったのか。あくまで姉の十花の推測という形で、ごく表層的な理解でしかないものの、六花が胸の内に抱える情念の一端が垣間見えてきた。


勇太を連れてかつて住んでいた住居に向かった六花だったが、彼女の思い描いていた空間はすでにそこにはなかった。六花はそのことに強いショックを受けるのだが、このシーンを見てて違和感を覚えたのは、もし昔の家がすっかり様変わりしていたり、あるいはまったく見ず知らずの住人が暮らしていたりした場合にはいったいどうするべきか、という当然の疑問を、目的地に向かっている真っ最中の六花は想像すらしていなかったことだ。視聴者の中には、もっと心情的にキツい描写がされることを予感して、ただ空地が広がっているだけだったことにむしろホっとした人もあったのではないだろうか。


六花が無邪気にも昔のままの”我が家”の存在を疑いもしなかったのは、ひとつには十花たちによって真実が隠され続けていたこともあるが、それ以上に、いかに六花が当時の思い出にしがみついているかということの証明でもある。妹のこのような心情を知っていれば、父を失った悲しみを同じように感じている十花が、六花の行動に神経質になるのもうなずける。


けれど十花は、けっきょく六花をどうしたいのかがよく分からない。父親を亡くした現実を彼女に受け入れさせたいのか、それとも六花が現実に直面して深く傷つくのを恐れているのか。恐らく十花自身にもよく分かっていないのだろう。これは、悲しみに暮れる妹をまるで腫物のように扱い、六花の言葉にまともに耳を貸そうとしてこなかったためではないかと思う。また十花も、父の死や母との離別といった環境の変化をうまく消化しきれないでいるのかもしれない。認めたくない現実をうまく飲み込めないまま、大人だからという理由でさも割り切ったかのように振る舞い、そのじつ本当はさまざまな感情から目をそむけているだけの十花にとって、過去の思い出を手放そうとせず、それどころか境界線の向こう側に父の姿を見たなどとワケのわからないことを言って、まるで駄々をこねる子ども同然の六花の姿は、自分がやりたくても出来なかった態度として、羨望と嫉妬の対象になってしまっているのではないだろうか。




六花にとって中二病とは、つらい現実に対する精一杯の反抗であり、またそのための武器であった。今回改めてこの六花の唯一の武器を向けられることになった十花は、妹の発信しようとする意思に対してどのような回答を用意することになるのだろうか。これまでのように、大人としての常識をおタマの一撃に代弁させて六花を力づくで黙らせようとするのか、それともこれまでとは異なる手段や言葉で対処するのか。十花は十花でそうとう不器用そうな人柄だが、不器用同士の精一杯の姉妹喧嘩がどのような結末を迎えることになるのか、次週の展開を心して見守りたい。




----


それでは、今回は以上です。


面白いと思ったら、ぜひ下の方にある拍手ボタン(ブログ気持ち玉)をクリックしてください^^



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック