GA-芸術科アートデザインクラス- シリーズ感想

視聴時期が、最速で見れる地域とウチではかなり大きな開きがあったので、毎週の感想は書きませんでしたが、滅茶苦茶面白かったw


今期のアニメは本当に当たりだった。そう思わせてくれた数々の名作の中のひとつとして、今作も大きな存在感を放っていたと思う。


1話の記事でも書いたのだけど、本当にこのアニメ、中学高校の美術の授業で流せばいいと思う。アートにかける作り手の熱意がひしひしと感じられて、ここは「宙のまにまに」にも引けを取らなかった。学園ものアニメとしての魅力を存分に発揮しながら、題材としているもの(アートや星)に対する興味を湧きあがらせる、素晴らしい啓蒙効果のあるアニメだった。


これが深夜枠で、すでに人生の道の選択をかなり経験してしまった後の視聴者が多そうだというのが、本当にもったいない。「大正野球娘」「まにまに」と今作は、ゴールデンタイムに放送すべきだった。お笑い芸人のくだらんトークを見せるより、TV番組としてよほど価値的だと思うんだ。



アニメの作り方として、1話時点でちょっと気になっていたぶつ切り感は、2話以降ほとんど感じなくなっていった。これは馴れもあるかもしれないが、作品のテンポの良さと脚本構成、それに細部までこだわった演出が功を奏していたと思う。

とくに、細かい部分での演技のさせ方、劇の作り方は目を見張るものがあった。例えば分かりやすいトコロでは、最終回、みんなでナミコさん宅に闇鍋をしに行くシーン。ここで、玄関の内部に場面が切り替わり、キサラギたちが入ってくるのだが、舞台の外、画面にはまったく映っていないトコロで、トモカネが犬を見て騒いでいるのだ。ただ漫然と作品を見てる分にはどーでもいい場面で、画面に映っていないから沢城さんは黙っててもまったく問題ない部分なのだが、画面の外でどのような光景が繰り広げられているのかを視聴者に想像させることで、ただの舞台セットにはなっていない、画面中の世界の広がりを感じさせる見事な演出だった。


こうした細部の凝り方が、画面からも、セリフ回しからもよく伝わってきていて、まるでこの世界全体が生き生きと演技しているような感覚に陥る。しかもその中でモブをあえて白くしたりするなど、本編の中で語られるアートの技法に、アニメーションとしての描き方が裏打ちされているのを感じさせていて、アハ体験的な面白さがあった。


ED曲のローテーションやCM、それに主題となるアートの画面中への取り入れ方などもそうだし、大から小まで本当によく凝った作品だったと思う。何度も見るといろんな発見ができそうだ。




また話の内容も、ほのぼのとしていて、終始賑やかに、学園生活の一こまを上手く切り取った楽しげな劇になっていたのが非常に好感触。とくにトモカネ、ノダミキ、キョージュの存在は計り知れないものがあった。キャラが本当に生きていたと思う。それは美術部の連中もそうで、「あー、こういう奴いそうだなぁw」という親近感と、アニメ特有の強引さとがよくバランス取れていた。


とにかく終始キラキラとした楽しさ満載の作品で、とても面白かった。



桜井弘明の監督作品は、がっつり見たのはもう随分前の「だぁ!だぁ!だぁ!」(すごく好きな作品だったw)になってしまうのだけど、今作を見て、今後の活躍に注目しておこうと思えた。



第1話の記事はこちら
http://coffeemonster.at.webry.info/200907/article_33.html



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

"GA-芸術科アートデザインクラス- シリーズ感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント