荒川アンダー ザ ブリッジ 第9話「9 BRIDGE」

千和さんも頑張りすぎだが、ステラの描写はもっと頑張りすぎだったw




・Aパートは恋のお話・・・ではなくw


今回は全体的にギャグメインのエピソード。テーマ提示とラブロマンス描写が終わればまたギャグをやる、というサイクルでストーリー展開がパターン化されているので、ここでギャグ回を持ってくるのは予定調和だ。


さてAパートは、失恋に沈む星の姿に端を発して、シスターをめぐるステラの恋の奮闘劇を描く。・・・と思われたのだけど、なんだか全然違う展開になってしまったw


ステラが星に、自分の恋の強さを宣言して見せたあたりとか、あるいはマリアが勝負のあとにステラの涙を拭いてあげるシーンとか、ドラマ的な見せどころは十分にあった。しかし最終的には、恋愛でさえ武力解決に持っていったステラの図で、落として見せた。そういうトコロを見ても、今回はメッセージ性ではなくキャラの言動で笑いを取る回であったと、言えるだろう。




自分は「北斗の拳」はほとんど見たことがなくて、巨大化ステラの濃い作画もさほど眼福とは思えなかったのだけど、ファンの方から見たらどうだったんでしょうか。ステラのバックを取ったマリアが、じつは羊の毛を瞬時に刈り取っていたという展開は、ジャンプ系漫画のネタですかね。


Bパートにも言えることで、今回のギャグは、とくにオチのまとめ方のあたりでいまひとつという印象。例えばステラが腹を斬ると言いだしたあたりからはテンポも良くなかったので、ギャグが異様に面白い今作ではちょっと珍しいと思った。Bパートでは「いいとも」の話をし始めたところから質が落ちていたし、今回はどうしちゃったのだろう?ちょっともったいない。むろん、致命的なレベルではないけれど。




・Bパート 明かされる星の過去


コンビニを訪れる謎のイケメン。Bパートは、いままでただの狂言回しだった星が、珍しくメインを張るエピソード。


星のかぶり物についてのリクの考察は、面白かった。


べつに「喰われた」という発想の話ではなく、リクがすっかり河川敷的な発想に立って物事を視るようになったんだなぁと、しみじみするシーンだ。自分の設定を”本当のこと”として押し通そうとする村長やニノを見て、彼も学ぶ部分が大きかったのだろうし、彼なりに気を使っているのだろう。そして当然、子供らしいままごと遊びに、真剣に付き合ってあげるだけの度量の広さを、リクが獲得したということでもある。




またBパートのメインエピソードである星の過去回想は、これはすごく感動的なエピソードでびっくりした。操り人形としてのアイドル像と、本当の自分との葛藤。自らを月だと嘲笑する彼の悲哀。そしてそんな彼に、自分の道を突き進む勇気を与えた、金星人の言葉。すごく、すごく良かった!


いやー、オチをつけようというのは分かるけれども、リクがいらんこと(ツッコミを入れたり疑ってみたり)をするから、せっかくの良い話が台無しだwww 


まぁでも、「結局、オリコン1位は本当だったのか?」という点をあえてぼかしたのは、これはすごく好きな幕引き。嘘かも知れない、でももしかしたら・・・ なんて、これはうまく想像を膨らませてくれる。いい終わり方だった。



----


いつものパターンなら次回はまたシリアス志向のテーマ性を絡めた展開になるのだろうか。前回登場したリクのパパの動きが気になるし、どうやら女性秘書も重要なキャラみたいなことを言われていたので、期待しておこう。


それでは。今回は以上です。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^



"荒川アンダー ザ ブリッジ 第9話「9 BRIDGE」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント