けいおん!! 第11話「暑い!」

カメが脱皮とは、なんとタイムリーな。




どこぞのカメの甲羅に「カメデス」の落書きをした陰湿極まりないイタズラが先日報道されていたけど、薬品で落とすとかの他に「脱皮を待つ」ってのが選択肢で挙がっていたのを連想した。じつはそれまで、カメが脱皮するとはまったく知らなかったw そういえばあの落書きは結局、どうなったん?




カメの脱皮を見て「とんちゃん”も”成長してるんだ」とのセリフは、もちろん今シリーズを貫くテーマを連想させるものではあるけれど、でもそれにしてはあまりにもダラけすぎな今回はまぁ、骨休め回でしょうw あんまり「けいおん」という作品において、一本軸の通った主題を想定するのは、しっくり来なかったりする。そういう作品では無いと思うし、登場キャラの成長を見せたからと言ってそれが視聴者の人生に大きな意味を持ってくるとも思えないわけで、あくまで「成長」というテーマは、2期の主な”色”であるに過ぎないという印象だ。


もちろん今作を見て、視聴者が個人的に何かを掴みとるのは大いに結構。むしろ、何かを得ようとする行為は、アニメだけでなくあらゆる創作鑑賞において、受け手に求められる行為だと思う。主に他の作品で、ことさらに理解の度合いが問題にされているのを見ていつも思う。理解できたかどうかは、割とどうでもいいこと。問題は、そこから何を掴みとったか、ということだ。「けいおん」という作品を通して生きる勇気が湧いてきたという人があれば、それがこの作品の魅力でありチカラであると、言うことができる。実際、それだけの魅力を持った作品だと思う。


どこまでもマイペースに、カメのような足取りで歩く唯たちの姿は、見る者を引っ張ってゆく勢いは無くても、背中を押して応援してくれる暖かさがある。そんなことを改めて思ってみたエピソードだった。




ムギのファンとしては、いよいよ変態性と天然に磨きがかかってゆくムギの言動が、いちいちツボにハマって面白いw デリカシーの欠片も無い唯と一緒にスク水で机の上に突っ伏したかと思えば、周りの視線を気にしすぎる澪と一緒に着ぐるみダイエットに突っ走る。結局どっちの側やねん、と思いたいところだが、ただ面白いことがやりたいだけなのだろうなぁw もちろんそんなマユゲ様の珠玉のシーンは、さわちゃんの車に乗せてもらうところ。表情の描き方が、いちいち巧いんだよな、こんにゃろうw




次回はなんだか、音楽イベントに参加するということで大きな動きのあるエピソードになるかもしれない。修学旅行とはまた異なる旅行イベントで、かつ結婚式とはまた一味違った演奏シーンを、期待したい。



----

それでは、今回は以上です。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^


"けいおん!! 第11話「暑い!」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント