けいおん!! 第13話「残暑見舞い!」

今回、傑作過ぎないかw



ええ、昨日と今日と、のっぴきならない宿題を抱えていまして、ナイトレイドも迷い猫もまだ見れておらず、サッカーW杯もちらちらとしか見て無かったんですが・・・。(日本、おしかったねぃ! 頑張った!)



「けいおん」始まったら、宿題が手に付かなかったwww



まぁなんとか間に合いそうだったんでいいんですが。



今回は、破壊力抜群の黒あずにゃんをフィーチャーした、あずにゃん好きのためのあずにゃん回。でも、ただの萌やし回になってないのがすごいというか。


今回は脚本の構成がまず非常に凝っていて、それを演出力でとても巧く盛りたてていた。夢と現実がごちゃごちゃになる、まるで胡蝶の夢のような作劇。長期休暇特有のボケをとても面白いアニメーションで見せてくれた。オチの付け方まですべてが見事にハマっていて、とても秀逸なエピソードだったなぁ。


個人的には、アニメってストーリーや作画ではなく、広義の演出でこそ魅力が左右されると思っている。脚本上の仕掛けや作画クオリティ、それに音響等も含めての、「いかに見せるか」という点にこだわった作品というのに、心から惹かれる。たとえ作画がぬるぬると良く動いていたとしても(あまりこの”ぬるぬる”って表現、好きでは無いんですが^^)、それこそどんなにクオリティの高い動きになっていたとしたって、結局は見せ方次第で全てが決まってしまう。コンテ・演出は無論のことながら、さらに広い意味での”アニメーション”が追求されてこそ、真に魅力的な作品になり得ると思っている。


今回はそういう意味では、非常に実験的な、言い方は悪いが視聴者を食った演出を行っていて、とても見応えがあった。京アニにはもっともっとこういった遊びをやって欲しくて、今回はちょっと久しぶりに、斜に構えた京アニを見れた気がして満足だった。


欲を言えば、ウォータースライダーのシーンはクライマックスばりに動かして欲しかったけどね。ちょっと省エネ(?)運転してたのは、物足りないと言えば物足りない。まぁ他で頑張ってるからいいんですが。CMとかww




あと、地味に友人B(名前忘れたw ジャズやってる人)をけいおん部に誘ってましたなぁ。深い意味があるのか無いのか、次回以降の展開を待とう。何もなさそうな感じが強いけれど。




----


どんどん春アニメが終わっていくのが寂しいですな。けいおんとメイド様が救いです。でも、もう夏アニメ始まるんだよ?信じらんねぇー。


それでは、今回は以上です。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^





けいおん!(2)
楽天ブックス
商品副データManga time KR comics Kirara meかきふらい芳文社この著者の新

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

"けいおん!! 第13話「残暑見舞い!」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント