あそびにいくヨ! 第5話「たすけきにました」

東京編完結。ドラマはじつに良かった。




・騎央が男を見せた


今回のお話は、さらわれてしまった騎央とエリスを救出するべく二人のヒロインが奮闘するなかで、いよいよ”犬の人たち”との接点が描かれ始めるエピソード。


ネコミミ教団の教祖さまが、その人となりは描かれはしたが、ゲストキャラにしてはいまいちドラマに絡まないまま、救出行のアクションシーンの中に埋没してしまった感は否めない。ということは、今後もしっかりと出演があるのだろう。前回と今回は、あくまで顔見せとフラグ立てという認識で良いのだと思う。ドラマの主役は相変わらず真奈美とアオイであり、そして騎央とエリスだ。


とくに今回の騎央は、エリスが発情期認定でスーツの機能が制限され(←この設定自体は大いに納得のいくモノ。素晴らしい!)ていたため、そのスーツを借りるカタチで活躍の場が与えられた。道具に頼って初めてカッコいい見せ場が与えられるなんてシチュエーションは、一見すると軟弱で都合のよい空想的主人公像に見えはするが、彼の場合は決してそんなキャラに堕してはいない。むしろ普段道具の力に頼っていただけなのはエリスのほうであって、騎央はパワードスーツを装着することでやっと、彼の信念や正義感を体現するチャンスが与えられたのだと言える。危機に陥ったアオイを、危険を顧みず救いに行った彼の姿はまさにナイトと言うべきで、この男にならアオイたちが惚れても許せると、そんな風に思えるエピソードだった。


ラブコメ的にまだはっきりしていないのは、真奈美とエリス。まぁ真奈美に関しては近いうちに感情の葛藤(およびアオイとの対決)が描かれることになるだろうが、エリスが騎央とくっつく図が想像できないのは、そろそろもどかしい。エリスに惚れられる必然性がまだ一切描かれておらず、なんだかエリスが発情期だから身近にいるオスに手を出しているだけに見えてしまいかねないわけで。日常パートでエリスが騎央の良さを認識するか、あるいはエリスのピンチを彼が救って見せるなど、ベタで分かりやすい作劇でいいから描いてくれないと、3ヒロインの並立という構図は成り立ち得ない。ここは今後の展開を待ちたい。




・キャラの演技だけが惜しい


今回は非常にスリリングで豪快な、アクション中心のエピソードだった。まさに「あそびにいくヨ!」というアニメの一番の売りであり醍醐味であるところの要素を前面に押し出してきたカタチで、なかなか精緻に描写された兵器や、無茶にも程がある爽快なアクション、次々と巻き起こるピンチとそれを乗り越えて行く活劇、そして何より萌えエロ要素で、視覚的にもドラマ的にも大いに盛り上げてくれた。とくにアオイの水着に関してはあそこまで貧乳を強調されるとは思わなくて、ひんぬー党員としては胸に熱いものが込み上げてきた。


ただ今作は毎回のように激しいアクションを展開しているが、そのツケが回ってきたのか何なのか、会話主体になったシーンでの演技(アニメーション)がイマイチだったのが、残念だった。


もっとも痛かったのは、真奈美と合流した騎央が、教祖(アントニアという名前らしい^^)とそのメイド麻耶に対して、友達に関する御託を突き付けるシーン。あそこは今回のドラマにおける最大のクライマックスと言ってよく、しかしそれが会話で行われたために、アニメーションとしてはキャラの演技における感情表現をこそ強調して描かなければならなかった。しかしまったくの棒演技とは言わないまでも、せっかくのセリフを殺してしまうつまらない演技だったと思ってしまった。アニメは演劇でもあるので、ひとつのセリフ(とくにそれに感情が込められている場合)を表現するのに、声だけでなく体全体を使って演技しなければ、劇の面白さは半減してしまう。


アクションにせよ萌えにせよ、とにかく見た目の派手さを追求して楽しませてくれている作品であるわけで、どこかで手を抜くのは当然あってしかるべき工夫だ。だが、それをやって良いシーンとそうでないシーンはきちんとわきまえて欲しいと思う。騎央と麻耶の口論は、他のアクションシーンを差し置いてでも、アニメーションが全力で視聴者を魅了させる必要があったのではないか。




・日常と非日常のバランス


近年のアニメはとにかく日常の魅力を重要視する作品が多く、とくに美少女キャラを多く配してのラブコメ的作品においては、なによりも日常パートの魅力を追求する傾向が圧倒的に強い。恋愛というものが日常生活に属するものであるのだから、当然だろう。アニメにおいては、日常パートそのものをリアリティのない空想的快楽の上に描き出すことによって、現実の苛酷さに疲れた視聴者のなぐさみとなる。


ところが今作は、そんな日常パートが比較的少ない。すでに5話を消化してきたが、各回それぞれにおいて、日常パートももちろんあるのだがメインはそれよりアクションシーン、という感じで、見終わった後の印象に日常パートの占める割合が大変少ない。


しかし今作はラブコメでもあるはずなので、もし恋愛と関係の無いドラマが主軸として展開されるなら別だが、ハーレム型ラブコメの構造を背負っている以上は毎回アクションばかりを見せられても視聴者としては弱る。バランス感覚が大事になってくるだろう。


そこで次回、また沖縄ののんびりとした空間の中に舞い戻ったときに、どんなエピソードが展開されるか、ここが作品に取って重要なわかれ目になってきそうだ。とにかく強引な作劇とアクションで徹底して非日常を描いてきたのはいったん置いておき、緩くまったりとした空気感のなかでむずがゆくなるような美少女ラブコメを展開してくれることを期待したい。脚本家が実力のある人なので、そのへんは心配せずとも、視聴者の期待に120%応えて見せるだけのものを用意してくれているだろう。アクションが減れば(たぶん)作画の労力も落ち着くと思うので、そういう意味でもしっかりとエネルギーを蓄えて、終盤に展開されるであろう濃密なアクション回に備えて欲しい。




----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^





↓↓↓ブロガー向け アンケート企画実施中↓↓↓

企画の詳細はこちら
※投票の際、コメント欄のほうに任意でブログ名等を入れて頂けると、より参考になって助かります

↓今期アニメで感想の書きやすい作品はどれ?






↓今期アニメで感想の難しい作品はどれ?




"あそびにいくヨ! 第5話「たすけきにました」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント