生徒会役員共 第13話(最終回)

最後まで、ヘンなアニメだったなぁ。




今回は寂しくも最終回。本来なら「なにこのつまらないアニメ」と言って切って捨ててしまいたくなるような作品だったが、第1話での大袈裟で遊び心満載の映像表現、OPやEDの魅力に惹かれてなんとか視聴を続けているうちに、見どころのある話数が出てきたり、あるいは今作特有の”スベリ芸”が癖になって来たこともあって、最後の頃にはすっかり好きな作品になってしまっていた。なんでこんなアニメ化企画が成立し得たのか謎だらけだったが、なるほど、一般的な笑いや萌えを諦めて見る先に、いつの間にか今作なりの魅力を発見してしまえる、不思議なチカラを持った作品だったのではないか。



----



一応最終回も、いつも通りの作劇で前半を消化。いきなりここで新キャラ(OPには映ってたね)を登場させて、これがまたかなりえげつない下ネタトークキャラだったり、シノを差し置いてムツミが津田とのラブコメを演じていたり(超絶かぁいかった!)、最終回らしいことなど何もせずに淡々と通過していく。


しかしAパート終了時点で特別版EDを挿入してきたのはびっくりした。ここで、原作ネタの消化を基調とする原義的な意味での「生徒会役員共」アニメ化パートは終了し、残りはアニメオリジナルにいろいろやってのけようと言う魂胆。この作戦は、明確に線引きすることで作り手の意図をダイレクトに視聴者に伝える、よい作戦だったと思う。原作に気を使わないでできる展開にするのだという、アニメスタッフなりの覚悟でもあっただろう。「メディアの違いを理解せよ」ということですな。



----



で、Bパートはまさに、アニメ「生徒会の一存」の冒頭みたいな雰囲気で、しかしこちらは事後座談会という体裁での雑談パート。アイキャッチのハンコといい、今作が「生存」をどこか意識した作りになっているのは、意図してのことなのだろうか。してそうだなw 


そのBパートは過去の話数を振り返るということで、なんだただの総集編か、手抜きじゃないかと思っていたら、全然そんなことはなく、むしろアニメーション的にはより気合いのこもった新作カットの目白押し。回想ではなく妄想ということで、エロコメあり、社会派サスペンスあり、世紀末武闘伝あり、見応えのあるシーンの連続。こういう遊び心が、このアニメの大きな魅力であり、もっともっと強調して欲しかった部分だ。


そういう意味ではCパートの魔法少女、素晴らしかったなぁ。劇中劇にお遊びで魔法少女モノをやるというのは、もう見飽きるほどコテコテな王道パターン。だからこそ、そこでどれだけの冒険やおフザけが出来るかというのが、作品のアイデンティティに大きく関わる部分だ。この作品は以前も津田が風邪を引いた時に魔法少女の幻覚(?)が登場したが、その時も今回も、発想の面白さ、斬新さとしては十分なインパクトを残す出来。


魔法少女の番宣が終わったあとは、メタすぎる会話を繰り広げながら、ちゃっかり次番組の宣伝もやって放送局に恩を売りつつ、さすがにここは最終回らしい雰囲気でまとめに入る。ケツの穴の引き締まるいいまとめだった。


最後に一瞬だけ問題となった、来年度の生徒会のあり方。ここは、先輩であるシノとアリアとの(役員としての)離別を想像して、ちょっとだけ不安にさせる部分。しかし新年度生徒会役員の選挙を劇中で行っていない、受験生のくせに多忙な生徒会活動を引き受けて見せる(※)、というふたつの虚構性によって、強引に、しかし今作らしく、まだまだ当分はこの4人の生徒会役員共でいられるという安堵感を残しての幕引きとなった。


※・・・自分の高校でも毎年2年生が生徒会長をやるというのがセオリーだったが、私の友人は2年次に生徒会長を務めた後、あまりに優秀でやる気も満ちていたため、異例の2期連続会長をいうのをやっていた。それでしっかりいい大学にも入ってやがるんだから、デキるやつは違うw シノも優秀さが何度も言及されていたから、3年生になっても再び会長をやるというのは、決してあり得ない話ではない。一応。




----



これは今回初めて思ったのだけど、この作品って言ってみれば、アンチ「けいおん!!」主義とも評せられる作品なのではないか。それは同じ日常系美少女4コマという舞台から出現した作品でありながら、日常にはあり得ない不可思議で嫌悪すべき下品さを備えた学園生活を描き、作劇に整合性が無く、また成長とか離別とかいった青春時代には付き物のテーマをほとんど描こうとしない。そういえば恋愛も、それっぽい描写はあったが基本的にはほぼスルーしていって、なるべく第1話で構築された作品の構図を頑強に守り抜くことで成立している作品だ。


そして、「けいおん!!」という作品が青春の楽しさだけでなくむしろ苦さや辛さを軸にエピソードを組み立てて行ったのとは正反対に、今作は日常の持つ”そんなに面白くも楽しくも無いのだけど何故か愛おしい時間”を気まぐれに拾い上げながら、ちょっと無理のある設定もお構いなしに、幸福の永続性を無邪気に信奉するようなスタイルで作品を構築していった。


むろん、今作のスタッフが「けいおん!!」で行われていたことを意識して制作にあたったということは到底考えられない(むしろ販売戦略からして全然違う)ので、作品の背景の考察にはまったく当てはまらない話なのだが、たまたま同じ時期に放送された作品の共通点と相違点を見比べてみることで、今作の持つ新たな一面に気付くことができるのではないかと、そんな空想をしてみた。



----



ともあれ、肩肘張らずに、べつに腹筋が崩壊したり顎骨を外したりする心配も無く、それでいて十分に魅力的な作品として、この作品と付き合うことが出来た。何が面白いのか分からないのが面白い。そんなヘンテコな作品だったが、それでもせっかくキャラ描写に脂が乗って来たところでお別れになるのは口惜しいものがある。また、ところどころで見せてくれた素晴らしい演出力や発想も間違いなく見どころのひとつで、アニメスタッフの仕掛ける遊び心あるサービスを、一緒になって楽しめるような雰囲気がとても好きだった。劇場作品の公開に先立ち、GoHandsは良いアピールが出来たのではないかと思う。同社の今後の活躍(とくにTVアニメシリーズにおける)を楽しみにしつつ、「生徒会役員共」のレビューを終えることにしたい。


ここまで読んで下さり、どうもありがとうございました。




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^





"生徒会役員共 第13話(最終回)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント