アマガミSS 七咲逢編 第三章「ヘンシン」

えーと、なんだったんだコレは?w




・七咲逢の真価と敗北


謎の外人に新規オープンする遊園地の招待券をもらったところから今回はスタート。純一がうまいこと理由を付けて七咲と兄弟ぐるみのお付き合いに発展させようとヘタレな努力を展開しながら、その意を汲んで七咲も、こちらはこちらで弟に風邪をひいてもらって(笑)、強引に二人きりのデートを演出。遊園地へ向かう場面から既に手も繋いじゃって、中多紗江編の時とはうって変わって積極的な後輩ヒロインの前に、たじたじになる純一がむちゃくちゃ羨ましいシチュエーション。


それにしても、七咲編第一章の記事で、七咲逢はツンデレではなく小悪魔系だった、と驚きを込めて書いていたのだけど、今回はまさにそんな七咲の蠱惑的な魅力が、大いに発揮されたエピソードだった。


デートの導入部分はもちろんだが、キスをした翌日の平気を装う態度や、あるいは公園での純一とのやり取りもそう。七咲編の純一はとにかくヘタレで押しの弱い男子として設定されているので、ここぞとばかりに七咲の攻勢が繰り出される様は圧巻。純一の本心などお構いなしに、強引に心の中に割りこんでいって惚れさせてやろうと言う魂胆が、七咲自身の自覚の有無に関わらずはっきりと見て取れる。ネコが、ネズミに傷を負わせながらもしばらく殺さずに弄ぶように、七咲逢は年上の男を揺さぶり弄んで楽しんでいる。そこにはしかし、魔力のようなチカラがあるのだ。




しかし、だ。今回はそんな七咲の攻勢が、彼女にとって完全に裏目に出てしまったことを強く印象付けるドラマだった。


七咲はきっと負けず嫌いであろう。スポーツ選手であるし、今回も大会の出場候補から外されたことを泣くほど悔しがっていた。ところで、恋愛とは惚れた方が負けである。橘純一との関係においても、七咲は終始リードを保ったまま、純一が自分に惚れるよう仕向けていたわけで、それは最初のうちはほんの遊び心の延長であり、しかも彼女はこの勝負に勝てると信じていた。


だが実際には、純一を振りまわそうとしていた彼女自身がみずから深みにはまっていった。とっくに彼女はこの勝負に敗北していたのである。その事実を、純一に涙を見られた時にはっきりと自覚したのが、今回のエピソードであった。また、負けたのにも関わらずむしろ幸せを感じているらしいところに、七咲逢の確かな変化が見られる。


夜道で別れようという時に、純一に”このあと”のことを尋ねていた七咲。本気でどきどきしてくる生々しいセリフの切り出しで、これが結局うやむやになってクリスマスの約束に話題転換してしまったのが正直悔やまれる。七咲はもうとっくに準備OKなようだが、果たして受け身に徹してきた純一が、一歩踏み出す決意をすることができるのか。それとも最後まで七咲に押し切られてしまうのだろうか? 次回、恋の結末に期待しておこう。




・お化け屋敷について


ちょくちょくヘンなことをやるアニメだとは思っていたが、今回お化け屋敷シーンで行われていたのは、あれはいったい何だったのだろう?w


薫やら絢辻さんやらが登場した幻視体験は、サブヒロインを強引に登場させるための小洒落たファンタジーだとしても、七咲がみそラーメンにヘンシンして、バターを溶かしたり親指を突っ込んだり指先をアマガミしたり・・・。もうこれはファンタジーってレベルじゃないぞ。


いちおう、七咲とのピンク色満載なサービスシーンをやりたかったという戦略上の意図があったのは分かる。だが、その目的のためにとった手段がアレというのはどうなのかね。原作通りなのだろうか、それともアニメスタッフの暴走だったのか。せっかくのデートなんだから他に何かやりようはあったろうに。まぁ、斬新過ぎてすんごく面白かったけどw


・・・もう二度とやらなくていいよ?w




----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^





"アマガミSS 七咲逢編 第三章「ヘンシン」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント