ヨスガノソラ 第5話「ヤミアキラカニ」

何事も無かったかのように、瑛ルートへ移行。




予告通りに、第2話の途中から分岐していた瑛ルートへと突入した今回。面白い構成の仕方だとは思うが、このシリーズ構成の美味しさが十分に発揮され、それを堪能することができるのかどうか。今からこんなことを言うのは何だけど、ちょっと不安かなぁ。


いちおう瑛ルートでは、早くも悠との逢瀬を経て恋人関係になったわけで、ドラマそのものの盛り上がりにもうひとつ欠ける分、サービスシーン(では無いのだけど)で視聴者の興味を惹きつけておく、メリハリのきいた展開だと言える。とくに風呂場に瑛が乗り込んでくるというシチュエーションは、彼女の大胆さや天真爛漫さをより強く印象付ける。一葉とはまた違った色合いのキャラクターを楽しませてくれる。


しかし一方で、前回までのエピソードといかにも完全に物語が分裂してしまっているのは、やはりなんだかもったいない印象は強い。初プレイ時には全てのドラマが新鮮に映っても、一度ひとつのエンディングを迎えてしまえば、2番目3番目のルートのインパクトが弱くなってしまうのは当然であるから、その分、今回以降はいっそうの工夫が求められることになると思うのだけど、その工夫がまだ何も見えて来ない。一葉ルートと瑛ルートが同じアニメシリーズの中に同居している必要性が感じられないし、パラレルワールドを活用して特殊なストーリーラインを構築する作品でもないだろうから、結局はバラバラの物語をただポンポンと並べられているだけのような気が、しなくもない。


例えば「アマガミSS」であれば、そもそも作風が軽くてコミカルであることに加えて、物語の進行の邪魔にしかならないようなカタチで他ルートのヒロインを強引に割り込ませるという縛りが、作品全体を貫くコンセプトとして、キャラクターの存在に大きくその比重を置く格好でアイデンティティを確立している。原作を知らない視聴者に対しても、6つある個別ルートの全てを同じ「アマガミSS」という作品として認識させることができているのだ。


前回の記事でこのリセット方式というのは、原作を大事にするファンにも、アニメを通して物語やキャラクターを楽しみたい新規視聴者層にも、双方に受け入れられる妥協点なのではないかと書いた。しかしあくまでそれは手法としての話であり、いくら良いシステムを作り上げたとしても、そこで何を描くかが重要であることに変わりは無い。ただでさえルートを細切れにすることで、物語が短くなったり薄まったりというデメリットを抱えているのだから、それを覆す大きなメリットを見出して欲しいところである。



---



いまのところ今作に期待しているのは、全体ストーリーを描く上での、パズル的構成力だ。


どういうことかと言えば、そもそも物語というものは、完結を迎えた時点をもって一枚の絵が完成すると例えることができると思う。そして普通なら、その絵が決まった順番で描かれることによって、絵そのものへの理解を促すワケであるが、今作のようにてんでばらばらのエピソードを孤立させて描いているということは、4つ(?)の小さな絵をそれぞれ別の場所で作り上げているというのと同じことだ。しかしその4つが同じ「ヨスガノソラ」という額縁の中に収められるとすれば、4枚の絵は決まった組み合わせで連結され、一枚の大きな絵になる可能性が高いということだ。


すなわち今作はもしかしたら、大きなパズルを、四隅から少しづつピースをはめて中心部を目指す、パズル遊びのようなものではないのだろうか。そして、初めは4つの絵がバラバラに成立しているように見えているが、最後の1ピースを空白にはめ込んだ時に、バラバラに見えたそれぞれの絵が一体となって、一枚絵として意味を成すカタチで完成されることになるのかもしれない。


もしそのような構成が現実に取られたとしたら、これこそ、あえてリセット方式(というかセーブ&ロード方式とでも言うべきか)を採用した価値があろうというものだ。実現できれば、ただでさえ個々のピース(=話数)の出来がいいだけに、非常に良質な作品として絶賛すべきアニメになるのではないかと期待している。


むろん、本当にそんな事態になるのかは分からないが、ただ各ヒロインのエピソードを並べて置いておくだけではあまり面白味が無さそうな予感もするし、セックスシーンだけしか記憶に残らないなんて言われないようにするためにも、作画や演出だけでなく脚本・ストーリー構成でも、レベルの高い作品であることを願っておきたい。




----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^




"ヨスガノソラ 第5話「ヤミアキラカニ」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント