とある魔術の禁書目録Ⅱ 第5話「蓮の杖(ロータスワンド)」

メロンの乗ったプリンが土産とは、土御門もうまいことを言うw




・オルソラ編、決着


いろいろと錯綜とした展開ながらも、なんとか一件落着までこぎつけたオルソラ編。あくまで上条当麻のヒロイックな活躍を全力でフィーチャーしながらも、その背後に複雑に渦巻く陰謀と政治の大局的な流れをぐっと掘り下げて描いてくれた点は、とても面白かった。1期の頃にはこうした政治劇っぽい作劇はあまり感じなかったので、それに比べると非常に自分好みなエピソードで満足だった。


前回ちょっと心配していたアニェーゼの善人化(じつはこんな真意があったんだ的に、イメージを逆転させる作劇)を行わず、あくまで敵としての行動を最後まで貫いてくれたのは、シビアで好きだなぁ。建宮が見せたように、どう考えても悪人面していた相手が実は善人だったっていう安直なミスリードは感心できないので、いちおう回想シーンで過去の辛い記憶を描いてはいたが、最後までブレずに悪役を演じてくれたアニェーゼには一安心だった。


それにしても、いくら痛い目にあってもしぶとく立ち上がる上条当麻の姿は、さすがにアニメ漫画的虚構性だ。モブキャラならアニェーゼの最初の一撃で失神してしまうところで、彼の強さの秘訣は右手ではなくその体力にあるのではないかとか、寝てる間にカエル顔の医師から改造人間手術を受けたのではないかとか、それでなくとも記憶を失う前はせっせとボクシングジムに通っていたに違いないとか、色々と邪推してしまうところ。この辺りはまぁ、主人公だからイインダヨと、納得しておこう。


むろん今回の一騎打ちを耐え抜いたのは、当麻の目的が攻撃ではなく時間稼ぎにあったからこそ出来た芸当だ。一般人相手に余裕しゃくしゃくなアニェーゼだが、彼女とどうやって対等に渡り合うか、頭を巡らせながら戦う禁書らしいアクションシーンはじつに秀逸。またステイルたちが駆け付けた際のエフェクトの美麗さと演出の見事さには惚れ惚れさせられる。必死に対抗策を考えながら何も思いつかないアニェーゼの独白に乗せて、投げ捨てた煙草が地に落ちる様子から、一瞬の心の隙を見抜いて突貫する当麻の攻撃へと繋がる一瞬のクライマックスは、まさに圧巻だった。




・病室のひとコマ ~上条イズムここにあり~


病室でまさかの神裂が登場し、えらく可愛らしい彼女には思わず目を奪われたが、ここでの二人の会話はじつに興味深かった。とくに当麻が、組織対立の向こう側に見える人間性こそが大事なのだという持論を披歴していたが、これは地に足のついた、ドライだけれども血の通ったモノの見方だよなぁと思う。


ある人物がどんなに善人であったり悪人であったりしても、組織の中においてはそんなことは些細な問題に過ぎない。組織が悪を行うのなら、本心はどうであれそれに従う人間は悪だ。組織が善を行う場合もまた然りである。さらに言えば、人間の集合体たる組織活動というものは、そもそも善悪と関係ない意図で動いていることが圧倒的に多く、そんな中で何が正義で何が悪かを見分けることなど到底不可能だ。描き方によっては、今回の事件だってローマ側の完全正義を主張することだって可能なのであって、ただ目の前の現象から事の良し悪しを判断するなど何の価値も無い。


当麻はそれを踏まえた上で、ただ目の前で助けを求める者がいれば、自分は手を差し伸べるまでだと言った。これが、人間主義の真実であろう。ただ愚直に、人間を愛し、命を尊び、目の前の笑顔を守るために出来ることを戦う。上条イズムの最たるものが、ここにはある。今回のエピソードをまとめるのに、これほどふさわしいテーマは無かったのではないだろうか。




さて、次回はふたたび美琴や黒子が登場するようだ。こうなればキャラ押し全開のドラマを期待せざるを得ないわけで、心から楽しみにさせていただこう。



----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^






"とある魔術の禁書目録Ⅱ 第5話「蓮の杖(ロータスワンド)」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント