アマガミSS 桜井梨穂子編 最終章「サヨナラ」

えーっと、誰が主人公だったんだろうかこのお話はw




・梨穂子編、完結せず!w


今回は梨穂子編の最終章。当然、幼馴染であり友人であった二人の関係が大きく変化して、恋人関係に発展する様が描かれるのだろうと思っていたのだが、なんとこのエピソードは、ろくに関係を進展させないまま終わってしまったw 原作でどうなっているのか知らないが、こういうエンディングを選択したというのは、英断だなぁ。もしこれがゲームプレイだったら、どこでフラグを立て損ねたのかと思って、慌ててロード画面に飛ぶところだw


それでも、このエンディングがもっとも”梨穂子らしい”と考えて選択したものであることは、間違いないだろう。他のヒロインのエピソードのように視聴者の性的嗜好を刺激するシチュエーションがほとんど見当たらなかったのが残念でならないけれども、いままでの関係をこれからもずっと維持して行く二人の夫婦っぷりを予感させる、いつまでも「相変わらず」でいられる物語を、桜井梨穂子は選びとった。


この選択はしかし、相手が純一だからこそ成立するよなぁw もし純一がいっぱしにカッコいいキャラであれば、梨穂子の無邪気なマイペースっぷりは致命的だ。いつ泥棒猫が現われるとも限らないシチュエーションを許容するなんて、もってのほかだと思われるところだったろう。けれど、バレンタインを前に美也が茶化していたように、純一は到底モテる人物ではない。放っておけばずっと彼女なんて作らないまま、梅原正吉とエロ本談義を続けていることになるのだろう。いや、もしかしたら寿司屋を継ぐ梅吉のほうが、将来性アリということで先に彼女を作ってしまうような気もする。そんな情けない男だからこそ、梨穂子は泰然自若と、今の関係を続けていられるのだろうな。あくまで梨穂子編は、せっかくモテるのにもったいないほど一途なヒロインが、モテない鈍感男を好きでいる、という構図を貫いた。




・純一の立ち位置は


ヒロインによってその性格や立ち位置が大きく変化する、我らが主人公・橘純一。梨穂子編における彼はどういう役割だったかと言えば、それは紛れも無く、王子様だったと言えるのではないだろうか。


王子様というのは、基本的には物語の主人公ではない。ろくにドラマに顔を出さない場合も多く、あくまで物語の外郭にいて、ヒロインの憧れの対象として存在している。そして、もっとも肝心な時にヒロインを救いだし、無上の愛を示して結ばれることになる。


梨穂子編における純一も、カッコいいかどうかは別にして、しかし物語の中心にはあまり絡まないで外側をうろうろしていたのは確かだ。他のエピソードとは違い、梨穂子編のドラマを動かしていた原動力は、梨穂子とその友人・先輩たちであった。そして梨穂子の視点から見てもっとも肝心なときに、純一は突然、ドラマの中心部にぐっと近寄って来て盛りたてる。今回の、茶道部入部を申し出るシーンなどは、まさにその類いのものであったと言えよう。


ついでに言うと、甲斐性無しな性格は相変わらずなのに、なぜかちょっとだけかっこよく見えてしまうというのも、梨穂子編における純一の特徴か。ダメダメな梨穂子を、ぐいぐいと引っ張って行くのではないのだけれど、常に近くにいて、ちょっとした勇気を分けてくれる存在。このエピソードが第一章の頃から梨穂子視点を強調していたのを、最後までブレることなく貫き通した成果だろう。各ヒロインごとに色んな表情を見せてくれる純一だが、梨穂子編における彼が今のところ、一番頼もしく見えた気がした。




・・・と、ここでしっかり株を上げておいて、次回からの絢辻さん編では、またガクっと品位を貶めることになるのだろーなw 「アマガミSS」もとうとう最後のエピソードを迎えることになってしまってはなはだ残念だが、ヒロインの絢辻さんにはもちろんのこと、フィアンセ役の純一がどのようなキャラクター性を発揮してくれるのか、楽しみにしておきたい。



----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^






"アマガミSS 桜井梨穂子編 最終章「サヨナラ」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント