とある魔術の禁書目録Ⅱ 第9話「追跡封じ(ルートディスターブ)」

上条さんもやはりまだまだ、一般人のはしくれですな。




今回から本格的に、敵の魔術師・オリアナ=トムソンとの対決が描かれる。「追跡封じ(ルートディスターブ)」との異名を持つ彼女がこの仕事に抜擢されたのは、他の魔術師の攻撃を鮮やかにかわして見せるその技量にあった。


こういう、ガチンコのぶつかり合いではなく、知恵比べの要素をふんだんに盛り込んだ対決というのはじつに面白い! とくにAパートは、まるで魔術師による攻城戦とはかくあるべきだという、お手本のようなアクションシーンが見事見事。エフェクトのカッコよさは無論のこと、スピード感と迫力を追求し、カメラアングルやキャラのアクションにこだわりを見せるアニメーションが、じつにかっこいい。


さらにこのAパートの一連の展開は、すでにお互いがお互いの特性を理解しあっている3人組が、最小限の言葉のやり取りで意思疎通を図り、臨機応変に戦術を汲み上げて行く様子が、とても巧みに描かれていて感心した。どうしても説明セリフが多くなってしまう今作の中では、珍しくテンポ良くスピーディーに描かれる戦術描写で、とても面白かった。ステイルの「君の出番だ」とのセリフで大笑いさせられたが、そのあとの怒涛の展開には大いに痺れた。素晴らしい!




完全に見失ったオリアナを探すのに、土御門が地面に魔法陣を描くシーンは、一転して物静かでどこか荘厳な、いかにも魔術の儀式らしい雰囲気がとても好きだ。けれど、ステイルの身を犠牲にしなければならないと分かってからの、当麻がグダグダと文句を言い始めるあたりは、ちょっと当麻の株を下げるトコロ。ステイルも土御門も言わば軍人のようなもので、自分の使命と責任をちゃんと分かっているのが態度にもよく表れている。一方で当麻は、どうしたって学生気分が抜けきらず、今回はそういう意味では、覚悟の足りない巻き込まれ型主人公、という立ち位置でドラマが進んで行った。


この、どうしても自分の感情を優先した正義感を振りかざす当麻が、土御門やステイルのようなストイックに任務をこなすキャラと対比されて描かれると言うのは、今回のエピソードの趣旨から言えばまったく正当な作劇と言えよう。しかしそれを引きずるカタチで、後半の玉入れの場面における、美琴とのやりとりの稚拙さを印象づけてしまったのは、ちょっともったいない。


お札に触りそうな美琴を制止するのもそうだし、あるいは魔術の発動をもろに食らってしまった吹寄さんを救出しにいく場面もそうなのだけど。まずい事態に直面してからの、上条当麻が初動に入るまでが余りにも遅すぎる。いつもの彼なら、自身の危険も顧みずに最短コースを突き進んで救出に向かおうとするだろうに、今回はどうしちゃったのだろう。混乱の最中に叩き込まれたときにこそ、彼の直情的な上条イズムの発動が、震えるほどカッコいいはずなのに、今回はちょっと彼の甘さが目立つ展開だった。




これはしかし、作り手の強引さが出てしまったかなw 主人公である当麻はどうしたって、劇を盛り立てるための歯車として機能しなければならないときがある。今回は、クラスメイトで何かと世話を焼いてくれる吹寄さんにちょっと怪我を負ってもらって、上条当麻を本気で怒らせる必要があった。そのための、どんくさい立ち回りだったのだろう。


ここで、心の底から憤りを感じた上条が、次回果たしてどのような行動を見せるか、注目だ。彼の大人げない正義感は、これまではその人間主義的な思想をストレートに訴えるために働いていたが、怒りに我を忘れた当麻が、対オリアナ戦においても同様の”善”を貫くことができるかどうか。要注目だ。




しかし、前回いろいろと顔を見せた脇役勢(※インデックスを含む!)は、どうやら蚊帳の外に置いてけぼりにされそうな雰囲気だなぁ。今回、婚后さんが出てきたのは激しく俺得だったけど。上条母は出て来ないのかえw オチに使われて終わりだったら、いろいろと哀しいよ?w




----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^





"とある魔術の禁書目録Ⅱ 第9話「追跡封じ(ルートディスターブ)」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント