アマガミSS 絢辻詞編 第三章「プライド」

この展開・・・! ゼノギアスを思い出すなw




・急展開の第三章


今回は、絢辻さんがピンチに追い込まれて、いっそう純一との距離を近づけていくエピソードになるのだろうと予測していたのだけど、なんか予測を越えすぎていて相当焦った。なんだか今までのヒロインたちとはまったく異質な物語で、あまりにもドラマティックな展開に興奮が抑えきれない。


まずびっくりしたのが、彼女が創設祭実行委員長として苦境に立たされて行くなかでやっかみや反発に合うことになるのは良いとしても、ひどくあっさりとその本性をぶちまけてしまった点だ。あとから彼女自身によって語られる通り、優等生としての体面を保つことなんかどうでも良くなるくらい、仮面を脱いで接することができる純一との関係が、彼女の心の中で大きくなっていったということだろう。しかしそれにしたってああもあっさりと黒化して、不満をぶつける女子と対立してしまったのは、明らかに絢辻さんにしては冷静さを欠く行動で、後から思えば、すでにこの時点から彼女は相当に追い込まれていたのかもしれない。


さらに、第三章にして早くも恋人関係が成立してしまったのも驚きだった。見ている最中は、早いとは思いつつも微笑ましいシーンだったのだが・・・。今思い返すと、そんなに切羽詰まっていたのかと愕然とさせられる。しかもポイントは、こうした絢辻さんの変化というか不可解さをことごとく、後になってから思い知らされるという仕掛けが、あまりにも巧妙だと思う。


それでも純一は、もうヘタレとは言わせないとばかりに、健気に王子様役をやりきっていた。絢辻さんにたいするイジメが広がったのも「アマガミSS」的ではない展開で驚かされるものだったし、ドッヂボールでの純一のカッコいい態度や、事あるごとに真剣に頭をひねって絢辻さんの力になろうと努力する彼の姿は、とても主人公っぽかった。これは橘純一というキャラクターの株を上げるものではあったが、しかし純一という人物が、担当ヒロインの性質によって大きくその劇中の役割が変化するカメレオン主人公だ、ということを考えた時、ここにきて純一の演じる役割が大きな転換を見せたのは、それと比例して絢辻さんが本来の姿を喪失していく過程だと見ることができよう。


そして、純一に二度目のビンタをお見舞いしたその翌日の、もはや気味が悪いとしか言いようの無い絢辻さんの姿。これは、黒い絢辻さんとのギャップがそう見せているのではなく、本性がバレる前の仮面優等生であった絢辻さんともまるで違う。ここでの彼女は、もはや自信もプライドも賢明さも持ち合わせておらず、科(しな)を作って他者に媚びる、女性性の醜さをぎゅっと詰め込んで象徴しているかのようなキャラクターだ。


これは二重人格、なのだろうか。そうではなく、ただ新しい仮面を付け直しただけで、根はいつもの絢辻さんのままであったなら、どれほどありがたいことか。ED映像で、あたかも絢辻さんが分裂しているように演出されているのが、今見るとすごく怖い。こんなすごい展開になるとは予想だにしていなかっただけに、いま「アマガミSS」という作品では初めて、次回の展開が怖くて見たくない、なんて思いを味わっている。最終回、果たしてどうなってしまうんだ・・・?


それにしても、この新しい顔になった絢辻さんへの違和感を、声の演技とアニメーションだけで完璧に表現してしまうのが、すごい。このセリフなら、下手なアニメなら、以前の優等生版絢辻さんとなんら変化を見出せなかったであろう。今回、純一の感じた絢辻さんへの強い違和感は、とてもデリケートな問題であったと思うだけに、今作のアニメーションの見事さに改めて感じ入ってしまった。名塚さんの演技も素晴らしい。




・契約の証し


話は前後するが、なんとも奇妙な愛の告白となってしまった神社でのシーンが、個人的にすごく良かった。後であんな展開にさえならなければ、アニメにおける告白シーンとしては大きなインパクトを残したことだろうと思う。いや、いまや別の意味でインパクト大なわけではあるけれど。


とくに好きだったのが、「契約」という言葉と、そこで交わされたビンタ。そう、キスではなくビンタだw 


口づけを交わす、というのは、とくに日本では恋人の特権として認識されているから、恋人になる契約としてのキスは、作劇としてとても説得性がある。とくに普段は強気な絢辻さんがしどろもどろになって、あなたを私のモノにする、なんて言い出した時は、本当に腹を抱えて笑ってしまったし、またそんな不器用な告白だったからこそ、「契約」という言葉の重く真摯な響きに大いに好感を持った。


しかし、やはり絢辻さんと純一にとって、本当の「契約」はあのビンタだったろう。真面目に対等な恋愛関係は、この二人、とくに絢辻さんには全然似合わない。常に高みから見下ろしていなければ気が済まない絢辻さんと、そんな彼女のことをちゃんと見抜いていて、まるで子供をあやすようにして下から見上げてあげる、真の勝者・純一。二人の恋人関係って、そうした微笑ましいおままごと的な一面を強く感じさせる印象がある。だから、シリアス顔で口づけをするよりも、思いっきりビンタを喰らわせるほうが、ずっと真実味がある。


また個人的には、「キングダム・オブ・ヘブン」という大好きな映画を強く連想させたのが、契約の場におけるビンタだ。この映画は十字軍時代の騎士の物語なのだが、老騎士が息子を新たに騎士として叙す厳格な場面で、老騎士がふいに若者の頬を打ちつけ、戸惑う息子に「その痛みが記憶させる」(うろ覚え)と告げる。どんなに大切な格言も、ただ復唱しただけでは、いつしかその敬虔な感情ともども忘れ去ってしまうかもしれない。しかし、思い切り殴りつけられた痛みはいつまでも覚えているものであり、その痛みによって、騎士として善を行うという誓いを一生胸に刻みつけることになる、というシーンである。


これと同じように、絢辻さんのビンタ(さぞ思いっきり力を込めて殴ったことだろうw)は、純一にとって何よりも強烈に、絢辻さんからの告白や、ここで交わした契約を強くその頬に刻み込んだシーンだったのではないだろうか。言葉は儚く、記憶も僅かのうちに曖昧になってゆく。キスの初々しい感覚でさえ、今後何度もキスをしていくうちに、すっかり色あせてしまうだろう。だが、全力で張り倒された頬の痛みは、その鮮烈な印象をもっとも長く保持し続けるだろう。そしてそれとともに、純一はこの日交わした契約を、頬をさするたびに思い起こすことになるのだ。


そう思ったからこそ、二度目に絢辻さんからビンタをお見舞いされたシーンの精神的な痛ましさは、正視に堪えなかった。甘美な幸福の記憶を伴うビンタを、こんな哀しい感情を込めて再び味わわなければならなかったのだ。その痛みたるや想像を絶するものがある。また、痛いのは純一だけではない。あの細腕で殴りつけた絢辻さんのほうも、痛みの感覚を右の手のひらにずっと記憶しているはずだ。悲しみに暮れながらする喧嘩の真っ最中に、痛みが呼び起こす記憶と目の前の現実とのギャップは、果たして二人にとってどれほど心苦しいものであったか。


その意味で、翌日、やはり頬の痛みを気にしながら登校した純一が、絢辻さんの変わり様に誰よりもショックを受けたのが、痛いほど伝わって来た。日をまたいでも痛みの引かない強烈なビンタを二度にわたって受けたこと、そしてそのそれぞれがどれほど重要な意味を持っていたか。純一の心痛は、身体的な痛みが付随することで、よりいっそう明確な意味を持つことになったのだ。




今回、大きく変貌を遂げた絢辻さん。彼女がふたたび、全力で恋の相手を殴りつけるような人物に戻ることはあるのだろうか。次回、いよいよ最終章である。不安と怖れで一杯だが、どうか最高のハッピーエンドを迎えることができるよう、祈っておきたい。




----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^




"アマガミSS 絢辻詞編 第三章「プライド」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント