とある魔術の禁書目録Ⅱ 第12話「天文台(ベルヴェデーレ)」

案の定、引っ張るなぁ! 最高の引き際。




まだまだオリアナとの追跡劇が繰り広げられるエピソードとなった今回は、数度にわたる失敗を踏まえて、物理的に追いかけるのではなくオリアナの目的地を予想しようという展開。いくらアクションがかっこよくても、それだけではただのプロレスごっこになってしまうわけで、こうして相手の行動を推理しながら戦略を組み立てて行く描写は絶対に必須というか、むしろこの戦略面に重点を置いているからこそ、ただの追いかけっこにこれだけの分量を割いているのだと言える。


振り返って検討して見れば明らかなように、いま行われているエピソードは、別に両陣営の正義のあり方がそれほど深く問われているワケでもないし、新たな勢力が登場して大きく展開が変化するわけでもない。オリアナと当麻たちの、近づいては引き離され、また近づいてという、一進一退の攻防を描くことに終始している。そのなかで半ば強引に当麻の知り合いを被害者に仕立て上げて、主人公の葛藤や怒りや決心を積み上げているが、当麻の言説がクライマックスに到達するのは次回以降だろうから、あくまで今は、両者の駆け引きをこそ丁寧に描写している段階だ。


そのような作り手の意図は、追いつ追われつの現場状況へ常にフォーカスしながらも、敵の隠された意図や目的が伏線としてふんだんに盛り込まれていることで、当麻たちが敵を追い詰めて行く様子が大局的な視点からも描かれる展開が、いっそう効果的に働いていると言える。敵はいったい何がしたいのか、そのためにどのような条件を揃えなければならないか。そうした疑問がたびたび提起されることで、まるで探偵ものの推理ドラマのような面白さがある。


この手のドラマはなかなか上手に構築していくのが難しいと思うのだけど、今作は驚くほど巧みに作劇しているなぁと思う。言って見れば、ここで描かれているのは言葉と思考のアクションだ。ボリュームたっぷりの尺を割いてこのようなエピソードをやってくれているというのは、アニメではわりと貴重な印象もあるので、とても嬉しい。




そして、この追跡行に明確な敗北条件(時間的空間的制約)が初めて示された今回は、いよいよドラマのクライマックスへと差し掛かりつつあることを予感させる。第23学区へと向かう列車に乗り込む前に、ステイルが当麻に覚悟のほどを問いかけたのは、そっくりそのまま、我々視聴者を身構えさせ、これから繰り広げられるであろう決戦を前に高揚感を大いに高める効果があった。


この場面や、あるいは今回のラストシーンでの当麻とオリアナの対峙のように、けれん味たっぷりなセリフと構図を見せて視聴者の意識をぐいぐいと引っ張り込んで行く様子。改めて「禁書」という作品の、劇場型ともいうべき作風を痛感させられるシーンだった。美しい夕景のグラデーションをバックにして、画面という舞台の上ににらみ合う二人。上手(かみて)にいる当麻が下手(しもて)のオリアナに対して、見得を切ってお決まりのセリフを叩きつける。痺れるほどに鉄板な幕引きだった! アニメが、舞台演劇の延長に存在していることを示す格好の事例だよなぁ。こういうのはホントに大好きだ。否応なく興奮させられた一幕であり、こんなのを見せられたら、次回が早く見たくてたまらなくなる。大いに期待させていただこう。





----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^

"とある魔術の禁書目録Ⅱ 第12話「天文台(ベルヴェデーレ)」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント