花咲くいろは 第8話「走り出す」

緒花の本領発揮か!?



珍しく1話では完結せずに、結末は次週へと持越しとなった第8話。考ちゃんの再登場と緒花との絡みももちろん気になるけど、女将不在という喜翆荘の大ピンチを前に走り出した松前緒花の姿に興奮必至の、傑作エピソードだった!


・女将と緒花の絆に涙!


他の作品の感想でも何度か書いてきたかもしれないけれど、自分は、親子の確執とそれを乗り越える子どもの姿が描かれるドラマに、本当に弱い。女将は親ではなく祖母だけれど、まるで父親のようなキャラクター性でもって描かれてきた女将と孫娘・緒花の交流に、ついつい涙を誘われてしまったのが、今回のお話だった。


第1話の時点から緒花の敵であるかのように立ちはだかり君臨してきた女将だが、彼女の、仕事に真剣であるがゆえに身内に対してはあまりに不器用になってしまう物言いに最初はとても戸惑わされたものだった。しかし緒花はそんな戸惑いの中で、決してへこたれることなく全力で仕事に生活に打ち込んできた。それはしばしば女将と対決する恰好となることもあったが、四十万スイが祖母であることさえうっかり忘れてしまうほど、真剣に女将と向き合ってきたのだった。


そんな緒花だからこそ理解できる女将の人間性がある。そしてそんな緒花を見てきたからこそ、女将も緒花に励ましの言葉を送った。病院のワンシーンの時点では、その後に緒花が全力で駆け回る姿なんて想像もできなかったが、それでさえ精いっぱい頑張ってきた緒花に突然かけられた優しい言葉に泣きそうになってしまったのに、頼む、と言われた緒花が、女将の真の後継者として奮い立った姿には、もうただただ圧倒された。


今回の緒花に関しては、アニメとしての描写にも鬼気迫るものがあって素晴らしかったなぁ。頼りにならない板前さんや、得意げに威張り散らす崇子さんのコミカルな描写との対比で、緒花が当社比30倍はかっこよく見えた。これは惚れる! ドラマとしても今回は緒花が大いに躍進するエピソードだったが、セリフはもちろん映像演出の面でも緒花を猛プッシュして盛り上げていったこの手腕は、ただただ見事と言うほかない。


女将不在のなかで、緒花を中心に喜翆荘がどうこの難局を乗り切って見せるのか。へたなバトルアニメなんかよりよっぽど熱い展開に、大いに期待が高まってくる。来週が見ものだ。




・三角関係勃発はあるか?w


もちろん、考ちゃんがいよいよ北地に乗り込んできたということで、緒花との恋の展望にも注目したいところだが、しかし今回の描写のされ方を見てもなーんかアヤシイというか、緒花×考ちゃんのカップリングで素直にニヤニヤさせてはくれない予感が、ぷんぷんしてくる。以前、徹さんが何かを思い出してニヤけている様子が描かれたときに、彼が民子ではなく緒花に気があるのではないかと連想されたシーンとしてよく記憶に残っているが、加えて今回は徹さんを探そうと躍起になる緒花の姿と、考ちゃんがいよいよ乗り込んでくるという描写が交互に差し挟まれて、あたかも今後の二人のすれ違いや波乱をにおわせる演出が行われていた。もし徹さんと考ちゃんとで緒花を取り合う展開にでもなったら、民子のこともあるし、なんだかとても見ていられない状況になりそうだ。


とはいえ、第5話で三角関係が描かれそうになったとき(徹と結名の恋人疑惑)は、結局子供だましのオチで片づけられてしまったという前例もある。あまり恋愛方面でガチンコのドラマを描くというよりは、日々を精いっぱい生きていく姿の一部分として恋愛を機能させるのが今作の方針だろうから(たぶんw)、惚れた腫れたのドラマをあまり濃密にドロドロと描いていくことはないだろうとは思うけれど。あまりシリアスにせず、ラブコメとして花を添えるくらいでちょうど良いんじゃないかなぁとは、思う。今後の物語のかじ取りにも注目しておこう。




----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^

"花咲くいろは 第8話「走り出す」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント