輪るピングドラム 第12話「僕たちを巡る輪」

ウサギまで出てきちゃったよどうしよう。



とっても素敵な家族像として描かれてきたはずの高倉家の両親が、じつはテロリストだったという衝撃の事実。しかしそれさえも霞んでしまうほどのショッキングな展開、すなわち陽毬の突然の昏倒からはじまる一連のシーンに、言葉を失い釘付けにさせられるエピソードだった。




第1話の時点では、ペンギンにまつわる描写は初めて見聞きする特別さがあり、この物語はきっと高倉兄弟に訪れた奇跡を描くものなのだろうと思ってしまったのだけれど、その後の描写から、どうもペンギンたちは思っていた以上にこの世界の内部に入り込んでいたらしいと、認識を改めなければならなくなった。そして今回明かされた16年前の事件である。ペンギンだの生存戦略だのといったモノは、たったいま冠葉や昌馬たちの目の前で事件を引き起こしているだけではなく、なんと彼らの親の世代から(ひょっとしたらもっとずっと前から)、この世界とかかわり、運命の歯車を回転させてきたということだ。それも、巨大な組織を形成して大規模なテロを引き起こしてしまうほどに。


目の前のちんぷんかんぷんな出来事が実はずっと昔から繰り返されてきたことだった、というのは、もちろん『少女革命ウテナ』における決闘ゲームと同じ構図だ。ピングドラムの正体や生存戦略の意味が具体的に提示されていないのに事件だけはどんどん進行していくのも、世界を革命するという目的の意味が明示されないまま最終回まで突っ走ってしまった『ウテナ』そのままのやり方ではある。もちろんそれは何も『ウテナ』に限らず、アニメ等で描かれる物語のひとつの常套的な手法であるわけだけれど、しかしルールのよく分からないあるゲームが過去から繰り返し試みられているという図式は、運命と対峙しこれと戦おうとする若者を描くにあたり、じつに有効な手法であると思う。


昌馬が語るおとぎ話の中にもはっきりと示されていたことだけれど、運命というのは人間の認識をはるかに超えたルールで動いており、我々はそれに何も干渉することができないまま、ただ従うしかない。どうして松明の火を盗んではいけないのか。灰をちょっと拝借するくらいでなぜ罰を受けなければならないのか。どうしてその罰は理不尽でなければならないのか。人間が自分たちの知恵で生み出した法律と比べれば、馬鹿らしいくらいに意味の分からないルールが、罰則が、そこには存在している。とくに、「罰は一番理不尽じゃないとね」なんて、人間の裁判官がそんなことを言ったら大問題になるだろう。人間のルールでは、罰は罪の重さにふさわしいものでなければならないし、罪を犯したその状況に応じては情状酌量の余地も認められなければならない。しかし運命の女神は、きまぐれでいくらでも数値が狂ってしまう定規や天秤でもって、意味の無い規則を作り、無造作に我々の行為を評価して、不釣合いな罰則や恩賞を言い渡す。


ルールのよく分からないまま主人公たちが巻き込まれていくゲームは、そんな運命の不条理さの象徴だ。そしてそれが大昔から繰り返されてきたという設定は、人間が運命に抗おうとして無駄な努力を続けてきたということである。人間たちはなまじ頭が働くので、どうにかして不条理なゲームから抜け出して、運命に縛られ翻弄されることのない自由を追い求めて戦ってきた。しかしその戦いはどうしたって運命の設定したルールの中で行われてきたし、結局のところ勝利らしい勝利を収めることができなかった(だからいまだにゲームは続いている)のである。けれど人間たちは進歩しないので、世代が交代すればまた、いちから同じことを始める。そんな不毛な行為が延々と続けられてきたのが、『ウテナ』や『ピングドラム』で幾原監督が描き出す、若者たちの戦いなのだと言えるだろう。


むろん、16年前の事件が、高倉剣山とその妻に何をもたらしたのかは分からない。もしかしたら生存戦略に成功?したのかもしれないし、殺人容疑で逮捕されたかもしれない。あるいは16年前の計画において目標とされていたことと、陽毬に取りついたペンギン帽子や眞悧や夏芽真砂子らのそれぞれの思惑は、また別のものなのかもしれない。しかし少なくとも、”生存戦略”という言葉に象徴されるこのゲームが、16年経った後でもこうして若者たちを巻き込んでいるという事実があるのだから、そこに秘められた運命の意図(きまぐれ)もまた依然として存在し続けているのだろう。




それにしても、陽毬がこれまで命を保っていられたのが、冠葉の分け与えた生命力によるものだったとは。これは第1話のときに契約を交わしたのか、それともまた別の(もっと前の)タイミングで何らかのアクションがあったのだろうか。冠葉は本当にどこまでこの事件に足を突っ込んでいるのか謎すぎて、少し怖い。主人公と言うにはあまりにも視聴者と距離が離れすぎていて、しかし一方で彼の目的が極めて単純明快に描かれているという、ギャップの大きさが面白い。近年の大ヒットアニメになぞらえて言うなら、視聴者と視点が近い一方で人生の目的がときどきボヤけて見える昌馬は鹿目まどかに、視聴者と視点がかけ離れているのに目的が分かりやすい冠葉は暁美ほむらに、当てはめることができるかもしれない。うーん、ちょっと苦しいか?w




----


それでは、今回は以上です。


面白いと思ったら、ぜひ下の方にある拍手ボタン(ブログ気持ち玉)をクリックしてください^^



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


"輪るピングドラム 第12話「僕たちを巡る輪」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント