氷菓 第5話「歴史ある古典部の真実」

こ、怖かった!やっぱりミステリーは苦手ダヨw 紆余曲折を経た関谷純の真相解明ミッションも、とうとう今回で一区切り。派手な殺人もトリックも無かったけれど、それにしては非常にスリルのある解決編に仕上がっていたのは、視聴者の予想を巧みに利用しながら真実を解き明かす会話劇の妙に加えて、やたらと煽りながら心象風景を描写するアニメーシ…
トラックバック:38
コメント:0

続きを読むread more

氷菓 第4話「栄光ある古典部の昔日」

推理シーン面白い! 突飛なトリックや展開に頼らない手堅さがまたいいね。 今回は全編通して”考える”エピソード。千反田えるの悩みを古典部全員で共有し、それどころかこれを公式の活動にしてしまおうということで、奉太郎ひとりに頼るのではなくチームとして謎解きに取り組んだ、古典部として大前身のエピソードだったとも言えるだろうか。…
トラックバック:33
コメント:0

続きを読むread more

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第5話「強豪」

今回はがっつり麻雀!! やっぱりこうでなくっちゃ。 いままでの鬱憤を晴らすように、ライバル校との対決にしっかり尺を取って試合を描写してくれた第5話。本当はこれでもあっさりすぎるとさえ思ってしまうところだけれど、主役の一人がぼろぼろに負ける場面なんてあんまり見たいものではないから、まぁちょうど良かったかなw  今回…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」

嫌煙家なら大憤怒のエピソード、だったよね? 千反田えるの、一世一代の告白シーンから、第3話は幕を開く。奉太郎の不安と怖れとちょっぴりの期待が入り混じった夢心地の喫茶店描写と、告白の中身が単なる頼みごとであることを知った時の彼の表情が最高に面白かった。振り子時計のハートマークのように分かりやすいメッセージを配しつつ、困惑しな…
トラックバック:24
コメント:2

続きを読むread more

エウレカセブン AO 第4話「ウォーク・ディス・ウェイ」

エレナかっこいい~~! 今回はアオがパイドパイパー入隊を決意するお話。まずは巨大Gモンスター相手に無茶だがガッツあふれる戦いを披露したのち、一度は失った自分の居場所を提供してくれる新たな仲間たちを見出して、少年は独り立ちしていく。 やはり今回のハイライトは前半部の戦闘シーン。とくにエレナのド派手な戦闘が目を引き、…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第4話「全国」

ずっとクロちゃんのターン! そして穏乃はノーブラであることが確定しました。 いよいよ始まった全国大会! 問題の清澄とは最後の最後まで同じ組になることはできず、結成から間もない新生阿知賀にとってはここまで来られたことが奇跡みたいなものなのに、そのうえ原村和と一緒に麻雀をするにはさらに長く苦しい試練が待ち受けている。早くも前途多難…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

氷菓 第2話「名誉ある古典部の活動」

EDが無駄にムラムラさせる・・・ 古典部が部活動を始めようと決意するにいたるまで、なんと1か月もの時間を無為無策のまま浪費していた! この驚愕の事態が奉太郎の策略によるものであることは間違いないが、彼の灰色パワーを打ち破るべく千反田えるが提案した「文集作り」が、彼らの青春を大きく突き動かしてゆくことになるのだろう。 …
トラックバック:37
コメント:0

続きを読むread more

エウレカセブン AO 第3話「スティル・ファイティング」

なんかノリが『輪廻のラグランジェ』みたいになってきたなw 前回さんざん暴れまわったニルヴァーシュは休憩ということで、今回はアオとエウレカを中心に、これまで沖縄が辿ってきた歴史とその中で生きる島民たちのドラマを描く。ゲネブルのチーム・パイドパイパーも本格的にアオに接近し始めた。 これまでの2話が、アオやナルといった…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第3話「接触」

魔王きたあああああーーー!!  宮永さんの登場シーン怖すぎ何だこれwww 仮にも本編の主人公だろうに!?w  いやー素晴らしいですね。このシーンだけあればそれで良いのだと言わんばかりの第3話。あんなに盛り上がりそうな地区予選(とくに晩成高校との対決)も、ゲスト的に龍門渕メンバーを登場させた道場破りも、合宿での特訓…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

氷菓 第1話「伝統ある古典部の再生」

今期の大本命? ミステリーが苦手な自分でも、これなら楽しめそう。 台詞ばかりで動きの少ない地味なドラマを、いかにして生き生きとしたアニメーションに昇華するか。京アニならではのやり方で挑戦し、驚くほど濃密な画面世界を作り上げた『氷菓』第1話。さすがとしか言いようがない出来栄えにただただ感服するしかない。 事前に情報…
トラックバック:37
コメント:0

続きを読むread more

エウレカセブン AO 第2話「コール・イット・ホワット・ユー・ウォント」

濃密なアクションパート満載! コミカルなシーンも増えて、加速度的に盛り上がってまいりました。 ロボットモノと言えば、主人公がどういった経緯で主役機に乗り込むのかが最初のハイライトとされるわけで、アオがニルヴァーシュと出会ったこの第2話によって、はじめて今作が本格始動したと言っていいと思う。マーク・ワンと呼称されるこの機体が…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第2話「始動」

MAKOの声が聞けるだけで満足です 今回は阿知賀麻雀部発足のお話。部としての条件を満たすために、というよりは、大会で団体戦にエントリーするために、5人の部員を揃えなければならないということで、松実 宥(まつみ ゆう)と鷺森 灼(さぎもり あらた)をスカウト。ついでにコーチ件顧問として赤土晴絵も復帰し、いよいよ阿知賀チームの…
トラックバック:13
コメント:2

続きを読むread more

エウレカセブン AO 第1話「ボーン・スリッピー」

はやく納豆ミサイルが見たいんだぜ。 まさか再びこうして『エウレカ』の続編を迎えることになるとは思ってもみなかった。前シリーズのテレビ放映時にはかなりの人気を博していたらしいこの作品も、映画公開時にはアニメとしての旬をとっくに過ぎてしまっていた印象があって、もういっかいテレビシリーズをやると聞いたときも大丈夫なのかなと思…
トラックバック:23
コメント:2

続きを読むread more

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第1話「邂逅」

スポ根してるなぁw タコスが出てきたのは良いサービスでした。 懐かしくも新しい『咲-saki-』新シリーズ。そのスピンオフ作品ということで、世界観を同じくした別物の人物たちのお話なのかとばかり思っていたら、いきなり原村和(しかもロリっ子バージョン!)が出てきて大歓喜でした。ええのう、小学生ええのう!! 『咲-…
トラックバック:22
コメント:2

続きを読むread more

輪廻のラグランジェ 第12話(最終回)「またいつの日か、鴨川で」

ムずかゆくなるような三文芝居とまさかの同性愛宣言、そして開始5分でのED突入ww 2期を控えている以上、地味な最終回だったけれど、それをうまく構成力で補ってくれた。ジャージ部の復活、夏まで待ってる!! 最終回でもまだまだ明かされない秘密のオンパレード、とくに今回になって初めて登場した設定もあったりして、シリーズの一区切りと…
トラックバック:31
コメント:0

続きを読むread more

ラストエグザイル―銀翼のファム― 第21話「Grand master」

紆余曲折あったけれど、戦(いくさ)の終わりにふさわしい、良い最終回だった。巨大構造物の崩壊という圧巻のシーンは、ただそれだけで心を動かされるものがあるなぁ。 ---- 「いっぱい殺して、いっぱい悲しませて―― 大人だったらちゃんと責任くらい取れよ!!!」 もう今回は、この発言に尽きる。終わりの見えなか…
トラックバック:11
コメント:10

続きを読むread more

アマガミSS+plus 第12話 森島はるか 後編「タビダチ」

すっごく綺麗にまとまったなぁ~。純一がカッコ良すぎて逆に笑ってしまうw ジェシカの仕掛けた罠を塚原先輩が補強して、まんまと獲物が引っかかったの図。どうせ英国行くんだろと思ってた前回の自分、浅はかでした。まさかたった1週間の里帰りだったとはw 「イギリスの大学に行くなんて知らなかった!」「えっ?」っていうやりとりが面白す…
トラックバック:22
コメント:2

続きを読むread more

偽物語 第11話(最終話)「つきひフェニックス 其ノ肆」

ノイタミナみたいな話数の使い方するのね。でもとっても面白かった。ちょっとホロっときましたよ。 「かれんビー」が案外長い尺を取っていたので、月火編もあともう1話か2話くらいあると思って油断してたけど、早くも今回が最終回。『傷物語』の劇場公開を控えている段階での、言ってみれば前座みたいな扱いなんじゃないかと邪推させるこのシリー…
トラックバック:18
コメント:3

続きを読むread more

輪廻のラグランジェ 第11話「鴨川絶対防衛ライン」

えっ!? なにこのバッドエンドフラグ。 今回は、ヴィラジュリオを頭目とする宇宙海賊キッスの大艦隊が、地球(主に鴨川)に攻撃をかけてくるエピソードとなった。いよいよ地球人が戦争の真っただ中に巻き込まれていく展開であり、地球側もウォクス単体の力だけでなく、レ・ガリテの技術を応用した対抗策を用意して、互角以上の戦いを繰り広げ…
トラックバック:24
コメント:0

続きを読むread more

ラストエグザイル―銀翼のファム― 第20話「Triple rook」

やっぱり素晴らしい空戦シーン。文字通り最後の戦いということで、新旧主要キャラそろい踏みでの白熱するバトルが展開! もう今回は、アクションの面白さの一点に尽きる。広大な空間を埋め尽くす艦隊やグランエグザイルの姿と、飛び交う砲弾や戦闘機の密度、そして光線発射のたびに劇的に変化する天候が、まさにラスボス戦と言うにふさわしい煌…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

アマガミSS+plus 第11話 森島はるか 前編「セクシー」

「セクシー」の意味が判明してがっかりした視聴者は多かったのでは?w 英国人のセンスは謎です。 さすがに高校生編で再スタートとなった森島はるか編は、ヒロインの胸に秘めた願望を巡って一大波乱を巻き起こしそうな展開。ハッピーエンドが確定しているからとタカをくくっていると、とんでもないことになりそうだ。 森島先輩…
トラックバック:25
コメント:2

続きを読むread more

輪廻のラグランジェ 第10話「さらば鴨川」

熱い展開になってきた! ここ数話分のキャラ描写の積み重ねが、着実に効いてきてるなぁ。 今回は学園祭の本番ということで、ジャージ部がちゃんとジャージ着てジャージ部活動をやっている珍しいシーンと共に、途中からはアステリア会長も交えて、まずは楽しげな学園生活がほのぼのと描かれる。 学園モノの作品で学園祭というのは定番中…
トラックバック:33
コメント:0

続きを読むread more

偽物語 第10話「つきひフェニックス 其ノ參」

今回おもしろいなー! なんだか違う作品みたいだw 期待通りに予想外の展開。これはやられた! 「まよいマイマイ」のときに感じた敗北の快感を、今回ふたたび味わわせてくれた。こういうミステリー仕掛けの作劇は、ほんっとに巧いなぁ。 ダラダラと続く無駄な会話がふと気づくと核心に触れる話題に突入していたりする不意打ちの仕方も…
トラックバック:49
コメント:2

続きを読むread more

ラストエグザイル―銀翼のファム― 第19話「Queening square」

今回ばかりはED演出に痺れたww 衝撃の結末を煽り立てる音楽のチカラに感服。 泥沼の政治劇が、早くも次の戦乱を呼び寄せる第19話。今回は、ルスキニア暗殺未遂事件をきっかけにして、各陣営に所属する様々な立場の人々を何とかまとめていた和平への意志が、早くも崩壊していく様子が描かれる。そしてここで、本来の目的を遂行するために一挙…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

アマガミSS+plus 第10話 中多紗江 後編「オネガイ」

この二人のことは安心して見ていられるのがいいわぁ。 先週分の第9話は、昨日やっと録画をみましたw 第9話・第10話は中多紗江編ということで、彼女の相変わらずフカフカな可愛さが全開でありつつも、1期の頃とは大きく異なる、より進展したカップルの様子が新鮮な、幸せいっぱいのエピソードとなった。しかしやっぱり主役はナレーターさんかな。…
トラックバック:20
コメント:2

続きを読むread more

輪廻のラグランジェ 第9話「勝浦発→鴨川行」

メイドアレイが可愛すぎるwww 狙いすぎ狙いすぎ! 今回は珍しく、イゾ、アレイ、キリウスの敵役三人衆からの視点で描かれた日常回。3人のトボけた天然っぷりが爆発しつつ、改めてまどかの人間性を掘り下げるシーンも描かれて、これから巻き起こる戦雲に備えてしっかりとドラマの下地を積み重ねて行っている展開だ。 今作の宇宙人さ…
トラックバック:35
コメント:0

続きを読むread more

偽物語 第9話「つきひフェニックス 其ノ貳」

また新キャラが出るのかー。でもなんだか複雑な構成になってそうでワクワク。 今回もまた延々と、阿良々木暦が火憐ちゃんや八九寺と意味のない話題で盛り上がるエピソード。けれど、またここで新たにアヤシイ人物が二人も登場して、まずは次回以降への伏線をまき散らしていった様子。 今回登場したのは、影縫 余弦(かげぬい よづる)…
トラックバック:49
コメント:4

続きを読むread more

ラストエグザイル―銀翼のファム― 第18話「Transposition」

堕ちるところまで堕ちたな、ディアン。もともと幸薄そうとは思っていたけれど。 統合軍とルスキニア派の2度にわたる死闘が終わり、サーラが自分自身の意志で実現した停戦協定。しかし”平和”の言葉が繰り返されるたび、その価値が暴落していくようだ。ひどく危ういバランスの上に、この星の人々はどんな世界を築こうとするのか。 --…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

輪廻のラグランジェ 第8話「鴨川ロリータ」

「わん」はとうとう封印か!? 壮大な伏線に大笑いしてしまったww 今回ひどいな!w Aパートはずっと腹抱えて笑ってしまって、酸欠になりそうだった! 8話目にしてやっと伏線回収するランの決め台詞の正体はツボすぎるww  まぁだいたいおかしいとは思ってたわけだけどね、あの違和感バリバリの決め台詞は。でもまどかの「まる…
トラックバック:38
コメント:0

続きを読むread more

偽物語 第8話「つきひフェニックス 其ノ壹」

フ・・・ファビュラスマックスッ!!! まぁそうですよねぇ。新エピソード始まったら、まずは前回までのメインヒロインの独壇場が繰り広げられるのが、この作品のパターンですからねぇ。OPを除けば、全編火憐ちゃんで埋め尽くされるのも想定内だったですけどね・・・。 はみがきがこんなにえろいとは知らなかった!!  噂…
トラックバック:30
コメント:4

続きを読むread more