テーマ:アニメ

僕は友達が少ない 第12話(最終回)「僕達は友達が少ない」

夜空はやっぱりメインヒロインだった! 旧友二人のちょっと寂しそうな表情が印象的な最終回でした。 良い最終回だった、と思わせる幕引きに持って行く作品は少なくないけれども、最終話において「これは良い第1話だ」なんて思わせる作品はそうそう無いだろう。『はがない』第12話Aパートでの夜空の回想シーンは、よくある最終話とはまた別の不…
トラックバック:28
コメント:0

続きを読むread more

僕は友達が少ない 第8話「スクール水着は出番がない」

毎回、ラストだけやたらと切ないなぁ。 先週(第7話)は更新をサボってしまったけれど、じつは今日やっと録画を見ましたw 携帯電話を巡る残念な人たちの狂喜乱舞。ちょっとしたことを新鮮がってすごく楽しそうにしている小鷹&夜空&星奈がじつに印象的だった。いまのところ、シリーズ中最高に好きになれたエピソードかな。初めて携帯電話(当時…
トラックバック:29
コメント:2

続きを読むread more

僕は友達が少ない 第6話「カラオケボックスは客が少ない」

夜空も星奈も、頑張ったよ・・・w 夏休み。強制的に顔を合わせることになる学校コミュニティとは違って、自由だからこそ友情スキルが本格的に試されることになる季節が到来した。ゲームばかりの隣人部の活動も、改めて次のステップへと移行する必要に迫られる。ということで、今回は夏休み計画の第一弾として、カラオケBOX遠征を行うことに…
トラックバック:24
コメント:2

続きを読むread more

僕は友達が少ない 第5話「今度はSAGAがガチな戦い」

佐賀ネタほとんど無いじゃんw  今回もまた、ゲームで遊ぶエピソード。友達がいない=ゲーム好きというのは分からないでもないけれど、これだけ毎度のようにゲームを使ったレクリエーションに興じているのは、間違いなく星奈のせいなのだろうw それでも今回は理科が気をまわしてくれて、皆で遊べるRPGに挑戦することになった。とはいっても、…
トラックバック:31
コメント:2

続きを読むread more

僕は友達が少ない 第4話「後輩達は遠慮がない」

これで全ヒロインそろい踏み? 新キャラ登場回と見せかけて、じつは夜空さんのターン! うん、こういうのを待ってた。やっぱり星奈のようなライバルとの絡みよりも、全方位的にSっ気を振りまいてるほうが、この子は輝きますな。 ということで今回は三人も新しいキャラが登場して、隣人部(というよりも小鷹の学園生活)を引っ掻き回す…
トラックバック:45
コメント:2

続きを読むread more

僕は友達が少ない 第3話「市民プールはフラグがない」

盛り上がってまいりましたぁぁ!! ラブコメ楽しい!w いや今回はいままででダントツに面白かったなぁ。 まず冒頭のパロディからして傑作でしたね。『聖剣の刀鍛冶』のアニメをけっこう評価してる自分としては、セシリー×ルークのあんないやらしいシーンを星奈の恥辱朗読も込みで堪能できるなんて、もう最高にツボだった。漫画版もざ…
トラックバック:39
コメント:2

続きを読むread more

僕は友達が少ない 第2話「電脳世界は神様が居ない」

結局、どっちの子がメインヒロインなのよ? なんだかお話とは違う面で(個人的には)大いに盛り上がってきた第2話。前回は気づかなかったんだけど、この作品っていわゆる”はいてない”アニメだったのか! そしてヒロインに百合気質。なんだか小鷹は生まれてきた性別を間違えてないか? いや、女装可愛かったけどもw 今回はゲー…
トラックバック:33
コメント:4

続きを読むread more

僕は友達が少ない 第1話「僕達は友達が出来ない」

タイトルの顔文字が書けません。 続々とスタートしつつある2011年秋アニメ。今期は、あらかじめ感想書きたいと思っていた作品が、それも放映開始が遅かったので、ブログ的には一週間ほど空白になってしまいましたが、とりあえずこの『僕は友達が少ない(はがない)』から、新作の感想を始めて行こうと思います。こうやってどれを書くか選ん…
トラックバック:35
コメント:4

続きを読むread more

異国迷路のクロワーゼ 第12話(最終回)「屋根の上の猫」

鈴の音はちょっとしたホラーだったなぁ。てっきり、月の世界に帰ってしまうんではないかと思った。 早くも最終回を迎えてしまった『異国迷路のクロワーゼ』。この第12話では、もし湯音がいなくなってしまったら・・・という不安感を描き、湯音の存在がクロードやギャルリにとってどれほど大切なものになっているかを示す。今作のような、日常風景…
トラックバック:27
コメント:0

続きを読むread more

異国迷路のクロワーゼ 第11話「祈り」

知られざる湯音の秘密。言霊のチカラは強い。 せっかく、当時のパリ最先端の文化が集められたグラン・マガザンを拝めるかと思ったのに、不機嫌なクロードは(近頃の彼にしては珍しく)湯音のマガザン行きを拒絶。彼がマガザンをことさら敵視するのは、ギャルリの命運やカミーユとのいざこざだけではなく、彼の父・ジャンにまつわる暗い過去のためら…
トラックバック:30
コメント:0

続きを読むread more

異国迷路のクロワーゼ 第10話「魔術幻燈」

クロードの葛藤は、恋だけじゃなかった。むしろ親父さんのことのほうが、彼にとっては重大事なんだろうか。男ですね。 幻灯機を扱った回ではあったが、物語の関心はむしろ父親との比較の中で葛藤する職人クロードの姿と、彼のことを愛おしげに眺める湯音の姿を印象的に切り取ってみせたエピソードだった。後から考えれば、サブタイトルのファンタス…
トラックバック:31
コメント:4

続きを読むread more

異国迷路のクロワーゼ 第9話「秘密」

カミーユ姉さまは、あんなに小さなころから色んなものを背負ってきたんだなぁ。 今回は、前回から引き続き、ブランシュ家を訪れていた湯音がアリスとお茶を楽しむ一方、付添いのクロードがカミーユとの思い出に浸るお話。とくに回想シーンにはかなり長い時間が割かれ、より直接的に、クロードとカミーユの秘められた感情が明らかにされていくエピソ…
トラックバック:18
コメント:0

続きを読むread more

異国迷路のクロワーゼ 第8話「子供部屋」

真っ黒いカミーユ姉さまも素敵。 か、会話が高度すぎてついていけんwww すごいなぁ。いままでこの作品って脚本に関してはかなり分かりやすく丁寧に作られている印象があったのだけど、ここにきてこんな空中戦を見せてくれるとは思わなかった。テレビ未放送分を視聴していないことがどれだけ響いているかは分からないけれど、次回…
トラックバック:28
コメント:0

続きを読むread more

異国迷路のクロワーゼ 第7話「天窓」

今回のクロードは、ちと、かっこ悪かったw 初めて外国に来て、最初の興奮と緊張の期間を過ぎれば、当然体調だって崩してしまう。というわけで、今回は湯音が風邪をひいてしまうお話。ただしそこは『クロワーゼ』という作品のうまいところで、たまたま体調不良だっただけのエピソードに、たった一人で異国へやってきた不安や悩み、あるいはちょっと…
トラックバック:40
コメント:0

続きを読むread more

異国迷路のクロワーゼ 第6話「鳥籠(クリノリン)」

こんなトコでまさかのロマンス勃発!? 今回は再びアリスがメインで登場。クロードと一通り憎まれ口をたたき合ったのち、湯音を引き連れて仮想大会ドレスの試着と写真撮影を行った。”クリノリン”なる下着?を通じて、日仏の文化の差異や、カミーユの秘めた想いへのアプローチが行われるのも注目点だ。 自分は着物の着方なんてまったく…
トラックバック:39
コメント:0

続きを読むread more

異国迷路のクロワーゼ 第5話「迷子」

迷子の様子も怖かったけれど、浮浪児が描かれると胸が騒ぎます。 以前からちらほら顔だけ見せていた少年が、はじめて湯音とまともに接触した今回。お客様の満足を第一に考える日本流の営業スタイルや、本音はどうあれまず挨拶ありきで人間関係がスタートする日本的発想が、ある意味で冷酷ともとれる個人主義を発展させた近代欧州の考え方にぶつかっ…
トラックバック:23
コメント:0

続きを読むread more

神のみぞ知るセカイⅡ 第4話「地区長、誇りを取り戻す。」

唐突ですみません。でも面白かったのでつい!! 『神のみⅡ』は、本放送の第1話(4月12日)で感想を書いて以来、ずっとほったらかしになってしまってました。忙しさにかまけて録画でずっと溜め込んでいたつもりが、第4話以降なぜか録れてなくて、そのまま放置されていたのでした。でも1期のときと同様、2期も本放送終了直後からリピート放送して…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

異国迷路のクロワーゼ 第4話「水明かり」

アリス・ブランシェによる、湯音とのファーストコンタクト。二人ともお人形さんみたいで可愛いなw 今回は予告通り、成金お嬢様にして東洋マニアのアリスが、湯音に会いに来るお話。 ろくに話も聞かないまま敵対意識ばかりむき出しにするクロードも大人気ないが、成金らしい短絡的な思考パターンのアリスにも情状酌量の余地はないw 幸…
トラックバック:15
コメント:2

続きを読むread more

異国迷路のクロワーゼ 第3話「日本迷宮」

木と紙の迷宮にわらの絨毯か。面白い言い草だなぁ。”音”を楽しむ心なんて、日本人がとっくに忘れてしまった文化でしょう。 ほんの100年とちょっと昔のことなのに、とても新鮮に映る日本迷宮。少しづつ湯音のことが語られるようになる中で、改めて、古き日本の姿を訪ねる今作のスタンスが実感できる。温故知新という言葉が、よく似合う作品と言…
トラックバック:34
コメント:0

続きを読むread more

異国迷路のクロワーゼ 第2話「チーズ」

パリの街並みがすごい! カッコいい! 前回の記事で、この作品は19世紀パリという異国を描くお話でありながら、むしろ馴染みのない異文化として語られているのは古き日本の姿なのではないか、ということを書かせていただいた。今回は食文化に関するエピソードを通して、やはり、一見すると往時のフランス文化をファンタジー風に(驚きの眼差しを…
トラックバック:23
コメント:0

続きを読むread more

異国迷路のクロワーゼ 第1話「入口」

2011年夏アニメ感想第1弾。今期は週ごとの記事数を増やすのが目標です。 『花咲くいろは』が絶賛放映中のただなかにあって、それとはまたちょっと違った視点から、異世界のような環境に飛び込んで仕事に青春に奮闘する少女を描くアニメが始まった。原作はまったく知らなかったけれど、サトジュンがシリーズ構成を担当しているということで、ほ…
トラックバック:32
コメント:2

続きを読むread more

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第11話(最終回)「あの夏に咲く花」

涙腺からこんなにたくさん弱アルカリ性体液が流れ出すのは、ずいぶん久々でした^^ 終わったー。終わっちゃった。毎週毎週ほんとうに濃いドラマが展開されて、全11話完結と分かってはいたのに、いつまでも終わらないで放映され続けるような感覚に陥りながら、不器用な少年少女たちの姿を追いかけていた。こうして最終話を迎えてみて、いかに自分が、…
トラックバック:59
コメント:6

続きを読むread more

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第4話「白の、リボンのワンピース」

ゆきりん、タイホーーーっ!! いや、ゆきあつのなんだか情けない女装姿が映されたあとに、刑事ドラマか何かのCMがED後すぐに入ったもんだから、ついつい噴き出してしまったww シリアスな場面っぽくもあるんだけど、でもあんなに鍛えててムチムチなゆきあつが女装とか、こんなの笑わずにはいられないでしょう?w いや、おっもしろいなぁー! …
トラックバック:43
コメント:2

続きを読むread more

魔法少女まどか★マギカ 第10~12話感想

書けるうちに書けることを書いておきます。 とりあえず、無事に終わってくれた『まどマギ』。最終話の、まどかのトンデモ覚醒展開には唖然とさせられたけれど、「希望を大事にっ」との主張の一点張りで突き通されて完結するのではなく、まどかが宇宙を変革してしまった後も、相変わらず魔獣とインキュベーターが人間世界に出没し、せっかくまどかが…
トラックバック:59
コメント:6

続きを読むread more

電波女と青春男 第1話「宇宙人の都会」

またぞろ不思議な作品がスタート。シャフト作品がたくさん見られるのはそれだけで幸せです。 ・どんな作品になるのか ふとももか! ふとももなのか!? 足フェチにはたまらない作品ということでいいんだろうか、足フェチではない自分も少なからず興奮しましたよ。 えっと、いちおうギャグ(というかコメディ)アニメと…
トラックバック:48
コメント:2

続きを読むread more

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第1話「超平和バスターズ」

今期最大の注目作!? 切なくて見るのがつらいアニメになりそうだw いやぁー、ずるい。ノイタミナはまじでずるい。こんなに良い作品(『あの花』だけでなく、その前の『C』も含めて)を持ってくるなんて、激戦区の木曜日に置いて明らかに、他の局より数段レベルの違いを見せつけてくるなぁ。 もちろん前期もその前もそうだった。…
トラックバック:62
コメント:2

続きを読むread more

神のみぞ知るセカイⅡ 第1話「一花繚乱」

30分が長い長い! さすがだなぁ、この密度! ・帰ってきた桂馬とエルシィ! 3か月ぶりのアニメ化となる『神のみぞ知るセカイ』。1期がそれはもう大変面白くて、今日のこの日を首を長くして待っておりました。第1期はあれはあれでとてもよくまとまった完成度の高い作品だっただけに、わざわざ2クール目なんてやらなくても良い…
トラックバック:46
コメント:2

続きを読むread more

まりあ†ほりっく あらいぶ 第1話「禁断の女子寮」

キモいよかなこさん! なんだかずいぶんと懐かしいな、まりほりw 第1期シリーズが放映されていた当時はまだこのブログは始まっていなかったので、自分にとってはこのブランクはとっても大きく感じるなぁ。当「妄想詩人の手記」は、実質的には『化物語』のクールから活動を始めたようなもので、それ以降もシャフトは何作品もレビューしてきたけれ…
トラックバック:24
コメント:2

続きを読むread more

魔法少女まどか★マギカ 第9話「そんなの、あたしが許さない」

視聴者の予測を完全に見切ったうえでの、キュゥべえの描き方が巧すぎて憎い。 ・裏切られた希望 今回のエピソードの最大の焦点は、魔女になってしまった美樹さやかを救い出すことができるか否か、というその一点であった。そして、作為的に情報を隠しながら言葉巧みに少女たちを騙してきたキュゥべえが、今度はあえて隠している情報…
トラックバック:43
コメント:0

続きを読むread more

魔法少女まどか★マギカ 第8話「あたしって、ほんとバカ」

さやかについては、予想通りの展開? いやいや、全然予想外でしたよ。ココに至るまでの過程には、予想なんて出来ようはずの無い、言葉に詰まるほどのドラマ性がありました。 ※当記事は、以前ブログへのアクセス権限を一時的に失効していた折に、別館のほうで更新した記事を、そのまま転載したものです。 元記事はこちら↓ http://cof…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more